著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の履歴書の書き方|厳選!失敗しない基本やコツと注意点

のべ34,498がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の履歴書の書き方を知りたいと思っていませんか?

履歴書は、アメリカ英語では「Resume(レジュメ)」、イギリス英語では「CV」(Curriculum Vitaeの略)と表現します。

英語を本格的に使う仕事をしたいと思った時に、求められることがある英語の履歴書ですが、日本語の履歴書とは違う部分がたくさんあります。

英語の履歴書を求められた時に、ただ日本の履歴書を英訳したのではすごく内容が乏しく、残念な印象になってしまいます。

”英語の履歴書の形式とは?”

英語の履歴書は日本語の履歴書のように決まった形はなく、応募者それぞれがオリジナルでパソコンなどを使って作ります。英語の履歴書は、応募職にふさわしい人物であることをアピールして自分を宣伝するためのものです。

今回は英語の履歴書を作成するためのポイントをお伝えします。ここでしっかり学んで、きちんとした履歴書をつくりあなた自身の強み、経験を十分にアピールして希望の仕事をつかむための第一歩にしてください。

因みに、日本語での履歴書の書き方については、【「履歴書」の書き方|7つの基本ルールと使えるテンプレート】にて紹介していますので、必要な際に参考にしてみて下さい。

目次:
1.英語の履歴書はどんなもの?
1-1.英語の履歴書の基本
1-2.英語の履歴書での「職歴」の書き方
1-3.英語の履歴書でアピールする!
1-4.英語の履歴書での「職務経歴」の書き方
2.英語の履歴書の種類
2-1.標準的な英語の履歴書
2-2.Chronological Resume(クロノロジカル・レジュメ)
2-3.Functional Resume(ファンクショナル・レジュメ)
3.実際に英語の履歴書を書く
3-1.英語の履歴書を書く準備
3-2.英語の履歴書の書き方ルール
3-3.英語の履歴書|一番最初に書くこと
3-4.英語の履歴書|希望職種(Objective)を書く
3-5.英語の履歴書|プロフィール(Profile)を書く
3-6.英語の履歴書|職歴(Experience)を書く
3-7.英語の履歴書|学歴(Education)を書く
3-8.英語の履歴書|資格や免許(Licenses and Certifications)を書く
3-9.英語の履歴書|スキル(Skills)を書く
4.英語の履歴書を書き終えたら
4-1.英語の履歴書に必要か確認!
4-2.英語の履歴書の「校正」は完ぺき?
4-3.英語の履歴書は見やすいレイアウト?

1.英語の履歴書はどんなもの?

英語の履歴書は日本語の履歴書とは全然違うものです。

日本語の履歴書は形が決まっていて、コンビニなどで用紙を買ってきてそれに記入すればよいので、30分程度あれば書けてしまう場合がほとんどです。学歴、職歴、資格など書くことはほとんど決まっています。様式によっては自己PR欄がある場合もありますが、小さな欄ですね。

英語の履歴書はある程度のフォーマットの例はありますが、基本的には一から自分でワードなどを使ってタイプして作ります。形式がはっきりしていないので、アピールしたいことが一番伝わるように工夫しながら書きます。そのため、日本以上に履歴書が採用の大きなポイントになります。

一口に英語の履歴書といっても、北米、イギリス、オーストラリアやその他、地域によって形式が変わりますが、ここでは特に北米の履歴書のスタイルについてご紹介します。

日本で求められる英語の履歴書は北米スタイルの場合が多いので、北米の履歴書(レジュメ)の書き方を学んでおくことをおすすめします。

ではここからは英語の履歴書の具体的な特徴をいくつかご紹介します。

1-1.英語の履歴書の基本

プライベートな情報や差別に繋がることは英語の履歴書には書かないようにします。

北米を中心に外国はさまざまな人種や文化の人が混在していて、差別に対する意識がかなり高いです。

そのため、国によっては雇用差別禁止法という法律があり、人種、性別、宗教、出身国など「本人の努力では変えられないこと」、「生まれ持った性質」などによる差別を禁止しています。

「日本でも男女雇用機会均等法があるし、同じじゃない?」と思うかもしれませんが、意識やその制限のレベルは日本のそれとは全然違います。

採用する側は、万が一、履歴書などでプライベートな情報を知ってしまって、マイノリティー(少数派)の差別される側を落としてしまった場合、不採用の理由がそれとは全く違うところにあったとしても、落とされた本人から訴訟される可能性があり、賠償金を支払わなくてはならない可能性があるため、企業側もこの点はかなり気をつけています。

このことから、基本的には英語の履歴書には写真を添付しません

写真で性別や肌の色、年齢などの情報が伝わってしまうからです。

その他にも以下のような情報は記載しないのがルールです。

  • 性別
  • 生年月日
  • 国籍
  • 病歴やその他健康状態
  • 家族構成

1-2.英語の履歴書での「職歴」の書き方

英語の履歴書には新しい職歴から記載します。

日本の履歴書では古い学歴が一番先にくるように書きますが、アメリカでは一番新しい職歴を一番先に書きます。

即戦力を求めている仕事が多いため、現在に一番近いところでどんな仕事をしてきたのか、どんな能力があるのかということが重要視されます。

1-3.英語の履歴書でアピールする!

英語の履歴書では、アルバイトやボランティアも有利になるものはアピールしましょう。

日本では学生時代のアルバイトや、普段ボランティア的に行っていることをあえて履歴書に書くことはしませんが、英語の履歴書では応募職に有利になるものであれば書きます。

人生経験の全ての中から、仕事にアピールできるものを選んで履歴書に記載します。

1-4.英語の履歴書での「職務経歴」の書き方

英語の履歴書では、職務経歴書に書く内容も履歴書に書きましょう。

日本では履歴書には会社や所属部署くらいまでしか書きませんが、英語の履歴書では日本の職務経歴書に書くような仕事の詳細な内容や業績もアピールします。

2.英語の履歴書の種類

英語の履歴書の基本フォーマットは様々ありますが、1~2枚程度に収まる形にするのが一般的です。

冒頭でお伝えしたように、フォーマットは「これがいい!」という決まった形はありません。

応募職種や、あなたの現状(職歴がきちんとあるか、学校卒業後働いた経験が少ないかなど)によっても適したフォーマットは変わってきます。

履歴書(レジュメ)のフォーマットは概ね3つあります。それぞれ特色があり、アピールしたいポイントによって使い分ける必要があります。

2-1.標準的な英語の履歴書

最も使われる履歴書のフォーマットです。

業績や技能をまとめて記載し、その下に職歴や学歴を新しい順に記載します。どのような貢献ができるのかが先に書かれているので、わかりやすく読みやすいフォーマットです。職歴が短い人や、ある程度のキャリアを築いた人どちらも使える一般的なフォーマットです。

2-2.Chronological Resume(クロノロジカル・レジュメ)

伝統的に使われているフォーマットですが、現在はあまり一般的ではありません。

学歴や職歴を新しいものから順番に記載します。

伝統を重んじる大学や政府関連の職に応募する場合に、このフォーマットを指定される場合があります。また、大学や大学院の入学のための応募書類にこのフォーマットの履歴書の添付を求められる場合があります。

職歴がかなり明確になるので、転職が多い人、キャリアにブランクがある人、以前よりキャリアが下がってしまった人などは、できればこのフォーマットは避けるべきです。

2-3.Functional Resume(ファンクショナル・レジュメ)

転職回数が多い場合や、職歴にブランクがある人にオススメのフォーマットです。

コミュニケーション能力、営業力、など分野別に分けて技能、経験や業績などを記載してアピールします。

職歴は、最後の部分に簡単に記載するだけのため、職歴が少ない人も使えるフォーマットです。

ただ、このフォーマットは読みにくくなりがちで、転職が多いことなどごまかすために使う人も多いために、このフォーマットで書かれると余計に疑ってみてしまう採用担当者もいるのが事実です。

このフォーマットで、相手を納得させる履歴書をつくるのにはかなりの技術が必要です。英語の履歴書作成に慣れていない段階では使用はできれば避けたほうがよいでしょう。

3.実際に英語の履歴書を書く

ここでは、標準的な英語の履歴書を実際に書く前の準備から、書き方のルールや記載内容などをご紹介します。

3-1.英語の履歴書を書く準備

英語の履歴書は書くまでの準備が重要です。

あなた自身の過去の経歴全て掘り返して、何が強みなのか、応募する仕事に貢献できる技術、スキルは何なのかをじっくりと分析する必要があります。

そのためには、応募先の会社のこと、相手がどのような人材を求めているかなど詳しく調べる必要があります。

これらのことに何時間~場合によっては、何日も時間をかけることで、充実したしっかりした内容の履歴書を書くことができます。

それらを英語にする、文章にする時間も日本語よりは時間がかかるかもしれませんが、リサーチや自己分析をしっかりしていればスムーズにかけます。

また、この段階をしっかりしておくことは面接の対策にもなります。とても重要な時間になりますので、じっくり腰を据えて準備をしましょう。

3-2.英語の履歴書の書き方ルール

履歴書に書く英文の独特のルールがあります。確認しておきましょう。

”英語の履歴書を書く時の基本ルール”

  • フォントはTimes New Roman か Arialを使う
  • 全体の長さA4用紙1枚~長くても2枚
  • 文字は黒か、濃いグレー(黒が一般的)
  • Wordで作成し、レイアウトが崩れたりファイルが開かなかったりすることがないようにPDFにするとよい
  • 人称代名詞(I、we、youなど)は省略する
  • the/aなどの冠詞は省略する
  • 文章を動詞から始める
  • 数字はアラビア数字を使う
  • 用紙はコピー用紙より厚手の上質紙などがオススメ

3-3.英語の履歴書|一番最初に書くこと

履歴書の一番上には、氏名や住所など連絡先を書きます。

統一した記載方法はなく、どのフォーマットを選ぶかによって変わってきますが一般的な例を2つご紹介します。

例その1:
Taro Suzuki(氏名)
ABC Mansion #201,
1-2-3 ○○, Minato-ku,
Tokyo  123-456(上記3行が住所)
[email protected] (メールアドレス)

例その2:
Taro Suzuki(氏名)
ABC Mansion #201, 1-2-3 ○○, Minato-ku, Tokyo, 123-456 (住所)
Phone/Fax (03)1234-1234(電話/FAX番号)
[email protected] facebook.com/tarosuzuki(メールアドレスとその他SNSなど)

各項目を記載する上で注意したい点をお伝えします。

3-3-1.氏名

氏名は一番上に書きます。ローマ字で、ファーストネーム、ラストネームの順番で書きます。わかりやすいように中心にそろえて、太字にすると良いでしょう。

3-3-2.住所

住所は確実に郵便物が届く住所を記載します。

選考の過程で、なにか書類を送る場合にはこの住所に送ることになります。折角合格通知が届いたのに、受け取れずに時間が過ぎてしまって、合格者が他の人に変わってしまったなんてことにならないように、間違いがないように書きましょう。

英語では住所は日本の住所の後ろの方の番地など細かいところから書きます。郵便番号は最後に記載します。上の例を参考にして住所を書きましょう。または、英語の住所表記|名刺や郵便物で使える8つの書き方の記事を参考にして下さい。

”「~様方」と記載したい場合”

  • 例:田中一郎様方
  • 記載例:c/o Mr. Ichiro Tanaka

3-3-3.電話番号

電話番号はあれば自宅やFAXも記載し、日中も連絡がつく携帯番号も記載しましょう。

海外に応募する場合は国番号(+81)を付け、電話番号の最初の0は省きます。

3-3-4.メールアドレス

メールアドレスも必ず記載しましょう。電話ではなくメールで様々な選考のお知らせが届く場合があります。

できれば、プロバイダーサービスが終了してしまっても使える固有のアドレスを持っていることよいです。

メールアドレスを記載する際に気をつけなければならないのが、アドレス名です。ペットの名前やニックネームなどをメールアドレスにしている人がいますが、プライベートなものならまだしも、履歴書に記載するものとしてはふさわしくありません。

また、現在の勤務先のメールアドレスを記載してしまう人もいますが、これもNGです。勤務先のメールアドレスは、あくまでも会社の所有物で、一時的に仕事の目的で貸与されているものです。それなのに、個人的な就職活動の際に記載してしまうと、その人の仕事に対する意識を疑われてしまいます。

3-3-5.SNSなどのソーシャルメディアのアカウント

最近では、ツイッターやフェイスブックなどSNSのアカウントを記入する場合もあります。

特に、アピールできる内容が記載されていない場合などは、あえて自分から記載しなくてもよいです。

ただ、フェイスブックなどは特に名前で簡単に検索ができます。企業の採用担当者が、各候補者のサイトをチェックしている場合もあります。普段から、見られても困らない内容を掲載するようにすることが基本です。

3-4.英語の履歴書|希望職種(Objective)を書く

英語の履歴書のフォーマットの中で希望職種(Objective)を掲載しているものがありますが、現在ではあまり使われません。

希望職種は応募者自身が求めるものを書くわけですが、履歴書はあなたが提供できるものを書いてアピールするもので、あなた自身の希望を書くものではないという考えからです。

それでも、専門職や、複数の職について募集している場合などは記載するほうがよい場合もあります。そのような時は、Objectiveではなく「Job Target」や「Career Focus」などと記載するほうがよいでしょう。

3-5.英語の履歴書|プロフィール(Profile)を書く

最近は、希望職種をobjectiveとして書くよりも、経験などをプロフィールにまとめて書く場合がほとんどです。

プロフィールは職歴だけではなく、学歴や人生経験、資格など様々なことの中から、応募する職種に生かせることをまとめてプロフィールにして仕上げます。特に、応募する仕事に関係が強いことから先に書きます。

また、内容によってタイトルをプロフィールではなく変えたほうがよい場合もあります。

タイトル例:

  • Summary
  • Summary of Skills
  • Qualifications
  • Strengths
  • Professional Highlights

プロフィールに記載する文例:

  • 6 years of HR-related coordination experience/6年間の人事関連のコーディネート経験
  • Computer skills: Microsoft Office Specialist – Word and Excel/パソコンスキル:マイクロソフトオフィス スペシャリスト、ワードとエクセル
  • Excellent writing skills in Japanese and English/日本語と英語の優れた文章力
  • Experience in directing a project team up to 30/30人までのプロジェクトチームの指揮経験あり
  • Willing to relocated nationwide/全国(国内)どこでも転勤可能
  • Willing to travel/出張可能

3-6.英語の履歴書|職歴(Experience)を書く

学歴が比較的重要視される日本と違い、北米では職歴(特に新しいもの)が重要視されます。

そのため、学歴よりも職歴を先に記載します。役職や務めた期間だけでなく、どのような職務内容だったのかを記載します。

社長など上位の役職者直属で働いていた場合は、そのこともアピールできます。職歴は全て記載する必要はなく、4つ程度までです。内容は新しいものほど、詳しく書きます。かなり前に何をしていたかより、今に一番近いところでどんな仕事をしていたか、今何ができるのかが重要視されます。

勤務期間は、働きはじめた年と退職した年のみで、月は入れません。現在も続いている場合は「2010-present」と書きます。勤務先は、会社名の後に所在地(都市名)を書きます。

記載例:

  • 2010-2014 Customer Service Agent, ABC Co., Ltd., Tokyo/2010年から2014年まで ABC社(東京)でカスタマーサービス担当

職歴のタイトルもプロフィールと同じく内容によって変化します。

職歴のタイトル例:

  • Employment(一般的なタイトル)
  • Business Experience(同上)
  • Professional Experience (職歴がかなりしっかりしている管理者向き)
  • Career Highlights (同上)
  • Career Development (同上)

3-7.英語の履歴書|学歴(Education)を書く

職歴と同じように新しいものから書きます。

大学卒の場合は大学のみ、高卒の場合は高校のみを書きます。小学や中学など選考にあまり影響のない学歴は記載する必要がありません。

学歴も大学や高校のみの場合、プロフィールにまとめてしまうことも可能です。

例:

  • Mar.2005: ABC High School, Osaka, Japan/ABC高校(日本、大阪)2005年3月卒業
  • Mar.2005: ABC Technical College, Kyoto, Japan Associate degree of Engineering, Major: Computer Science & Electronic Engineering/ABC工業高等専門学校(日本、京都)工学準学士、情報電子工学科2005年3月卒業
  • Mar.2005: B.A. in Economics, ABC University, Tokyo, Japan/ABC大学(日本、東京)経済学部 2005年3月卒業 ※専攻分野や学部は学位の後にB.A. in ~と書きます

Apr.など月は略して書くのが一般的です。英語の月や曜日の略|たった1つのパターンで完ぺき!の記事を参考にしてみて下さい。

下記は英語での学位や専門分野の書き方を説明しています。

短期大学の修士号

  • 文学:A.A. / Association of Arts
  • 理学:A.S. / Association of Science

四年制大学の学士号

  • 文学士:B.A. / Bachelor of Arts
  • 理学士:B.S. / Bachelor of Science
  • 法学士:B.L. / Bachelor of Laws
  • 美術学士:B.F.A. / Bachelor of Fine Arts

大学院の修士号

  • 文学修士:M.A. / Master of Arts
  • 理学修士:M.S. / Master of Science
  • 経営学修士:M.B.A. / Mater of Business Administration
  • 美術修士:M.F.A. / Master of Fine Arts

大学院の博士号

  • 博士:Ph.D. / Doctor of Philosophy
  • 法学博士:J.D. / Doctor of Jurisprudence
  • 医学博士:M.D. / Doctor of Medicine
  • 歯学博士:D.D.S. /Doctor of Dental Surgery
  • 美術博士:D.F.A. / Doctor of Fine Arts

卒業見込みの場合

卒業見込みの年と月を書きます。

  • B.A. expected in Mar.2016
  • MBA Candidate, May 2016

専門分野の単語

  • 英文学:English Literature
  • 経営学:Business Administration
  • 商学:Commerce
  • ジャーナリズム:Journalism
  • 政治学:Politics
  • 社会学:Sociology
  • 音楽:Music
  • 数学:Mathematics
  • 生物学:Biology
  • 化学:Chemistry
  • 物理学:Physics
  • 情報工学:Information Technology
  • 建築学:Architecture
  • 農学:Agriculture

留学をした場合や、奨学金や賞をもらった場合などは積極的に記載してアピールしましょう。

3-8.英語の履歴書|資格や免許(Licenses and Certifications)を書く

資格や免許など、募集職種に関係があるものを記載します。

たくさん記載すればよいというものではなく、必要なものが伝わるように、職種に関係があるものに厳選しましょう。

資格はフォーマットによってはプロフィールに記載してもよいです。

記入例:

  • TOEIC Score 875, July 2012/TOEIC スコア875 2012年7月
  • Nisho Bookkeeping level 1 Certificate/日商簿記1級
  • Secretarial Skills Test, Level 1/秘書検定1級
  • Licensed Supervisor of Real Estate Transactions/宅地建物取引主任者免許
  • Licensed Social Insurance labor Consultant/社会保険労務士

3-9.英語の履歴書|スキル(Skills)を書く

資格ではなくても技能や知識を書くことはプラスとなる場合が多いので是非記載しましょう。

記入例:

  • Fluent in English and Japanese, some Spanish/英語と日本語堪能、スペイン語少々
  • Fluent in conversational English/英語の日曜会話に問題ないレベル
  • Advanced user of Word, Excel, and Power Point/ワード、エクセル、パワーポイントの上級ユーザー
  • Working Knowledge of XHTML/XHTMLの知識あり

4.英語の履歴書を書き終えたら

履歴書を書き終えたら必ず下記の項目をチェックしましょう。

4-1.英語の履歴書に必要か確認!

先ずは、履歴書に記載しなくてもよいことを書いていないか?を確認します。

差別に繋がる個人情報を記載しないことはご紹介しましたが、その他にも記載しなくても良いことがあります。

退職理由

日本語の履歴書には記載することがありますが、英語の履歴書には書きません。面接で聞かれたら答えればよいです。英語の履歴書はあくまで、アピールをしたいことを書くものなので退職理由は不要です。

希望給与・過去の給与

給与はとても微妙なものなので、あえて履歴書には記載しないほうがよいでしょう。高く書きすぎると、それだけで選考から外れてしまうこともあります。低い場合も同じです。面接の中で適切な場面を選んで相談するのがよいでしょう。

趣味

日本の履歴書には趣味を書く欄がある場合がありますが、英語の履歴書では基本的には書きません。もし、応募する職種に関係がありアピールできる場合は書く場合もあります。

照会先(リファレンス)

あなた自身の能力や資質について証明してくれる人(職場の上司や、大学の教授など)を求められる場合がありますが、事前にあえて履歴書に書く必要はありません。求められた場合に答えられるよう、あらかじめあなた自身について良い印象を持ってくれている人を選んでおきましょう。

作成日

英語の履歴書には作成日は記載する必要がありません。

署名

英語の履歴書はパソコンでタイプしたものなので、署名を記載する人がいますが、これも不要です。

4-2.英語の履歴書の「校正」は完ぺき?

書き終わったらスペルチェック、文法チェックなどの校正を何度も行いましょう。

折角、完璧な履歴書を書いても、スペルミスがあると幼稚に見えてそれだけで、不採用の理由になる可能性があります。また、スペルが違うと意味が全く変わってしまうこともあるので要注意です。

可能であれば、ネイティブや英語に詳しい人にチェックしてもらいましょう。

4-3.英語の履歴書は見やすいレイアウト?

見やすいレイアウトにすることも、よい英語の履歴書をつくる上では大切なことです。

上に詰まりすぎていないか、スペースがなく読みにくい履歴書になっていないか、など確認しましょう。読む側を思いやって履歴書を考えて作成することも、コミュニケーションスキルのひとつです。

まとめ:英語の履歴書の基本を押さえて書いてみよう!

英語の履歴書はあなたを企業にアピールする広告のようなものです。英語を仕事に生かしたいと思っている人は、履歴書の書き方をまず学ぶ必要があります。

英語の履歴書は、日本の履歴書のように、定型で書き込めばすぐにできてしまうというものではなく、あなた自身がどんな経験をしてきたのか、何をアピールしたいのか、応募する会社は何を求めているのかなど、分析をしてそれに適した形で作成する必要があります。

自由に作成できる部分が多い分、あなた自身のコミュニケーション能力やアピール力も問われます。一から作成するのは面倒だと思ってしまう人もいるかもしれません。でも、欧米の社会では、この能力は最低限求められることなんです。

まずは履歴書のハードルをクリアできないと、英語文化の会社で働くことは難しいかもしれません。逆に言うと、ここがクリアできるなら、あなたは英語文化の会社に向いているかもしれません。たかが1枚の履歴書と思わず、一生懸命力を注いで作成してみてください。その経験は、必ず後で力になってくれるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta