著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

外資系企業へ失敗しない転職|おすすめ転職サイト・エージェント3選など

のべ68がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

外資系企業への転職を希望していますか?

特に日系企業からの転職であれば、どのような風土なのか、どのような給与体系なのかなど不安ですよね。

また、外資系企業は給与が高いけど解雇になるリスクが高い?など様々な疑問もあるかと思います。

外資系企業=英語というのは本当なのか?なども答えていきたいと思います。

よって今回は、外資系企業への転職を考えている方へ有意義な情報、またコツなどをご紹介します。

目次:

1.英語が話せなくても未経験者でも外資系企業への転職は大丈夫?
2.外資系企業への転職は高収入だけどリスクが高い?
3.外資系企業への転職は35歳などの年齢制限がある?
4.外資系企業への転職での人気職種・業種ランキング
5.外資系企業に強い転職サイト・エージェント
・おすすめその1:JACリクルートメント
・おすすめその2:マイナビ転職グローバル
・おすすめその3:リクルートエージェント
最後に:外資系企業での面接の注意点や英語力など

1.英語が話せなくても未経験者でも外資系企業への転職は大丈夫?

外資系企業=英語が必須というイメージがありますが、それは絶対ではありません。

例えば、外資系保険会社で、販売先の顧客が日本人であれば必要ないのですが、マネージメントクラス(課長・部長)になると本社との打ち合わせなどミーティングが頻繁に行われます。

また実際に会話をしないとしても、メールのやり取り、また書類なども英語がほとんどです。

なので、一般営業職や事務職より上を目指す方は、転職後でも英語力を磨くほうがベターです。

また、一方、転職先の業界での未経験者でも英語が話せればOKという職種も実際は多いです。実際どのような職種などがあるかは、後述致します。

2.外資系企業への転職は高収入だけどリスクが高い?

一般職でも、外資系企業の方が日系企業より給与が高いイメージはありますよね。

確かに、日系企業より年俸1000万以上の求人は外資系企業の方が多いです。

外資系企業の給与は基本的に年俸制が多いです。

また、同じ営業職や事務職でも日系企業より外資系企業の給与が高いのですが、それはなぜなのでしょうか?

下記が主な理由です。

  • 即戦力を求めている(特に転職)
  • 利益連動型、実力・成果主義での給与体系
  • 退職金制度というのがない
  • 住居手当などの福利厚生が基本的にはない

つまり会社にお金を貯めるというより、社員にストレートに還元してるというのが外資系企業の大きな特徴ですね。

また、外資系企業の働き方のメリットも次のようなものがあります。一例ですがご確認下さい。

  • コンプライアンスはしっかりしている(サービス残業やパワハラなどが少ない)
  • 数字で評価されるので理不尽な減給・降格などが少ない
  • 社内での付き合いが少ない(プライベート重視)

しかし、特に営業職であれば数字に対してのプレッシャーなどが大きいです。

よって、日系企業より解雇の基準がはっきりしています。

勿論チームとしての成果も必要ですが、個々の力を求められるので、ある意味やりがいはあります。

自分の力をハッキリと評価されたい!という方は、外資系企業での就職が向いているかもしれません。

3.外資系企業への転職は35歳などの年齢制限がある?

特に外資系企業への転職は35歳以上は難しいという説が過去にありましたが、都市伝説のようなものになっています。

しかし、本当に年齢制限はないのでしょうか?

外資系企業は基本的に転職での即戦力が基本となりますが、その中でも下記の2点を注視しています。

  • ポテンシャル重視
  • 専門性重視

よって、ポテンシャル重視の場合は、20~30代を積極的に採用します。

一方、専門性重視の場合は、40代~50代となります。

特に専門性が求められる40代以降の場合は、専門分野のスキルと英語力が求められる場合があります。

また、男女差別が日系企業に比べるとほとんどなく、女性でも男性と同等に働けるのが外資系企業のメリットでもあります。

4.外資系企業への転職での人気職種・業種ランキング

では、どのような外資系企業と職種などが人気があるのでしょうか?

転職する際の参考にしてみて下さい。順位を付けてはいますが、どの業種も大きな差はなく人気です。

  • 1位:金融系(ゴールドマンサックス、モルガンスタンレーなど)
  • 2位:IT・通信系(グーグル、マイクロソフトなど)
  • 3位:コンサルティング系(プライスウォーターハウスなど)
  • 4位:医療系(ファイザーなど)
  • 5位:消費財系(P&G、3Mなど)

これまでの職種での転職先が変わるかと思いますが、経験不問などのケースも少なくはないので、念のため外資系企業に強いエージェントなどを使うのも失敗しない転職を実現する一つの方法です。

5.外資系企業に強い転職サイト・エージェント

自力で外資系企業に応募して転職をする人は少ないです。

ヘッドハンティング以外、ほとんどの方が外資系に強いサイトやエージェントに登録しています。

基本的にはサイトで個人情報などを登録、そしてエージェントの面接を実施して、要求・要望、スキルなどを基に、そのエージェントが外資系企業の求人とマッチングするという流れが一般的です。

ここでは私が過去に使ったこともある経験からおすすめのエージェントをご紹介します。

おすすめその1:JACリクルートメント

私が海外駐在の際に、現地でも支店があった転職エージェントです。

外資系にも強く、また海外への転職も独自のネットワークで幅広く扱っています。つまり、海外にある外資系企業から日本人の求人などの情報も常に共有できているのが特徴の一つです。

JACリクルートメント:http://www.jac-recruitment.jp/market/multi-national-company/

おすすめその2:マイナビ転職グローバル

細かな設定から自分に合う業種を選べるのがポイント。

また、スカウティングという機能が使えて、実際に企業からスカウトという機能があります。

つまり、あなたの経歴などを見て先方から面接をしたいということは、採用の確立が上がるということです。これは是非使ってほしい。

マイナビ転職グローバル:https://tenshoku.mynavi.jp/global/list/f010/

おすすめその3:リクルートエージェント

転職での実績NO1のリクルートエージェントは外資系企業に転職するには是非登録していて下さい。

扱い件数も日本最大級で信頼も厚いです。

リクルート転職エージェント:https://www.r-agent.com/global/

最後に:外資系企業での面接の注意点や英語力など

さて、今までは外資系企業への転職に関する情報をご紹介しましたが、実際に転職するぞ!と決めた後に必要なのが、履歴書や面接は英語?などの情報が必要になりますね。

形式などはその企業により異なるので、エージェントに問い合わせたりして事前に確認しておきましょう。

外資系企業であれば、基本的に最低限の英語力が問われるのは避けられないので、『外資系企業への就職や転職|必要な英語力や資格と正しい勉強法とは?』の記事などを見て参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta