著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「楽しい」の英語|3つの品詞で表現する!使い方と例文集

のべ34,918がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語で「楽しい」気持ちをちゃんと伝えられていますか?

一言で、「楽しい」といっても、様々な楽しさがありますよね。日常英会話でも色々な場面で使える表現の1つです。

基本的にネイティブが頻繁に使う英語の楽しいの英語は、代表的な品詞の名詞、形容詞、動詞の3つで使い分けができます。

それらを使ったフレーズや例文など知っておくと英会話にも大変役立ちます。

また、仲のいい友達通しのメールやSNSでやり取りする際の、顔文字やスラングも覚えておくといいですね。

ここでは、それぞれの使い方や表現などを学んで、英会話には欠かせない英語で「楽しい」気持ちを相手に伝えるフレーズなどを身に付けましょう!

【目次】

1.英語の「名詞」で楽しい!の使い方と例文
1-1.名詞の「fun」を使った「楽しい」の表現
1-2.名詞の「a good time」を使った「楽しい」の表現

2.英語の「動詞」で楽しい!の使い方と例文

3.英語の「形容詞」で楽しい!の使い方と例文
3-1.英語の「enjoyable」を使った楽しいの表現
3-2.その他の語の形容詞を使った楽しいの表現

4.「楽しい」の英語のスラングや略・顔文字
4-1.「楽しい」のスラング表現
4-2.「楽しい」の英語の略や顔文字

1.英語の「名詞」で楽しい!の使い方と例文

2つの名詞の表現があり、それぞれを見てみましょう。

1-1.名詞の「fun」を使った「楽しい」の表現

楽しみやおもしろさを表現する「楽しい」の名詞の代表的な名詞は「fun(楽しさ・楽しみ)」となります。

多くの使い方もあります。

「fun」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ファン
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/fun.mp3
fˈʌn

ここの発音で注意したいのが、日本語での読み方は一緒でも意味が全くことなる「fan(ファン)」です。

発音記号と音声は下記となります。

音声
発音記号
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/fan.mp3
fˈæn

「fan」は、うちわ(扇風機)や熱心な愛好者(ファン)を表わすもので、楽しいの「fun」とは全く意味が異なるので、発音には注意しましょう!

「fun」で「楽しい」を表す時には動詞の「have」とセットで使います。

例文は下記となります。

  • 楽しかった!:I had fun.
  • とても楽しかった!:I had a lot of fun. ※「とても楽しい」という場合は「a lot of fun(lots of fun)という表現になります。
  • 楽しかった?(疑問文):Did you have fun?

haveの過去形である「had」を使って「楽しかった!」と表現できます。

また次のような例文も使えます。

  • 今楽しんでいます:I’m having a lot of fun. ※現在進行形を使うのが一般的です。
  • 楽しんでね!:Have fun. ※パーティーや旅行など、そんな時に気軽に使える表現です。
  • 楽しもうよ!:Let’s have some fun!

しかし、派生語の「funny」は「面白い(おもしろい)」、面白おかしいという形容詞の英語です。「楽しい」という意味の「fun」と少しニュアンスが違い、使い方によっては小バカにする意味にもなるので要注意です。

また、「~をするの(こと)が楽しい」という場面もありますね。そのような場合は次のような使い方になります。

  • 英語:It’s fun to play music with friends.
  • 日本語:友達と音楽をするのは楽しいです。

~することが楽しいという場合は、「It’s fun to 動詞」という構文になります。

1-2.名詞の「a good time」を使った「楽しい」の表現

「a good time(グッド・タイム)」の直訳は「いい(楽しい)時間」となります。

「good(いい)」を「wonderful(素晴らしい)」や「great」などの形容詞に代えてて強調することもできます。

例文は下記となります。

この場合も動詞の「have」を使います。

  • 楽しかった!:I had a good time.
  • 楽しい!:I’m having a great time. ※「I’m have such a great(good) time.」と強調もできます。

また、「最上級」で強調する場合もあります。

It was the best time I’ve ever had.(今までで一番楽しい時間でした)」などと表現してもかっこいいですね。

「the best time」を「the greatest time」などに置き換えてもOKです。

2.英語の「動詞」で楽しい!の使い方と例文

英語の動詞の一言で「楽しい」を表現するのは「Enjoy」がほとんどです。

「Enjoy」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
エンジョイ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/enjoy.mp3
ɪndʒˈɔɪ

アクセントの位置に注意ですね。「enjoy」は楽しむという意味の動詞です。

「enjoy+動詞~ing」形で「~することを楽しむ」という意味になります。

有意義な時間を楽しむというニュアンスで、面白いか、遊び心があるか、心がうきうきするかはあまり重要ではありません。

「楽しい」と同時に充実感、満足感のニュアンスも合わさった表現です。

フォーマルな場面や、悲しい映画、怖い映画を見る時もenjoyであれば使えるので、幅広く使える単語です

下記が「enjoy」を使った例文です。

  • I enjoyed watching the movie last night.:私は昨夜、映画をみて楽しみました。
  • I enjoy working.:仕事が楽しい
  • I always enjoy reading books.:私はいつも本を読むことを楽しんでいます。
  • Let’s enjoy the party.:パーティーを楽しみましょう。
  • I really enjoy the party!:パーティーは本当に楽しませていただきました。
  • Enjoy your meal.:どうぞお召し上がりください。※食事前のお決まりのフレーズで、直訳的には「食事をお楽しみください。」ですが、「ごゆっくりどうぞ」というニュアンスです。
  • Enjoy your trip.:旅行楽しんで!
  • Enjoy yourself.:楽しんで! ※色々なシチュエーションで使えます。

3.英語の「形容詞」で楽しい!の使い方と例文

「It is(was)形容詞」という形で、楽しい!楽しかった!という表現ができます。

3-1.英語の「enjoyable」を使った楽しいの表現

動詞で説明した「enjoy」の派生語に「enjoyable(楽しい)」があります。

「It is(was)enjoyable.」の一言で楽しいを表現できます。

また、名詞の「an enjoyable time(楽しい時間)」などの表現でも使えます。

※ableはもともと「~ができる」という意味で、「楽しめる」という意味がベースにあります。enjoyable peopleなど人を付けて使うことはできないので要注意です。

3-2.その他の語の形容詞を使った楽しいの表現

この他にも、「happy(幸せ)」や「pleasant(気持ちいい・嬉しい)」、「awesome(すばらしい)」など、様々な形容詞を使うことができます。

  • 「happy」:「幸せ」という意味ですが、「楽しい」というニュアンスで使うこともできます。「happy」は「幸せ・嬉しい」という意味もあり、『「幸せ」の英語|色々なパターンの表現と厳選フレーズ10個』の記事も参考にして下さい。
  • 「joyful」:「喜ばしい」「嬉しい」という意味ですが、「楽しい」の意味も含まれています。少し、形式ばった表現で日常のカジュアルな会話ではあまり使いません。
  • 「pleasant」:人に対して何かをして、喜びを与えて「気持ちの良い」「嬉しい」という意味で、そのニュアンスに近い「楽しい」に使えます。
  • 「awesome」:「最高・すごい」という意味ですが、パーティー等で「最高に楽しいね!」という意味で使うことができます。カジュアルな表現で、目上の人やフォーマルな場面では使えないので要注意です。「素晴らしい」というニュアンスもあり、『「素晴らしい」の英語|厳選15個の表現の違いとその使い方』の記事で色々な形容詞をみてみましょう。

他にも、「amazing」、「fantastic」など様々な形容詞が使えます。

4.「楽しい」の英語のスラングや略・顔文字

親しい仲間通しなどスラングなど使うのが一般的です。

またメールやSNSでやり取りする場合など、長い表現を略(短縮)したり、顔文字を使うのも一般的です。

4-1.「楽しい」のスラング表現

ビジネスなどフォーマルな場合は避けるようにしましょう。

しかし、友達同士では全く問題ないので、気軽に使ってOKです。

下記がそのスラングの例文です。

  • I had a blast.:楽しんだ ※「a blast(ブラスト)」は「a good time」と同様です。
  • Party hard!:楽しんでね! ※直訳は一生懸命パーティーしてね、となります。ニュアンスはつかめますね。

4-2.「楽しい」の英語の略や顔文字

気軽に次のような「楽しい」の表現を使ってみましょう!

「楽しい」の略

下記が一例です。

  • good → 「gd
  • fabulous → 「fab

このように英語では略語を使うケースが多々あります。『英語の略語一覧|メールやSNSで今すぐ使える厳選73個』の記事も参考にしてみましょう。

「楽しい」の顔文字

実際に文字にしなくても、楽しい感情を相手に伝えるのに顔文字を使う場合がありますね。これは日本語でも同様ですが、英語独自の顔文字の書き方があるので参考にしてみましょう。

嬉しいや笑いなどの顔文字を使うといいでしょう。

  • :D
  • :)

など、様々な顔文字があります。『英語の「顔文字」一覧|メールやSNSですぐに使える18選』の記事も参考にしてみましょう。

まとめ:日常英会話では「楽しい」の英語は欠かせない!

英語で「楽しい」は「fun」や「enjoy」などが基本ですが、場面に応じて様々な単語で「楽しい」を表現します。

日本語は、いろんな意味を含めて「楽しい」の一言で表すことができますが、英語はどう楽しいのか?どう言う気持ちなのかをはっきり表現する傾向があり、これを使えばほとんどの場面で使える!という言葉はありません。

まずは、基本を押さえて、後はその都度場面に応じて「楽しい」をどう伝えるか、ベストな表現を学んでいくことがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta