著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語が活かせる仕事は?厳選11業種一覧|年収1000万以上の高収入編

のべ23,016がこの記事を参考にしています!

楽しむだけの英語、英会話ではなく、それを就職、または転職につなげたい方もいらっしゃるでしょう。

学生でも、既に働いている社会人や主婦の方でも、せっかく英語を勉強しているなら、高収入の仕事に就けたら一石二鳥ですよね。

英語ができることで得られるメリットは多くあり、損することは一切ありません。

その中でも今回は、英語力が活かせる「高収入の仕事」について解説していきます。どのような職種があるのか、どれくらいの収入なのかについても確認していきましょう!英語力を活かした就職・転職には、継続的な学習が欠かせません。

そのコツや勉強方法などをまとめたテキスト(今すぐダウンロードできます)■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」(PDF全71ページ)を動画付きで無料プレゼント中ですので、そちらも是非参考にしてみて下さい。

英語レベルと収入は比例するのか?

私が英語が出来るようになると、周りや親族から「いい就職ができていいね」や「給料が高いでしょ」などと言われたこともありましたが、現実はそうではありません。

現実的な話をすると、英語力だけで収入が大幅にUPするということはないということです。

例えば、観光業のツターダクターなどはある程度の英語力も必要とされますが、年収的にはそんなに高くありません。

高収入には、英語力というより、業種(業界)、スキルや経験が一番大きなファクターとなります。

しかし、『英語の資格|就職・転職に有利!3つの企業タイプ別でのおすすめを比較』でも書いている通り、英語力が高いほど有利で、英語が最低限必要な能力となっているのは当たり前の事実です。

それでは、高収入が期待できる業界、業種などを見ていきましょう。

つまり、「英語力=年収額」ではないことだけ、念頭において下さい。英語はあくまでツールです。それをどう活かして高収入につなげるのかがとても大切になってきます。

年収1000万以上を稼げる!英語を活かせる高収入の仕事(職業)一覧

とはいえ、転職してすぐに高収入、つまり年収1000万円以上の仕事があるのも事実です。

日本語だけしか話せない方よりも、その傾向は強いです。

先ずは、どのような職種なのか見てみましょう!

職種説明年収
国際ビジネスコンサルタント企業のグローバル展開や国際的なビジネス戦略に関するアドバイスを提供1000万円以上
国際弁護士グローバルな法務案件に携わる1000万円以上
グローバル人事マネージャー海外拠点の人事管理やグローバルな人事戦略の立案1000万円以上
国際的な販売・マーケティング担当グローバル市場での商品やサービスの販売・マーケティングを行う1000万円以上
国際投資家リレーションズマネージャー国際的な投資家との関係を構築し、企業の認知度を高める1000万円以上
グローバル・リスク・マネージャー企業の海外進出や海外ビジネスを行う上でのリスクマネジメントを行う1000万円以上
グローバル・プロジェクトマネージャー海外の顧客とのプロジェクト管理や、海外拠点とのコミュニケーションを行う1000万円以上
マルチリンガル・マーケティングマネージャー複数の言語に対応できるマーケティングマネージャーで、グローバル市場での商品やサービスの販売・マーケティングを行う1000万円以上
国際貿易担当海外との取引を行う企業の貿易担当者で、グローバル市場でのビジネス展開を支援1000万円以上
グローバルマネージャー海外拠点の管理やグローバルなビジネス戦1000万円以上

如何ですか?

聞いたこともないような職種も多いかと思いますが、特に外資系企業で導入されている職種ですが、いきなりこのような職種に就けるのはとても難しいです。

1000万以上というか、2000万以上も目指せる職種でもあります。

もっと、聞いたことがある現実的な職種を見てみましょう。

自分が目指す目安になるかと思います。月収30万と月収50万円の職業をいくつか挙げています。

月収30万円以上を安定的に稼ぐ!

英語力を活かして月30万円稼げる職業の例を表にまとめました。

職業説明収入の目安
オンライン英会話講師オンラインで英会話の授業を行う講師月30万円以上
翻訳者文書やマニュアル、アプリやゲームの翻訳を行う月30万円以上
国際ビジネス関連の仕事外資系企業の営業、マーケティング、カスタマーサポート、人事など月30万円以上

月収50万円以上を安定的に稼ぐ!

次に英語力を活かして月30万円稼げる職業の例を表にまとめました。

職業説明収入の目安
コンサルタント企業や個人のビジネス戦略、組織開発、マーケティングなどを支援する月50万円以上
プログラマーソフトウェア開発やWeb開発のプログラミングを行う月50万円以上
グローバル企業の社員海外での駐在員や国内でのグローバル業務を担当する月50万円以上
ITエンジニアソフトウェアの開発やシステムの設計・構築などを行う月50万円以上

あくまで一例ですが、日本語だけ話せるよりも、確実に職業の幅は広がりますね。

転職するなら英語力を活かすのも一つの方法!

独立ではなく、企業に転職する際に、英語力を活かすことは非常に有効な方法の一つです。

多くの企業はグローバル化が進んでおり、英語がビジネス上で必要不可欠な言語となっています。

そのため、英語力を持つ人材は、グローバルなビジネス展開を進める企業や、外国人とのビジネスコミュニケーションを行う企業など、様々な企業で求められることがあります。

例えば、英語での書類作成やメールのやり取り、海外顧客との交渉やプレゼンテーションなど、英語力が必要な業務があります。

また、海外展開を進める企業では、英語力が高い人材が現地のパートナーや顧客とのコミュニケーションを円滑に進めることができ、ビジネスチャンスの拡大につながります。

日本語だけしか話せない人材と英語も話せる人材では、採用する側もどうしても英語力を重宝する傾向は否めません。

これは上場しているような大企業だけではなく、中小企業にも英語を話す人材は貴重なものとなっています。

さて、次からは上記で挙げた1000万以上の例なども含めた職業の詳細を少し見ていきましょう。

外資系企業の仕事(求人)や採用される英語レベル

業界に関係なく、外資系企業は日系企業と比較して、年収が高い傾向はあります。

その中でも特に収入が高い業界2つをここではご紹介します。

そして、求められる英語力も高いのも事実です。上司が外国人、会議は全て英語というのが珍しくないためです。

TOEIC800点~900点以上が必須となります。

高収入であるために人気も高く、ライバルも多いです。

今は日系企業で経験を積んで、同時に英語力も身に付けておくと、将来、外資系企業に転職の時に有利になります。

金融関連

銀行、証券会社など外資系金融業界の平均年収は1000万円~2000万円と言われています。

日系企業が1000万円前後なので、その倍程度の可能性もあります。

代表的な外資系金融会社は次となります。

  • ゴールドマン・サックス
  • J.P.モルガン
  • モルガン・スタンレー

など。

例えば、ゴールドマン・サックスは、世界的な投資銀行であり、グローバルなビジネス展開をしているため、高い英語力が求められます。

具体的なTOEICの点数については、公式には明確に示されていないため、一概には言えませんが、一般的には800点以上を目安にすることが多いようです。

ただし、先ほども申し上げたように、英語力だけでなく、ビジネスに関する知識やスキル、コミュニケーション能力、チームワークなど、幅広い能力が求められます。

ゴールドマン・サックスは、英語を母語としない人材も多数採用しており、多様性を尊重する企業として知られています。

そのため、TOEICの点数だけでなく、実際のビジネスシーンでの英語力やコミュニケーション能力が重要となってきます。よってこれまでの経験や強みをしっかりとアピールすることもとても大切です。

コンサルタント

外資系コンサルタントの平均年収も、金融業界と同じく1000万円~2000万円と言われています。

代表的な外資系コンサルタント会社は下記です。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • プライスウォーターハウスクーパース
  • アクセンチュア

など。

例えば、マッキンゼー・アンド・カンパニーは、世界的なコンサルティング企業であり、こちらもグローバルに事業を展開しているため、高い英語力が求められており、800点以上が目安となっています。

就職、転職も競争が激しいため、英語力は必須となっています。

日系企業でも高収入は夢じゃない!

一方、日系企業でも英語が話せると給料が高くなるのでしょうか?

もちろん、金融業界やコンサルタント業界はある程度高いですが、それ以外であれば、「海外営業」や「海外赴任」が比較的給料が高いです。

求められる英語力は、TOEIC700点~850点前後です。

また、昇進・昇給の際の項目に英語力を入れている大手が多いため、ある程度の英語力は必須となります。

海外営業・マーケティング

海外営業やマーケティングの平均年収は500万円前後ですが、日本の会社員の平均年収(430万円程度)と比較すると少し高い傾向です。

また、企業によっては英語が出来る人材を確保したいという事で、700万円~1000円万程度の求人が多くあるのが特徴です。

ここでいくつかの会社の例を挙げてみました。一例ですが、その会社がどこの市場に強いのか?どの分野か?も必ずチェックするようにして、将来性も確認しておきましょう。

企業名拠点数販売実績が高い市場強み
トヨタ自動車世界各国北米市場大手自動車メーカー
ソニー世界各国欧米市場音響機器、映像機器など高品質な製品提供
日立製作所世界各国アジア地域情報通信分野の強み
三菱商事世界各国資源開発、エネルギー分野多様なビジネス展開
本田技研工業世界各国北米市場、アジア市場大手自動車メーカー
住友商事世界各国資源開発、エネルギー分野海外ビジネス展開の積極性
セコム世界各国アジア市場セキュリティサービスの提供
ファナック世界各国欧米市場、アジア市場工作機械メーカーとしての高い技術力

海外駐在

英語力が高いと、必然的に海外赴任の候補に挙がります。

海外赴任のメリットは、日本にいる時よりも「貯金が貯まりやすい」ということです。

大手であれば、基本的に「家賃全額免除」、「海外赴任手当」などが充実しています。

また、赴任先が日本よりも物価が安いところであれば出費が少なくなります。

私が海外で人材紹介会社に勤めていたころ、一例ではありますが、ある会社の駐在員に聞いたところ、3年で1000万円貯まるということでした。

下記は海外赴任(駐在)を実施している企業例の一覧となります。

入社した後も語学支援があるところが多く、さらに英語力を磨くことも可能です。

企業名業種世界の拠点数英語力を活かした海外赴任の機会英語の学習支援や留学制度
トヨタ自動車株式会社自動車170以上提供ありあり
ソニー株式会社電機80以上提供ありあり
三菱商事株式会社総合商社90以上提供ありあり
三井物産株式会社総合商社66以上提供ありあり
野村ホールディングス株式会社金融30以上提供ありあり
富士通株式会社電機・情報通信100以上提供ありあり
住友電気工業株式会社電機40以上提供ありあり
伊藤忠商事株式会社総合商社81以上提供ありあり
三菱電機株式会社電機40以上提供ありあり
日立建機株式会社建設機械70以上提供ありあり
キヤノン株式会社電機300以上提供ありあり
大塚商会株式会社医薬品・食品・化粧品30以上提供ありあり

国際的な仕事で高収入を得るには?

会社というより、世界で通用する資格をもっていると高収入に繋がりやすいです。

それにはもちろんのこと高い英語力が求められます。

パイロット

パイロットにとって英語力は非常に重要なスキルの一つです。

国際的な航空業界では、パイロットや航空管制官、客室乗務員など、航空機に関わる多くの人々が英語を共通語として使用しています。

例えば、航空管制官とのコミュニケーション、異なる国の空港での手順や規則の理解、国際線での乗客とのやり取りなどで英語が必要になります。

また、緊急時には正確で迅速なコミュニケーションが必要となるため、英語力は安全面にも直結すると言えます。

平均年収は、2000万円前後です。

パイロットになるには主に2つの方法があります。

  • 航空会社に入社し、孫会社のパイロット養成訓練を受けてライセンスを取得する
  • 航空大学校に入学しライセンスを取得し、航空会社に入社する

つまり、資格を学校で取るのか、会社に入社して取るのかです。

もちろん、いきなりメインのパイロットにはなれず、副操縦士を何年など経験が必要な職種です。

米国公認会計士(USCPA)

米国公認会計士は人気の職種で、先ほどの外資系企業などの就職が有利になります。

米国公認会計士(USCPA)にも英語力は必要です。USCPAはアメリカの公認会計士資格であり、アメリカの企業や金融機関などで働く会計士にとっては非常に重要な資格の一つです。

USCPAの試験は英語で行われます。

試験内容は英語で記述され、資料も英語で提供されます。また、試験では、専門用語や文法の理解、長文読解力、ライティングスキルなどが求められます。

さらに、アメリカの会計基準である米国会計基準(US GAAP)や、監査に関する国際的な基準である国際会計基準(IFRS)の知識も必要とされます。

USCPAの取得には、英語力の向上や英語でのコミュニケーション力の強化が不可欠となります。また、USCPA資格を持つ会計士は、アメリカの会計業界に限らず、国際的な会計業務に携わる機会も増えるため、英語力はますます重要になっています。

これらのスキルが必要なこともあり、年収的に、2000万円以上も可能です。

もちろん、日系企業でグローバル化を進めているところ、特に大手にとっては資格保有者のニーズは高く、更なる高収入が見込めます。

「米国公認会計士(USCPA)」に関する記事は下記で紹介しています。

・『米国公認会計士(USCPA)と簿記1級の難易度の違いは?他資格ランキング比較』
・『米国公認会計士(USCPA)の年収は高い?独立・外資系転職後の年収は?』
・米国公認会計士/USCPA|日本で働く場合、どんな勤務先で働ける?
・『米国公認会計士(USCPA)|必要な勉強時間は?社会人は?』
・『【大卒/高卒】米国公認会計士(USCPA)の受験資格と各要件』
・米国公認会計士(USCPA)が意味ない5つの理由とメリット

国際弁護士

国際弁護士にとって英語力は非常に重要なスキルの一つです。

国際弁護士は、多くの場合、国境を越えたクライアントや取引先とのやり取りを行うことが求められます。そのため、英語を含めた多言語でのコミュニケーション能力が必要不可欠です。

国際弁護士には、クライアントの海外進出に関する法的アドバイスや、海外との契約の作成、国際的な紛争解決、知的財産権関連の問題など、多岐にわたる業務が求められます。

また、多くの国際取引は英語で行われるため、英語の法律文書の読解力やライティングスキルが必要となります。

さらに、英語力は国際弁護士にとって、国際的な法律文献や法的な情報収集のための調査能力を高める上でも重要です。

でも、国際弁護士って何なの?という疑問の方もいらっしゃるかと思いますが、主に次の3つのパターンを国際弁護士と言います。

  • 日本と海外の弁護士資格を有する
  • 海外の弁護資格を有する
  • 日本の弁護士資格だけ ※しかし、渉外(海外との交渉)を担当

平均年収は、1000万円~3000万円となります。

日本の弁護士資格だけだとしても、渉外担当となるとTOEIC900点以上に英語力は必須となります。

国家公務員で年収1000万以上を目指す!/h2> 公務員でも、英語力が高いと高収入につながる業種があります。

外資系企業や大企業だけが高収入とは限りません。

外交官

ピシッとスーツを着て、世界に精通したイメージがありますね。私だけのイメージかもしれませんが・・・

年収的に1000万円~1500万円程度になります。

一般的には、外交官に求められる英語力のレベルは高く、TOEICスコアは800点以上が望ましいとされています。

しかし、21歳以上30歳未満という年齢的制限や、国家公務員採用総合職試験、または外務省専門職員採用試験に合格する必要があり、ハードルはとても高いです。

キャリア採用というより、新卒採用での重きが強いでしょう。

国連職員

管理職になると1500万円以上となります。

国連職員に求められる英語力は高く、一般的にはTOEFLやIELTSなどの英語力測定テストで、高スコアが求められます。

TOEFL iBTの場合、90点以上が必要とされることが多いとされています。また、IELTSの場合は、7.0以上が求められることが多いとされています。

しかし、国連職員の採用も35歳以下という年齢制限、または試験に合格などの条件があり、外交官と同様にハードルが高いです。

詳しくは、『国連連合広報センター』を確認してみて下さい。

女性(主婦)にも人気!独立して高収入を得る!

会社に頼らずに高収入が期待でき、主婦などの女性にも人気なのが、英語力を活かした独立です。

自宅で子育てをしながら、自由な時間にできるのも一つの理由です。

また、自分自身の頑張り次第で年収は無限大です。

英語の家庭教師(講師・指導者)

つまり、「英語の先生」ですね。

TOEIC900点以上、英検準1級以上の英語力が目安ですね。

教える内容としては次のようなカテゴリーになるかと思います。

  • 受験英語
  • 英会話 ※大手のフランチャイズ教室なども含む
  • TOEIC・英検

など。

ご自宅を教室にしたり、またはオンラインでの指導も可能です。

下記は自宅での英会話教室のフランチャイズやオンライン英会話講師を募集している企業の一覧表です。

企業名提供サービス備考
ノアイングリッシュ自宅英会話教室のフランチャイズ、オンラインレッスン自宅に訪問してのレッスン形式も提供
GABAオンライン英会話講師日本国内外問わず、英会話を教えることができる
ベルリッツオンライン英会話講師ベルリッツの教育システムを活用し、英会話能力を身につけたい人向け
オンライン英会話スクール グローバルセンターオンライン英会話講師ビジネス英会話やTOEIC対策など、目的に合わせた英語学習ができる
DMM英会話オンライン英会話講師日本国内の英語学習者や、海外からの日本語学習者に向けて英会話レッスンを提供

専門的な翻訳業務

金融、医学、法律、特許の4つの分野の専門的翻訳家になれれば高収入が可能です。

それには『おすすめの英語資格一覧|11種類の難易度やレベル比較とランキング』でも紹介している翻訳資格があるととても有利です。

アピールにもなり、大手の企業からも仕事を取りやすくなります。

資格については『JTA公認 翻訳専門職資格』をご確認下さい。

以下は、英語の翻訳家になり仕事をもらうための方法の一例となりますが、高収入じゃない場合もあるので注意が必要です。

先ずは実績を出して、経験を積むことが最優先ですね。その上での高収入という流れになるかと思います。

方法説明
翻訳会社に登録する翻訳会社に登録し、会社が受注した翻訳の仕事を請け負う。
オンライン翻訳プラットフォームを利用するオンライン翻訳プラットフォームに登録し、仕事を受注する。報酬が低い場合がある。
直接クライアントから仕事を受注するクライアントから直接仕事を受注する。ビジネスネットワークを構築することが重要。
自分でビジネスを開始する自分で翻訳ビジネスを開始する。クライアントを獲得する必要があるが、報酬が高い場合がある。

英語力を活かした転職に強い求人サイト・エージェント一覧

英語力にある程度自信がついたら、転職サイトなどに登録するのがいいでしょう。

その時により需要のトレンドが異なる場合があるので、自分で探したり、または担当者に話を聞くことで高収入の業種が分かってきます。

英語力を活かした就職や転職に強い会社に登録することでその可能性も高くなります。情報の精度も高いので効率的です。

英語力を活かした転職|勉強法とおすすめ転職求人サイト4選!』でも紹介している次のエージェントがいいでしょう。

それぞれの簡単な特徴は下記となります。

転職サイト名英語力を活かした仕事の求人情報の充実度外資系企業の求人情報の充実度グローバル企業の求人情報の充実度企業からのスカウト機能の充実度キャリアアップに役立つ情報の充実度
DODA
リクナビ
エン・ジャパン
マイナビ

先ずは英語習得が前提ですが、これらの会社も有効活用して、高収入の仕事に就くのも一つの方法です。是非、ご参考下さい。

また、サイトに登録するだけじゃなく、実際に面談をして登録することもおすすめします。

以下は英語力を使った転職に強い日系のエージェント会社と外資系に強いエージェントの一覧です。

日系企業に強い会社特徴
パソナキャリア株式会社日系企業に特化し、英語力を活かした求人情報を提供。キャリアアップ支援にも力を入れている。
リクルートエージェント株式会社日系企業に加えて、グローバル企業の求人情報も取り扱っており、英語力を活かした転職に幅広く対応。
アクティブ・コネクション株式会社グローバル人材の採用・育成に力を入れており、外国人の日本での就職支援も行っている。
エージェントプランニング株式会社英語力を活かした求人情報の提供に力を入れており、外国人の日本での就職支援も行っている。

英語に自信があるなら、外資系企業にチャレンジしてもいいですね。その場合は、上記よりも次のようなエージェントをおすすめします。

外資系企業に強いエージェント特徴
ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社外資系企業に特化し、幅広い業界や職種の求人情報を提供。
マイケル・ペイジ・ジャパン株式会社英語力を活かした求人情報の提供に力を入れており、特にIT関連業界に強い。
プログレス株式会社外資系企業に特化し、金融・コンサルティング・法律などの求人情報を提供。
キャリアインターナショナル株式会社外資系企業に特化し、医療・製薬・化学などの業界に強い。

英語を仕事に活かしたいなら継続的な英語学習は必要!

英語を仕事に活かしたい場合は、英語の専門用語や業界用語を習得することも重要です。

専門用語や業界用語は、一般的な英語学習の範疇を超えた知識が必要であることが多いため、継続的な学習が不可欠です。

継続的な英語学習には、英語の勉強を習慣化することが重要です。

毎日少しずつでも、英語の勉強や英語でのコミュニケーションを積極的に行い、徐々に英語力を向上させることが必要です。

さらに、英語を仕事に活かしたい場合は、英語圏のビジネス習慣やビジネスマナーを学ぶことも重要です。

英語だけじゃなく、英語学習を通じて色々な知識を身に付けることも大切ですね。

人気記事ランキング

出会いがある大人向け英会話教室1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10