著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語で接客|海外の旅先でも役立つ!11の場面別フレーズ集

のべ26,363がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

接客は英語で「servicing customer」と表現します。

お客様に仕える(service)という意味です。

海外では日本文化が注目されていて、どんどん世界からの観光客は増え続けています。接客業をしている方は、外国からのお客様に対応する機会も増えているのではないでしょうか?

また、将来ボランティアなどで外国人をおもてなすには、欠かせない「英語での接客や案内」。

海外から来ている人は、その人たち自身が完璧な英語が話せないことも多いですし、話しかけている日本人にも完璧な英語は求めていません。

身ぶり手ぶりを使いながら、最低限のコミュニケーションができればと思っています。そのレベルの英語であれば、中学で学んだ基礎英語とちょっとしたフレーズさえ知っていれば大丈夫です。

今回は、接客の場面で使える英語フレーズをシチュエーション別にご紹介します。是非、フレーズを駆使して外国からのお客様とコミュニケーションをとってみてください。また、接客英語を知ることで、海外に旅行などした際に、何を聞かれているのか?など会話の理解にも役立ちます

目次:
1.「英語で接客」基本のフレーズ
1-1.「お客様が来店された時」の英語での接客フレーズ
1-2.「お客様が返答された時」の英語での接客フレーズ
2.ショップでの「英語で接客」
2-1.先ずお客に聞く「接客英語」表現
2-2.お客の質問に対する「接客英語」表現
2-3.服や靴の「試着」に関する「接客英語」表現
3.飲食店での「英語で接客」
3-1.「食事」に関する接客英語
3-2.「飲み物」に関する接客英語
3-3.「調理方法」の接客英語
4.お会計やレジでの「英語で接客」
5.その他の「英語で接客」
5-1.営業時間に関する接客英語
5-2.トラブルに関する接客英語

1.「英語で接客」基本のフレーズ

どの接客の場面でも使える英語の表現があります。

1-1.「お客様が来店された時」の英語での接客フレーズ

基本的なものは下記となります。

「基本表現」

  • Hello, How are you? こんにちは、お元気ですか?
  • Good afternoon こんにちは ※通常の挨拶だけ

※朝であれば、「Good morning」、夜であれば「Good evening」となります。

このフレーズは日本語の「いらっしゃいませ」に近いニュアンスです。

いらっしゃいませとは言わずに、あいさつをしてお客様との距離を縮めます。英語での接客は、日本ほどかしこまらず、少しフレンドリーにあいさつする程度がよいでしょう。

他にも次のような表現があります。

  • May I help you?
  • How can I help you?
  • What can I do for you?

これらは、「お手伝いしましょうか?」、「何かお探しですか?」という意味になりますが、それらも「いらっしゃいませ」のような感じで、お手伝いすることがある場合や、用件を聞く必要がある場合に使います。

1-2.「お客様が返答された時」の英語での接客フレーズ

お客様が接客のあいさつに返答した後にも、決まり文句のような英語の接客フレーズがあります。

「お客様の返答例」

  • Just looking around./見ているだけです。
  • Yes, I’m looking for ~/ ~を探しています。

「返答に切り返す接客フレーズ例」

  • Please let me know if you need anything./何かございましたら、お声掛けください。
  • Please take your time./ごゆっくりどうぞ

お客様が、商品を見て回っている場合などにこのようにお声掛けしておくと、困った時に聞きやすいですね。

2.ショップでの「英語で接客」

洋服店(ショップ)での決まり文句もあります。

2-1.先ずお客に聞く「接客英語」表現

探し物をしてる様子のお客に質問する英語フレーズがあります。

  • Are you looking for anything in particular?/何か特にお探しのものはありますか?
  • What color do you like?/どんな色がお好みですか?
  • What kind of patterns do you like?/どんな柄がお好みですか?

「色や柄の表現」

  • 薄い(色):light
  • 濃い(色):dark
  • 和柄:traditional Japanese pattern
  • 水玉模様:polka-dot
  • チェックの:checkered
  • ストライプの:striped
  • 無地の:solid

2-2.お客の質問に対する「接客英語」表現

探し者をしているお客からの質問に答える接客の表現があります。

2-2-1.お客からの質問例その1.What do you recommend?

「何がおすすめですか?」という質問も良くあります。「接客の回答例」は下記となります。

  • How about this?/こちらはいかがですか?
  • This one is popular./こちらが人気です。
  • It’s on sale./セール品です。
  • This is in now./今流行りです。
  • This is the standard./定番の商品です。
  • How much would you like to spend?/ご予算はおいくらくらいですか?
  • Is it present for someone?/どなたかへのプレゼントですか?

2-2-2.お客からの質問例その2.Does it comes in other colors?

「色違いはありますか?」という質問に対する回答例は下記となります。

  • Yes, here you are./はい、こちらです。
  • Just a moment, please. I’ll go and check./少々お待ち下さい。お調べします。
  • I’m sorry but we don’t have it./申し訳ございませんが、ございません。
  • You need to order it from the maker./メーカーからのお取り寄せとなります。
  • That item is out of stock./そちらは、在庫を切らしています。
  • It’s going to come next Monday./来週の月曜日に入荷予定です。

2-3.服や靴の「試着」に関する「接客英語」表現

試着に関連する表現も接待に押さえたい接客英語です。

  • Would you like to look in the mirror?/鏡でご覧になりますか?
  • May I ask what size you are?/サイズをお伺いしてもよろしいでしょうか?
  • Would you like smaller one?/もう少し小さいほうがよろしいでしょうか?
  • Feel free to try it on./お気軽にご試着ください。
  • Would you like try it on?/ご試着なさいますか? ※試着はtry ~onです。お客様自身から試着したいという時は、May I try this on?などと聞きます。
  • I’m sorry, but you can’t try it on./申し訳ございませんが、こちらは試着ができません。
  • The fitting room is over there./試着室はあちらです。
  • The fitting room is occupied./試着室は使用中です。
  • Please take off your shoes./靴を脱いでください。
  • Sorry, but you can have only three items in the dressing room at a time./申し訳ございませんが、試着室にお持ちいただけるのは一度に3着までです。
  • Please wear this cover over your face./こちらのフェイスカバーをお使いください。 ※「こちらのカバーを顔にかぶってください」が直訳です。
  • How do you like it?/いかがでしたか?
  • It fits you very well./とてもお似合いです。(ぴったりです)
  • It looks really good on you./とてもお似合いです。
  • How nice!/とても素敵です! ※直訳は「何て素敵でしょう!」です。

お客様が「I’ll take this one./これにします(買います)。」などの表現で答えます。

2-3-1.「素材」の表現

洋服の素材も知っておくといいでしょう。

「素材の単語」

  • 綿:cotton
  • 皮:leather
  • ウール:wool
  • デニム:denim
  • 麻(亜麻):linen
  • シルク:silk
  • 毛皮:fur
  • カシミア:cashmere
  • ナイロン:nylon
  • レーヨン:rayon
  • ポリエステル:polyester

2-3-2.「大きさ」や「サイズ」の表現

「大きさ、サイズに関する表現」

  • smaller/bigger(より小さい/より大きい)
  • too small/too big(小さすぎる/大きすぎる)
  • tighter/looser(よりきつい/よりゆるい)
  • small(Sサイズ)
  • medium(Mサイズ)
  • large(Lサイズ)

SMLのサイズはエス、エム、エルでは通じません要注意です!

2-3-3.日本・アメリカ・ヨーロッパの「サイズの違い」

服のサイズは国や地域によって表記が違います。

特に婦人服は日本のサイズ(号)と他の国の数値の違いを知っておくと便利です。また、靴のサイズも国によって違います。これらは覚える必要はありませんが、すぐに確認できるようにメモをして持ち歩くとよいでしょう。

2-3-3-1.「婦人服」
日本
7
9
11
13
15
17
アメリカ
4
6
8
10
12
14
ヨーロッパ
36
38
40
42
44
46
2-3-3-2.靴のサイズ「女性編」

男性と女性ではサイズの表記が異なります。女性サイズは下記となります。

日本
22
22.5
23
23.5
24
24.5
25
アメリカ
5
5 1/2
6
6 1/2
7
7 1/2
8
ヨーロッパ
36
37
37
38
39
40
イギリス
3 1/2
4
4 1/2
5
5 1/2
6
6 1/2
2-3-3-3.靴のサイズ「男性編」

男性サイズの違いは下記となります。

日本
24
24.5
25
25.5
26
26.5
27
アメリカ
6
6 1/2
7
7 1/2
8
8 1/2
9
ヨーロッパ
38
39
40
41
41
42
43
イギリス
5 1/2
6
6 1/2
7
7 1/2
8
8 1/2

3.飲食店での「英語で接客」

レストランなどの飲食店での決まり文句の英語フレーズもあります。

  • How many people in your party?/何名様でしょうか?
  • Smoking or non-smoking?/喫煙席と禁煙席どちらにしますか?
  • I’m sorry, but we have no table available at the moment./申し訳ございませんが、ただいま満席です(ご用意できる席がございません)。
  • Would you mind sharing a table with someone?/相席でもよろしいでしょうか?
  • Would you mind sitting at the counter?/カウンターでもよろしいでしょうか?
  • Please put your name down here./こちらにお名前をお願いします。
  • There is a 1 hour wait./只今、1時間待ちでございます。
  • Here’s your table./こちらのお席をどうぞ。
  • Hello. What would you like to have?/いらっしゃいませ、ご注文はいかがなさいますか?
  • For here, or to go?/こちらでお召し上がりですか、お持ち帰りですか? ※接客以外でも、自分が何かを注文するときにも知っておくとよいフレーズです。「For here.」(ここで食べます。)か「To go.」(持ち帰りで。)と答えます。
  • Would you like something to drink?/お飲み物はいかがですか?
  • Could I take your drink order first?/先にお飲み物のご注文をお伺いしてもよろしいでしょうか?
  • I’ll be back to take your order./後ほどご注文を伺いにまいります。
  • When should I bring your drink?/お飲み物はいつお持ちしましょうか?
  • Would you like forks?/フォークをお持ちしましょうか?
  • Anything else?/他に(ご注文は)ございますか?
  • Is that all?(ご注文は)以上でしょうか?
  • Here you are. This is ~./どうぞ、こちらが~(料理名)です。
  • Be careful. It’s very hot./とても熱いのでお気を付け下さい。
  • Do you have everything your ordered?/ご注文の品はお揃いですか?
  • Take your time and enjoy your meal./ごゆっくり、(食事を)お楽しみください。

3-1.「食事」に関する接客英語

  • コースメニュー:prix fixe
  • フルコース:full course menu
  • 前菜:appetizer
  • メインディッシュ:main dish
  • デザート:dessert
  • パン:bread
  • マヨネーズ:mayonnaise
  • ケチャップ:ketchup
  • ~抜きで:without ~

3-2.「飲み物」に関する接客英語

  • 食前酒:aperitif
  • 食後酒:digestive
  • 緑茶:green tea
  • ウーロン茶:oolong tea
  • アップルジュース:apple juice
  • 日本酒:sake
  • 焼酎:shochu
  • 酎ハイ:shochu cocktail
  • 梅酒:plum liquor
  • 生ビール:draft beer
  • 白ワイン:white wine
  • 赤ワイン:red wine
  • ロックで:on the rocks
  • 水割りで:with water
  • ソーダ割りで:with soda
  • 熱かん:warmed sake

3-3.「調理方法」の接客英語

  • 薄く切る:slice
  • すりつぶす:mash
  • オーブンで焼く:bake
  • ゆでる:boil
  • こんがり焼く:brown until golden
  • 炒める:stir-fry
  • 挙げる:deep-fry
  • ソテーする:sautee
  • 煮込む:simmer
  • 蒸す:steam
  • 燻製にする:smoke
  • 酢漬けの:pickled
  • 塩漬けの:salted
  • 網焼きにする:grill
  • 串焼きにする:roast on a skewer
  • レア:rare
  • ミディアム:medium
  • ウェルダン:well-done

4.お会計やレジでの「英語で接客」

お支払い関連の接客英語表現も是非覚えましょう。

  • Please pay at the cashier./お支払いはレジでお願いします。
  • Please wait in line./列に並んでお待ちください。
  • Next please./(列に並んでいる人に)次のお客様どうぞ。
  • Separate checks?/別会計になさいますか?
  • Will that be all?/以上でよろしいでしょうか?
  • This price is includes tax./税込の金額です。
  • Would you like it gift-wrapped?/プレゼント用にお包みいたしますか?
  • How many bags would you like?/袋はいくつお入れしますか?
  • Cash or credit?/現金ですか?クレジットカードですか? ※回答例:Cash, please.「credit」は「charge」と言う場合もあります。
  • In how many installments do you want to pay?/お支払い回数(クレジットカード)はいかがなさいますか?
  • I’m sorry, we don’t accept this card./申し訳ございません、こちらのカードは取扱していません。
  • May I have your signature here?/こちらにサインをいただけますでしょうか?
  • That’ll be 3,800 yen./3800円です。
  • Out of 5,000 yen./5000円お預かりいたします。
  • Here’s your change./お釣りです。
  • 1,200 yen is your change./1200円のお返しです。
  • Here’s your receipt./レシートでございます。
  • Here you’re./こちらをどうぞ。
  • You’re welcome. Have a nice day./どういたしまして。良い一日をお過ごしください。 ※夕方の場合は、「Have a nice evening.」を使いましょう。
  • Hope to see you again./またお越しください。

5.その他の「英語で接客」

営業時間、トラブルなどでの英語フレーズもあります。

5-1.営業時間に関する接客英語

  • 「定休日を伝える時」→ We’re closed on Monday./月曜日が定休日です。
  • 「営業時間を伝える時」→ We’re open from 10 a.m. to 8 p.m./午前10時から午後8時まで営業しています。

ちなみに、定休日は英語で「day off」、営業時間は「business hour」と表現します。

5-2.トラブルに関する接客英語

相手が何を言ったのか聞き取れない場合や謝罪する時に使う決まり文句もあります。

5-2-1.聞きとれない時

相手の英語が聞き取れない時は、あやふやにせず早めの段階で聞き直しましょう。

わからないまま、そのままにするととても失礼にあたります。あとあと、間違って理解したことでトラブルになったり、わかっていなかったことが相手にバレてしまうと問題です。

早めの段階で聞き直すことで、相手も気を使ってゆっくり話してくれるなど配慮をしてくれる場合がほとんどで、コミュニケーションがスムーズになります。

  • Excuse me?/すみません?
  • (I beg your) pardon?/すみませんがもう一度よろしいですか?
  • Could you speak more slowly?/少しゆっくりお話ししていただけますか?
  • Could you spell that?/スペルを教えていただけますか? ※単語がどうしてもわからない時、スペルを教えてもらうと意外に知っている単語だったという場合が多いです。また、電子辞書などがすぐ使える場合はスペルがわかれば調べることもできます。
  • Would you write it down?/書いていただけますか? ※日本人はリスニングが苦手な場合が多く、書き出されると理解できることもあります。また、書く場合はシンプルな英語で書いてくれることも多いので、困ったら書いてもらうのも手です。
  • I’ll get someone who speaks English./英語を話せるものを連れてきます。 ※どうしても、コミュニケーションがとれず英語を話す人が他にいる場合は一言、言ってからその場を離れましょう。無言で探しに行ってしまうと、相手は不安になるのでこの一言をわすれずに!

5-2-2.謝罪

下記の言い回しは是非覚えましょう。海外でも良く聞く表現です。

  • We are very sorry for the inconvenience./ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。

謝罪の際に気をつけなければならないのは、相手が言っていることをわからずに、ひたすら謝ってしまうことです。

国によっては、「Sorry」は責任を認めたととらえる場合もあります。

また、相手が言っていることを理解していないのに、Yesを連発するのも良くありません。

簡単に済むようなトラブルであれば問題がないですが、それ以上の場合は英語をきちんと話せる人を探すなど、別の方法で対処するようにしましょう。

5-3.値段交渉

値段交渉は、海外での旅先でも値段交渉当たり前というくらい、日本ではあまりなじみのない文化の1つです。

外国人が「Could you give me a discount?/値引きしてくれませんか?」と質問してきた場合は、下記の回答例のように答えましょう。

  • I’m sorry, but we can’t give any discounts./申し訳ございません、値引きはできません。
  • We can give you 500 yen off the price./500円値引き致します。
  • I’ll ask the manager./責任者に確認します。

値引き交渉をされて断る場合は「No」だけにならないように気をつけましょう。とても冷たい感じがします。「I’m sorry, but…」などをつかうと、やわらかく丁寧な断り方です。

まとめ:シチュエーション別「英語での接客フレーズ」の基本を押さえれば大丈夫!

ここにあることを全て覚える必要はありません。実際に現場で使えそうなものを選んで少しずつ覚えてみてください。

特に、周りに英語が話せるスタッフがいない場合、「話せません」と断ってしまうのではなく、少しでもいいので英語で話す努力をしてみてください。

外国人は、日本人相手に完璧な英語を求めてはいません。日本語ができないけれど、どうにか日本の人とコミュニケーションを取りたいと思っているんです。身ぶり手ぶりを交えたり、紙に書いてもらったりしながら、ここで出てきたフレーズを活用してコミュニケーションをとってみてください。

それを1回、2回と繰り返していくと、毎回少しずつ新しいことを覚えてどんどん成長してきます。

話せないで終わってしまえばそのままですが、勇気を出して話せば英語はどんどん上達していきます。多少の間違いは気にせず、英語での接客にチャレンジしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計4万3216人が体験中の無料勉強法
(2017年5月26日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta