著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語勉強を映画で実践|おすすめドラマも活用!3つの手順

のべ26,294がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
english-study-movie

英語を勉強するのに映画を見るといいと聞くけど、

「どのように見ればいいのか?」

「何の映画を見ればいいのか?」

など、悩んでいる方が多いのが事実です。Youtubeなどのサイトを使えば無料で英会話も簡単に勉強が出来るのですが、その方法が分からないのはもったいない。

よって、ここではすぐにその悩みを解決し、しっかりと映画を見ながら、楽しく英語を習得するためのベストな方法とその手順、そしておすすめの映画やドラマをご紹介します。

目次:
手順その1.英語の勉強に最適な映画・ドラマの「ジャンルを決める」
1-1.おすすめ!英語勉強に最適な映画やドラマはこれ!
1-2.英語勉強には向いていない映画のジャンルとは?
手順その2.「映画の日本語吹き替え」で楽しみながら英語勉強
手順その3.「映画の英語音声」で英語勉強

手順その1.英語の勉強に最適な映画・ドラマの「ジャンルを決める」

先ずは映画のジャンル選びが重要です。セリフが多いものや子供が見るようなジャンルを選択するようにして下さい。

または、今まで見たことがあり、好きな映画を選ぶのもいいでしょう。

1-1.おすすめ!英語勉強に最適な映画やドラマはこれ!

そこで、おすすめの映画やドラマは次となります。

特に初級者にはとても有効なものですので、是非参考にしてみて下さい。

「おすすめ映画・ドラマのタイトル」とその理由

  • Friends(フレンズ):日常英会話が多い(初級〜上級者向け)
  • Full House(フル・ハウス):Familyもので、子供が使うやさしい英語も頻出している(初級〜中級者向け)
  • Disney映画全般:子供でも楽しめるように難しい表現が少ない(初級者向け)

ネットからの購入やDVDのレンタルなどで日本でも見ることができます。または、Youtubeにもダイジェスト版としてUPされているケースもあるので、無料でも可能です。

1-2.英語勉強には向いていない映画のジャンルとは?

しかし、次の映画ジャンルは英語の勉強には向いていません。

1-2-1.「SF」映画は英語勉強には不向き

「SF」ものは英語勉強にはおすすめできないジャンルです。

その理由として、非現実的で難しい表現が多いためです。日常的に使わない英語の表現が多く使わるため、初心者にはとても難しい教材となります。

1-2-2.「アクション」映画は英語勉強には不向き

「アクション」ものも英語、また英会話を習得したい方にはあまりおすすめできません。

その一番の理由は、会話や言葉が少ないためです。せっかく、多くの英語に触れて習得を目指しているのに、戦う場面などが主となるため、その大半を「見る」ということだけに集中させられるためです。

1-2-3.「法律」映画は英語勉強には不向き

法廷の場面や法律での闘争ものは上級者向けとなります。

難しい専門用語が多く、その内容の把握にとてもついていけないケースが多いためです。日本語でも専門用語が出てきたりしたら、戸惑ったりしますよね?

しっかりと日常会話の英語を見に付けてから「法律」もののジャンルに進むほうがベストです。

手順その2.「映画の日本語吹き替え」で楽しみながら英語勉強

教材となる映画やドラマを選んだ後、先ずは「日本語を利用」して、内容を理解しながら聞くことから始めるのがベストです。

字幕でも全く問題ありません。

英会話 勉強法|独学で100%上達する7つのステップ』の記事でも紹介しているように、先ずは聞くことが大変重要です。言語習得の流れに沿う必要があります。

辞書を片手にその都度調べるなど、一切必要などありません。映画やドラマの内容を楽しみながら進めていきます。そうでなければ、恐らく長続きもしないでしょう。

だから、「楽しく英語を勉強」する方法が最適なのです。

映画やドラマの長さに関係なく、5分間刻みに内容を確認しながら楽しみます。この時点で英語で見る必要はまったくありません。字幕の場合でも、日本語に集中しても全く問題ありません。

英語の勉強というより、とにかく内容をハッキリと理解することを優先して下さい。

手順その3.「映画の英語音声」のみで英語勉強

「手順その2」で見た5分間を、英語のみに切り替えて、内容を理解しながら見ます。

字幕もOFFにします。

分からない単語などが聞こえても無視して、日本語の時の内容を思い出すことが大事です。

「内容を理解しながら英語を聞く」という環境を優先します。

映画を楽しんでいるイメージ
ここで重要なのが、英語の辞書は絶対に使わないということです。

同じような単語や表現はその後も色々な場面で出てきます。辞書を片手に英語を習得したのではない、「ネイティブが英語を習得する過程と全く同じ環境」が作り出せます。

単語も暗記しない、英文法も全く勉強しない楽しい英語の勉強法です。

まとめ:映画を使った英語勉強はとにかく楽しく!

ストレスなく、笑顔で続けられることがベスト。ここでご紹介した映画やドラマを使った英語の勉強はその1つです。

難しい英語の小説や新聞を読んだり、興味のない英語のニュースを見るということも必要ありません。

「継続は力なり」です。

「映画やドラマでの英語勉強3つの手順まとめ」

  1. 日常英会話が多く含まれる教材(映画、ドラマ)を準備する
  2. 吹き替えか日本語の字幕のみ見る(5分間刻み)
  3. 同じ5分間を英語のみとして内容を理解しながら再度見る

この手順を守って英語勉強を効率的、また楽しく実践してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万1539人が体験中の無料勉強法 (2016年11月28日現在)

「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta