著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

バイリンガルとは?教育や2つの目指すレベルと勉強法・ツールを紹介

のべ1,045がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語と日本語のバイリンガルの人に憧れたことはありませんか?

英語を学んでいる人なら、外国人の人と楽しそうに話す日本人を見て、かっこいいなとか自分もそうなれたらと思ったことが一度はあるのではないでしょうか。

今回は、多くの英語学習者が憧れるバイリンガルについて詳しく解説します。

バイリンガルの定義から、バイリンガルを目指すための勉強方法までご紹介します。無料で学べるYouTubeや、おすすめのスマホアプリ、バイリンガル教育のメリット・デメリットなども見てみましょう。

■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」を今だけ無料プレゼント中(PDF全71ページ)

目次:

1.バイリンガルとは? - 定義
2.バイリンガルとは? - レベル
・TOEIC何点・英検何級でバイリンガル?
・バイリンガルの芸能人は?
3.バイリンガル教育のメリット
その1.英語の吸収が速い
その2.自然な発音を習得できる
その3.マルチリンガルになる可能性も
4.バイリンガル教育のデメリットと注意点
その1.中途半端になってしまう可能性も
その2.親の負担が大きい
5.子供のバイリンガル教育の年齢は何歳から?
・年齢以外の要素も大きい
・3歳~10歳がひとつの境界線
6.大人になってもバイリンガルにはなれる!
7.バイリンガルになるための勉強法とは?
8.バイリンガル勉強法で大事なのはスキマ時間を利用すること
・YouTubeおすすめチャンネル
・おすすめ英語学習アプリ
・洋楽はNG
・英語脳を作る!英英辞典もおすすめ
・オンライン英会話やプチ留学もおすすめ

1.バイリンガルとは? - 定義

バイリンガルという言葉はよく使いますが、実際どんな人がバイリンガルなのかはっきりしない部分がありますよね。

まずバイリンガルの定義から確認しましょう。

バイリンガルとは2つの言語を話す人のことです。

バイリンガルは英語で「bilingual」(バイリンガル)ですが、「bi(バイ)」は「2つ」、「2回」、「2倍」等の意味があります。

日本語でバイリンガルという場合、2カ国語以上話す人のことの場合が多いですが、正確には2カ国語を話す人のことです。

3つの言語を話す人はトライリンガル(trilingual)、3つかそれ以上の言語を話す人のことをマルチリンガル(multilingual)といいます。

日本人で一番多いのは、日本語のバイリンガルですよね。

バイリンガルにも色々なタイプがいて、小さい頃から2つの言語が話せる人もいますし、第二言語として学んでバイリンガルになったケースもあります。

2.バイリンガルとは? - レベル

どれくらいのレベルで話せればバイリンガルなのでしょうか?

実は、バイリンガルの言語レベルについては、明確な定義があるわけではありません。

英語を学習していて、日常会話がある程度スムーズにできる人であれば、ある意味バイリンガルです。

しかし、日本で一般的に「バイリンガル」という場合、ある程度のレベルが求められていることが多いです。英語で考えて英語で話すことができるレベルや、ビジネスの交渉などハイレベルな英語が使いこなせるレベルができないと、バイリンガルと言えないとう意見の方も少なくないです。

TOEIC何点・英検何級でバイリンガル?

バイリンガルのレベルは決まっていないとはいえ、明確な基準やレベルを知りたいという方も多いのではないでしょうか。

TOEICの点数で「何点からバイリンガル」という目安などがあればわかりやすいですよね。

TOEICのレベルの目安は、日本国内の会社の国際部門で対応できるレベルが730点程度から、海外出張、海外赴任できるレベルが860点程度からと言われています。このことから考えると、あくまでも目安ですが、バイリンガル自信を持って言うためには最低でも700点台後半から800点程度はほしいところです。

尚、TOEICの詳しいスコアごとのレベルは『TOEICのレベル|点数(スコア)で実力と目安が分かる!』で解説しています。

一方、英検では2級以上が日常英会話レベルとも言われていますが、TOEICと比較すると、「バイリンガル」というには英検準1級以上のレベルが望ましいです。

バイリンガルの芸能人は?

実は芸能人にも、バイリンガルが多いのを知っていますか?

以前は、バイリンガルはとても珍しい存在で、バイリンガルを売りにしているタレントもいました。

最近は、国際化が進み、バイリンガルも増えてきていて、あえて普段からバイリンガルであることをアピールしていない芸能人も少なくありません。

結構、聞いて驚く以外なバイリンガル芸能人も多いんですよ。

バイリンガル芸能人を一部リストにしました。

  • 宇多田ヒカル【英語】※アメリカ生まれ。コロンビア大学中退。
  • 渡辺直美【英語・中国語】※母親が台湾人のハーフ。アメリカ留学の経験あり。
  • 河北麻友子【英語】ニューヨーク生まれのアメリカ国籍。
  • 忽那汐里【英語】※シドニー生まれの日系オーストラリア人。
  • すみれ【英語】※7歳からハワイ在住。
  • IMARU【英語】※カナダの高校に留学。
  • 関根麻里【英語・スペイン語】インターナショナルスクール出身で、アメリカの大学卒業。
  • 鈴木亮平【英語】小学生の頃から、何度かアメリカに留学。東京外語大学で英語を専攻し英検1級取得。
  • ディーンフジオカ【北京語・広東語・英語・インドネシア語】5カ国語を話すマルチリンガル。
  • Taka(ONE OK ROCK)【英語】帰国子女が多い中学校に通っていたこともあり、英語力が高い。

3.バイリンガル教育のメリット

お子さんに早いうちから英語教育をしてバイリンガルに育てたいという親御さんも多いのではないでしょうか。

バイリンガル教育にはメリットがたくさんあります。

その1.英語の吸収が速い

子供は脳が柔らかく、新しい知識をどんどん吸収します。その時期に、英語など他言語の学習を始めることで、短い期間と労力でたくさんの知識を吸収することができます。

ある程度の年齢になってしまうと、英語や異文化に対する抵抗感も出てしまうので、その意味でも小さい頃から英語学習を始めるとスムーズです。

その2.自然な発音を習得できる

年齢を重ねると日本語を使う耳や口の癖が出てしまいます。

その前に、英語を覚えることでネイティブのような自然な英語をマスターすることができます。

その3.マルチリンガルになる可能性も

小さい頃に英語と日本語など、2つの言語を習得することで、第三言語や第四言語の習得もスムーズになります。

特に、スペイン語、フランス語などヨーロッパの言語は英語に近いため、英語を知っていると習得速度がかなり早くなります。

4.バイリンガル教育のデメリットと注意点

お子様のバイリンガル教育はいいことばかりではありません。

次のようなデメリットもあるので注意しましょう。

その1.中途半端になってしまう可能性も

バイリンガル教育で注意しなければならないのは、教育方法や環境によってはどちらも中途半端になってしまう可能性があるという点です。

両方の言語をミックスして使ってしまったり、難しい言葉になると両方とも理解できなくなってしまったりする可能性があります。

セミリンガル:semilingual(どちらの言語も中途半端な人)という言葉もあるくらいです。

セミリンガルになってしまうと、学校の成績や友達とのコミュニケーションに問題がでたりと、他にも悪影響が出る可能性もあるので注意が必要です。

その2.親の負担が大きい

バランスよく効果的なバイリンガル教育には親の役割がかなり重要です。

日本語の多くを子供が親から学ぶように、英語も自宅の教育が欠かせません。親御さんが英語を話せない場合も、ある程度基礎を一緒に勉強するなど時間をかける必要があります。

もちろん費用の面でも負担が大きくなります。特に、通常ご家庭で英語を話さない家庭では、学校や塾、教材などお子さんの英語環境を整えるための費用がかさむ傾向があります。

5.子供のバイリンガル教育の年齢は何歳から?

バイリンガル教育の議論でよく出てくるのが年齢です。

何歳までに他言語(ここでは英語)を勉強すれば、バイリンガルになれるのか?という議論です。

年齢以外の要素も大きい

「早ければ早い方が良い」という意見もある一方で、「早すぎるとどちらの言語も中途半端になってしまう」という意見もあります。

どちらが本当なのでしょうか?

正直なところ、どちらとも言えない部分があります。同じ年齢で初めても、環境や教育方法、本人の特性によって、結果は大きく変わります。

実際に、早い年齢から英語教育を初めたものの失敗してしまうというケースは少なくありません。

英語はネイティブほどではなく、日本語も漢字や難しい言葉が苦手というバイリンガルも多くいます。

一方で、早くから教育をはじめて、どちらの言語も堪能になるケースもたくさんあります。

年齢ももちろん大切なのですが、その年齢からどのような環境を選び、どのように教育していくかが大切です。

3歳~10歳がひとつの境界線

母国語レベルで2つ以上の言語を習得したい場合、3歳がひとつの境界線だといわれています。3歳より前だと母国語を覚えるのと同じ手順で、もうひとつの言語を覚えることができるからです。

ただ、3歳を過ぎても10歳頃までは、耳も脳も柔軟で、環境や教育方法を整えればネイティブに近いレベルで言語を習得できると言われています。

6.大人になってもバイリンガルにはなれる!

では、10歳や20歳を過ぎて大人になってしまったら、バイリンガルになれないのかというと、そういうわけではありません。

実際に、私のまわりでも20歳を超えて、30代、40代、50代、それ以上から本格的な英語学習をはじめて、バイリンガルになった方ははたくさんいます。

しかし、大人になってからでも、バイリンガルになれる可能性は十分ありますが、問題点がひとつあります。

バイリンガル教育のメリットでも少し触れましたが、大人になってから英語学習すると、完璧な発音習得が難しくなってしまいます

大人になると耳や口が日本語に慣れてしまい、癖がでてきてしまうため、ネイティブを真似て発音してもどうしても日本語の癖が出てしまいます。30代、40代と年齢を重ねると、さらに癖が強くなり、日本語風のアクセントになってしまいがちです。

最近は、世界中の人が英語を話し様々なアクセントがあります。そのため、アクセントはひとつの個性としてとらえられていて、ネイティブアクセントではないからといってコミュニケーションで問題がでるわけではありません。

しかし、できることならネイティブのような自然な発音を習得したいという人も多いでしょう。

そんな方には、『英語の発音|初心者でもネイティブ並みに話せる矯正練習法』で紹介するトレーニングをお勧めしています。是非参考にしてみて下さい。

7.バイリンガルになるための勉強法とは?

これからご自身がバイリンガルになりたいという方は、勉強法を見直す必要があります。

日本の一般的な英語学習法では、英語がペラペラに話せるようになる可能性が低いからです。

日本の英語教育では、文法や単語など英語の知識を増やすことと、読み書きに重点を置いています。そのため、中学、高校と6年間で1000時間近くの英語の授業を受けても全く話せない人がほとんどです。

これらの英語の授業が無駄というわけではありませんが、まず英語を話せるようになる、使えるようになるという段階ではあまり効果を発揮しません。

赤ちゃんが日本語を学ぶ時には、まず聞くことから始めます。次に、聞いたことを、真似して話す段階があり、その後、絵本を読むようになります。そして、小学校に入るころには少しずつ短い文を書けるようになります。

つまり、自然な言語習得の流れはこのようになります。

1.聞く → 2.話す → 3.読む → 4.書く

英語学習でも同じです。

学校の勉強では、英語学習の中でも比較的難しい、「読む」と「書く」からはじめてしまうため、苦手に漢字挫折してしまう人が多いんです。

まずは、たくさんの英語を聞いて吸収する必要があります。日本の勉強方法ではこれが圧倒的にたりていないことが多いです。

英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い』でも詳しく解説しています。

8.バイリンガル勉強法で大事なのはスキマ時間を利用すること

たくさんの英語を聞くために、高い参考書や教材をたくさん買う必要はありません。まずは、身近なものから始めましょう。

以前買った参考書や教材のCDなどがあれば、それを聞き流すことから始めてみましょう。最近は、YouTubeやPodcast(インターネットで聞ける無料ラジオのようなもの)、スマホの無料アプリなど、無料で使えるコンテンツも充実しています。

YouTubeでは、英語学習コンテンツだけでなく、自分の興味がある海外の番組など幅を広げると学習に使えるコンテンツは無限です。特に興味がある分野だと、楽しく続けやすいです。

海外ドラマも英語学習教材としておすすめです。Netflix(ネットフリックス)やAmazonプライムビデオ、Hulu(フールー)など格安で海外ドラマが見られるサービスもたくさんあります。海外ドラマは、専門的な英語がでてくるものよりも日常をテーマにしたものを選ぶと、単語も簡単ですし、日常会話で使える英語を学ぶことができます。

バイリンガルレベルの英語力を身につけるためには、日々の積み重ね学習が大切です。1週間に1~2回だけ勉強しても、英語力が定着しません。短時間でもいいので、毎日コツコツ英語に触れることが大切です。

英語学習を毎日継続するためのコツは、すきま時間を上手に活用することです。通勤通学の時間や、休憩時間、待ち合わせまで待っている時間など、ちょっとしたすきま時間で英語勉強をしましょう。

YouTubeおすすめチャンネル

その1.バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika
【URL】https://www.youtube.com/user/cyoshida1231

小学1年生から大学生まで16年間をアメリカのシアトルで過ごした、日本語と英語のバイリンガルちかさんのYouTubeチャンネルです。

バイリンガルだからこそわかる、日本語と英語の微妙なニュアンスの違いや、文化の違いなどを動画で楽しく解説しています。英語(日本語字幕)のコンテンツも充実しているのですが、日本人向けで英語もわかりやすくバイリンガルを目指したい初心者や、中級者におすすめです。

その2.Rachel & Jun
【URL】https://www.youtube.com/user/MyHusbandisJapanese/

アメリカ人のRachelさんと日本人のJunさんの国際結婚カップルのチャンネルで、主に日本のことを英語で紹介しています。日本に住む外国人へのインタビュー動画などもあります。

国際結婚をしたカップルが感じる文化の違いなどの動画もあり文化の違いについて学ぶことができます。基本的に英語の動画ですがたまに日本語もあり、日本語の字幕もついているので楽しく学ぶことができます。

おすすめ英語学習アプリ

その1.duoLingo
【URL】https://itunes.apple.com/jp/app/duolingo-ying-yuwo-wu-liaode/id570060128?mt=8

世界で一番ダウンロードされている英語学習アプリです。スマホでゲームをする感覚で英語を学ぶことができます。英単語やリスニングなど幅広い学習コンテンツがあります。

海外で作られているアプリなので、日本語の説明が少なく画像が多いので、感覚的に学ぶことができ、バイリンガルを目指す初心者におすすめのアプリです。

1個のレッスンの時間も短く、すきま時間を活用して学習することができます。

その2.TED English AudioBooks
【URL】https://itunes.apple.com/jp/app/english-audiobooks-ted%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%82%92%E5%AD%A6%E3%81%B6/id879097399?mt=8

NHKでも放送されているTEDのスピーチで英語が学べるアプリです。英語字幕はもちろんのこと、英語スクリプトや日本語訳も掲載されています。

プレゼンテーションなので、上記で紹介したYouTubeより少し英語が難しめです。中級者以上の方のリスニング学習や語彙力の学習アプリとしておすすめです。

その3.イングリッシュセントラル
【URL】
App Sore(iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%A7%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%8F%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1-%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E7%BF%92/id927987414?mt=8
Google play(android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.englishcentral.android.app&hl=ja

1分程度の動画ですきま時間を使って英会話が学べる無料アプリです。動画の数はなんと1万本以上。毎日新しい動画が配信されています。

リスニングテストや、単語の学習機能、RとLの違いもチェックできる音声採点機能など機能も充実しています。初級、中級、上級などレベル分けや、ビジネス英語などジャンルも幅広く、様々なレベル、目的で使えるアプリです。

尚、『英語・英会話・TOEIC勉強におすすめの無料アプリ10選』でも、おすすめアプリをご紹介しています。

洋楽はNG

音楽が好きな人は洋楽で英語を勉強したいと考えるかもしれません。

バイリンガルになるために、英語をたくさん吸収する段階では洋楽は使えません。

洋楽に使われている英語は、短い文字数に収めるために省略されている部分がたくさんあります。また、独特の音程やリズムがあるため、英語を耳で覚えようとする時のリスニング教材としては向いていません。

英語脳を作る!英英辞典もおすすめ

英語脳をつくるためには、英英辞典もおすすめです。英単語の意味が英語で解説されている辞書です。

日本語でいう国語辞典ですが、英語学習者向けの簡単な英英辞典もあります。

英英辞典を活用することで、わからない言葉も日本語を介せず、英語で理解するようになるので英語で考える力がアップします。

英語の辞書|効率UPの勉強法!おおすめ辞書の使い方と選び方』の記事を参考にしてみて下さい。

オンライン英会話やプチ留学もおすすめ

ある程度、リスニングの量をこなしていくと、アウトプットの練習が必要です。

気軽にできるアウトプットの機会としておすすめなのが、オンライン英会話です。

スカイプなどインターネット電話のソフトを利用して自宅で英会話レッスン受けられるサービスです。フィリピンなど人件費が安い国を活用していたり、教室設備を持たなくていいため、格安で受けられるのが特徴です。

毎日25分程度のマンツーマンのレッスンを受けても月額6,000~10,000円程度くらいで、お金をあまりかけずにたくさん英語を話したいという方には嬉しいサービスです。もちろん、フリートークもできますし、通常の英会話教室のようなレッスンも可能です。文法ミスや言語チョイスの指摘もしてくれるので、独学より効率的にバイリンガルを目指せます。

本格的なバイリンガルを目指すなら留学もおすすめです。一昔前は、留学は時間もお金もかかって、限られた人しか行けないものでした。最近は、フィリピンなど短距離、短時間、格安で行ける留学先などもあります。

留学については『英語留学|短期から長期で学べる!7つの国や費用・奨学金・業者など』で詳しく解説しています。

年齢制限がありますが、若い人向けのワーキングホリデー(ワーホリ)という長期滞在制度もあります。ワーホリについては『5つのおすすめワーホリ(ワーキングホリデー)の国・費用・条件など』で詳しく解説しています。

まとめ:バイリンガルになるには年齢はさほど関係ない!

発音まで完璧なバイリンガルを目指すなら、早い時期からの教育が必要です。

しかし、30歳、40歳と年齢を重ねてしまっても、バイリンガルになるための学習を始める時期に遅すぎることはありません。

バイリンガルを目指すなら、まずは知識を増やすより、英語をたくさん聞いて話す訓練から始めましょう。高校までの英語の知識があれば、この練習をするだけで日常会話はかなり話せるようになります。

尚、バイリンガルが活用している、英字新聞については『おすすめの英字新聞|レベル別で初心者も上達!5つの勉強法とコツ』、英語のニュースについては『おすすめの英語ニュース|無料サイトやアプリなど7選と勉強法』で活用方法やおすすめをご紹介しています。

こちらも是非参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta