著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

ずっと早い英語を聞き取れない人に共通する5つの原因

のべ504がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

なぜ、ずっと日本人は早い英語を聞き取れない人で溢れてしまうのでしょうか?

ずっと長い間、学校英語や英語の音声を繰り返し聞いていたのに、全く英語が聞き取れないという人というのは、本来の原因をクリアにする学習をやっていないからです。

逆に言えば、「正しいリスニング学習」さえできれば、早い英語でさえ聞き取ないということはなくなっていきます。

そこで今回は、ネイティブは持っていて、日本人には欠けている、早い英語を聞き取れない人に共通する5つの原因をご紹介します。

【目次】

1 流して聞くだけでは絶対に早い英語は聞き取れない
2 日本人は会話の後半に意識がいくので英語が聞き取れない
3 英語単体の音を知らないと英語は聞き取れない
4 音と音のつながりを知らないと早い英語は聞き取れない
5 日本語のリズム感覚では早い英語は聞き取れない

1 流して聞くだけでは絶対に早い英語は聞き取れない

英語が聞き取れないという人がよくやっている間違ったリスニングの学習として、英語の音を流して聞いていることです。

繰り返し英語の音声を聞いていれば、いつの間にか英語が聞き取れるようになるということは難しいです。

なぜなら、「英語には日本語にはない音が多数存在」するからです。

また、英語と日本語では、周波数も異なります。

英語は約12000ヘルツに対して、日本語は125~1500ヘルツと言われます。

つまり、日本人の耳の感覚で英語の周波数を聞いていても、なかなかスッと入ってこないということです。

ということは、適当に英語の音を聞き流すだけでは、何かの雑音にしか聞こえないということです。

2 日本人は会話の後半に意識がいくので英語が聞き取れない

さきほど、流して聞くだけでは、英語は絶対に聞き取れないということをお伝えしましたが、もう一つ決定的に日本人に欠けていて、無意識で英語が聞けなくなっている原因があります。

それは、英語の会話でも無意識で「会話の後ろの方を中心に耳を傾けて聞いている」ことです。

日本語と英語には、会話の意識を向けて聞く場所に大きな違いがあります。

日本語の場合、その特徴として、会話の後ろに重きをおく言語になります。

例えば、「私は寿司を食べま~」を見てみましょう。日本語の場合、お寿司を食べたのか、食べなかったのか、あるいはこれから食べるのか、食べないのか、最後の部分を聞かないとわかりませんね。

一方、英語の場合はどうでしょうか?

「I ○○ eat sushi.」の場合、最初の方で「didn’t eat」と食べなかったのかあるいは「ate sushi」と食べたのかというのが最後まで聞かなくてもどうしたのかがわかります。

つまり、本来英語の会話は最初の部分を重点的に聞かないとわからないのに、日本人は会話の後ろを聞こうとしてしまうクセがあるからです。

これは私たち日本人が生まれてからずっと会話の後半を聞くように自然にインプットされてしまっているからです。ですから、英語が聞き取れない日本人は英語の音を聞くうえで、「会話の頭を聞くことに意識」を向けていくことが大切です。

3 英語単体の音を知らないと英語は聞き取れない

英語が聞き取れない理由は、英語の独特な音が存在しているため、その音を「聞き分ける力がない」ことです。

これは英語を意味理解することではなく、英語の音の違いだけを聞き取る力です。

英語の音には日本人がまったく口にしない音があります。日本語と英語の音は基本的に同じものはないと考えてください。もちろん、カタカナで英語を表記することもできますが十分ではありません。

カタカナでも表示できないような英語の音が日本人の耳を困惑させて、英語が聞き取れないようにさせているのです。

例えば、代表的なものとしては、「R・TH・V・F」などです。

「rice」と「lice」がありますが、日本人はごはんのライスでも「l」で発音していたりします。英語を習得している私からすると違和感でしかありません。

この音の違いがわかってくると、今まで全く英語が聞き取れなかった人でもクリアに聞こえてくるようになります。

4 音と音のつながりを知らないと早い英語は聞き取れない

英語を聞いていて、わからない単語の塊がよく聞こえてくると思いますが、英語は「単語と単語がつながって発音される」ケースがたくさんあります。

2つ以上の単語が、あたかも1つの単語に聞こえるというケースです。

つまり、この音と音のつながりを知らなければ、英語は聞き取れないということです。

例えば、「with her」という簡単な単語と単語のつながりが入った会話でも、日本人には聞き取れなかったりします。

日本人なら「ウィズィ・ハー」と発音するのが一般的ですが、ネイティブは「ウィザー」というような感じで発音します。

このような音と音がつながって、別の音に聞こえてしまう部分が英語の会話では多数存在するのです。

今まで習った英語の音の感覚のままでは、いつまで経っても英語を聞き取れないことがおわかりでしょう。

5 日本語のリズム感覚では早い英語は聞き取れない

英語と日本語ではリズム感覚が違うため、日本語のリズム感覚で英語を聞いても聞き取れません。

「日本語のリズムは平坦」だと言われます。平坦と言っても、一直線のように見えて、単語の間の線がブツブツ切れて発している感覚です。

一方、「英語はイントネーションに高低差」があって滑らかに発音されています。「to」「the」のような単語はあまり大きく発音されなかったり、音が消えたりします。

英語は単語と単語がつながった音になって滑らかに発音されてしまうことで、自動的にリズム感のある会話になっているのです。

この英語のリズムをまったく日本人は無視してしまって発音しているので、英語が聞き取れないということです。スピーキングでも外国人の会話では通じにくいものになってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万1582人が体験中の無料勉強法
(2017年10月11日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta