著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「~しましょう」の英語|Let’s以外の5つの表現と提案フレーズなど

のべ714がこの記事を参考にしています!

「一緒に~しましょう!」や「~しましょうか?」など相手に提案することもありますね。

その場合の英語が、「Let’s ~.」を使っていればいいと思っていませんか?

実は場面によってもとても失礼な言い方になるので注意が必要です。また、返事の仕方も知っていないと無言では失礼になります。

よって今回は、「~しましょう」という表現を中心にフォーカスして、例文を使いながら解説します。是非、英会話に活かして下さい。

目次:

1.「Let’s(一緒に~しましょう)」の使い方と返事の仕方
・「Let’s」を使った例文
・「Let’s」と言われた時の返事例
2.ビジネスでも使える!丁寧な「Let’s」以外の「~しましょう」の英語
・Why don’t we~?
・Shall we~?
・「提案する」の単語を使うパターン
3.相手に「私が~しましょうか?」の英語
・カジュアル
・フォーマル

1.「Let’s(一緒に~しましょう)」の使い方と返事の仕方

「Let’s(発音:レッツ)」は、何の略何でしょうか?

「let」の意味と使い方|過去形や否定形・熟語も28例文で解説!』でも解説していますが、「let us(私たちに~させて)」の略です。

要するに、「私たち一緒に~しましょう!」となります。

基本形は、「Let’s+動詞の原形.(!)」となります。

「Let’s」を使った例文

下記が「Let’s」を使った例文です。

  • Let’s study together.(一緒に勉強しましょう!) ※「together(一緒に)」は無くても構いません。
  • Let’s keep in touch!(お互い連絡を取り合おう!)
  • Let’s go for a drink tonight!(今夜、お酒でも飲みましょう!) ※「go for a drink」は「お酒を飲みに行く」の熟語です。
  • Let’s be honest.(正直になりましょう!) ※「Let’s be friends!(友達になりましょう!)」など「be動詞」の原形を使います。

など。

しかし、「~しないでおきましょう!」という場合もありますね。否定形の場合は、「Let’s not 動詞の原形.(!)」

下記がその例文です。

  • Let’s not go there now.(今そこに行くのはよしましょう)
  • Let’s not talk to our boss about it.(その件を上司に話すのはよしましょう)

など。

「Let’s go.」はどこかに行きましょうじゃない?

もちろん、これからある場所に行く時にも使いますが、スポーツの試合などで自分たちを鼓舞する(自分たちに気合を入れる)場合にも使います。

ドンドン攻めていこう!諦めないでいこう!などと言いたい時に「Let’s go!」のフレーズをよく使います。

「Let’s」と言われた時の返事例

「Let’s」を使って「~しましょう!」と言われて、黙っていては失意ですね。

下記がフォーマルな返事の仕方です。

  • Yes, let’s.(はい、しましょう!)
  • No, let’s not.(いいえ、よしましょう)

しかし、友達同士などカジュアルに返事をする場合は、次のような返事でOKです。

  • OK.(OKです)
  • All right.(了解です!)
  • Why not?(いいですよ)
  • You got it.(いいよ)

など。

「了解しました」の英語|会話やメールでも使える厳選27個』の記事も参考にして下さい。

2.ビジネスでも使える!丁寧な「Let’s」以外の「~しましょう」の英語

ビジネスメールやフォーマルな場合は口頭でも「Let’s」は控えた方がいいです。

相手からしたら「友達でもないのに馴れ馴れしい」と感じる方もいます。特にビジネス相手や上司には使わない方がいいでしょう。

その場合に役立つフレーズをご紹介します。

Why don’t we~?

直訳的に「一緒に~しませんか?」と丁寧な提案の仕方になります。

英語の「否定疑問文」|意味やニュアンス・2つの返答の仕方や例文』でもある否定疑問文の1つです。

下記がその例文です。

  • Why don’t we go ahead with this?(では、これにしましょう!) ※このプランで行きましょうなどの時も使えます。
  • Why don’t we have another meeting tomorrow?(また明日別の打ち合わせを持ちましょう)
  • Why don’t we share our ideas?(是非、一緒にアイデアを共有しましょう)

「もちろんです」の様々な言い方がベターです。

  • Sure.
  • Certainly. ※フォーマルで丁寧な言い方です。
  • Of course. ※強い否定で断る場合は「Of course not.」になりますが、失礼な言い方になるので注意が必要です。
  • No, thank you. ※よく使われる断る場合のフレーズです。

「もちろん」の英語|12個の表現をネイティブ並みに使う!』の記事も参考にして下さい。

「Why not ~?」はカジュアルな言い方

例えば、「why don’t we go out?」を省略した形が「Why not go out?(外出しましょうよ)」になります。

しかし、それはカジュアルな言い方なので、使う相手に注意して下さい。

また、「しましょうよ!」と一言で「Why not?」と言う場合もありますが、これは友達同士に限定しましょう。

「why not?」の使い方|3つの意味を8つの例文で完全マスター!』の記事も参考にして下さい。

Shall we~?

映画でも「Shall we ダンス?」という邦画がありましたが、とても丁寧な言い方です。

下記がその例文です。

  • Shall we meet then?(その時に会いましょう)
  • Shall we go for a walk?(散歩でもしましょう)

など。少しキザっぽいニュアンスでしかもものすごく丁寧なので、基本的に上述の「Why don’t we ~?」を使うのが一般的です。

よって初級者の方は「Why don’t we ~?」を使うようにしましょう。

「提案する」の単語を使うパターン

他にも『3つの「提案」の英語|使い方の違いや関連表現・フレーズ一覧』の記事でも紹介しているような、「suggest」などの単語を使って「~しましょう」と表現することも多いです。

下記がその例文です。

  • I suggest that we do it right away.(それを今すぐやることを提案します=それを今すぐにやりましょう!) ※とてもフォーマルな表現ですが、ビジネスメールなどでよく使います。
  • We should talk.(私たちは話すべきです=話しましょう) ※~すべきという「should」を使いましたが、『すべき・した方がいいの英語|10以上の例文やビジネスでの丁寧な表現』にあるような、「We had better ~.」などの表現もあります。

など。

しかし、自分は含まず、相手に「~しましょう」と提案する時は次のような表現の仕方があります。

下記がその例文です。

  • You should study harder.(もっと勉強しましょう) ※これも「~すべき」という助動詞を使っています。
  • Why don’t you get some water?(水分をとりましょう) ※「Why don’ we ~?」の場合は私たちが主語ですが、「Why don’t you ~?」は相手だけに提案しています。

など。

3.相手に「私が~しましょうか?」の英語

こちらからの提案で、相手に「私が~しましょうか?」という場合はどいう表現がいいのでしょうか?

カジュアル

友達や家族など気軽に使える表現が下記です。

下記がその例文です。

  • Do you want me to give you a hand?(私に手伝ってほしいですか?=私が手伝いましょうか?)
  • Is it OK if I pick you up at the airport?(車で空港に迎えに行きましょうか?)

など。

「Do you want me to不定詞(動詞の原形)?」は「あなたは私に~してほしいですか?」とう意味になります。カジュアルな日常会話ではよく出てくるフレーズです。

フォーマル

ビジネスなど相手を気遣う場合には次のようなフレーズを使います。

  • Would you like me to attend the meeting with you?(あなたと一緒に打ち合わせに出席しましょうか?)
  • Should I finish the report by 6pm?(午後6時までに報告書を終わらせましょうか?)

「would」を使うことで丁寧な言い方になります。

「would」の意味と5つの使い方|doやwill、couldなどの違いも解説・例文』の記事も参考にして下さい。

まとめ:「Let’s」以外の表現も覚えよう!

「~しましょう!」という場面で「Let’s」ばかり使うと初級レベルは脱出できません。

今回ご紹介した表現を参考にして場面毎に使い分けてみましょう!

特にビジネスでは相手に失礼のないように注意して下しさい。

それでは、英語を楽しんでいいましょう! Why not enjoy English!

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)