著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

~になりたいの英語|becomeとbeの違いや6つの表現と例文

のべ3,042がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「何になりたいですか?」や「医者・薬剤師にになりたい」、「英語が話せるようになりたい」など、あなたがなりたいものを英語で伝えられますか?

また、将来なりたいものを聞かれたときに、うまく答えられずに困ったことはありませんか?

英語で自分の夢やなりたいものを伝えられたら、カッコイイですよね。

よってここでは、「~になりたい」を伝える英語表現をご紹介します。「大きくなったら(将来)~になりたい」や「生まれ変わったら(来世は)~になりたい」などの表現や、前述の「英語が話せるようになりたい」などできるようになりたいことを伝える表現も見ていきましょう。

目次:

1.「~になりたい」の基本英語
2.「~になりたい」の英語の「to be」と「become」の違いとは?
3.「~ができるようになりたい」は英語で?
4.「将来~になりたい」や「来世は~になりたい」は英語で?
4-1.「将来(いつか)~になりたい」の英語
4-2.「大きくなったら(大人になったら)~になりたい」の英語
4-3.「生まれ変わったら(来世)~になりたい」の英語
5.「何になりたい?」の英語
6.願望の「鳥になりたい」などの英語は?

1.「~になりたい」の基本英語

「~なりたい」は英語で「want to be~」です。

「want」は「ほしい」という意味です。

「to + 動詞」とセットにすると、「~をしたい」という意味になります。

【例】

  • want to ask~(~を聞きたい)
  • want to tell ~(~を伝えたい)

「want to be~」の「be」は「(~で)ある」「(~に)なる」という意味です。

「want」とあわせると、「~になりたい」となります。

2.「~になりたい」の英語の「to be」と「become」の違いとは?

「~になるは」は「become」と覚え方方が多いのではないでしょうか?

では、「want to be」「want to become」の違いは何なのでしょうか?

どちらも日本語訳では「~になりたい」となります。

分かりやすく説明すると、違いは下記となります。

  • I want to be a musician. → ミュージシャンとなり一生ミュージシャンとして生きるイメージ
  • I want to become a musician. → ミュージシャンになりたいが、一瞬かもしれないというイメージ

後述しますが、「将来、何になりたい?」という場合は、「want to be」を使うのが通常です。

また、「be」の後ろは、なりたいもの(職業など)が入ります。

「a doctor(医者)」、「大工(a carpenter)」、「ユーチューバー(a YouTuber)」など、あなたのなりたいものに入れ替えて文を作ってみましょう。

職業の英語は『「職業」の英語|3つの違いと使える!55個の主な職業』で、たくさん紹介しています。こちらを参考に、あなたの職業を英語で伝えてみましょう。

「~ではなく、~になりたい」という時は、「I want to be a musician, not pianist.(私はピアニストではなく、ミュージシャンになりたい)」となり、「not ~」という表現を付け足します。

3.「~ができるようになりたい」は英語で?

「ピアノが弾けるようになりたい」など、「~ができるようになりたい」という場合は「be able to」を使います。

【例文】

  • I want to be able to play the piano. /私はピアノが弾けるようになりたいです。
  • He wants to be able to speak English. /彼は英語が話せるようになりたいと思っています。

「to」の後ろは必ず「be able to」です。不定詞なので、「can(できる)/助動詞」は使えません。

「もっと~になりたい」などの時も、「I want to be able to speak English more fluently.(英語をもっと流暢に話したい)」などのときもこの表現が使えます。

4.「将来~になりたい」や「来世は~になりたい」は英語で?

「将来~になりたい」や「来世は~になりたい」など、「~なりたい」は時期とセットで伝えることも多いですよね。

時期とセットで「~になりたい」と伝える表現を見ていきましょう。

4-1.「将来(いつか)~になりたい」の英語

「将来(いつか)~になりたい」という場合の、「将来」は「future(フュゥーチャー)」を使います。

「future」は「未来」という意味で覚えている方も多いと思いますが、「将来」という意味でも使えます。

前置詞は「in」で、合わせると「in the future」となります。

【例文】

  • 英語:I want to be a pharmacist in the future.
  • 日本語:私は将来、薬剤師になりたいです。

4-2.「大きくなったら(大人になったら)~になりたい」の英語

「大人になったら~になりたい」や「大きくなったら~になりたい」は英語の時は、「when I grow up(グロォゥ アップ)」を使うといいでしょう。

「grow up」は「成長する」という意味です。

【例文】

  • 英語:I want to be a police officer when I grow up.
  • 日本語:私は大きくなったら、警察官になりたいです。

自分以外が主語の場合、「when I grow up」の「I」は他の主語に変わります。「he」や「she」など三人称単数の場合、後ろの「grow」は「s」がついて「grows」となります。

三人称単数現在形の「s」については、『英語の動詞一覧|2種類ある動詞の基本と使い方・活用方法』で詳しく解説しています。

【例文】

  • 英語:He wants to be a pilot when he grows up.
  • 日本語:彼は大きくなったらパイロットになりたいです。

4-3.「生まれ変わったら(来世)~になりたい」の英語

「生まれ変わったら(来世)~になりたい」という言い方もよくしますよね。

「生まれ変わったら」という場合、「もし~したら」という意味の「if」を使うことが多いです。

様々な言い方ができるのですが、例えば「if I had another life」はネイティブがよく使う表現です。

【例文】

  • 英語:If I had another life, I want to be a lawyer.
  • 日本語:生まれ変わったら、弁護士になりたいです。

「if」をつかった「もし~だったら」という表現は、仮定法過去の文なので動詞は過去形の「had」となります。

仮定法については、『英語の仮定法|すぐにマスターできる簡単な2つの基本ルール』の記事をご参考下さい。

「来世で」も同じ表現でもOKです。「来世」という意味の「one’s next life」を使って「in my next life」という言い方もできます。

【例文】

  • 英語:I want to be an actor in my next life.
  • 日本語:私は来世では、俳優になりたいです。

5.「何になりたい?」の英語

「何になりたいですか?」と相手に聞く場合は「what」の疑問文を使います。

【例文】

  • 英語:What do you want to be?
  • 日本語:(あなたは)何になりたいですか?

「彼」や「彼女」など、主語が三人称単数現在形の場合は、「do」の代わりに「does」を使います。

【例文】

  • 英語:What does she want to be?
  • 日本語:彼女は何になりたいですか?

先ほど紹介した「in the future(将来)」などと一緒に使ってもOKです。

【例文】

  • 英語:What do you want to be in the future?
  • 日本語:あなたは将来、何になりたいですか?

6.願望の「鳥になりたい」などの英語は?

「鳥になりたい」や「ライオンになりたい」など、実際になることはできないものについて「~になりたい」ということもありますよね。

この場合、「I want to be a bird.(私は鳥になりたいです。)」と言っても間違いではないのですが、願望を表す「wish」を使ったほうがより自然です。

【例文】

  • 英語:I wish I were a bird.
  • 日本語:私は鳥になりたいです。

仮定法過去の文なので、be動詞は過去形の「were」を使います。

こちらも先ほどご紹介した、『英語の仮定法|すぐにマスターできる簡単な2つの基本ルール』の記事でもご紹介しています。

「鳥にはなりたいけれど、実際にはそうではない。」、「そうなることは難しい」というニュアンスが伝わります。

まとめ:「~になりたい」の英語は様々な場面で使い分ける!

「~になりたい」の基本は「want to be ~」です。

とてもシンプルな表現なので、覚えてぜひ使ってくださいね。

「want to be able to ~(~ができるようになりたい)」も、日常会話でよく使う表現なのでセットで覚えましょう。

「早く~になりたい」などは「as soon as possible(出来るだけ早く)」を文末に付けるなどで表現できます。『正しい「as soon as possible」の意味と使い方』の記事もご確認下さい。

英語圏では、日本語より自分の考えや夢を話す機会が多いです。

英会話の授業や、留学先などでも「何になりたいですか?」と聞かれることがあるかもしれません。

慣れてきたら、なりたい理由やなるためにやっていることなども話せるようにしておくと、会話が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta