著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英検2級のレベルと対策|効果が出る勉強法と二次試験のコツ

のべ174,012がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英検を受けてみたいけれど、どの級から始めたらいいか迷っていませんか?

英検2級は、高校卒業程度の英語力で、大学入試程度といわれています。

仕事のために英検を受けたいと思ったら、活用できる最低限のレベルが2級です。

「英検2級の高校卒業程度とはどれくらいなのか?」

「TOEICやTOEFLとの違いは?」

「英検2級はどんな問題が出題されるのか?」

など、色々疑問があると思います。

今回は英検2級について、そのレベルや問題の傾向、最適な勉強法や二次試験(面接)のコツと対策についてご紹介します。

【目次】
1.英検とは?
2.TOEICとの違い
3.英検2級のレベル
3-1.英検2級をTOEICに換算すると?
3-2.英検準2級との違い
3-3.英検準1級との違い
3-4.英検2級はTOEFLではどのくらい?
4.英検2級の試験内容
4-1.英検2級の一次試験
4-2.英検2級の二次試験(面接)
5.英検2級の勉強法と対策
5-1.英検2級の一次試験対策
5-2.英検2級の二次試験(面接)の対策

1.英検とは?

英検とは実用英語技能検定のことです。

レベルごとに5級(中学1年生レベル)から1級(大学卒業程度)まで7階級(1級と2級は間に準~がある)分かれています。

英語の総合的な能力を計るテストで、3級以上は一次試験の筆記試験の他に、二次試験の面接があります

2.TOEICとの違い

日本で多くの人が受験する英語の試験はこの英検とTOEIC(Test of English fir International Communication)です。

英検はどちらかと言うと、学校的、教育的な英語の試験で、TOEICはビジネスコミュニケーションに重点を置いたテストです。

一昔前は、英語の試験といえば英検でしたが、最近はビジネスならTOIECというイメージがあり、TOEICの方がビジネスに有利と感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際は必ずしもそうとも言えない場合があります。

TOEICのスコアが900点以上取るのは至難の技で、900点以上あれば履歴書に書くレベルとしては問題がない最高レベルとされています。

しかし、TOEICで900点以上の人でも、英検1級は受からない場合があると言われていて、一部企業の採用では英検1級のほうが高く評価されている場合もあります。

TOEICはどのレベルでも同じ試験を受けることや、コミュニケーションのスキルを計るため、それほど難易度が高い語彙などは問題に使われません。

また、面接もないため、実際のスピーキングレベルが高くなくても、ある程度勉強をすれば高得点を取れてしまう場合があるとも言われています。

どのレベルも同じテストを用いることで、2級以下のレベルの人がTOEICを受けると難しく感じてしまう場合もあります。

TOEIC500点レベルでなかなか点数があがらないと悩んでいる方は、英検の2級を受けてみることをオススメします。レベルにあったテストを受けられるので、比較的問題が解きやすいことや、勉強する幅を絞ることができるので、比較的短期間で2級を取得することができます。集中的に英検2級の勉強をして取得してから、TOEICを受けるとスコアが一気に上がる人が多いようです。

TOEICと英検を徹底比較|全20項目でレベルが分かるの記事内で詳細の違いなど一目で分かるようにまとめていますので、参考にして下さい。

3.英検2級のレベル

英検2級のレベルは公式には高校卒業程度とされています。必要語彙数は5000語程度です。

英検は学習指導要領にそって出題される傾向にあるので、大学入試レベルをマスターしていれば英検2級に合格できるでしょう。

英検の公式サイトには2級のレベルについて「社会生活に必要な英語を理解し、使用できることが求められます。」とあり、スラスラ問題なく話せる程度までとはいかないけれども、社会生活はある程度できるレベルが2級です。

履歴書に書いて評価されるレベルが、この英検2級からです。また、高校入試や大学入試でもある程度優遇される学校が多いのが2級です。

3-1.英検2級をTOEICに換算すると?

英検2級をTOEICに換算するとどれくらいでしょうか。

前述のように、TOEICと英検がそもそも違う試験なので一概に言えないのですが、600点前後といわれています。ギリギリ英検2級に合格するレベルであれば500点に近い人もいるでしょうし、ある程度余裕を持って合格できるレベルであれば650点を超える人もいるでしょう。

3-2.英検準2級との違い

準2級も同じ高校レベルですが、どれくらい違うのでしょうか。

高校の学習進度については、学校によって違うので明確に何年生ということが難しいのですが、平均的な高校の2年生の半ばあたりまでで、高校生のちょうど真ん中あたりのレベルが準2級です。

準2級くらいまでは、高校2~3年生である程度授業の内容が理解できて、リスニングが得意でそこで点数を稼ぐことができれば、文法や語彙が多少足りない部分があっても合格する可能性が十分にあります。

しかし、2級からはきちんと基礎ができていないと難しいので高校生で取得できる人が限られてしまいます。

文法に関しては高校生では1年生で全て終えてしまうので、準2級と2級の文法の内容の差はありませんが、2級の場合はきちんと文法を理解していないと合格が難しいです。語彙力も大きな差があります。準2級の必要語彙数は3600語程度と言われていて、2級が5000語程度なので1400語程度の差があります。

3-3.英検準1級との違い

2級と準1級はかなり大きな差があります。準1級は大学中級レベルとされていますが、大学在学中に準1級を取得するにはそれなりの勉強が必要です。

準1級ではそれまでの四択の設問の他に、100語程度の簡単なライティングがあります。メールなど簡単なリーディングをして、その質問に答える形のライティングです。ある程度自分の考えを、文章に表現できる能力が求められます。

準1級では語彙数が8000語程度と、一気に3000語増えます。TOEICでいうと700点を超えたレベルといわれています。合格率は2級が20%弱なのに対し、準1級は10%未満とかなり狭き門です。

英語にかなり自信がある人以外は、まず2級からチャレンジして余裕で合格できるようでしたら、語彙力の補強などを行ったうえで準1級にチャレンジすると良いでしょう。

3-4.英検2級はTOEFLではどのくらい?

英検やTOEICの次に日本でメジャーな英語の試験がTOEFL(Test of English as Foreign Language)です。

北米の大学に留学する時に英語力の証明として提出するための試験です。そのため、テストの文章の内容は大学の授業を受けることを想定したものが多いのが特徴です。

英検2級程度のレベルをTOEFL iBT(Internet-based Test)に換算すると120点満点中56~68点くらいです。アメリカの地方州立大学の入学基準が61点からなので、英検の点数にもよりますが2級合格すればアメリカの大学に留学できるレベルに近いと考えられます。

4.英検2級の試験内容

英検2級は一次試験(筆記)と二次試験(面接)があります。それぞれの内容を詳しく見てみましょう。

4-1.英検2級の一次試験

一次試験は75点満点です。その回によってばらつきがありますが、45点、60%程度の正解なら合格となります。また、一次試験の合格率約25%となります。

問題は全て四択です。

  • 筆記(75分45問)
  • リスニング(約25分30問)

【筆記45問の内容】

  • 語彙力と文法力を問う短文、会話文の空所補充が20問
  • 長文の語句空所補充が8問
  • 長文の内容一致選択が12問
  • 作文力を問われる、語句の並び替えが5問

【リスニング30問内容】※それぞれ内容と一致した文を選択します。

  • リスニングは会話文が15問
  • 短いパッセージが15問

4-2.英検2級の二次試験(面接)

英語での面接(約7分)が、二次試験の合格率は約80%となっています。

5つの問題が設定されています。

  • 60語程度のパッセージの音読
  • パッセージに関する質問1問
  • カードにあるイラストの質問1問
  • 受験者の意見を問う質問2問

5.英検2級の勉強法と対策

ここでは、英検2級を合格するための勉強法や対策とコツをご紹介します。

5-1.英検2級の一次試験対策

5-1-1.語彙力の対策

2級からは語彙が一気に増えるため、合格のためには語彙力をつける必要があります。

準2級と比べて1400語程度覚える必要があるため、効率的に単語や熟語を覚える必要があります。

単語に関しては、語源から似ている単語を一気に覚えたり、似たニュアンスの言葉を一緒に覚えたりするなど工夫をすると良いでしょう。また、同じ単語でも様々な意味を持つ単語があります。それらの意味を覚えると、効率的に語彙量を増やすことができます。

5-1-1-1.語源から覚える方法

1つの対策として語源から単語を覚えると少ない時間、労力でたくさんの単語が覚えられます。

例えばsociology(社会学)の接尾辞(一番後ろの部分)であるlogyは学問を表わします。

-logyがつく単語はその他に

  • biology(生物学)
  • zoology(動物学)
  • psychology(心理学)

などで、その他にもたくさんあります。

これらを別々に覚えるとなると、スペルを覚えるのも時間がかかりますが、logyがついていると知ると、その前の部分だけ覚えればよいだけです。また前の部分もbio(生物の)やzoo(動物の)など、一般的に知られている単語なので覚えるのはそれほど難しくないでしょう。

英語の語源|英語の初心者でも分かる22個の接尾辞一覧の記事で詳しく説明しています。

5-1-1-2.熟語を覚える方法

熟語は同じ単語から始まる熟語を一緒に覚えると効率がよいです。

例えば「go」という単語から始まる熟語は沢山あります。

  • go around(歩きまわる)
  • go away(立ち去る)
  • go back (帰る、戻る)

この他にも沢山あります。「go」「make」「run」のような簡単な単語からなる熟語がたくさんあります。これらの重要なものを押さえるところから始めるだけでも、かなり語彙力アップに繋がります。

熟語を覚えるヒントとして、是非、英語の熟語一覧|イディオムを簡単にマスターする覚え方の記事も参考にしてみて下さい。

5-1-2.過去問や練習問題を解く

語彙力がある程度ついたら、過去の問題や練習問題を解きましょう。

英検のパターンに慣れることが大切です。

何かの合間で勉強するときは、1問ずつ解いてOKですが、それ以外に制限時間を計って、問題を一通り解くことも何度かやっておきましょう。制限時間が体感覚でどれくらいなのかを知って、どれくらいのペースで問題を解くのか、どこにどれくらいの時間をかけるのかある程度、パターンを作っておくことが大切です。

5-1-3.長文対策

時間配分としては、後半のリーディングにできるだけ多くの時間を取っておくことが大切です。

また、リーディングは、長文を読んでから問題を読むのではなく、先に問題を読んでから長文を読むと、必要のない部分は読み飛ばすことができ、時間を有効に使うことができます。

まずは、問題文から目を通すことが大切です。

2級ともなれば、知らない単語が出てくるのが当然です。分からない単語がでてきても焦らないこと、全ての意味を理解しようとしないことが大切です。

分からない単語があっても、先を読み進めることで、だいたいの意味を想像することができることがほとんどです。そこで止まらず先へ進みましょう。長文読解の数をこなしていけば、このスキルはついてきます。

長文に時間がかかりすぎてしまう人は、辞書を使わず長文問題を解く練習をしてみてください。だんだん、早く読めるようになります。もし、辞書を使わないと全く意味がわからないという状態であれば、圧倒的に語彙が足りないので、語彙の学習に時間をかけましょう。

5-1-4.リスニング対策

リスニングだけでも30点あるので、ある程度対策が必要です。

リスニングは過去問題や対策問題集を何度も解けば慣れてくると思いますが、スピードについていけず、全くついていけない場合はディクテーションをオススメします。ディクテーションは、音声で聞いた文章をそのまま書き出す練習法で、リスニングの基礎に不安がある方にオススメの学習法です。

英語のディクテーション|初心者には効果がある2つの理由にも、理由とその効果を記載しています。

ディクテーションをする教材は、過去問を使いましょう。「a」「the」など細かいところまで全て聞きとって書きだすことがポイントです。それくらい細かいところまで気をつけて聞くようにしてディクテーションを繰り返すことで、普通の会話文が徐々に聞きとれるようになります。

聞こえなければ、何度も音源を止めて、聞き直してわかるまで聞いてみてください。過去問のリスニングのスクリプトは英検のホームページに何回分か遡って掲載されていますので、それを使って答え合わせをして下さい。音源も公開されています。過去問集にスクリプトがついている場合はそれでもOKです。

5-2.英検2級の二次試験(面接)の対策

二次試験は合格率が高いので、それほど難しくはありませんが、パターンに慣れるためにある程度練習は必要です。

5-2-1.音読のコツ

面接の5問のうち1問が音読テストです。

先に20秒黙読の時間が与えられるのでこの時間の間に意味を理解するために使いましょう。音読をしていると、意味が頭になかなか入ってこない場合があるので、ある程度20秒間の間に理解しておくことが大切です。

音読は焦らずゆっくり読むことがポイントです。

折角、正しく読めているのに自信がないと声が小さく早口になりがちです。少しゆっくりすぎるかな?くらいに思うペースではっきり読むことが大切です。

また、意味のフレーズごとに少し区切りを入れましょう。練習で音読する場合は、読んでいる声を録音して一度聞いてみましょう。ペースが速すぎないか、発音がはっきり聞こえているかをチェックして、読み方を調整しましょう。発音があまり上手でなくても、これらを意識すればある程度点数が確保できます。

5-2-2.文章に関する質問のコツ

音読の後に聞かれる問題はWhyかHowで始まる疑問文で聞かれます。

答えは、文章の中にあるので探しましょう。ほぼその文章そのままでOKですが、文章の中に代名詞など指示語がある場合はそのままだと意味が通じなくなるので、具体的な名詞に変換して答えます。

もう一点注意したいのは、主語です。

主語を聞かれた言葉そのままで答えるのではなく、heやsheなどの代名詞に置き替えましょう。

質問の意味がわからない場合は聞き返してもう一度言ってもらいましょう。

聞き返す言葉は「Pardon?」です。

聞き返す場合は不自然な間が空かないように、なるべく時間を置かず、すぐに聞き返しましょう。

2回くらいは聞き返しても大丈夫です。この問題の大切なことは聞かれた問題を理解しているかです。文法も正しく答えることがベストですが、文法的には間違っていても、質問の意図に沿った答えができれば合格点がもらえます。

一番やってはいけないのが、無言で何も答えないことです。

間違ってもいいので、何か答えれば無言の場合より点数がもらえます。考えている場合は、「let me see.」など、何か言いましょう。無言になると10秒ぐらいで次の質問に進んでしまいますし、もう少し短くても減点対象になってしまう場合があります。

5-2-3.イラスト問題のコツ

3コマのイラストを見てストーリーを組み立てて英語で話す問題です。

最初の1文は与えられていて、20秒間考える時間が与えられます。20秒間の間に、最初の1文と3コマ内のイラストとイラスト内の英文を確認します。

それぞれのコマごとに、ストーリーをつくります。ストーリーというと難しく考えてしまいがちですが、「だれが、どこで、何をしている」を伝えることである程度のストーリーができます。

注意したいのが、aやtheの冠詞や、複数形のsなどの細かい文法です。練習の段階で細かい部分に気をつけて練習することが大切です。

5-2-4.受験者の意見を問う問題のコツ

5-2-4-1.1問目

1問目は「Do you think~?」で聞かれます。

この質問はまず「I agree.(賛成)/I disagree.(反対)」であなたの立場を明確にします。

その後、becauseを使ってその理由を説明します。併せて、例などをつけ足します。賛成、反対+2文で簡潔に意見を述べることが大切です。

5-2-4-2.2問目

2問目は「Yes/No」どちらかで答えます。

こちらも、2文程度で理由や意見を簡潔に述べましょう。

5-2-5.態度も評価される

面接では態度も評価されます。はっきりと元気よく答えることや、わからなくても何か言おうとする積極性は大切です。

英会話が苦手でも、何とかコミュニケーションを取ろうとする態度を見せることができれば、態度点はもらえます。合格ギリギリラインにいる場合に、ここの点数が取れるかどうかは大きなカギになります。

まとめ:英検2級の合格は最低条件

英検2級は、高校卒業程度の英語力で転職などで英語力をアピールするために最低限必要とされている英語力です。

英語を生かして仕事をするための入り口とも言えるのが英検2級です。最近は、TOEICのほうがビジネスシーンでは使われるようになりましたが、TOEICで高得点を取るための基礎固めとしてもオススメです。

語彙力や文法力など2級からは求められる英語力が一気に上がるため、準備なしに簡単に合格するのは難しいですが、高校卒業程度ですのである程度コツをつかんで準備をすれば全く問題ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万0251人が体験中の無料勉強法
(2017年9月20日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta