著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

米国公認会計士(USCPA)と簿記1級の難易度の違いは?他資格ランキング比較

のべ992がこの記事を参考にしています!

米国公認会計士(USCPA)の資格が気になり、公認会計士や簿記1級とどっちが難しいかなど、難易度の違いや合格率、難関資格との差を知りたいという方もいるでしょう。

ここでは、米国公認会計士(USCPA)の難易度、合格率、内容の違い、難関資格とのレベル差などをご紹介します。

目次:

1 米国公認会計士と簿記1級との難易度は?
1-1-1 米国公認会計士(USCPA)とは
1-1-2 米国公認会計士(USCPA)の日本人合格率は30%程度
1-2 米国公認会計士(USCPA)と簿記1級はどっちが難しいのか?
1-3 米国公認会計士(USCPA)と簿記1級の年間試験実施回数の違い

2 米国公認会計士(USCPA)の難易度ランキング、偏差値
2-1 米国公認会計士(USCPA)と簿記1級、公認会計士の偏差値
2-2 公認会計士と米国公認会計士(USCPA)の難易度比較

まとめ

1 米国公認会計士と簿記1級との難易度は?

米国公認会計士(USCPA)と簿記1級を取得する際の難易度ですが、どちらが難しかったり、どちらの方から取得した方が良かったりするのでしょうか?

1−1 米国公認会計士(USCPA)と簿記1級の難易度、合格率、科目内容

比較項目米国公認会計士(USCPA)簿記1級
合格率約30%(日本人のみ)平均10%未満
科目数4科目4科目
科目内容①    財務会計(FAR)

②    ビジネス環境及び諸概念(BEC)

③    監査及び証明業務(AUD)

④    諸法規(REG)

①    商業簿記

②    会計学

③    工業簿記

④    原価計算

試験時間4時間×4科目商業簿記/会計学で90分

工業簿記/原価計算で90分

合計180分(3時間)

合格基準各科目75点以上取得(99点満点)正答率70%以上
試験の特徴1科目ずつ受験でき、各科目の有効期限は18カ月(1年半)各科目40%以上の正答率がないと足切り
受験資格州ごとに異なる(学位要件、単位要件)誰でも申込可能

なお、USCPA試験における各科目の勉強時間の目安を知りたいという方は『米国公認会計士(USCPA)|必要な勉強時間は?社会人は?』を参考にしてください。

1-1-1 米国公認会計士(USCPA)とは

米国公認会計士(USCPA)は、米国が認定する公認会計士の資格です。難易度も高く、国際ビジネス資格で国際的にも最もよく知られている資格の一つです。

なお、オーストラリアやカナダ、香港などでは、相互承認制度があり、別の会計士の資格を取る必要はありません。

USCPA試験の受験資格に関しては、『【大卒/高卒】米国公認会計士(USCPA)の受験資格と各要件』を参考にしてください。

1-1-2 米国公認会計士(USCPA)の日本人合格率は30%程度

米国公認会計士(USCPA)の合格率ですが、外国人を含めた全体での合格率は50%程度です。なお、試験の言語は全て英語のため、日本人だけでの合格率では約30%程度となります。

一方、表で示したとおり、よく比較される簿記1級の合格率は平均10%未満となっています。

1-2 米国公認会計士(USCPA)と簿記1級はどっちが難しいのか?

米国公認会計士(USCPA)と簿記1級の難易度は、完全に同じ受験者ではなく、そのレベルが比較できないのですが、

・米国公認会計士(USCPA)…30%程度

・簿記1級…10%未満

のため、数字上では、簿記1級の方が難しいデータとなります。

USCPAの方が試験はかなり簡単だから意味ないという人もいますが、『米国公認会計士(USCPA)が意味ない5つの理由とメリット』でお伝えしているように、意味ある人には就職・転職時など勤務先の幅は広がります。

