著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「居酒屋」の英語|5つの表現や「お通し」などを英語で説明する!

のべ31,042がこの記事を参考にしています!

「居酒屋」は英語で何て言うのでしょうか?

外国から来た人を「居酒屋」に連れいく時に何と説明したらいいでしょうか?

詳しくは後ほど解説しますが、次のどれを使っても「居酒屋」を表す英語となります。

  • Izakaya:日本在住者、また日本文化が分かる外国人にはこれで通じるケースが多いです。
  • Japanese pub:日本式のパブ(小料理も出す酒場)という表現です。
  • Japanese bar restaurant:日本式の酒場だけどレストランのように食事を提供する場所という意味です。

また、他にも「Japanse tavern」や「Japanese gastropub」という言い方もあります。

要するに、「お酒も食事も提供する日本独自の場所」が表現をする必要があります。

というのも、「pub」だけ、「bar」だけでは、居酒屋とはかけ離れている、一言で伝えるには少し難しい日本独自の文化だからです。

日本文化を伝えるために、【「日本文化」を英語で紹介|正確に伝えるための8つの基本】という記事も書いているのですが、ここでは「居酒屋」にフォーカスして、それらの英語表現をご紹介します。

最後には「英語メニュー」を提供している居酒屋の探し方もご紹介します。

よって今回は「居酒屋」の英語表現、また併せて「お通し」の英語での説明方法や、居酒屋で使える接客フレーズをご紹介します。

目次:

1.「居酒屋」を英語でどう説明する?
1-1.「Izakaya」で「居酒屋」を表現
1-2.「Japanese pub」で「居酒屋」を表現
1-3.「Japanese bar restaurant」で「居酒屋」を表現
1-4.「tavern」や「gastropub」の表現もある!
2.「居酒屋」では当たり前!?「お通し」の英語
3.「居酒屋」での接客フレーズ|英語の基本表現
4.「居酒屋」に関連する英語表現
5.英語メニューがある居酒屋を探して見よう!

1.「居酒屋」を英語でどう説明する?

「居酒屋」は日本独特の文化なので、英語で「居酒屋」にあたる直接の英語の表現はありません。

それではどのように説明するのがいいのでしょうか?

1-1.「Izakaya」で「居酒屋」を表現

英語にする場合「Izakaya」と、そのまま日本語をローマ字表記されることも多いです。

また既に日本に何年か住んでいる外国人や日本文化に詳しい人にはそのまま通じるでしょう。

Let’s go to Izakaya!(居酒屋に行こう!)」という感じで簡単に使えます。

しかし、この「Izakaya」で表現してしまうと、日本語の「居酒屋」を知らない人には何のことか全くわかりません。

1-2.「Japanese pub」で「居酒屋」を表現

一般的に英語圏の文化にない「居酒屋」を英語にする場合、「Japanese pub」(ジャパニーズ・パブ)と訳されることが多いです。

「Pub」は「パブ」や「酒場」などで使われる単語です。

アイルランド風のパブ「Irish Pub(アイリッシュ・パブ)」は日本でも有名ですよね。

これと同じ様な言い方で「日本風の酒場」、つまり「居酒屋」という意味です。

日本文化を紹介する本などでは「Izakaya」の後に「Japanese pub(s)」と説明を加えていることが多いです。

There are many Izakaya, Japanese pubs in Shinjyuku.(新宿には多くの居酒屋があります)」など。

要するに、「Izakaya is a Japanese style of pub.(居酒屋とは日本式のパブ)」という表現でOKです。

因みに、「pub」は「public place」の略で、「社交の場」というのが英語の本来の意味です。

1-3.「Japanese bar restaurant」で「居酒屋」を表現

「bar(バー)」や「restaurant(レストラン)」という、日本人に馴染みの単語を使って、「Japanese bar restaurant(日本式のバー・レストラン)」という言い方も多いですね。

「bar」だけでは、カウンターがあっあり「お酒を提供する場所だけ」というイメージが強く、食事が無いと勘違いする方が多いからです。

それに食事を提供する「restaurant」を付けると、外国人にもイメージしやすいので、これらの説明で十分に通じます。

しかし、今では「sports bar」などのように軽食を提供するところも多いので、食事も提供する「pub」との違いが曖昧になっていますが、本来は次のような違いがあります。

  • bar・・・食事はなくお酒を提供する場所
  • pub・・・お酒と小料理を提供する場所

よって、「Izakaya is a Japanese bar that also serves snack.(居酒屋は軽食も提供する日本式のバーです)」とう表現でもOKです。

1-4.「tavern」や「gastropub」の表現もある!

これまでご紹介した3つの表現でも問題ないのですが、念のため他の言い方も押さえておくと英語力が広がりますね。

下記がその2つです。

  • Japanese tavern:「tavern(タバーン)」も酒場や大衆食堂を表現する単語ですが、少し質素なイメージがある単語です。
  • Japanese gastropub:「gastronomy(美食)」と「pub」が重なった表現です。お酒だけがメインではなく、食事も素晴らしいというイメージなので、日本の居酒屋にはピッタリかもしれませんね。

2.「居酒屋」では当たり前!?「お通し」の英語

居酒屋で出される「お通し」も日本独特の文化です。

最近では「お通し」を出さないところもあるようですが、まだまだ「お通し」の文化が存在するのは多いのも事実です。

「居酒屋」と同様に、「お通し」も、そのまま英語にできる表現はありません。

そのため、日本語のまま「Otoshi」として、説明を加えることが多いです。

「お通し」を外国人に伝えるためには、以下の2点を説明する必要があります。

  • 注文に関わらず、全ての客にかかる席料があること
  • 最初の飲み物と一緒についてくる料理がある

英語での説明のフレーズの例を見てみましょう。

  • 英語:We have a cover charge of 500 yen per person, which includes a small appetizer served with first drink. ※「cover charge(カバーチャージ)」は「席料」を指します。「table charge」も同様です。「include(インクルード)」は「含む」という動詞です。また、「appetizer(アパタイザー)」は「前菜」の意味です。「serve(サーブ)」は「提供する」の動詞です。
  • 日本語:席料がお一人様500円です。この料金に最初のドリンクと一緒にくる(小さな)前菜が含まれています。

居酒屋に外国人と行く場合や、居酒屋で働いていて外国人が来た場合などは、「お通し」を事前に英語で説明したほうがよいでしょう。

特に、居酒屋側で外国人のお客様の対応をする場合、知らないと支払い時にトラブルになる可能性があるので要注意です。

次では、居酒屋での接客に使える英語フレーズを紹介しますが、海外でのレストランで接客された際にもよく聞くフレーズですので是非触れておきましょう!

3.「居酒屋」での接客フレーズ|英語の基本表現

「居酒屋」の接客で使える英語のフレーズをご紹介します。

これだけは押さえておきたい!基本フレーズなので、居酒屋やレストランなどで働いている方は是非覚えてくださいね!

  • How many?/何名様ですか?
  • Did you make a reservation?/予約はされていますか? ※「reservation(リザベーション)」は「予約」の英語です。
  • Would you like a smoking or non-smoking table?/喫煙席と禁煙席どちらがよろしいですか?
  • This way, please./こちらへどうぞ。
  • We are full at the moment. It’s going to be about 30 minutes wait./ただいま満席です。30分ほどお待ちいただくことになります。 ※「full(フル)」は「満席」や「お腹が一杯」という時に使える形容詞です。
  • Are you ready to order?/ご注文はお決まりですか?
  • Would you like something to drink?/お飲み物はいかがですか? ※「何か食べ物は如何ですか?」という場合は「Would you like something to eat?」となります。
  • Anything else?/ご注文は以上ですか? ※直訳は「他に何かありますか?」となります。また、「That’s all?(全てですか?)」という表現もあります。
  • You can have any drinks for 1000yen./1,000円で、全てのドリンク飲み放題です。「飲み放題」は「all you can drink」でも表現します。また食べ放題は「all you can eat」です。

飲食店でよく使う接客のフレーズは【接客英語のレストラン・カフェ・居酒屋編|5つの場面で使えるフレーズ集】でも詳しく紹介しています。

また、メニューを説明する場合に便利な「調理法」に関する英語は【「料理」用語を英語で表現|これで十分!134個の英単語】で詳しく解説しています。こちらも、是非参考にして下さい。

4.「居酒屋」に関連する英語表現

「おしぼり」など、「居酒屋」の関連表現を見てみましょう。

  • 「おしぼり」:Oshibori, wet towel ※「wet(ウェット)」は「濡れている」という形容詞です。
  • 「入店料」:entrance fee
  • 「席料」:table charge ※「cover charge」も同様です。
  • 「サービス料」:service charge ※「service fee」も同様です。
  • 「ソフトドリンク」:soft drink
  • 「酒」:alcoholic drink ※単純に「alchole(アルコホール)」でも同様です。
  • 「日本酒」:sake(サケ)
  • 「ワイン」:wine
  • 「焼酎」:shochu ※「いも焼酎」は「shochu made from potato」、「麦焼酎」は「shochu made from wheat」でOKです。

※お酒の英語も詳しく知っておくと大変役立ちます。【「酒」の英語|お酒の種類や飲み方など22個の使える表現】の記事も参考にしてみて下さい。

5.英語メニューがある居酒屋を探して見よう!

外国人の友達や接待などで居酒屋を使う時に苦労するのが、英語でのメニューの説明ですね。

一品一品を全て和訳していては、お酒を楽しめない方も多いでしょう。

そのような方に便利なのが、「食べログ」などでの検索機能です。

条件の絞り込みで「英語メニュー」を選択して検索するだけで、該当の居酒屋が出てきます。

下記は東京都全域の例ですが、新宿、渋谷など地域を絞り込むこともできます。

検索結果:「東京都での英語メニューがある居酒屋」など、参考にしてみて下さい。

まとめ:「居酒屋」を英語で正しく外国人に伝えてみよう!

「居酒屋」や「お通し」の伝え方は、いくつかあり英語上級者でも見解がわかれます。

文化が違うと、言葉自体が文化に存在しないので、無理にひと言にまとめようとせず、例文でもあったような簡単なものでいいので、説明を付け加えましょう。

「居酒屋」のような日本にしかない文化は、海外の人もとても興味をもって話しを聞いてくれます。

一緒に行くことがなくても、会話の中で積極的に紹介してみましょう!

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメント