著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

3つのレベル別|英語の勉強に優先順位を付ける!効率よく上達する方法

のべ2,845がこの記事を参考にしています!

英語の勉強をしたいけど、どれに優先を付けて始めたらいいか迷っていませんか?

折角、勉強をするなら時間や努力を無駄にしたくないですよね。

でも、周りにあなたにアドバイスする人がいないのであれば、ここでご紹介する方法を先ずは実践することをおすすめします。

英語に自信が無い方、まあまあ自信がある方などレベル別に分けて勉強をするのがいいでしょう。

よってここでは、どの勉強に優先順位を付けた方がいいのか分からない方のために、勉強分野の解説をしていきます。

目次:

1.なぜ、英語の勉強で優先順位を付けるのか?
2.レベルで分ける!優先する英語の勉強法とスケジュールとは?
・初級者向けの優先順位:リスニング
・中級者向け優先順位:苦手な英語分野
・上級者向け優先順位:リーディングなど

1.なぜ、英語の勉強で優先順位を付けるのか?

英語の勉強だけではなく、上達するには「続けること」が一番のポイントです。

でもそれには、目的を持ったり、モチベーションを保ったりと様々なコツや方法があるのですが、一番のキーポイントが「上達を実感できている」です。

やる気の部分ですね。

例えば、「r」の発音が全然できなかったけど、1週間後には周りからもきれいな発音と認められたり、自分で録音しても明らかにネイティブのように上手くなっていたら、ドンドンやる気ができますよね。「よし、次はthの発音をマスターするぞ!」とか、次につながります。

そしてそれが楽しくなり、英語を勉強しているという感覚より、好きで英語に触れているという感じになります。そうなるのこっちのものです。

何もしなくても継続して英語の勉強に励めるようになります。

初級レベルの人にこれから毎日英字新聞を読んでくださいとアドバイスしても、恐らく1週間も待たずにギブアップする確率がグーっと上がります。

それは、時間と労力だけ使って、上達している実感が持てないからです。

だからこそ、初級・中級・上級レベルとレベル別に分けたスケジュールの組み立てとそれぞれに最適な勉強法が必要になります。

2.レベルで分ける!優先する英語の勉強法とスケジュールとは?

部活やバイトをしている学生、また忙しい社会人であれば、ある程度時間を確保することも優先順位を付けて勉強する前に大切なことです。

毎日コツコツ続けるには無理しない方法とタイムスケジュールが秘訣の大きな要素です。

初級者向けの優先順位:リスニング

英語を見るのも嫌!だけど上手くはなりたい・・・そんな方でも是非ここでご紹介する方法を優先して試してください。

単語をたくさん覚えたくても、英語をペラペラ話してみたいと思ってもグッとこらえて「聞く」ことに集中して下さい。

マイスキ英語で最も読まれている記事の『英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い』でも解説している通り、英語習得の最初のステップは耳からです。これが出来ていないと次のステップへは行けません。

そこで推奨する方法が、最初の3単語と数当てトレーニングというリスニング方法です。

  • 最初の3単語・・・一英文の最初の3単語のみ聞いて後は無視する
  • 数当てトレーニング・・・一英文が何単語で構成されているかを考える

ここでは意味を考えずに英語の音のみに触れる習慣を付けます。ただそれだけでいいです。

通勤・通学中の電車の中での1日5分程度からスタートするのもいいでしょう。とにかく英語の音に慣れて、続けることがポイントです。

いきなり何時間も勉強しては続きません。優先順位をこのリスニングにして今日から実践してみましょう!

上記の2つの方法は、『英語のリスニング力が驚くほど開花する超簡単な勉強法』で詳しく説明しているので参考にしてみて下さい。

中級者向け優先順位:苦手な英語分野

ある程度単語も知っていて、リスニングが出来ている中級者は苦手な分野を優先して勉強して下さい。

また、1日30分程度の時間を作ることをお勧めしています。何となく克服しているという感覚より、シッカリと上達していることを実感することにより、苦手意識が克服されていきます。

また、正しいアプリや参考書などの教材を使うことがポイントです。

是非参考にして克服しましょう!

上級者向け優先順位:リーディングなど

上級者になるとジャンルを絞らず色々な語彙や表現に触れることがベストです。

そのためには「多読」がおすすめです。英字新聞や英語のニュースサイトからスタートしてもいいでしょう。

またそのニュースをリスニングするのもいいですね。1日何時間勉強するというより、情報を収集するのは日本語ではなく英語という意識でいましょう。ここで語彙力もUPしますし、ドンドン英語の実力がアップしていきます。

上級者の多読に関しては、『英語の「多読」|3つの効果・おすすめの無料アプリ・サイト・教材など』を参考にしてみて下さい。

初級者も多読することは可能なのですが、優先順位を付けると先ずはリスニングとなります。

また、上級者はオンライン英会話などでマンツーマンの英会話でアウトプットの練習をすることもおススメしています。多読で吸収した英語表現を使ってみるようにすると更に効果がUPします。

まとめ:英語の勉強には優先順位が不可欠!

英語の勉強法は色々な種類のものがあります。

シャドーイング、スラッシュリーディングなどなど。それ自体は英語力をUPさせるものですが、どのレベルか?またどの程度なのか?にもよります。

よって、ここでは誰でも効果が出やすいような方法を優先してご紹介しました。とにかく上達している実感を持つことが大切です。

TOEICや大学・高校受験で焦るのではなく、自分に何が足りないか?を明確にして湯煎順位を付けて英語の勉強をスタートしましょう!

cta_teacher_img03

学習資料『偏差値40の落ちこぼれから1発でTOEIC満点を取って短期ネイティブになった全手法』

「結局、リスニングが聞けない・・・。」
「色々試しても、ペラペラ話せない・・・。」
「全然、TOEICの点数が伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを抱えていませんか?

私もその一人でした。
(今はTOEIC満点、英検1級も1発取得)

そこで今回、10年以上の海外赴任生活やアジアのバイリンガル達のノウハウ、私が数万人に教えてきてブラッシュアップを重ね、本当に日本人に必要な英語勉強方法を体系化しました。

【保存版】「TOEIC満点×短期間ネイティブになった全手法」(PDF全71ページ)

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・

そんな落ちこぼれの私でさえ、短期でマスターできた方法です。

ぜひ、興味がある方は現在無料プレゼント中ですので読んで見てください。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメント

sp-cta
pc-cta