著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「商品」の英語 |製品も表わす6つの違いと正しい使い方

のべ40,557がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「商品」を正しく英語で表現できますか?

「商品」には様々な英単語が存在しますが、その違いを知るだけで「商品」という英語が含むニュアンスをくみ取ることも出来ます。

また「商品」と「製品」の違いを明確にすることでそれらが分かりやすくもなります。

また、「目玉商品」や「商品券」などは、英語でどう言うのでしょうか?

最後には、どれくらい「商品」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

よって今回は、日本語でも悩む「商品」と「製品」の違いから説明し、英語に存在する様々な「商品」とそれに関連する英語表現もご紹介します。

目次:

0.「商品」と「製品」の違いとその英語とは?

1.「商品」の英語の発音(読み方)と違い・使い分け
1-1.カジュアルな「商品」の英語とその違い
1-2.フォーマルな「商品」の英語とその違い

2.「商品」の英語の関連用語とフレーズ一覧
2-1.「商品~」、「~商品」という英語表現一覧
2-2.会話やビジネスで今すぐ使える!商品に関連した英語フレーズ
2-3.商品の英語表記に迷わない!各種商品の正しい総称など
2-4.その他にも押さえておきたい「商品」に関連する英語

まとめクイズ:「商品」の英語の表現を色々使ってみましょう!

0.「商品」と「製品」の違いとその英語とは?

そもそも「商品」と「製品」の違いは何なのでしょうか? また、それによって英語が異なるのでしょうか?

asking question
先ずはその2つの違いを見てみましょう。

  • 「商品」とは?:「売買が目的」で取り交わさる品物(アイテム) ※それ以上加工しなくていいもの。
  • 「製品」とは?:「加工された」品物 ※「商品」は大枠の「製品」の中にありますね。

つまり、販売者がどこかで作らせたものは「製品」と呼び、それをお客さんが買った場合(販売者が売る場合)は、「商品」となります。どの立場の人がそのものを表現するかで、用語が異なるということですね。

しかし、これは「商品」で、それは「製品」と厳密に区別する必要はありません。

日常会話の中では混在して、同じような意味合いで使っているかと思います。そこまで神経質にならないようにしましょう。

これは英語でも同様で、詳しく区別することで混乱しないようにしましょう。気軽に「商品」や「製品」を同じように使っても全く問題ありません。

1.「商品」の英語の発音(読み方)と違い・使い分け

「商品」の英語にはそれぞれの単語が含むニュアンスがあります。

よって、商品の特性や場面などにより使い分ける必要があります。

1-1.カジュアルな「商品」の英語とその違い

日常会話の中でも頻繁に出てくる「商品」の英語です。ここでも、細かく「商品」と「製品」を分ける必要はありません。

  • goods(グッズ):消費者が買う品物というニュアンスが強い「商品」です。店に置いてあるもの全般はこの「goods」で表すことが多いです。
  • product(プロダクト):生産した品物という「製品」です。生産者目線が強いです。多少フォーマル寄りですが、一般に良く使う英語です。
  • item(アイテム):「商品」や「製品」に限らず、幅広く使えるえる英単語です。

1-2.フォーマルな「商品」の英語とその違い

ビジネスの場面や書類、プレゼンテーションにも使われる「商品」の英語をご紹介します。

  • commodity(コモディティー):基本的には複数の「commodities」が多用され、農産物などの商品のニュアンスが強いです。
  • merchandise(マーチャンダイズ):「goods」のフォーマル形だと思ってください。しかし、会社間の取引などで頻繁に使われる英単語です。「goods」は消費者と販売者間、「merchandise」は会社間と覚えるといいでしょう。「mdse」と略して書かれる場合もあります。
  • ware(ウェアー):陶器や器物のニュアンスが強い「商品」です。ちなみに台所用品は「kitchen ware」と表現します。

また、食料品を表現する場合は、「food」ではなく「grocery」(グローサリー)、飲料水は「drink」ではなく「beverage」とスーパーなどでもフォーマルに表記されている場合が多いです。

2.「商品」の英語の関連用語とフレーズ一覧

「商品」には、それらに関する英単語もニュースや日常生活でも良く耳にします。

「商品」という単語だけではなく、その他の表現も是非覚えましょう。

生産者側からの視点では「product」、消費者側からの視点であれば「goods」などの英語になるので使い分けましょう。

下記の例文はそれらをランダムに表示しているので「goods」を「product」などに代えてもOKです。また、単数・複数も同様です。

2-1.「商品~」、「~商品」という英語表現一覧

先ずは基本的な表現に触れてみましょう。

  • 商品価値:「commercial value」 ※「commercial(コマーシャル)」は「商業上の」で、「value(ヴァリュー)」は「価値」の意味です。 ※ちなみに、広告宣伝のコマーシャルもこの「commercial」を使います。
  • 商品化する:「commercialize」 ※「commerce(コマース)」は「商業」という名詞で、その動詞が「commercialize(コマーシャライズ)」となります。
  • 商品券:「voucher(ヴァウチャー)」、「gift certificate」や「coupon」など
  • 商品名:「brand name」や「product name」
  • 定番商品:「regular item」や「standard product」など
  • 人気商品:「hot item」や「hot selling product」でもOKです。 ※売れ筋商品もこれらの表現で大丈夫です。
  • 目玉商品:「loss leader(赤字をリードするもの)」で、赤字覚悟の商品というニュアンスです。
  • 新商品:「new product」や「new product」
  • スポット商品:「special item」
  • 限定商品:「limited item」 ※「limited(リミティッド)」は「限られた~」という英語です。
  • 厳選商品:「selected item」 ※「selected(シレクティッド)」は「選ばれた~」です。
  • 注目商品:「featured item」、「special item」、「trend item」など
  • 展示商品:「exhibits」、「display item」など
  • 賞品:「prize」 ※「優勝賞品」は「first prize」などと言います。
  • グローバル商品:「global commodities」
  • 金融商品:「financial instrument」 ※「instrument(インストゥルメント)」は「証券・楽器」という英語です。
  • 関連商品:「related item」 ※「related(リレイティッド)」は「関連(関係)する~」です。
  • 販売商品(販売品):「item for sale」
  • 在庫商品:「goods in stock」、または単純に「stock」だけを使うケースも多いです。
  • 商品代金:「payment for goods」 ※「payment(ペイメント)」は「支払」という英語です。動詞は「pay」です。
  • 商品説明:「product description」 ※「description(ディスクリプション)」は「記述」です。
  • 商品(製品)サイクル:「product life cycle」
  • 商品サンプル(見本):「commercial sample」 ※通常のsampleでも構いませんが、ビジネス的な表現を紹介しました。「commercial(コマーシャル)」は「取引の・商売の」という英語です。
  • 商品(製品)概略:「product outline」、「product profile」など。
  • 商品開発:「product developmet」 ※「development(ディヴェロップメント)」は「開発」の英語です。
  • 商品紹介:「product introduction」

2-2.会話やビジネスで今すぐ使える!商品に関連した英語フレーズ

ここでは特にビジネスで使える英語フレーズをピックアップしてみました。

  • (商品の)見た目がいい:「It looks good.」、「It looks great.」など
  • (商品の)質がいい:「It has a good quality」など
  • 商品を作る:「manufacutre」、「make prodcuts」など
  • 商品を並べる(展示する):「display items」
  • 商品が揃っている:「have enough line-up of products」、「have a large selection of items」など
  • 商品を手渡す:「hand a prodcut」 ※「give」よりも「手渡し」を強調しています。
  • 商品を受け取る:「receive a product」
  • 商品を発注(注文)する:「order an item」
  • 商品を発送する:「dispatch a product」 ※フォーマルな言い方です。「send(out)」でも構いません。
  • 商品を配達する:「deliver an item」 ※「配達・宅配(名詞)」は「delivery」です。
  • (商品を)差別化する:「differenciate a product」
  • 商品化する:「commoditize a product」、「commercialize a product」など
  • 商品が届くのを楽しみにしています:「I’m looking forward to receiving the item」など
  • 商品に満足しています:「I’m satisfied with the item」など
  • (商品が)気に入りました:「I like it.」など
  • 商品を真似する:「copy a product」
  • 商品を検品する:「inspect a product」

また、商品の売り込みメールや相手に商品を受け取ったお礼(感謝)などの正しいフォーマルな書き方については、『英語のビジネスメールの書き方|恥をかかない7つの注意点』を参考にしましょう。

それと、商品を売り込む、または紹介する時にはプレゼン(プレゼンテーション)が欠かせません。そんな時は、『英語でプレゼンテーション|3つのパートで使える例文集一覧』を参考にしてみて下さい。

2-3.商品の英語表記に迷わない!各種商品の正しい総称など

海外にEMSなどで商品を発送る時に「商品欄」にどのような英語を書いたらいいか迷いますよね。

そんな時に下記を押さえておいてください。また海外旅行でのショッピングの際にも知っておくと役立ちます。

  • 食料品(食べ物):「grocery」 ※「food」ではなく「grocery(グローサリー)」、または「groceries」と複数形でスーパーなどでも表示されているところが多いです。
  • 飲料水(飲み物):「beverage」 ※「drink」ではなく、フォーマルな「beverage(ビヴァレッジ)」とレストランのメニューなどでも表現されています。
  • 日用品(生活用品):「daily necessities」 ※「groceries」でも表現できます。
  • 雑貨:「accessories」、「miscellaneous goods」など
  • 化粧品:「cosmetics」、「toilet requisites」、「toiletries」など
  • 衣類:「clothes」、「garments」など
  • (スイーツなどの)お菓子:「sweets」や「snack」など様々な言い方があります。『「お菓子」の英語|3つの表現と栄養成分の重要英単語の見方』でも解説しています。
  • 薬用商品:「medical products」
  • 旅行用品:「travel goods」
  • スポーツ用品:「sporting goods」
  • 電化製品:「(electric) appliances」
  • 文房具:「stationery」 ※様々な文房具についての英語の呼び方は、『「文房具」の正しい英語一覧|間違えだらけ!22個の表現』でご紹介しています。

2-4.その他にも押さえておきたい「商品」に関連する英語

  • リサイクル:「recycling」
  • 商品の問い合わせ:「inquiry about your product」 ※メールの件名にそのまま使えます。
  • 商品の引き渡し:「delivery」など
  • 商品の立ち上げ(ローンチ):「product launch」
  • 日本製(品):「products made in Japan」、「Made-in-Japan products」や単純に「Made in Japan」としても正しく通じます。
  • (商品の)売り文句・キャッチコピー・宣伝文句:「sales pitch」、「sales lure」など
  • 広告:「advertising」
  • 商品の外箱(パッケージ):「packaging」、「outer case」など
  • 原材料:raw material(s) ※「raw(ロー)」は「生の」、「material(マテリアル)」は「材料」の英語です。
  • 商品のメーカー(生産者):「manufacturer」
  • 商品の請求書(インボイス):商品欄(勘定科目など)には「prodcut name」などと記載します。『「請求書」の英語|書き方と20個の英単語・テンプレート付』の記事も参考にしてみて下さい。
  • 免税:「tax-free」
  • 税金:「tax」 ※消費税など、『「消費税」の英語|軽減税率や所得税などの英語もマスター!』でも解説しています。
  • 苦情(クレーム):「complaint」
  • 懸賞:「prize」 ※「賞品」と同様です。
  • 予備:「stock」 ※「在庫」という表現と同様です。
  • 手作り:「hand-made」、「home-made」など
  • 外注(する):「subcontract」、「outsource」など
  • 割引(ディスカウント):「discount」
  • 購買(バイヤー):「purchaser」、「buyer」
  • 物販:「product sales」
  • 利益:「profit(s)」
  • 不具合(不良):「defect」、「malfunction」、「failure」など

まとめクイズ:「商品」の英語の表現を色々使ってみましょう!

「商品」を英語でいう時は、先ずはカジュアルな表現の「goods」などから使ってみて下さい。

「商品」と「製品」の区別をせずに使っても何ら問題はありませんし、聞き手も疑問に思いません。

それから徐々にフォーマルの使い方も覚えておきましょう。特に英語に関しては、真面目に考えるのが日本人の悪い癖でもあります。気軽に使えるものから使って英会話を楽しみましょう!

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. 「人気商品」の英語は?
  2. 消費者が買う品物というニュアンスが強い「商品」の英語は?
  3. 会社間の取引などで頻繁に使われる「商品」の英語は?
  4. 「商品価値」の英語は?
  5. 「台所用品」の英語は?

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「商品」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. 「hot item」、「hot selling product」
  2. goods
  3. merchandise
  4. commercial value
  5. kitchen ware
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta