著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

5つの場面で絶対に使ってはいけない!ビジネス英語フレーズ一覧

のべ324がこの記事を参考にしています!

英語を外国人と話す時に、日本語と違って、「常にフレンドリー」と勘違いしていませんか?

英語に敬語表現はある!?失礼にならないビジネスでも使える8場面一覧』にもあるように、英語にも敬語があります。

海外ドラマや映画などでも、先輩後輩がなくてフランクなイメージがありますが、「失礼にならない」表現をシッカリと使っています。

それを勘違いして、習った英語フレーズをTPOを考えずに使う日本人は少なくありません。

特にビジネスの場面でれば、あなたの印象が悪くなり交渉決裂など、取り返しのつかないことになるかもしれません。

よって今回は、相手を怒らせたり、失礼にならいない、ビジネスでは極力使わない英語フレーズを5つの場面に分けて厳選してご紹介します。また、正しい言い方もお教えします。

目次:

1.お客や上司への挨拶でNGな英語フレーズ
2.会議での「聞き返す」時のNGな英語フレーズ
3.質問された時の「返答」のNGな英語フレーズ
4.頼みごとをされた時のNGな英語フレーズ
5.お客さんからの「返事待ち」時のNGな英語フレーズ
まとめ:ビジネス英語の基本をシッカリと勉強しておこう!

1.お客や上司への挨拶でNGな英語フレーズ

初めて会うお客さんやあなたの上司の挨拶で絶対に使ってはいけない挨拶が次です。

  • Hey!
  • What’s up?

スラングの挨拶でとても失礼です。第一印象がものすごく悪くなるので最大限の注意を払って下さい。

何回か会っているお客や親しい上司であれば、「How’s it going?」や「Hi.」ぐらであればOKです。

上記の代わりに適切な挨拶は次のようなフレーズです。

  • Good morning. ※「Good afternoon.」や「Good evening.」など、時間で使い分けます。
  • How are you? ※「How do you do?」は堅苦しいのでこれでちょうどいいです。
  • Nice to meet you. ※「初めまして」というフレーズです。
挨拶は本当に大切なので、『英語での挨拶|英会話やビジネスでも使える厳選17パターン』の記事も確認して使い分けを徹底しておきましょう!

2.会議での「聞き返す」時のNGな英語フレーズ

会議や打ち合わせなど、相手の言っていることが聞き取れなくて聞き返す時もありますね。

特にテレカンやZoomなどのオンラインでは通信状況次第で聞き返すことが少なくないケースもあります。

そんな時に次のような聞き返しフレーズは絶対にNGです。

  • What?
  • What did you say?
  • Come again?

日本語に訳すと「何?」、「何て言った?」、「もう一回言って!」となり、同僚や友達なら問題ありませんが、ビジネスでは避けて下さい。

日本語でもビジネスでは使えないのは何となく察して頂けるかと思います。

その代わり、次のようなフレーズが適切です。

  • I’m sorry. I missed that. ※「miss」で聞こえなかったことを表現します。
  • Could you say that again, please? ※「please」はなくても構いません。
  • Would you mind repeating that for me? ※「Would you mind ~ing?」は「~して頂いて宜しいでしょうか?」となります。
  • I’m sorry. I didn’t get you. ※この中では一番カジュアルですが、失礼ではありません。

3.質問された時の「返答」のNGな英語フレーズ

お客さんに何かあなたの会社の製品などについて質問されたと仮定しましょう。

あなたが新入社員、または部署が違うことであまり分からなかったとしても次の返答はプロフェッショナルではありません。

I don’t know.

知らないのは仕方ないとしても、それをストレートに「知りません」というだけで終わっては、相手はどうしていいか分かりませんよね。

そんな時に使えるフレーズがあります。

どの表現も「詳しくは分かりませんが、後ほど確認してご連絡致します。」となります。これぞ、ビジネスパーソンとしての返答です!

  • I’m not sure, but I can find out.
  • I’m not sure, but let me find out and I’ll get back to you later.
  • Let me get back to you on that!

4.頼みごとをされた時のNGな英語フレーズ

上司やお客さんに「~までに資料をお願いします(Can you ~?)」などお願いされたとします。

その時に次の表現は曖昧過ぎてNGです。

  • I’ll try.
  • I’ll do my best.

どちらも「頑張ります」という仕事にコミットしていないように聞こえるので注意が必要です。

本当に出来ない場合は、「I’m afraid I can’t do it.」と返答してもいいです。

しかし、できる場合はシッカリと次のように返事をしましょう。どちらも「もちろんです。できます!」となります。

  • Sure, why not?
  • Of course, I can do it.

5.お客さんからの「返事待ち」時のNGな英語フレーズ

ビジネスメールでの交渉や打合せの後に、お客さんや上司から何かしらの返答を明日まで待っているとしましょう。

その場合に絶対にNGなのが次です。

Please reply by tomorrow.

直訳は「明日までご連絡下さい」で、日本語としては失礼が無いように聞こえますが、とてもストレート過ぎで失礼です。

また、「Please」はそうすることを前提で使う表現なので、ビジネスで人にお願いする時は「Could you ~?」や「Would you ~?」を使います。

しかし、次の定型文がメールでも口語でもビジネスで一般的に使わているので、参考にして下さい。

I’m looking forward to hearing from you tomorrow. ※「楽しみにお待ちしております」というニュアンスになります。

ビジネスメールの最後にもよく使う表現です。

まとめ:ビジネス英語の基本をシッカリと勉強しておこう!

さあ、いかがでしたでしょうか?

同じ表現でも使う英語が違うとニュアンスが全然違いますね。

ビジネス英語の基本や勉強法は、『ビジネス英語フレーズ|絶対に押さえておきたい8つのコツと勉強法』に詳しく書いているので、今回のフレーズを参考にして更に深堀すると、一人前のビジネス英語が扱えるようになります。

是非、社会人として基本だけでも身に付けて、相手に失礼にならないように準備しておきましょう!

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

pc-cta