著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

acceptの意味と使い方|例文やaccpetance・反対語や同義語など

のべ224がこの記事を参考にしています!

「accept」とう単語のイメージがありますか?

コアなイメージを掴めば、様々なある「accpet」を使った英文のニュアンスがすぐに分かります。

これは派生語でもある名詞の「accpetance」でも同様です。

また、この機会に「accept」の同義語と反対語も覚えることで英語力に幅も出てきます。

よって今回は、「accept」が持つ意味などを例文を使いながら解説します。また、その関連表現もシッカリと押さえましょう!

目次:

1.「accept」の発音と注意点
2.「accept」の意味と使い方・例文
・引き受ける・受諾する・受け入れる
・同義語
3.派生語の「accpectance」はどんな意味?
4.「accept」の反対語は?

1.「accept」の発音と注意点

「accept」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アクセプト
əksépt

アクセントは後ろなのでその点がポイントと、スペルも「c」が2つあるのでそこも注意しておきましょう。

また、過去形と過去分詞は、規則変化動詞なので、「accpeted」となります。

2.「accept」の意味と使い方・例文

基本的に、目的語(~を)が必要な他動詞として使われます。

因みに、自動詞との違いは『自動詞と他動詞の違いと2つの正しい見分け方・両方使える動詞一覧』の記事を参考にして下さい。

引き受ける・受諾する・受け入れる

問題なく、快く人やモノなどを受け止めるというニュアンスです。

よって「accept」の単語自体のイメージとしては、包容力があり、体全体で包み込んであげるという感じです。

下記がその例文です。様々な表現があり、和訳も微妙に異なりますが、捉えるイメージは変わりません。

  • Do you accept any credit card?(クレジットカードで払えますか?) ※「Do you accept cash for payment?(現金で払っていいですか?)」などの言い方もできます。
  • They accepted my offer.(彼らは私の提案を受け入れました) ※「I will accept your offer.」と相手に返事する時は、「あなたの会社で働きます」などの意味になることもあります。契約で条件を受け入れる場合に「accept the conditions」という表現もあります。
  • Please accept my apology.(どうぞ許して下さい) ※直訳は「どうぞ私の謝罪を受け入れて下さい」となり、丁寧に相手にお願いしている形です。
  • I want you to accept me as a friend.(友達として認めてほしい) ※「accept A as B(BとしてAを快く受け入れる)」という形です。
  • All we can do now is to accept the reality.(私たちにできることは、現実を受け止めることだ) ※「accept what’s going on」とカジュアルな表現もできます。
  • You should accept that it will never happen again.(それは決してもう二度と起こらないことを認めるしかない) ※「accept that構文」の形です。
  • He is accepted to the top team.(彼はトップチームに昇格しました) ※「He is accepted at the famous university in Germany.(彼はドイツの有名な大学に合格しました)」など、受け身(受動態)では目的語は不要で、「合格する・入会する」など、という意味でよく使われます。

など。

上記のどの例文も、嫌々ながらではなく、すんなりと受け入れているイメージを持ちましょう。

同義語

「accept」の同義語にも触れておくと英語力UPにも繋がりますね。

それぞれの単語とその使い方の例は下記の通りです。

  • agree(同意する)・・・I agreed to your idea.(あなたのアイデアに賛成です) ※「I accepted your idea」と同じ意味になります。
  • admit(認める)・・・He is admitted to the university.(彼はその大学に入学します) ※合格した意味と同じですので、「He is accepted at the university.」と同等のニュアンスとなります。
  • approve(承認する)・・・They never approve my plan.(私の計画書を彼らは絶対承認しない) ※「They never accept my plan.」と同じです。

など。

他にも、「appreciate」や「give credit」などの表現もあります。『「認める」の英語|ビジネスでも使える15表現の発音・使い分けと例文』の記事も参考にしてみて下さい。

3.派生語の「accpectance」はどんな意味?

2つの意味がある!「受付」の英語|発音と11個の関連英語』でも説明していますが、名詞の「accepttance(アクセプタンス)」は動詞の「accept」と一緒に覚えると効率的です。

意味としては、「承諾・受け入れ・容認」など動詞をそのまま名詞として使う形です。

下記がその例文です。

  • I don’t like to ask for his acceptance.(彼に承諾を求めたくはない)
  • I have received an acceptance letter.(合格通知書を受けとりました) ※「a letter of acceptance(合格通知書)」でも同様です。
  • I don’t feel any acceptance here.(ここに受け入れらている感じがしない) ※認められていないイメージですね。

など。

場面によっては、同義語は「agreement」や「approval」などにもなります。先ほどの紹介した同義語の動詞がそのままスライドして名詞としても同義語として働く形ですね。

4.「accept」の反対語は?

「accept」の反対語(対義語)を表現したい場合に、一番簡単なのは「I can’t accept it.」や「I can hardly accept it.」など否定形にすればいいのですが、一単語でそれを表すこともできます。

しかし、「申し入れを受け入れる(I accept the offer.)」の反対の「申し入れを断る」という場合に、「I (  )the offer.」のカッコ内に入れる単語により、そのニュアンスが多少異なります。

いずれにしても、どの単語も快く受けれる「accept」とは真逆の意味です。

  • refuse(リフューズ)・・・キッパリと断る
  • reject(リジェクト)・・・強く断る ※「refuse」よりも強い拒絶となります
  • decline(ディクライン)・・・丁寧に断る表現です
  • turn down(ターン・ダウン)・・・カジュアルで口語的な断るという表現

など。

「断る」の英語|違いやビジネスメールで使える10フレーズやスラング』でも詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

まとめ:「accept」が持つイメージを持つと簡単!

いかがでしたでしょうか?

「accpet」や「acceptance」が持つ意味から、それぞれの単語のイメージが掴めたかと思います。

それらの単語が使われた英文を和訳にする時に、細かな言い回しの違いがあるかもしれませんが、基本のイメージは同じです。

これはリスニングでもあなたが話す時のアウトプットでも同様の感覚で使えます。アバウトでもいいの、その感じを大切にして下さい。それが英語力アップのコツの1つです。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)