著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

40代の転職|成功する5つのおすすめ資格と転職サイト・エージェント

のべ69がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

40代での転職は厳しいのか?

結論から言うと、決してそういうことはありません。

シッカリ対策している方は、40代後半でも転職で成功している方が多いのです。

でもその方々は何が成功ポイントなのでしょうか?

また、外資系企業への転職も年々増えています。日系企業より年収が増える可能性は高いのですが、そのリスクも知っておく必要がります。『外資系企業へ失敗しない転職|おすすめ転職サイト・エージェント3選など』の記事も参考にしてみて下さい。

ここでは、男性女性、日系・外資系企業は関係なく、40代での転職全般についてご紹介します。失敗しない転職にするためには欠かせない情報ですので、確認しておきましょう!

目次:

1.難しい!?40代の転職でのアピールポイント
・アピールポイント1.同業界での経験年数
・アピールポイント2.マネージメント能力
・アピールポイント3.スキル・所有資格
2.資格ならこれ!40代の転職に有利な資格ランキング
3.おすすめ!40代のための転職サイト・エージェント
・40代に強い転職エージェントその1:「ビズリーチ」
・40代に強い転職エージェントその2:「パソナキャリア」
・40代に強い転職エージェントその3:「リクルートエージェント」

1.難しい!?40代の転職でのアピールポイント

40代での転職は、20代や30代に比べると厳しいのでしょうか?

また40代前半と40代後半では違うのでしょうか?

先ず20代と30代と比較すると、専門性を重視する傾向があるのである程度の経験年数とスキルが求められるのは必然となります。

30代の転職|3つのポイントやおすすめ資格やサイト・エージェント』でも解説しています。

要するに、即戦力です。この一言に集約されます。

その即戦力の上で、40代前半と40代後半を比較すると、40代後半の方がよりマネージメント能力が求められます。

40代後半であれば、部長、取締役級の仕事もあり、部下などを統括する力や経験が転職成功のポイントとなります。

また、隣の芝生は青く見えるではないですが、転職すると全てが順調に行くイメージがありますが、40代での転職のデメリットも知っておくことも大切です。

  • 業績により年収ダウンの可能性
  • 大企業から中小企業への転職であれば福利厚生面が充実していない
  • 中途採用になるのでプロパーより退職金が少ない
  • 20代、30代と比べると高収入のため仕事へのプレッシャーが大きい

など。

20代、30代に比べると何度も転職することは難しくなるので、最後の転職と思って活動されるぐらいがベストです。

よって後述しますが、自分に合ったエージェント探し、また下記のアピールポイントなどをシッカリと把握して自分に照らし合わせることが大切です。

アピールポイント1.同業界での経験年数

40代となると新人という枠での求人は皆無です。

採用する企業の業界での経験年数はどうしてもマスト(必須)となります。というのも、40代の社員を教育するという方針がある企業は少なく、教育は新卒、20代、30代前半ぐらいに重きを置く企業が多いからです。

企業としても、20代、30代よりも給与水準を高く設定できる理由には、教育が不要、また即戦力の可能性が高いので、短い時間で会社の業績に貢献できると考えているからです。

でも、今いる業界とは別の業界での転職を希望される方もいらっしゃいますよね。

ではその方は40代での転職は難しいのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。だからこそ、この後にお話しするマネージメント能力や資格・スキルが大切になるのです。

アピールポイント2.マネージメント能力

同業界でなくてもアピールできる一つがマネージメント能力(管理能力)です。

企業によっては、40代前半、または後半では特に、統率力を求める求人が少なくありません。

役職としては、部長クラス以上ですね。チームの指揮を取れる、将来の幹部候補的な位置です。だからこそ、高給を支払うことができます。

だからこそ、現職・前職でどの役職で、何人の部下がいて、どのようなプレジェクトを実行して、どれくらいの実績を上げたのかなどがアピールポイントとなります。これは、営業職、事務職でも同様です。また、技術や製造の工場長や管理者などもアピールになります。

役職がない・なかった方でマネージメント経験がない方は、次のスキルや資格でアピールすることは十分に可能です。

アピールポイント3.スキル・所有資格

40代の全ての求人がマネージメント(管理)能力や同業界のみでの経験が必須というのはありません。

新しい業界に進出したい企業、要するに多角経営を考えている企業での求人であれば、今、あなたが保有しているスキルや資格が効果的な場合もあります。

例えば、保険会社が不動産業界に進出しようとする場合、しかも海外での進出を考えている場合は、「営業」と「英語力」ということで採用されるケースも少なくありません。経験不問でも採用されるケースですね。その場合はどうしても英語の資格が必要となります。

そしてそのようなケースは、20代と30代との競争になるので、これまでの経験と実績をアピールすることに集中して、少しの講習や使用期間での即戦力をアピールすることも忘れないようにしましょう。

2.資格ならこれ!40代の転職に有利な資格ランキング

40代前半でも後半でも資格取得は全然遅くありません。

実際に40代で資格を取得したいという方は年々増えているのが現状です。それくらい向上心が強い40代が多いということですね。

その中でも人気の資格があります。

28個のおすすめ「資格」一覧|人気ランキングや難易度』の記事でも紹介していますが、次でもランキングと資格サイトを参考にしてみて下さい。

  1. TOEIC:http://www.iibc-global.org/toeic.html
  2. 宅地建物取引主任者:http://www.retio.or.jp/exam/
  3. 社会保険労務士:http://www.sharosi-siken.or.jp/
  4. 行政書士:https://gyosei-shiken.or.jp/
  5. 中小企業診断士:https://www.j-smeca.jp/contents/007_shiken.html

TOEICは20代、30代でもダントツの人気の資格です。

しかし、転職の最低点数は600点と言われていますが、40代での転職であれば、TOEICは700点以上(800点や900点あれば素晴らしい)ぐらいから必要になるでしょう。

また、40代での人気の資格の2~3位は、独立もできる資格というのが特徴です。

もしもの時のために取得するのも転職を余裕をもって挑めるポイントかもしれません。

すでに資格をお持ちの方は履歴書や面接のときにアピールすることを忘れないようにしましょう!

3.おすすめ!40代のための転職サイト・エージェント

客観的にご自身の経験やスキルと判断してもらう意味でも転職サイト・エージェントへの登録をお勧めします。

自分が思っている以上に評価や需要が高かったり、もしくはその逆もあったりと、求人市場に一番詳しいのは人材紹介業界です。

その中には、ヘッドハンティング専門会社や40代向けの1000万以上の高収入(高年収)のみを扱う転職エージェントもありますが、すでにスキルや経験が一定の基準を超えている方が対象なので募集数も少ないのが現状です。

よってここでは、誰でも登録できるのですが、特に40代の転職に強いおすすめのサイト・エージェントをご紹介します。

40代に強い転職エージェントその1:「ビズリーチ」

高年収、即戦力に特化した転職エージェントです。

登録することで、ヘッドハンティング機能(スカウティング)で、企業側からアプローチがあることがあり、40代にお勧めしたい転職エージェントの一つです。

ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/

40代に強い転職エージェントその2:「パソナキャリア」

専属の業界アドバイザーがいることで、情報も豊富なのが特徴です。

また、女性の転職にも力を入れている転職エージェント。とにかく転職へのサポート体制が素晴らしいのが特徴です。

パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/

40代に強い転職エージェントその3:「リクルートエージェント」

年代に問わず案件数、実績数など業界最大級の転職エージェントです。

豊富な求人案件から選べるのが特徴ですが、反面、多くの方が登録しているので競争も激しいです。他のエージェントにも登録することでリスクヘッジはしておきましょう。

リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/

まとめ:40代の転職は慎重に情報収集から!

上述していますが、40代で転職が失敗したとして、20代や30代と比べると何度もできるものではありません。

だからこそしっかりとした転職したい企業の情報収集(SNS、インターネット、会社四季報など)が必要でしょう。またエージェントから情報をもらうのも一つの手です。

思い付きで転職することはとても危険です。よって、自分が100%納得いく形での転職がベストです。

ここでご紹介した情報も参考にしてみて下さい。もちろん、今の会社に留まり、退職までいることも選択の一つであることは忘れないように冷静に判断しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta