著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「I bet.」と「You bet.」の使い方|2つの違いと例文

のべ7,255がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語のネイティブたちがカジュアルな会話でよく使う、「I bet.」「You bet.」

違いが分かりにくく、混乱している人も多いのではないでしょうか。

「bet(ベット)」を辞書で引くと「賭ける」という意味が主に出てくるので直訳すると英会話ではとても使いずらくなります。

そこで、ここでは「bet」の本来の意味と、英会話で使える「I bet.」と「You bet.」の意味やニュアンス、使い方を詳しく解説します。

目次:

1.「bet」の意味と発音
2.「I bet.」の意味と使い方
3.「You bet.」の意味と使い方
・「もちろん」を表現する
・「どういたしまして」を表現する

1.「bet」の意味と発音

冒頭でもお伝えしていますが、英語の「bet」の意味は「賭ける」という意味です。

【例文】

  • 英語:I bet 10 dollars on a hose.
  • 日本語:(競馬などで)馬に10ドル賭ける。

「~に賭けることができるほど自信がある」という意味から、「確信がある」という意味で使うこともあります。

そこから、「きっと~に違いない」という場合に「I bet」を使います。

【例文】

  • 英語:I bet (that) you’ll win the game.
  • 日本語:あなたはそのゲームにきっと勝つよ(と私は確信しています)。

また、「bet」の読み方(発音)と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ベット
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/12/bet.mp3
bét

※発音のコツですが、「b」は口を閉じた状態から、破裂音で「ブ」の音を出します。「e」は「エ」の音、「t」は「トゥ」の音です。

さて、本題の「I bet.」と「You bet.」はカジュアルな会話の相槌(あいづち)でよく使います。

主語が違うだけですが、それぞれニュアンスが微妙にことなります。

それぞれの意味を見ていきましょう。

2.「I bet.」の意味と使い方

「I bet.」を直訳すると「私はそれに賭ける」という意味です。

先ほど解説したように、「bet」は「~に賭けるほど自信がある」、つまり「確信している」という意味があります。

「I bet.」はこの意味から来ていて、「I can bet money on that.(私はそれにお金を賭けることができる。)」を省略した表現です。

相手が言ったことに対して、「私も、それにお金を賭けていいくらい確かだと思っている」という場合、この「I bet.」を使います。

この「I bet.」の日本語訳は「だろうね」「そうに違いない」「その通り」などとなります。

賛成の気持ちを表す「I agree.」などが近い表現です。

同意の表現は、『「同意(する)」の英語|基本と3つの単語の違いやフレーズ集』にてご確認下さい。

ただし、「I agree.」よりも「I bet.」のほうが同意の意思が強い表現です。また、「I bet.」は「I agree.」よりもカジュアルな表現です。

会話例を見てみましょう。

【例文】

  • A: The movie was awesome! /映画は最高だったね!
  • B: I bet. /そうですね。(同意します)

3.「You bet.」の意味と使い方

「You bet.」は、「You can bet money on that.(あなたはそれにお金を賭けることができる)」の略です。

基本的には、「あなたがお金を賭けてもいいくらい確実だ」という意味で、先ほどの「I bet.」と似ているのですが、「You bet.」は複数の使い方があります。

それぞれの使い方と意味を見てみましょう。

「もちろん」を表現する

何か手伝いをしてほしいと言われたり、誘われたりしたときの返事で「もちろん」という場合に「You bet.」を使うことができます。

会話例を見てみましょう。

【会話例1】

  • A: Are you going to the dinner Saturday night? /土曜日のディナーに行く?
  • B: You bet. /もちろん!

このような会話で「You bet.」を使った場合、Bがディナーに行く確率はかなり高くなります。

「楽しくなりそうだね!」など同意を求められたときに「もちろんだよ」という場合も「You bet.」です。

【会話例2】

  • A: The game is going to be really exciting. /試合はおもしろくなりそうだね。
  • B: You bet. /もちろん! ※この場合は「I bet.」でも構いません。

「もちろん」の「You bet.」は「Sure.」や「Certainly.」で言い換えることもできます。

ただし、「You bet.」はとてもカジュアルな表現です。

「もちろん」の表現はこのほかにもたくさんあり、『「もちろん」の英語|10個の表現をネイティブ並みに使う!』で詳しくご紹介しています。

「You bet.」は、基本的に「確信がある」という場合に使うのですが、確信がなくても「もちろんですとも!」ととにかく相手の意見を肯定したり、従うという場合にも使える表現です。

【会話例3】

  • A: I believe he is going to be a movie star. /彼が映画スターになるって信じてる!
  • B: You bet. /もちろんだよ!

「どういたしまして」を表現する

「Thank you.」とお礼を言われたときに、お返しのフレーズとしてよく知られているのは「You’re welcome.」ですよね。

カジュアルな場面では「You bet.」を「You’re welcome.」の代わりに使うことができます。

「気にしないで!」「いってことよ!」くらいの、かなりフランクなニュアンスです。

【会話例】

  • A: Thank you, Mike. /ありがとう、マイク。
  • B: You bet! /いいってことよ!

英語では「You bet.」や「You’re welcome.」以外にも「どういたしまして」の表現がたくさんあります。

詳しくは『英語で「どういたしまして」|返事に困らないための11選』で詳しく解説しています。

まとめ:「I bet.」と「You bet.」の意味をしっかり把握しよう!

「I bet.」は「そうだろうね」など、同意を伝える表現です。

「You bet.」も似ていますが、使える場面が幅広い表現です。「You bet.」の表現を映画やドラマでもとても聞きます。

「You’re welcome.」の代わりの「You bet.」も学校では習わない表現なので、使えるとネイティブっぽくかっこいいです。

ただし、どちらもアメリカで多く使われていて、カジュアルな表現なので、使う場面は注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta