著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「休憩」の英語|7つある表現の使い分けや略語・関連英語一覧

のべ47,620がこの記事を参考にしています!

「休憩」は、仕事や学校など毎日の生活で使う表現です。

仕事の合間のちょっとした「休憩」や、長めの「休憩」など同じ「休憩」でも違う表現があります。

詳しくは後ほど説明しますが、下記がネイティブがよく使う「休憩」の英語の一覧で使い分けが大切です。

  • break(ブレイク):短めで、一般的な休憩を指します ※「休憩時間」は「break time」でよく表現します。
  • rest(レスト):少し長めで、睡眠なども含んだ、しっかり休むという休憩です
  • recess(リセス):学校の休み時間です ※法廷での休廷でも使います。
  • pause(ポーズ):小休止の意味があります ※動画や音楽など再生の一時停止ですね
  • intermission(インターミッション):劇場やコンサートなどでの休憩時間です
  • interval(インターバル):イギリス英語での「intermission」です ※また、スポーツなどでの次の運動までの「合間」という場合にも使います。
  • breather(ブリーザー):「breathe(息をする)」の名詞で、小休止を意味し、スラング的に使われます

旅館やホテルなど宿泊しないで休憩のみの場合の英語は、「short stay(直訳:短い滞在)」となります。

また、トイレ休憩(bathroom break)や休憩室(break room/resting room)など「休憩」に関する表現も、意外に知らないものが多いかもしれません。

それと、メールやチャットなどで休憩中を表現する場合に、「AFK」や「BRB」などの略語も使うので覚えておくと便利です。

よって今回は、英会話に大変役立つ「休憩」の英語表現やフレーズなども詳しく紹介します。

目次:
1.「休憩」の英語と違い
・break
・rest
・recess
・pause
・intermission
・interval
・breather
2.「休憩」に関する英語フレーズ
・休憩する
・休憩をとりましょう(休憩しましょう)
・休憩中です
3.英語の略語を使って「休憩」を表現してみよう!
3.「休憩」の関連英語

1.「休憩」の英語と違い

冒頭でもお伝えしていますが、「休憩」は英語で「break(ブレイク)」と「rest(レスト)」を良く使います。

基本的にこの2つが代表的なのでシッカリと押さえましょう。

break

「break」の元の意味は、あるモノを二つ以上に分裂させて「壊す」、「切断する」、「粉砕する」などの意味があります。

「break」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
ブレイク
bréik

仕事や学校の授業などの時間を割いて、間に休みを取ることから「break」が「休憩」の意味で使われています。

「break」に近い表現で、「rest」がありますが、この二つはニュアンスが違います。「break」は、先ほど説明したように仕事や授業などの合間にとる一般的な「休憩」です。息抜きのような軽いイメージで、短めの「休憩」です。

ネイティブがよく使う表現で「Give me a break.」というフレースがありますが、「少し休憩をください=勘弁して!」という意味合いになります。

また、冬休みなど夏休みに比べて比較的短い休暇などにも使います。「spring break(春休み)」や「winter break(冬休み)」などです。

rest

「rest」は、「休息」というニュアンスが強い表現です。疲れなどが溜まっていて身体や頭などをゆっくり休める必要があるときに取る「休憩」です。どちらかというと、時間的には長いイメージです。

「rest」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
レスト
rést

「break」は合間にとる休憩なので、休んだ後、仕事や授業に戻りますが、「rest」の場合は必ずしもそうとは限りません。その日は、「休息」、「休養」をとって作業に戻らない場合も使います。

recess

主に学校などの休み時間(休憩時間)を表現する時に使う単語です。

「recess」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
リセス

pause

口語的でカジュアルな表現で、「小休止」を意味します。動画や音楽の一時停止のボタンでもあるのでイメージしやすいですね。

「pause」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ポーズ
pˈɔːz

intermission

コンサートなどでの休憩時間を指します。

「intermission」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インターミッション
ìnṭɚmíʃən

interval

スポーツなどの運動練習などの合間(間隔)を表現する時に使います。

例えば、「5-minute interval」というと、5分休んで運動、5分休んで運動というイメージですね。

「interval」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インターバル
íntərvəl

breather

スラング的な表現で、息継ぎをする、つまり小休止というニュアンスです。

「breather」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ブリーザー
bríːðər

2.「休憩」に関する英語フレーズ

休憩に関する代表的なフレーズを見ていきましょう。

休憩する

仕事の合間などの短めに「休憩する」という場合は、「take a break」の形をよく使います。勿論、「have a break」でもOKです。

  • I’ll take a break.:休憩します
  • I’ll have a ten-minute break.:10分間休憩します ※この場合、「10分休憩」がひとつの名詞扱いになっていて、冠詞の「a」がつきます。また、「minute」も単数形のままなのでこの点も注意が必要です。

しかし、これだけではなく次のような表現も使えます。

  • I’ll get some fresh air.:少し外の空気を吸ってきます ※「I’ll take a breather.」でもOKです。
  • I’ll grab some coffee.:コーヒー休憩です ※直訳は「いくつかのコーヒーを掴みます」となります。
  • I’ll get some rest.:少し休みます ※少し長めで、睡眠なども含まる場合がある休憩ですね。めちゃくちゃ疲れた場合につかう表現です。

休憩をとりましょう(休憩しましょう)

相手に一緒にちょっと休憩しましょうという場合もありますね。

その場合は、基本的に先ほどの文を少し変えるだけでOKです。「Let’s ~.」という形ですね。下記がその例文です。

  • Let’s take a break.
  • Let’s get some fresh air.
  • Let’s get some rest.

など。

もちろん、「Let’s」の部分を「We should(~すべき)」や「Why don’t we(~しましょう)?」という形に置き換えることもできます。

休憩中です

会社の同僚などに「今、何しているの?」と聞かれた「今、休憩中です」と答える場合のフレーズです。

次のようなフレーズでOKです。

  • I’m on my break now.
  • I’m taking a breather now.

など。

3.英語の略語を使って「休憩」を表現してみよう!

「休憩中ですぐに戻ってきます」という場合に使う略語となります。

英語の略語一覧|メールやSNSで今すぐ使える厳選92個』でも紹介していますが、下記が代表的な2つです。

  • AFK・・・「Away From Keyboard(キーボードから離れています)」の略で、「席を外しています」という意味になります。
  • BRB・・・「(I will)Be Right Back(すぐに戻ります)」の略で、休憩中を表現できます。

もちろん、休憩だけではなく、何かの用事で席を外す場合の全ての場面で使える略語です。参考にしてみて下さい。

4.「休憩」の関連英語

「休憩室」など、「休憩」に関する様々な表現を確認しましょう。

  • 短めの休憩(小休止・束の間の休憩):short break/quick break ※「ちょっと(短い)休憩」というニュアンスでよく使うのでセットで覚えておきましょう。
  • 休憩室(休憩所):break room(ブレイク・ルーム)、common room(コモン・ルーム) ※「staff room(スタッフ・ルーム)」なども「休憩室」の意味合いで使うことがあります。空港やホテルなどで一般客が使える「休憩室」は「lounge(ラウンジ)」で日本語の「ラウンジ」と同じです。「休息」の意味がある「rest」を使った「restroom(レストルーム)」は、一般的にトイレや洗面所を表わすので、「休憩室」の意味では使えません。使う場合は、「resting room」とします。
  • 休憩時間:break time ※単純に、「break」だけでも、「休憩時間」の意味があります。また、会話では「downtime(ダウンタイム)」等も使います。
  • 休憩の間に:during a break ※「during(ドゥアリング)」は「~の間で(に)」です。
  • (高速道路の)サービスエリア:rest area(レスト・エリア)
  • トイレ休憩:bathroom break(バスルーム・ブレイク), restroom break
  • 昼休憩:lunch break(ランチ・ブレイク) ※「昼休憩です」という場合は、「I’m taking a lunch break now.」などと表現します。

まとめ:「休憩」の英語は欠かせない表現の1つ!

「休憩」は、毎日の生活の中でよく使う表現なので、基本フレーズと併せて覚えておきましょう。

また、「break」や「rest」などをネイティブの感覚で使い分けるとかっこいいですね。微妙な表現ですが、マスターすると相手にシッカリと伝える(聞けることも同様)ことができます。

ここで「休憩」の関連表現としてご紹介したものは、よく使うものも多いのでこの機会にあわせて覚えておくと便利ですね。

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメント

sp-cta