特に、外資系やグローバル企業を中心にITや会計×英語知識があるUSCPA人材が求められていて、強い武器になります。

USCPA保持者の勤務先例に関しては、『米国公認会計士/USCPA|日本で働く場合、どんな勤務先で働ける?』を参考にしてみてください。

なお、両資格とも会計知識を問われる試験なわけですが、簿記1級の方が複雑な会計処理の知識が求められ、難しいと感じる人が多いようです。

ただし、そうは言っても、米国公認会計士(USCPA)の試験は全て英語になるため、その分のハードルは上がります。

1-3 米国公認会計士(USCPA)と簿記1級の年間試験実施回数の違い

また、年に何回試験にチャレンジできるのか?で、個人に対する合格率、難易度は変わってくるでしょう。

両資格の年間の受験可能回数の違いは下記のとおりです。

【米国公認会計士(USCPA)と簿記1級の年間試験の実施回数と受験会場】

試験実施回数と会場米国公認会計士(USCPA)簿記1級
【年間】試験の実施回数・年間で受験日が選べる

※テストセンター休業日除く

※受験回数の制限はないが、同一科目の再受験は結果発表後

※受験科目を受ける順番も任意

・年2回

※簿記2,3級は年3回

試験会場東京・大阪全国各地

上記のとおり、簿記1級は年2回試験があるのに対して、米国公認会計士(USCPA)は年間を通じて何度も受験可能です。

その点、米国公認会計士(USCPA)は、今年中に取得したいと思った時に何度もチャレンジできる点では有利です。

特に、USCPA予備校のアビタスから無料で資料請求(無料の説明会もあり)に参加しておくのがおすすめです。(USCPA合格者の約3人に2人がアビタス)

アビタス

2 米国公認会計士(USCPA)の難易度ランキング、偏差値

また、他の国家資格や難易度の高い人気資格との比較から難易度や偏差値でランキングにしたものです。なお、各種サイトでも違いがあるため、偏差値の幅を持たせています。

2-1 米国公認会計士(USCPA)と簿記1級、公認会計士の偏差値

【米国公認会計士と主な資格の難易度ランキング、偏差値】

主な資格一覧偏差値資格ジャンル
司法試験75~77国家資格
国家公務員総合職(大卒)75公務員採用試験
弁理士65~75国家資格
不動産鑑定士65~74国家資格
司法書士70~76国家資格
公認会計士69~77国家資格
税理士64~72国家資格
簿記1級64~67公的資格
行政書士60~65国家資格
中小企業診断士63~67国家資格
社会保険労務士62~65国家資格
米国公認会計士(USCPA)61~72米国資格
FP1級56~58国家資格
宅地建物取引士55~59国家資格

英語の資格という点ではこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。『おすすめの英語資格一覧|11種類の難易度やレベル比較とランキング

2-2 公認会計士と米国公認会計士(USCPA)の難易度比較

公認会計士は、三大国家資格の一つで、会計試験の中では最高峰と言われています。また、この資格がなければ、公認会計士として日本で開業することができません。

一方、米国公認会計士(USCPA)は米国資格ですが、国際的によく知られています。

この2つの資格の難易度ですが、偏差値や合格率から見ると、公認会計士の方が難易度も高いと言えます。

ただし、

・米国公認会計士(USCPA)は試験が全て英語である

・公認会計士は誰でも受験可能なのに対して、米国公認会計士(USCPA)の受験者資格は、州ごとの大学学位要件と単位要件を満たした人のみが受験するため、合格率も高くなる

ということもあり、数字上だけでは比較できませんが、これまでの説明の通り、受験回数やチャンスの数で言えば、公認会計士の方が難易度が高い傾向があります。

まとめ USCPAは「戦略的学習」で取得できる資格

USCPAの国際資格は、英語の試験かつ会計知識が問われる高難易度の資格としてエリートが取るものだという印象は強いです。

ですが、USCPA予備校のアビタスでは「初心者でも合格できる試験」と記載されており、渡米せずに受験可能なこともあり、ハードルは高くないと言います。資格取得後は、外資系コンサルからグローバル企業まで活躍の場も広げられるでしょう。

本試験は戦略的に勉強することで合格率も変わる試験ですので、一度、合格者の約3人に2人を出しているUSCPA予備校・アビタスで資料請求やオンライン説明会で知識を深めておくことがおすすめです。

アビタス

cta_teacher_img03

学習資料『偏差値40の落ちこぼれから1発でTOEIC満点を取って短期ネイティブになった全手法』

「結局、リスニングが聞けない・・・。」
「色々試しても、ペラペラ話せない・・・。」
「全然、TOEICの点数が伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを抱えていませんか?

私もその一人でした。
(今はTOEIC満点、英検1級も1発取得)

そこで今回、10年以上の海外赴任生活やアジアのバイリンガル達のノウハウ、私が数万人に教えてきてブラッシュアップを重ね、本当に日本人に必要な英語勉強方法を体系化しました。

【保存版】「TOEIC満点×短期間ネイティブになった全手法」(PDF全71ページ)

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・

そんな落ちこぼれの私でさえ、短期でマスターできた方法です。

ぜひ、興味がある方は現在無料プレゼント中ですので読んで見てください。

今すぐ資料をGETする(無料)

sp-cta
pc-cta