著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

30代の転職|3つのポイントやおすすめ資格やサイト・エージェント

のべ57がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたは今30代で転職を考えていますか?

30代は40代や20代と比較して転職市場でどうなんだろう、という疑問もあるでしょう。

タイミングはいつがいいのか、資格も持つべきなのか、エージェントはどれがいいのかなど、転職を失敗しないための下準備が必要になります。

勿論、転職して逆に給与もやる気もマイナスになったという方は少なくありません。

よってここでは、男性女性問わずに、楽しく、そして成功する30代の転職のために欠かせない情報やポイントなどを厳選して紹介しています。是非、参考にしてみて下さい。

目次:

1.成功する30代の転職の条件とポイントは?
・成功ポイントその1.年齢のタイミングが重要!?
・成功ポイントその2.経験(スキル)と資格・面接(自己紹介)
・成功ポイントその3.デメリットも把握する
2.必見!30代に人気のおすすめ資格ランキング
3.失敗しない!30代のための転職サイト・エージェント
・おすすめの転職エージェントその1.「マイナビ」
・おすすめの転職エージェントその2.「リクルート

1.成功する30代の転職の条件とポイントは?

先ほども申し上げたように30代で「転職して失敗した・・・」という方は少なくありません。

前職で上司と喧嘩して転職した、もっと給与が欲しくて転職した、Uターンで転職したなど様々な理由があるかと思いますが、転職するための成功ポイントが必ずあります。

特に30代で転職する方は多く、勝ち組と負け組に分かれているのも現状です。

思い付きで行動を起こすことを全否定はしませんが、事前にしっかりと対策や情報を収集することで、転職が成功する可能性が高くなります。

転職を成功させるには3つのポイントがありますので、それぞれを見てみましょう。

成功ポイントその1.年齢のタイミングが重要!?

35歳以上は転職が難しいなど昔はそのようなうわさがありましたが、基本的にそのような年齢制限はありません。

しかし、明確になっていないのですが、企業が求人する際に下記を目安にしているのは事実です。

  • 30代前半:ポテンシャル重視 ※未経験者でもこれからの活躍を期待する採用(しかし、20代よりも業績を出す期待度・プレッシャーが高い)
  • 30代後半:専門性重視 ※これまでの経験やスキルで採用

35歳前後はどちらともいえず、企業により異なるのでその点は求人項目などでチェックしておきましょう。

これは外資系企業でも同様です。外資系企業への転職を希望の方は、『外資系企業へ失敗しない転職|おすすめ転職サイト・エージェント3選など』の記事をご参考下さい。

よって20代であれば、転職する業界や業種で未経験者でも積極採用をする企業が多いのですが、40代になると基本的に専門性・プロフェッショナル性を求められるので、ある程度の経験とスキルが必要になります。給与は高くなる分、採用枠も狭まってくるんですね。

その狭間の30代での転職はタイミングとしては、「20代のフレッシュさや40代までの専門性はないけど、さらに育てるといい人材になる」という、基本的には転職するにはいいタイミングであります。

よって、より専門性を突き詰めて、それを売りにして転職したい方は30代後半、初めての業界や業種で自分を試したい!という方は30代前半をおすすめします。

成功ポイントその2.経験(スキル)と資格・面接(自己紹介)

先ほどもお伝えしたように、特に30代後半であれば、経験とスキルなどが転職でプラスに働く確率が高くなります。

勿論、20代や30代前半でもすでにそれらがあるのであれば、ものすごいストロングポイント(長所)になります。

これは日系企業と外資系企業の違い、また全ての企業とは言えないのですが、傾向としては、外資系企業はより自己アピールが重要になります。

「能ある鷹は爪を隠す」ではなく、全てをオープンにすることは転職を成功させるポイントの1つです。

前職での功績(問題解決力やリーダーシップ性なども)、マネージメント経験、ボランティア活動なども含みます。履歴書や面接の自己紹介でしっかりと自分のストロングポイント(長所)を言えるように練習しておくといいでしょう。

30代の転職で有利な資格も必要になりますが、おすすめの資格については後述していますので確認しておきましょう!

成功ポイントその3.デメリットも把握する

30代で転職を成功させる大きなポイントは、全ての転職が成功しないというデメリットを知ることから始まります。

例えば次の様な転職先です。

  • 20代より実績反映へのスピードなどを求められる(プレッシャー)
  • ノルマや残業を強制するブラック企業(パワハラなども)
  • トップダウン経営(イエスマンの集まり)
  • 高卒や大卒での派閥(学校別での派閥なども)
  • 自分に合わない社風

また、デメリットでこれが一番多いのですが、「前職より給料が下がる」ということです。

最初の3か月は試用期間だから●●万円、その後の本採用は交渉次第などとなる場合は前職と比べて給与が下がる可能性があることは覚悟しておきましょう。

しかし、そのようなデメリットや不安を解消するのに一番いい方法は、転職サイトやエージェントを使うのがベストです。エージェントにはいいも悪いも様々な情報が集まっており、あなたの希望の求人や企業をマッチングしてくれるからです。

自力で調べることも可能ですが、在職者で仕事を探すとなると時間も制約されますし、特に新しい業界などであれば知識がない分その情報は不安定になります。

よってエージェントに登録することは転職を成功させる大きなポイントになります。おすすめのエージェントに関しては最後に紹介していますので、是非ご参考下さい。

2.必見!30代に人気のおすすめ資格ランキング

資格を持っていることは決してマイナスにはなりません。

例えば外資系企業への転職を考えているのであれば、英語の資格(TOEICや英検など)はプラスです。

でも、30代にはどの資格が人気なのか、どれを取得すればいいのかなど気になりますよね?

これから転職を考えていて、先ずは資格を取りたい方は特に必見です。

28個のおすすめ「資格」一覧|人気ランキングや難易度』にも記載しているのですが、下記の資格を参考にしてみて下さい。

20代よりも知識などとの差をアピールでするには次のような資格が転職には効果的です。

【30代で人気の資格ランキング】

  1. TOEIC:https://www.iibc-global.org/toeic.html
  2. 簿記検定:https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping
  3. 宅地取引主任者:http://www.retio.or.jp/exam/
  4. 社会保険労務士:http://www.sharosi-siken.or.jp/
  5. ファイナンシャル・プランナー:http://www.jafp.or.jp/

因みに、20代、40代でもダントツでトップの資格はTOEICです。それぞれのホームページで試験日などの情報を確認してみましょう!

3.失敗しない!30代のための転職サイト・エージェント

営業職、事務職、医療系、ITエンジニアなどの技術系など幅広い求人を扱っている転職エージェントがあります。その中でも30代に強いと言われている転職サイト・エージェントを2つご紹介します。

基本的には先ずはサイトから登録、エージェントとの面接、そして求人とのマッチング、転職希望先での面接という流れになります。

おすすめの転職エージェントその1.「マイナビ」

20代の転職でも有名なエージェントが、「マイナビ」です。

40代より、20代、30代に強いサイト・エージェントと言われています。

マイナビエージェント:https://mynavi-agent.jp/

おすすめの転職エージェントその2.「リクルート」

全ての年代(20代、30代、40代など)で実績NO1の転職エージェントです。

幅広い求人も確保しており、マイナビと同時に登録しておくのもポイントの一つです。

高収入求人などもあり、細かな希望から選べます。

リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/

まとめ:30代の転職はターニングポイントだから慎重に!

本記事は決して30代の転職を促すわけではありません。

メリット、デメリットをしっかり把握して、現職場との違いなども比較しましょう。

一時的な感情での転職はNGです。40代になるとさらに転職の選択肢は少なくなってきます。経験を積む意味でも30代はいいタイミングですが、そこは慎重に。

だからこそ、資格の取得の勉強やエージェントに登録するなどしっかりと事前準備と情報を収集することが第一歩です。

慌てずに、大切な将来のことですので転職を成功させるためにその対策は欠かさないようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta