著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「やっぱり」の英語|使い分けよう!5つのパターンやスラングと例文

のべ1,017がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「やっぱりね!」や「やっぱり好き」、「やっぱりやめる」、「やっぱりそうか」など、様々な場面で使う「やっぱり」を英語で伝えられますか?

日本語の「やっぱり」は様々な意味があり、伝えたい意味ごとにそれらの英語を使い分ける必要があります。

会話でもよく使うフレーズ毎に英語表現を覚えた方が効率的です。

よってここでは、様々な場面や意味での「やっぱり」の英語表現と、その使い方をご紹介します。

目次:

0.「やっぱり」の英語|フレーズを選ぼう!

1.「やっぱりそうか(思った通り)」の英語
・その1.「I knew it.」
・その2.「I thought so.」
・その3.「I figured.」
・その4.「That’s what I thought.」
2.「やっぱり~すればよかった」の英語
3.「やっぱり~にします(気が変わった)」の英語
4.「やっぱりいいです(気にしないで)」の英語とスラング
5.「やっぱり~が一番!(~が好き)」の英語とスラング

0.「やっぱり」の英語|フレーズを選ぼう!

冒頭でもお伝えしたように、それぞれの場面や意味で、英語のフレーズが変わってきます。

よって、ここでご紹介する日本語での意味の「やっぱり」をいくつかピックアップしました。

  1. やっぱりそうか(思った通り)
  2. やっぱり~すればよかった
  3. やっぱり~にします(気が変わった)
  4. やっぱりいいです(気にしないで)
  5. やっぱり~が一番(~が好き)

次からそれぞれを見てみましょう!

1.「やっぱりそうか(思った通り)」の英語

「やっぱり」の使い方として多いのが「思った通りだ」、「想像していた通りだった」という意味ですよね。

日本語のように、英語でも相槌をしながら「やっぱり」を使う表現が多くあります。

その中でもよく使うのが、次の4つの表現です。

その1.「I knew it.」

「knew(ニュー)」は「know(知る)」の過去形で、「I knew it.」は「(それを)知っていた」という意味です。

自分の予想通りのことが起こったり、なんとなく感づいていたりしたことが、その通りだとわかった場合に使える表現です。

I knew it would happen.(それが起こると思っていた)」や「I already knew it.(既にそれを知っていました)」など「I knew」を文章の一部として使うこともできます。

単純に情報として「知っていた」という意味でも使う表現なので、言い方によっては「そんなこと、言われなくても知っているよ!」という嫌味な表現になってしまうことがあります。使い方には注意が必要です。

その2.「I thought so.」

「thought(ソート)」は「think(思う)」の過去形です。

「I thought so.」は「私もそう思っていた」という意味です。

その3.「I figured.」

アメリカ英語でよく使う表現です。

「figure(フィギュア)」は口語で「~だと考える」や「~だと判断する」という意味があります。

「I figured.」は、「そう考えていた」や「そう判断していた」というニュアンスで、直感的なことではなく、考えや判断が必要なことについて「やっぱり」という場合に使えます。

その4.「That’s what I thought.」

「what I thought」は「私が思ったこと」という意味で、「That’s what I thought.」の文全体を直訳すると「それは私が思ったことだ」となります。

相手の発言や、起こったことが、「思った通りだ」という場合のやっぱりで使える表現です。

「thought」の代わりに、「expect(予期する)」の過去形の「expected」を使って、「That’s what I expected.」もOKです。

「やっぱり思った通り、~だ」の文を作る時は?

「やっぱり思った通り、~だ」というように、文章の中で「やっぱり」使う場合は「as I thought」が使えます。

【例文】

  • 英語:As I thought, he won the game.
  • 日本語:やっぱり思った通り、彼が試合に勝った。

この場合も、「thought」の代わりに「expected」を使って「as I expected」でもOKです。

2.「やっぱり~すればよかった」の英語

「やっぱり~すればよかった」と後悔したときにも、「やっぱり」や「やはり」を使いますよね。

この場合の「やっぱり」は「should have + 過去分詞」を使います。

「should have + 過去分詞」は「~すべきだった」という意味になります。短縮形で「should’ve + 過去分詞」とする場合が口語では多いです。

【例文】

  • I should have done it. /やっぱり、やっておけばよかった。
  • I should have studied harder. /やっぱり、もっと勉強しておけばよかった。
  • I should have brought the book. /あの本を持ってくればよかった。

「やっぱり~すべきではなかった」という場合は、「should have + 過去分詞」を否定形にすればOKです。

【否定形の例文】

  • 英語:She should not have done it.
  • 日本語:やっぱり、彼女はそれをすべきではなかった。

「すべき」の英語については、『すべき・した方がいいの英語|10以上の例文やビジネスでの丁寧な表現』の記事で詳しく解説しています。

3.「やっぱり~にします(気が変わった)」の英語

お店で注文した時などに、一度決めたものを変えて「やっぱり別のものにします」という場合の「やっぱり」は「actually」を使います。

【会話例】

  • 店員:Anything else? /他になにかご注文はありますか?
  • 客:No, thanks. /いいえ、ありがとう。
  • 客:Actually, I’ll have some coffee. /やっぱり、コーヒーをください。

「on my second thought」も「actually」と同じような使い方ができます。

「second thought」を直訳すると「2番目の考え」で、「on my second thought」は「よく考えてみると」や「考え直してみると」という意味です。

「actually」のほうが、短くて言いやすいので、カジュアルな会話では「actually」のほうがよく使います。

4.「やっぱりいいです(気にしないで)」の英語とスラング

誰かと会話をしているときに、「今なんて言ったの?」と聞き返されたときに、「やっぱりいいや、気にしないで」ということもありますよね。

カジュアルな会話での「やっぱりいいや」は「Never mind.」が使えます。

「It’s nothing.」も同じような意味で使えます。

「It’s nothing.」は「なんでもないよ」というようなニュアンスで、こちらも比較的カジュアルなスラング的な表現です。

「やっぱりいいです」という場合によく使う「気にしないで」の英語表現については『「気にしないで」の英語|ビジネスでの丁寧な表現やスラングなど15選』詳しく解説しています。こちらも是非参考にしてください。

5.「やっぱり~が一番!(~が好き)」の英語とスラング

「やっぱり~が好き!」や「やっぱり~が一番!」など、好きなものを伝えるときにも「やっぱり」を使いますよね。

「なんだかんだいっても~が好き」や「色々あるけれど~が一番だ」というような意味です。

この場合の「やっぱり」でよく使うのは、「after all」です。

「いろいろあるけれど結局」というニュアンスです。

【例文】
I like this song, after all. /やっぱり、この曲が好き!
After all, I love him. /やっぱり、彼が好き。

「in the end」も「after all」と同じような意味で使えます。

他にの「eventually」などの表現もありますので、『「結局」の英語|7つの基本表現の使い分けと英会話フレーズ』の記事もご確認下さい。

また、カジュアルな表現ですが、「やっぱり、~じゃなきゃね!」という意味で「It’s gotta be ~!」も使えます。「gotta(発音:ガラ)」は「got to」を省略したスラング表現で、仲のいい友達同士で使える表現です。

それと同じニュアンスで「Nothing beats ~」という表現もあります。「beat(ビート)」は「打つ」という意味ですが、ここでは「打ち負かす」「勝る」という意味です。

【例文】

  • It’s gotta be Coca Cola. /やぱり、コカ・コーラじゃなきゃね!
  • Nothing beats ice cold beer in summer. /やっぱり、夏のキンキンに冷えたビールは最高だね。

まとめ:「やっぱり」の英語は使い分けが必要!

日本語の「やっぱり」はいろいろな意味がありますが、その中でも特に「やっぱり、思った通りだ」というニュアンスの「I knew it.」は、英語の会話でよく使う表現なので覚えておきましょう。

また、「やっぱり~しておけばよかった」という意味の「should have + 過去分詞」も、日常会話で頻繁に使う表現なので覚えておくと便利です。

「やっぱり」や「やはり」のように、日本語の表現は様々な意味があり、そのまま英語に直訳できないものも多いです。特に「やっぱり」のような、意味があいまいな表現は、単語帳で機械的に覚えるのではなく、文章や会話の例とセットにして覚えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta