著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英文法は本当に必要か?初心者でも受験生でも欠かせない2つの勉強法

のべ1,174がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英文法の勉強は本当に必要なのでしょうか?

結論から言うと、初心者でも英文法の勉強は不要ですが、英文法の感覚は必要です。

英会話でも高校や大学受験でも最低限必要な重要単元(品詞)はあります。

しかし、英文法の単元の専門用語を知る必要は全くなく、意味がありません。

あなたは、日本語の文法の詳しい用語などを説明できますか?

ネイティブも英文法を説明できない人が多いのが現実です。

これは本当の話ですが、私が上智大学に通っている時に、ネイティブの一人が「got」を現在形だとずっと思っていました。

これ以上の衝撃はいまだに出会っていませんが、要するに「got」が現在形だろうが、過去形だろうが関係なく「正しい英文」であればいいという感覚ぐらいです。

よってここでは、英文法の必要性と英会話やTOEICや受験などの対策にも効果的な英文法の必要単元をどのように習得するのかを解説していきます。

目次:

1.英文法はいらない?英文法の必要性と基本
2.必要な英文法を自然と習得する勉強法
2-1.「並べ替え」勉強法で英文法に必要な語順感覚をマスター
2-2.英語の「音読」で英文法に必要な違和感を習得
まとめ:初心者は英会話に必要な英文法から始めよう!

1.英文法はいらない?英文法の必要性と基本

冒頭でもお伝えしていますが、英文法の標語を覚えるのは不要ですが、英文法の感覚は必要です。

また、最低限必要であり、また最も重要な英文法は基本的な「文型」です。

何故、日本人にとって英語は習得するのがこんなにも難しいのか?

その根本にあるのが、文型、つまり「語順」です。

簡単に説明すると、日本語は「SOV型」、英語は「SVO型」という語順の違いがあります。

詳しくは、『英語の文法|英文法の基礎はたった1つしかない』でも説明していますが、この語順の違いを克服することが最優先となります。

2.必要な英文法を自然と習得する勉強法

英文法の基本は語順ということを説明させて頂きましたが、それ以外に「音」の違和感というのも自然に英文法を習得するのに必要になります。

語順を習得する方法と音の違和感を習得する2つの方法をそれぞれ見てみましょう。

2-1.「並べ替え」勉強法で英文法に必要な語順感覚をマスター

英語の語順(文型)感覚を習得するのに一番効果的なのが、英文の「並べ替え」です。

何でもいいので、参考書や教科書などの英文を1つピックアップします。

その英文をバラバラにして、その後に並べ替えるという簡単な方法です。この勉強法だけで、英語の語順が自然と身に付いてきます。

英文法の語順感覚を身に付ける!

具体的な方法などは、『英文法の勉強法|効率的に英語の文法力が身に付く4つの練習とコツ』をご参考下さい。

その並べ替え勉強法は、『英文法一覧|中学英語の英文法14種類!TOEICや英会話に役立つ』で紹介している他の英文法でも役立ちます。

2-2.英語の「音読」で英文法に必要な違和感を習得

さて、語順感覚だけでは細かな英文法が身に付かないところがあります。

例えば、ある英文の箇所で「beautiful(形容詞)」か「beautifully(副詞)」なのか、現在形(例:do)がいいのか、現在完了形(例:have done)がいいのかなど迷うところが多々あります。

これは受験の問題集やTOEICのPart5(英文法)などでよくある「穴埋め問題」です。

その時に役立つのは「音」の違和感です。

「あれっ、ちょっとこれはおかしいな」、「こっちのほうがしっくりくる」など違和感でネイティブは捉えています。それには英文法の専門用語は全く必要ありません。

音の違和感のみです。その感覚を身に付ける簡単な方法が「音読」です。自分で声を出して正しい英文を読み上げることを繰り返すことで間違った選択単語の違和感に気付くようになります。

私が初めてTOEICを受験して満点をとった時のPart5の解き方がこの違和感での解答方法です。選択肢の中から一番違和感がないものを選んで解答しただけです。

私たちは英語学をいう学問を学んでいるわけではありません。だからこそ、先ほどの語順と違和感という感覚のみでOKなのです。

英文法の違和感を身に付ける!

出来るだけ多く音読した方がいいのですが、スパルタ的にやっても身になりません。おすすめの音読の回数や手順などは、『英語の音読|5つのやり方とコツ・おおすすめ教材や無料アプリなど』で詳しく解説しています。

まとめ:初心者は英会話に必要な英文法から始めよう!

受験やTOEICなどの英語資格は関係なく、英語初心者で英会話に必要な英文法を習得したいというかたは、次の重要単元を先ずは身に付けましょう。

  • 動詞
  • 関係代名詞

この2つの英文法を習得するだけで英会話力はUPしていきます。

詳しい内容などは、『英会話の上達には欠かせない!2つの簡単な英文法と勉強法』を参考にしてみて下さい。

今回の記事全般で説明している通り、英文法を勉強するというのではなく、基本と違和感を身に付けることに集中してもらえれば、それが英語習得の一番の近道でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta