著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

3つの「提案」の英語|使い方の違いや17個の関連表現!

のべ4,126がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「提案」に関する単語を、英語で使い分けることができますか?

ビジネスでよく使う「提案」という表現ですが、英語では「proposal」「suggestion」「offer」などニュアンスが違う表現がいくつかあります。

適切に伝えるために、これらのニュアンスの違いを理解する必要があります。

そこで、ここでは「提案」に関する英単語とその違いを詳しく解説します。また、「提案書」「提案を承認する」などビジネスで多く使う「提案」に関する様々な表現もご紹介します。

目次:
1.「提案」や「提案する」の英語
1-1.英語の「proposal」で「提案」を表現
1-2.英語の「suggestion」で「提案」を表現
1-3.英語の「offering」で「提案」を表現
2.「提案」の英語「proposal」「suggestion」「offering」の違い
2-1.「提案」の英語である「proposal」の使い方
2-2.「提案」の英語である「suggestion」の使い方
2-3.「提案」の英語である「offering」の使い方
3.「提案」の関連英語

1.「提案」や「提案する」の英語

冒頭でもお伝えした通り、「提案」を表わす基本単語は3つです。先ずは、それぞれの発音を確認してみましょう!

1-1.英語の「proposal」で「提案」を表現

「proposal」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
プロポゥザル
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/proposal-2.mp3
prəpóʊzl

動詞の「提案する」は「propose(プロポーズ)」です。

1-2.英語の「suggestion」で「提案」を表現

「suggestion」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
サァヂェスチャン
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/suggestion.mp3
səgdʒéstʃən

動詞の「提案する」は「suggest(サジェスト)」です。

1-3.英語の「offering」で「提案」を表現

「offering」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
オーファリィン(グ)
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/offering.mp3
ɔ’ːfəriŋ

動詞の「提案する」は「offer(オファー)」です。また、「offer」のままで名詞の「提案」として使われることも多々あります。

2.「提案」の英語「proposal」「suggestion」「offering」の違い

基本単語で紹介した3つの「提案」。

「proposal」「suggestion」「offering」は、それぞれニュアンスが違います。

それぞれの単語を、詳しくニュアンスを確認しましょう。また、それぞれの動詞の使い方も記載していますので参考にして下さい。

2-1.「提案」の英語である「proposal」の使い方

「proposal」は日本語でも「プロポーザル」という言葉がビジネスでもよく使われていますね。

「proposal」は計画や改善案などを提案する時に使いますが、ある程度根拠などがあり、積極的に提案する時に使う表現です。この表現の場合、承認が前提で「提案」されることが多いです。

結婚の「プロポーズ」という日本語がありますが、この「proposal」が語源で、この単語には「プロポーズ」という意味もあります。

「proposal」を使った例文

  • 英語:I handed in the proposal for revision.
  • 日本語:私は改正への提案書(改正案)を提出しました。

※「hand in(ハンド・イン)」は「提出する」です。「revision(リヴィジョン)」は「改正」などを指します。

「propsal」の動詞である「propose」の使い方

は次の通りです。

  • 英語:I proposed an action plan.
  • 日本語:私は実行計画を提案しました。

※「action plan(アクション・プラン)」は「実行(実施)計画」を意味します。単に計画を提案する場合は「(a) plan(計画)」でも問題ありません。

2-2.「提案」の英語である「suggestion」の使い方

「suggestion」は、「propose」に比べると、控えめな「提案」です。

「こうしたほうがいいのでは?」と相手が受け入れるかわからないが、改善案や代案などを「提案」する場合などに使える表現です。「助言」という意味もあります。

「suggestion」を使った例文

  • 英語:I gave him some suggestion.
  • 日本語:私は彼に少し提案(助言)しました。

※「gave(ゲイヴ)」は「give(ギヴ)/与える」の過去形です。

「suggestion」の動詞である「suggest」の使い方

  • 英語:He suggests that I try it.
  • 日本語:彼は私にそれにトライしてみなさい、と提案(助言)しています。

※「suggest」の後ろの「that」が省略されるケースは英会話では多いです。

2-3.「提案」の英語である「offering」の使い方

「offering」は、「~をしましょうか」と協力や援助などを「提案」する時に使う表現です。

相手がほしいと思っているだろうことを提供する「提案」です、「offering」は「proposal」と「suggestion」とはニュアンスが大きく違うので注意が必要です。

「offering」を使った例文

  • 英語:It is a new offering.
  • 日本語:新規公募です。

※上記は経済用語として使われますが、日常会話のなかでは「新しい提案ね!」という感じで使われることもあります。

「offering」の動詞である「offer」の使い方

  • 英語:I offered it for free.
  • 日本語:彼はそれを無料で提供(提案)した。

※「for free(フォー・フリー)」は「無料で」という英語で英会話でも頻繁に使われます。

3.「提案」の関連英語

ビジネスでよく使う「提案」の表現ですが、様々な「提案」に関する英語表現を紹介します。

「提案書」や「提案があります」、「良い提案」、「提案を断る」など使えるものばかりです。

  • 「提案者」:proposer, offerer
  • 「提案書」:proposal letter ※単に「proposal」としたり、「proposal document」とする場合もあります。
  • 「提案書作成」:proposal writing
  • 「提案理由」:reason for a proposal
  • 「提案できる」:suggestible
  • 「提案を断る」:reject the proposal ※「reject(リジェクト)」は「断る」の英語です。
  • 「提案に反対する」:oppose a proposal ※「oppose(オポーズ)」は「反対する」「対抗する」という意味です。
  • 「提案を承認する」:approve the proposal ※「approve(アプルーヴ)」の代わりに「accept(アクセプト)」を使ってもOKです。
  • 「提案を却下する」:turn down the proposal ※「turn down(ターン・ダウン)」は「(下に)折りたたむ」「音を小さくする」などの意味がありますが、「提案」や「申し込み」の場合は「却下する」という意味みなります。
  • 「提案を募る」:ask for suggestions ※「ask for~」は「~を募る」という英熟語で、「ask for help(助けを募る・求める)」などでも使えます。
  • 「コスト削減の提案」:a proposal to reduce cost ※「コストを削減する」は「reduce cost(リデュース・コスト」です。ビジネスで英語を使う人は覚えて置くと便利です。
  • 「前向きな提案」:a positive proposal ※「positive(ポジティヴ)」の反対は「negative(ネガティヴ)」です。
  • 「良い提案」:a good suggestion
  • 「控えめな提案」:a low-eyed suggestion ※下から提案しているイメージですね。
  • 「建設的な提案」:constrictive suggestion ※「constructive(コンストラクティヴ)」は「建設的な」の他に、「前向きな」「発展的な」「積極的な」などのポジティブな意味がある表現です。
  • 「提案があります」:I have a suggestion. ※「提案」するときに良く使う表現です。
  • 「提案を検討する」:study the suggestion

まとめ:特にビジネスでは欠かせない「提案」の英語

「提案」はビジネス英語でとてもよく使う表現なので、知っておくと便利です。

「提案」に関する表現は、まず「proposal」「suggestion」「offering」のこの3つの単語とその違いを抑えておきましょう。使い方によっては違う意味(ニュアンス)に取り違えられる可能性もあるのでシッカリと把握しましょう。

「提案」に関する様々な表現は、仕事などで使いそうなものだけ選んで随時覚えていけば大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計4万6387人が体験中の無料勉強法
(2017年7月22日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta