著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「近い」と「遠い」の英語|発音と比較級など5つの単語の違いや例文

のべ2,400がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

距離が近い、意味が近いなど「近い」の英語を正しく表現できますか?

とても間違いやすい「close」「near」

多くの日本人が使い方を迷う例の1つです。

家が近い、近い親戚、クリスマスなどのイベントが近いなど様々なケースで使う表現です。

また、その反対の「遠い」の英語表現もあります。

距離的なものでは、「far」を基本的によく使うのですが、その発音や比較級を正しく使いこなせていますか?

よって今回は、日常会話では欠かせない「近い」と「遠い」の英語表現を完ぺきにマスターできるように解説しています。是非参考にしてみて下さい!

目次:

1.「近い」の英語|発音と違い・関連英語一覧
1-1.「near」で近いを表現
1-2.「close」で近いを表現
1-3.「near」と「close」の違いと使い分け

2.「遠い」の英語|発音や関連英語表現一覧
2-1.「far」の比較級と最上級は?
2-2.他にもある!「far」以外の「遠い」の2つの英語

1.「近い」の英語|発音と違い・関連英語一覧

近いという時によく使われる英語が「near」と「close」です。

それぞれの単語を見てみましょう!

1-1.「near」で近いを表現

「near」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ニア―
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/02/near.mp3
níɚ

距離が近いという時に使う一般的な表現です。

例文:

  • 日本語:私はここの近くに住んでいます。
  • 英語:I live near here. ※駅の近くに住んでいます、は「I live near the station.」となります。

「near」の比較級・最上級

もっと近い、一番近いという表現もありますね。

その場合、「near」は次のように変形します。

  • 比較級:nearer(より近い)
  • 最上級:nearest(一番近い)

比較級と最上級については、『英語の比較級|基本の3つのパターンや比較級一覧・例文など』と『英語の最上級|使い方が分かる!5つのトレーニングや例文』の記事を参考にしてみて下さい。

1-2.「close」で近いを表現

「close」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
クロース
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/02/close.mp3
klóus

※注意したいのが、動詞の「close(閉める)」ではありません。スペルは同じですが、発音も「クローズ」と濁らず、形容詞として使われています。

こちらも「near」と同じように、距離が近いという時によく使われます。

例文:

  • 日本語:私は職場の近くに住んでいます。
  • 英語:I live close to my working place. ※前置詞の「to」とセットに使うことがほとんどです。

「close」の比較級・最上級

「close」の場合も、もっと近い、一番近いという表現もありますね。

その場合は次のように変形します。

  • 比較級:closer(より近い)
  • 最上級:closest(一番近い)

さて、では「near」と「close」には使い分けみたいのはあるのでしょうか?

1-3.「near」と「close」の違いと使い分け

「near」と「close」は距離が近いという表現ですが、ニュアンスの違いがあります。

  • near:距離が近いけど、めちゃくちゃ近いわけではない場合に使う
  • close:距離が近いく、目と鼻の先にあるくらいのイメージ

例えば、道案内とかで聞かれて、「一番近い駅(最寄り駅)」と表現したい場合は、「the nearest station」と一般的に表現します。最寄り駅が目の前に絶対あるわけではないため、「near」の最上級を使うのがベターです。

また、後述で説明する単語ですが、「遠くない=近い」で表現しても構いません。その際は遠いの否定形で「not far」を使えばOKです。

「ここから近い」を「not far from here」などと表現もできます。「near here」や「close to here」でも同様です。

しかし、この「near」と「close」ですが、距離以外にそれぞれの使い方があります。

例文と一緒に見てみましょう。

  • near:時期が近い時に使う/in the near future(近い将来)など
  • close:関係性や意味などが近い場合に使う/close realationship(親密な関係)・my closest friend(一番の親友)など。

僕たちは仲がいいです、というのは会話でもよく聞きますが、その場合は「We are close.」という表現をします。

また、「惜しい!」とか正解が近い場合なども、「It’s very close.」などの表現を使います。

上記のように「very」を使って「とても惜しい(近い)」など強調してもOKです。

それと時期が近いという場合は、「near」を使ってもいいのですが、「around」を使うケースが多いです。

  • 例文その1:クリスマスが近い:Christmas is around the corner. ※「around the corner」はすぐそこという熟語です。
  • 例文その2.今月末近くで:around the end of this month

これらの表現も押さえておきましょう!

因みに近視は「near-sighted」、遠視は「far-sighted」と表現します。

2.「遠い」の英語|発音や関連英語表現一覧

さて、今までは「近い」の英語を見てきましたが、その逆の「遠い」はどのような英語を使うのでしょうか?

基本的にどのような場面で使われるのが、「far」という単語です。

「far」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ファー
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/02/far.mp3
fa’ːr

発音のポイントは、日本人が不得意な「f」の発音をしっかりすることです。『Fの発音が自然と上手くなる簡単な2つのコツ』の記事を参考にしてみて下さい。

例文をみてましょう。

  • 例文その1.I work far from here.(私はここから遠いところで働いています)
  • 例文その2.How far it is from here?(ここからどれくらいの距離ですか?)

例文2のほうに疑問文で使うケースも多々ありますので、押さえておきましょう!

また、「not close」「a long way」という英語でも表現できます。

「とても遠い」、「少し遠い」というフレーズは会話では欠かせません。

そのような場合は口語的に下記のような表現をします。

  • It’s a bit far from here.(ここから少し遠い)※ちょっと遠すぎるという場合は「a bit too far」と言います。
  • It’s very far.(とても遠い) ※「遠すぎる」という場合は「too far」や「way too far」という言い方になります。

また、この場合の「far」は「far away」と熟語として使っても同様です。

2-1.「far」の比較級と最上級は?

さて、「near」や「close」と同じように「far」にも比較級と最上級があります。

しかし、これが少し混乱するので注意が必要です。

というもの、2つの表現があるからです。

【比較級】

  • farther
  • further

【最上級】

  • farthest
  • furthest

どちらを使っても間違えではありませんが、一般的に距離の場合(より遠くなど)は「farther/farthest」、情報やアドバイスなど(さらに深い・先の)は「further/furthest」になります。

2-2.他にもある!「far」以外の「遠い」の2つの英語

距離や時期(時間)的に遠いという場合は、「distant」(ディスタント)という単語を使います。

また、リモコン(remote controller)で使われている、「remote」(リモート)の遠いの表現の1つです。

「far」との違いと使い分けは下記となります。

  • distant:in the distant future(遠い将来)/It is distant from here.(ここから距離的に本当に遠い)
  • remote:She lives in a remote place.(彼女は遠いかけ離れたところに住んでいます。)

「distant」も「remote」も「far」より距離的に遠いというイメージで、さらに「remote」は更に孤立してるイメージにも捉えることができます。

まとめ:「近い」や「遠い」の英語も使うことで習得しよう!

2つの近い、3つの遠いの英語とその比較級や最上級を解説しましたが、どれも英会話では使われる表現です。

間違えを気にして使わないより、先ずはこれでいいかな?ぐらいの感じで英語をアウトプットしてみましょう!

しかし、「close」の発音や「far」の発音には特に意識をしてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta