著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

転職にはTOEIC何点が評価される?20・30・40代別での目安

のべ315がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職するのにTOEICは何点必要なのでしょうか?

また、転職の際に有利になるスコアを知っておくことでTOEIC対策で勉強している時のモチベーションにもなりますね。

すでにTOEICテストを受けてスコアがある方で転職を考えているのであれば、その可能性なども確認したいかと思います。

よってここでは、転職する際にTOEIC点数がどのように有利・不利に作用するのか?また、年齢により対策する必要もあり、転職エージェントなどもうまく活用するのがベストであり、その点もご紹介していきます。

目次:

1.転職にはTOEIC800点は最低必要!?
2.TOEICの点数(スコア)別での転職の可能性
・TOEIC495点以下
・TOEIC500~595点
・TOEIC600~695点
・TOEIC700~795点
・TOEIC800~895点
・TOEIC900点以上
3.年代別:転職に必要なTOIECの点数とエージェントなど
・20代
・30代
・40代
4.スコアを設定してTOEICの勉強を始めよう!
5.転職のためにはTOEICスコアを履歴書にしっかり書こう!
まとめ:日系・外資系関係なく転職にはTOEICは必須

1.転職にはTOEIC800点は最低必要!?

巷では、転職には最低でも800点が必要だと言われているようですが、それは嘘です。

800点と言えば満点が990点なので、出題の約80%を正解するくらいの英語力となりますが、そんな方ばかり採用するとなると人材不足となります。

後述しますが、部署により「TOEICが最低~点必要」というのはありますが、それはあくまで基準です。

可能性が高くなるだけで、大切なのは英語力の他に、スキルや経験や可能性、その他の資格なども加味して採用されます。

例えば、経理の経験がないのに、TOEICが800点だからといってそれだけで採用されることはないですよね?

しかし、転職されたい方は前職より年収UPを期待される方も多い方と思います。

その際にやはり英語力、TOEICの点数は転職時点で有利になるようです。

海外出張や海外赴任の採用基準としてTOEICを最重要視しているという企業は半数以上あるというアンケート結果もあります。

英語の勉強にはモチベーション欠かせない!挫折しないための2つのコツ』にも書いていますが、英語力で格差がでているのは確かです。

あるデータによると「年収700万以上の約50%」が英語が出来る、「年収1000万以上になると約70%」と回答していて、英語が出来る人と出来ない人の年収格差は200万、または30%前後は違うと言われています。

転職で800点は必須ではないのですが、転職後も将来の年収UPのために目標とするTOEIC点数でもいいのかもしれません。

2.TOEICの点数(スコア)別での転職の可能性

先ほども解説した通り、TOEIC800点は必須ではないのですが、転職の際、点数が高ければ配属される部署、また同じようなスキルや経験であれば、優遇される可能性は高くなります。

TOEICのレベル|点数(スコア)で実力と目安が分かる!』でも記載しているので参考にしてみて下さい。

では、それぞれの点数ではどのような可能性があるのでしょうか?

TOEIC495点以下

転職の可能性はゼロではないのですが、不利な点数です。

TOEIC500~595点

新卒で必要なTOEIC点数が500点と言われているので、転職にはあと少し必要なTOEICスコアとなります。

TOEIC600~695点

転職に最低限必要な点数が600点です。これであれば、履歴書に書いても全く問題ありません。

転職を考えている方は、先ずはこの600点を目標にしましょう!

TOEIC700~795点

730点が国際部門に配属する基準となっているようです。

英語を使った仕事を望まれる方は、730点を目標にしてみるといいでしょう。

TOEIC800~895点

特に860点は、すぐに海外出張が出来るレベルで転職にもとても有利なスコアとなります。

外資系企業でもこの点数があればアピールになります。

TOEIC900点以上

英検1級レベルとも言われているので、800点と比べると(英検準1級レベル)転職時に更にその評価が上がります。

3.年代別:転職に必要なTOIECの点数とエージェントなど

業界により違うとは思いますが、40代より20代を積極採用したり、40代でスキル・経験がある方を優先したりと様々なので、現時点でのTOEIC点数が低いから転職できないなどということはありません。

しかしながら、全体的に年代別で傾向があるのは確かです。その流れで、年代で求められるTOEICの点数も多少変わってきます。

ここでは、20代、30代、40代で見てみたいと思います。

20代

フレッシュということで、TOEICが転職基準の600点なくても、「やる気・姿勢」などを重要視する企業も多いです。

転職後にも継続して勉強してくれるだろうという期待値も入っています。

逆に、すでにTOEICが800点以上ある20代でも、英語力ばかりに頼りすぎると採用されないこともあるので注意しましょう。

また、若いうちにいろいろ経験したいから違う業界に転職したいという方もいるでしょう。その際にもTOEICの点数が高いと有利なのは確かです。

アパレル業界から飲食業などそれぞれの英語に触れておくこともTOEICの点数以外で活かされることもありますし、別の資格にも是非トライしましょう!

英語力を活かした転職|勉強法とおすすめ転職求人サイト4選!』の記事を参考にしてみて下さい。

30代

30代で人気の資格の一つが「TOEIC」です。

言い換えると、TOEICでアピールする競争率が高いということです。

なので、転職の最低基準と言われている600点は取るようにしましょう。

しかし、それだけではなく20代と比較された時に経験値が違う可能性が高いので、その点もアピールするようにしましょう。

30代に強い転職エージェントなどに登録することも転職を成功させる一つの方法です。『30代の転職|3つのポイントやおすすめ資格やサイト・エージェント』も参考にしてみて下さい。

40代

30代と同様にTOEICは最低でも600点は欲しいのですが、できれば700点を目指すことで30代との違い(スキル・経験)もアピールできます。

即戦力を期待されていることが多いので、730点以上あればベストです。

40代で転職して年収UPとなると外資系企業の場合も少なくないので、英語が出来れば出来るほどアピールになります。

TOEIC以外にも資格があれば更にベターですので、その点も見据えてTOEICの勉強もすすめるといいいでしょう。

40代の転職|成功する5つのおすすめ資格と転職サイト・エージェント』を参考にしてみて下さい。

4.スコアを設定してTOEICの勉強を始めよう!

さて、あなたが今どの位置にいるのか?または、何点を目指そうか決まりましたか?

年に10回あるTOEICテスト。スコアを上げるチャンスは多くあるのがTOEICの特徴の一つでもあります。

この機会に目標とするTOEICスコアを設定してトライしてみましょう!

また、TOEICには独特のひっかけ問題、また時間配分のコツなどがあります。

転職するためのTOEICテストと割り切ることも大切ですが、転職後に「この人本当は英語ができない?」と評価が下がるのは避けたいですね。

テクニックばかりではなく、TOEICの勉強をしながら本当の英語力を付けるのがベストです。

TOEICの点数も上がる、また英語力が付く一石二鳥の勉強法については、『TOEIC満点者が教える!目標スコア達成の勉強法』を参考にしてみて下さい。

5.転職のためにはTOEICスコアを履歴書にしっかり書こう!

転職する際に履歴書を書きますが、今まで受けたTOEICテストのスコアで一番いい点数を記載するようにしましょう。

しかし、特に30歳以上であれば、やはり「600点以上」がTOEICスコアとして記載できる基準とはなります。

スコアに期限切れはありませんが、証明書は受験日から2年以内でしか再発行できないので大切に保管しておくようにしましょう。

履歴書でTOEIC点数の書き方は、下記の通りです。

(例)2019年9月のテストで、TOEIC600点を取得した場合

正しい書き方 → 「2019年9月 TOEIC公開テスト スコア600点取得」

英語の履歴書の場合は、「TOEIC Score 600, Sept. 2019」となります。

履歴書の書き方については、『TOEICの点数を履歴書に記入する3つの正しい書き方』の記事も参考にしてみて下さい。

まとめ:日系・外資系関係なく転職にはTOEICは必須

年収UPでの転職先を探す時、外資系での求人が多いのは事実です。

その際はTOEICは必須となります。

社内、海外出張、打ち合わせなども全て英語という外資系企業もあります。その際は最低でも730点必要ですが、やはり860点あるとかなりアピールになります。

日系企業でも今後、社内での英語化の動きが活発になってくるのは避けられません。

一度身に付けると大きなツールになるのが英語力です。この機会に更に上を目指して頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta