著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「~まで」の英語|4つのパターンと期間や距離などで使える例文一覧

のべ309がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「~まで」という英語を場面毎で使い分けできていますか?

「~まで」という単語で私たちが習うのが、前置詞の「to」「by」「till」「until」などですが、その違いも把握していますか?

「~まで」と一言で言っても次のようなケースがありますね。

  • 期間(日付):~までにこれをして、など
  • 距離(場所):~まで走る、など

もちろん、「遅くても~まで」、「生まれてから今まで」、「あなたが~するまで待ちます」、量やサイズで「~まで」、「~歳までダメ」などなど、色んな場面で使います。

また、ビジネスメールなどでの「取り急ぎお礼まで」という表現は英語にもあるのでしょうか?

それぞれ使う前置詞が違うなど表現が異なります。

よってここでは、日常会話などで頻繁に使うフレーズを中心に例文を見ながら「~まで」の英語表現をマスターしましょう!

目次:

1.「~まで」の英語の前置詞の違いと使い分け・例文
1-1.場所や時間(期間・日付)にも使える「to」で「~まで」
1-2.ある一点の時間(日付)の際に表現する「by」で「~まで」
1-3.継続してる時間(日付)の際に表現する「until/till」で「~まで」
1-4.量や年齢の制限や日付の制限などの際に使う「up to/up until」
2.色々ある!「~まで」ので英語表現一覧

1.「~まで」の英語の前置詞の違いと使い分け・例文

ここでは、「to」、「by」、「until/till」の表現の使い方を習得しましょう。

1-1.場所や時間(期間・日付)にも使える「to」で「~まで」

先ずは、場所で「~まで」というケースはおおいですよね。

タクシーなどでも距離や範囲を表す時に役立ちます。

その場合は前置詞の「to」を使います。

  • 駅からその場所まで10分かかります。:It takes 10 minutes from here to the place.
  • 私は歩いて図書館まで行きました。:I walked to the station.

もちろん、「to」は他の「~まで(期間など)」でも頻繁に使われます。

  • (営業日など)月曜日から金曜日まで:from Mondy to Friday ※後述する「from Monday until Friday」でも同様の意味になります。
  • 2月18日から2月23日まで:from Feb.18th to 23rd. ※または「from Feb.18 to Feb.23」という表記でもOKです。

1-2.ある一点の時間(日付)の際に表現する「by」で「~まで」

この「by」と後述する「until/till」の使い方を混同する方が多いので注意が必要です。

例えば、「~時までに書類を提出する必要がある」という場合は、継続して提出するわけではないですよね?

ようするに、「~時まで」とう一点の時間までに何かを行動をすればいいだけです。

また、同じような例で、「~時まで事務所に戻ってきてね」という場合も、事務所にずっといるわけではないですよね。

それぞれの例文は下記となります。

  • 私は明日までにレポートを提出する必要があります。:I have to submit my report by tomorrow. ※「tomorrow」の代わりに日付なども入れてOKです。
  • 6時まではオフィスに帰ってきてください。:Please come back to the office by 6. ※どんなに遅くても(最悪)という場合は、最後に「at the latest」を付けます。

1-3.継続してる時間(日付)の際に表現する「until/till」で「~まで」

先ほどの「by」とは対照的に、継続して~までという場合もありますよね。

その場合は「until」「till」が使われるのですが、この2つの違いは、文語(またはフォーマル)か口語(またはカジュアル)かの違いだけで、意味は同じです。

  • until・・・フォーマル、文語的
  • till・・・カジュアル、口語的

しかし、どちらを使っても違和感はないため、この2つを必ず使い分ける必要があるわけではありません。

下記の例文を見てみましょう。

  • 9時まで(ずっと)仕事をしなければならない。:I have to work until 9. ※9時まで継続して仕事をしてるイメージができますね。ここで「by」を使うと少しおかしくなりますね。
  • 昨日の5時から今日の11時まで(ずっと)寝ました。:I slept from 5 until 11 today. ※「from ~ to ~」でも同様です。

1-4.量や年齢の制限や日付の制限などの際に使う「up to/up until」

「up to」などを使います。

  • 15歳まで:up to 15
  • 10個まで:up to 10 ※最大で10個までという場合は、「up to 10 at max.」という表現になります。
  • 明日まで:up to tomorrow/up until tomorrow ※日付などがあってもOKです。

2.色々ある!「~まで」ので英語表現一覧

さて、ここではその他にもあるよく使う「~まで」の表現をご紹介しています。

有効期限を表す時は別の前置詞の「before」を使うケースなどもあるのでこちらで確認して使いこなせるようになりましょう!

一方、日本語独特の表現もあり、必ずしもここで紹介した前置詞を使わないこともありますのその点も留意しておきましょう。

  • 有効期限(~まで):best befor ~ ※または「sell by ~」という表現もあり「賞味期限・消費期限」の時にも使えます。詳しくは、『2つある「期限」の英語|ビジネスにも使える表現や使い分け・略など』の記事も参考にしてみて下さい。
  • 始まるまで(終わるまで):until it starts/finishes. ※または「before it starts.」などでもOKです。
  • 生まれてから今まで:all my life/in my whole life ※「I have ~(現在完了形)since I was born.」という英文でも表現できます。
  • 上から下まで:from top to bottom
  • 取り急ぎお礼まで:I just wanted to thank you ※「I just wanted to show my gratitude.」だとより丁寧です。「取り急ぎ~まで」は「I just wanted to~」の構文が一番しっくりきます。「取り急ぎご報告まで」は「I just wanted to inform you of that ~.」などで、日本語のメールでは文末ですが、英語では文頭で表現しましょう!
  • ご参考まで:For your information ※「FYI」とSNSやメールで短縮形で書く場合も多々あります。
  • ~まで不在です:Out of office until ~ ※ビジネスの自動返信メールなどでも使えます。ビジネスメールの書き方については、『英語のビジネスメールの書き方|恥をかかない7つの注意点』もご参考下さい。
  • 受付までお越しください:Please come to the reception counter.
  • 次の打ち合わせまで時間がありません:There is not much time left before the next meeting.
  • そこ(目的地)までもうすぐです:We are almost there.
  • ~まで延長します:extend until ~ ※「時間・日付」などを入れます。
  • お一人様3つまで(限り):3 per person ※「~につき」の「per」を使います。
  • 今までは大丈夫です:So far, so good. ※「今のところOKです」というニュアンスです。
  • 達成するまで諦めない:I never give up until I achieve it. ※この場合は「until」は接続詞となり、その後は名詞ではなく、文章になります。

まとめ:「~まで」の英語は違いとそれ以外の表現を使いこなそう!

基本的な、to, by, until/tilの他に、beforeやup toなど他の表現にも触れておきましょう!

日常会話でもビジネス会話としてもいつでも使えて、とても便利な表現です。

ここでご紹介した例文の時間や日付、数量を変えるなどしてそのまま使って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta