著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「休み(休日)」の英語|7単語と表現を使い分ける!例文や違いなど

のべ182がこの記事を参考にしています!

「Christmas holiday」と「Christmas vacation」の違いが分かりますか?

24時間年中無休、夏休み、定休日、祝日など、様々な休みの表現がありますが、今すぐに英語で表現できる方は少ないのではないでしょうか。

日本語も「オフ」や「バケーション」って言う表現あるけど、それは通じるのかも半信半疑ですね。

また、「holiday work」と「working holiday」も似ているようで意味が違う表現です。

よって今回は、色々なある「休み」や「休日」、「休暇」の英語について例文や違いなどを説明しながら習得していきましょう!英会話には欠かせない表現ばりですので、是非お役立て下さい。

目次:

1.「off」を使って休みを表現
2.「vacation」と「holiday」との違い
3.「leave」ってどんな休み?
4.その他の色んな「休み」を英語で表現
5.ちょっとした休み「休憩」を表す単語
・rest
・break
・recess
まとめ:「Have a nice vacation!」などのフレーズも使ってみよう!

1.「off」を使って休みを表現

「明日は仕事がオフです」など、日本語としても使われている「off」ですが、その意味は「その場から離れて」という意味がある単語です。

前置詞や副詞としても使われます。

この「off」を使って表現する1つが「休み(休日)」です。

下記が例文ですが、「a day off(1日休み)」や「a week off(1週間休み)」、「a month off(1ヶ月休み)などが基本です。

丸一日仕事やシフトが入っていない場合などに使います。

例えば、学校が1日休みと言う場合は「a day off school」、仕事が1日休みの場合は「a day off work」となり、その短縮形が「a day off」というイメージです。

  • I have a day off tomorrow.(明日は休みです) ※「I have tomorrow off.」でも同様です。
  • I’m off today.(今日は休みです) ※「off」のみでもカジュアルに表現できます。
  • What do you do on your days off?(休みの日は何をやっていますか?) ※「What do you do in your free time?(趣味は何ですか?)」と同様です。
  • My next day off will be next week.(次の私の休みは来週です) ※「my day off」、「his day off」など所有格(~の)を付けることもできます。
  • I will take some time off next month.(来月休みをとります) ※「time off」で大まかな「休み」を表現しています。「まとまった休み・時間」を「some time off」で表現することもできます。

など。

2.「vacation」と「holiday」との違い

休み・休日・休暇のどれを表現する時も迷うのが、日本語としても使う「vacation(ヴァケーション)」と「holiday(ホリデー)」じゃないでしょうか?

「He is on holiday.」と「He is on vacation.」とどちらも「彼は休暇中です」となりますが、ニュアンスが違ってきます。

それは下記の違いがあるためです。

  • holiday・・・会社や学校が定めた定休日・休業日(business holiday、school holidayなど)、国や地域の祝日(public holiday、national holidayなど)
  • vacation・・・自身が楽しむための長期休暇 ※あえて長めの休暇を強調する場合に「long vacation」という場合もあります。

上記が基本の違いとなります。

よって冒頭で質問した「Christmas holiday」は祝日での休み、「Christmas vacation」は楽しんでいる休みとなります。

これは「summer holiday」と「summer vacation」の違いも同様です。どちらも日本語では「夏休み」となります。

しかし、イギリス英語では長期休暇に「holiday」を使う傾向もあるため、相手により意味が異なる場合があるのでその点は注意です。アメリカ英語は上記のような使い方をそのままします。

「holiday work」と「working holiday」は違う?

ワーホリという言葉を聞いたことがありますか?

海外などで働きながら過ごす休暇制度の「working holiday」を略した言い方です。

これに似た表現に「holiday work」というのがありますが、どんなイメージをしますか?

実は、「休日出勤」という意味になります。「I have a holiday work tomorrow.(明日は休日出勤です)」など。

同じように聞こえますが、全く違う意味になるので留意しておいて下さい。

3.「leave」ってどんな休み?

leaveの意味と使い方|動詞と名詞で活躍する!熟語・例文など』でも説明していますが、「leave」は動詞で、出発するやそのままにするなどの意味があります。

それが名詞として使われる時は、「正式に許可が出ている休み」となります。有給休暇はこの「leave」で表現します。

「I take a leave tomorrow.(明日、有給を取ります)」など。

要するに、「彼女は今、お休み中です」という日本語を英訳する場合、「She is on vacation.」と「She is on leave.」では全く意味が違ってきます。

また、「leave」使った次のような休みがあります。上記の記事内でも紹介しています。

  • annual leave(年次休暇・有給休暇)
  • sick leave(病欠)
  • maternity leave(産休)
  • childcare leave(育児休暇)

など。

よって、相手に病欠や育児休暇を伝える場合は、holidayでも、vacationでもなく、シッカリと「leave」を使いましょう。

ビジネス電話で相手に、担当者が休みを伝える場合にも役立ちます。因みに、不在が出張の場合は「He is on a business trip.」、会議中の場合は「She is in the meeting.」など、色々なパターンを知っておくといいでしょう。

4.その他の色んな「休み」を英語で表現

さて、これまで通常の「休み」や「休日」、「休暇」という表現を見てきましたが、英会話ではその他の「休み」やそれに近い表現を沢山使います。

下記はその一例ですが、英語力アップのために触れておきましょう!

  • He skipped a class.(彼は授業をずる休みしました) ※「He skips work.」となると「仕事をさぼる」や「無断欠勤」となります。「skip~」の形です。
  • He is absent from work today.(彼は今日仕事を休んでいます) ※「absent from ~」は「~を欠席する」という熟語です。「absent from school」や「absent from meeting」などの表現もあります。『「欠席」の英語|基本や発音と5つの使える!関連フレーズ集』の記事も参考にしてみて下さい。
  • We are open 24/7.(私たちは24時間年中無休です) ※直訳で1日24時間と1週間7日間営業しているとなります。24/7(twenty four-seven)は、「24 hours a day, 7 days a week」の略語です。1年365日というニュアンスも含まれます。「He works 24/7.(彼はいつも働いている)」などの誇張した表現でも使えます。
  • We are open seven days a week.(私たちは年中無休です) ※上記の24時間が無いバージョンです。1週間に7日間という直訳なので、年中無休となります。また、「We are open on holidays.(祝祭日も営業しています)」でも同様です。
  • We have three days off a week.(週休三日です) ※「two days off per week」などの表現でもOKです。
  • I have irregular days off.(休みは不定期です) ※「regular days off」は「定休日」です。また、「They are closed irregularly.」という表現もあります。

など。

5.ちょっとした休み「休憩」を表す単語

休みは1日、1週間など長いものばかりではありませんね。

「休憩」の英語|7つある表現の使い分けや略語・関連英語一覧』でも解説している、ちょっとした休憩などの休みもあります。

下記でも簡単におさらいをしますが、違いなどを確認して英会話で気軽に使ってみましょう!

rest

「I get some rest.(少し休みます)」や「You should take a rest.(ちょっと休んだ方がいいよ)」という場合に使うのが「rest(レスト)」です。

「rest」の単語自体が「休む」という動詞にもなり、体を休めるイメージがります。

1日よりも短めですが、後述する「break」よりも長めの休みです。「一休み」や「休息」と訳すこともできます。

しかし、この「rest」ですが、具体的に何時間、何日という限定はないので、数日、数時間と曖昧な場合にも使えます。

break

「lunch break(昼休み)」や「Let’s take a break.(ちょっと休みましょう)」と、作業の合間の小休止の時に「break」を使います。

体を少し長めに休めるという「rest」とは違い、すぐに作業にもどるけど、ちょっとした息抜きというイメージですね。「coffee break/tea break」などの表現もあります。

因みに、ちょっと勘弁してよ!(直訳:息抜き・休みをくれ!)という場合には「Give me a break.」というフレーズがありますね。

recess

「recess(リセス)」も短めの休みを表現する場合に使いますが、学校の休み時間や休憩時間の場合に使われる表現です。

「They are having a recess right now.(彼らは今ちょうど休憩時間・休み時間です)」など。

また、国会や裁判などの審議の合間などにも使える単語です。

まとめ:「Have a nice vacation!」などのフレーズも使ってみよう!

いかがでしたでしょうか?

同じ「休み」という日本語でも、英語では使い分けが必要ですね。

また、休みを取る相手にも一言、「Enjoy your holiday!(休みを楽しんでね)」などのフレーズが使えるようになれるとベターです。

「旅(旅行)」の英語|4つの英単語・違いと正しい使い方』の記事でも書いているように、旅行に向かう同僚や友達などにも気軽に使ってみましょう!

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)