著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「結局」の英語|7つの基本表現の使い分けと英会話フレーズ

のべ6,046がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「結局」に訳せる英語表現をいくつ言えますか?

日本語の「結局」は意味の幅が広く、英語にすると実はいくつもの違う表現になります。

最後には、どれくらい「結局」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、チャレンジしてみましょう!

よってここでは、「結局」の意味がある英語表現をご紹介します。また、「結局どうするの?」「結局どうなったの?」など、様々な「結局」の使い方も解説します。全てを一気に覚える必要はありませんが、少しずつ慣れていきましょう!

目次:

1.「結局」に訳せる英語一覧
1-1.英語の「finally」で「結局」を表現
1-2.英語の「at last」で「結局」を表現
1-3.英語の「in the end」で「結局」を表現
1-4.英語の「after all」で「結局」を表現
1-5.英語の「in conclusion」で「結局」を表現
1-6.英語の「ultimately」で「結局」を表現
1-7.英語の「eventually」で「結局」を表現

2.「結局~になった」は英語で?
2-1.英語の「end up」で「結局~になった」を表現
2-2.英語の「turn out」で「結局~になった」を表現

3.「結局どうなったの?」や「結局どうするの?」は英語で?
3-1.「結局どうなったの?」の英語
3-2.「結局どうするの?」の英語

まとめクイズ:「結局」の英語はニュアンスを掴むことが基本!

1.「結局」に訳せる英語一覧

日本語の「結局」は様々な意味が含まれる表現です。

例えば以下のような使い方があります。

  • 「最終的に~という結果になった」
  • 「つまりいいたいことは~だ」
  • 「結論は~だ」
  • 「とうとう~できなかった」や「とうとう~した」

「結局」はひと言でこのように多くのニュアンスを含んだ便利な表現ですが、英語で使う場合ニュアンスごとに単語を使い分ける必要があります。

それぞれの「結局」の意味でよく使う英語とニュアンスや使い方を確認しましょう。

1-1.英語の「finally」で「結局」を表現

「finally」(フィナリー)は「最後の」という意味の「final」の副詞形で、「ついに」「最終的に」という意味の「結局」です。

結果が出るまでに長い時間かかったり、長く待ったりした後についに結果が出て「結局こうなった」という場合に使う表現です。

「finally」は結果がポジティブ、ネガティブどちらの状況でも使える表現です。

自分にとって好ましくない結果で、「結局~できなかった」という場合でも使えます。

置く位置は、文頭か動詞の前が一般的です。

【例文】

  • 日本語:ついにできた!
  • 英語:I finally did it!

1-2.英語の「at last」で「結局」を表現

「at last」(アット・ラスト)は「ついに」「とうとう」という意味の「結局」です。

「finally」と似ていて、長い時間頑張ったこと、長く辛抱して待ったことなどの結果が出た場合に使う表現です。

ただし、「at last」の場合は、結果がポジティブな場合にしか使いません。

長い間頑張って勉強して試験に合格した場合や、つらい練習に耐えて大会で優勝したなど「大変だったけど、結局は良い結果だった」というニュアンスです。そのため、「at last」を使って「ついに~できなかった」と言う表現は言えません。

文の頭か最後に置きますが、この表現の場合「ついに」の意味を強調する文になることが多いので文頭に置く場合が多いです。

【例文】

  • 日本語:とうとう試験に合格した。
  • 英語:At last, I passed the exam.

1-3.英語の「in the end」で「結局」を表現

「in the end」(イン・ジ・エンド)は「最終的に」、「最後には」という意味の「結局」です。

「とどのつまり」という意味でも使うことがあります。

「色々話しあった結果合意に達した」、「結局別れることになった」など「最終的にはこうなった」と最後の結論を伝えたい場合に使う表現です。

特にネガティブ、ポジティブは関係なく使えます。

「in the end」は文の始めと最後どちらでも使えますが、始めに置くことが多いです。

【例文】

  • 日本語:最終的に私たちは結論に到達しました。
  • 英語:We reached the conclusion in the end. ※「conclusion(コンクルージョン)」は「結論」です。

1-4.英語の「after all」で「結局」を表現

「after all」(アフター・オール)は基本的には予想や期待とは逆の結果になった場合の「結局」に使う表現です。

例えば、「試験に落ちると思って半ばあきらめていたけれど結局は合格だった」という場合に使えます。

結果は、ポジティブ、ネガティブどちらでも使います。

「after all」は、もうひとつ使い方があり、言わなくても結果が明白なことについて「なんだかんだいって結局は~だ」という意味でも使えます。

この使い方の場合、文頭に置くことが多いです。

下記の英文の違いのニュアンスを掴みましょう。日本語では「結局、試験に受かりました」です。

【例文】

  • 例文1:I finally passed the exam. ※「長い間勉強をして、やっと試験に受かった」というニュアンスです。
  • 例文2:I passed the exam after all. ※「試験には落ちるとおもっていたけど結局は受かった」という感じになります。

違う「結局」の英語によってニュアンスが違ってきますね。

1-5.英語の「in conclusion」で「結局」を表現

「conclusion(コンクルージョン)」は「終わり」「結論」という意味で、「in conclusion」は「結論として」、「要するに」、「結局は」などの意味で使います。

スピーチや論文などで「結論として言いたいことは~」など締めの言葉としてよく使う表現です。

基本的には文頭に置きます。

【例文】

  • 日本語:結論として、私が言いたいのは、~です。
  • 英語:In coclusion, what I would like to say is ~.

1-6.英語の「ultimately」で「結局」を表現

「ultimately」(アルティメットリー)は「究極の」や「最終の」という意味がある「ultimate(アルティメット)」の副詞形です。

「つきつめていくと」という意味から結論を伝える時に使う表現で、「最後に」「究極的には」などの意味があります。

いくつもの出来事や事柄が連続した先にたどり着いた結果に対して使う表現です。

文頭か動詞の前に置くのが一般的です。多少誇張したり、またフォーマル的に使う場合が多いです。

1-7.英語の「eventually」で「結局」を表現

「eventually」(イヴェンチュアリー)は「最後の」や「結局の」という意味の「eventual」の副詞形で、「ついに」「やがては」という意味です。

徐々に物事が進んで結果が出た時、色々な遅れが出ながらも出る結果の場合に使います。

例えば「時間はかかるけど結局はいつか終わらせるだろう」という時や、「噂は時間が経てば結局は消えてなくなる」という場合には、この「eventually」を使います。

「eventually」は否定形では使えません。

英語のフレーズで「結局」を表現!

今までご説明した基本の表現以外にも「結局」の意味で使える表現が色々あります。

単語でなく、慣用句としてひと塊で覚えてみましょう!

  • 「in the long run」:直訳すると「長期的には」で、長い目で見れば「結局」という意味です。
  • 「to make a long story short」:直訳すると「長い話しを短くすると」です。日本語の「早い話しは~だ」に近い表現です。
  • 「to sum it up」:「sum(サム)」はもともと「合計する」という意味で、ここでは「要約する」という意味で使っています。「要するに」「話しをまとめると」という意味です。

2.「結局~になった」は英語で?

「結局~なった」を「finally」などの副詞以外で、英熟語で表現できるのがあります。

今すぐ使えるものばかりですので、活用してみましょう。

2-1.英語の「end up」で「結局~になった」を表現

「結局~になった」の英訳でよく使うのが「end up」(エンド・アップ)です。

「end up」の表現で多く使うのが「end up +動詞の現在進行形(~ing)」の形で、「結局~することになる」という意味です。

【例文】

  • 例文1.He ended up quitting his job. 日本語:結局、彼は仕事を辞めるはめになった。
  • 例文2.She ended up oversleeping this morning. 日本語:結局、彼女は今朝寝坊した。

「end up」の後には動詞以外の単語も入れることができます。

例えば、「He ended up in India.」は、「結局(最終的に)、彼はインドにたどりついた。」という意味です。

前置詞「in」の後に場所を入れると「結局~にたどり着いた」や「結局~に来ることになった(行くことになった)」という意味になります。

もちろん、「end up」は疑問文でも使うことができます。

「結局~することになったの?」、「結局~するはめになったの?」と聞く時には「did you ~?」の疑問文を使います。

【例文】

  • 英語:Did you end up buying new wallet?
  • 日本語:新しいお財布を買うことになったの?

「なぜ結局~することになったの?」と理由を聞く場合は「why」から始まる疑問文です。

【例文】

  • 英語:Why did you end up coming to Japan?
  • 日本語:なぜあなたは日本に来ることになったの?

また、「end up」とほぼ同じ意味で「wind up」(ワインド・アップ)という表現もあります。

「wind」は不規則変化の動詞で、過去形は「wound」(ウンド)なので要注意です。

2-2.英語の「turn out」で「結局~になった」を表現

「turn out」(ターン・アウト)も「結局~になった」や「結局~することになった」という意味でよく使う表現です。

【例文】

  • 英語:It turned out OK.
  • 日本語:結局、よかったよ。

カジュアルな表現でよく使われます。

「turn out」は「蓋をあける」、「ひっくり返す」などの意味があり、「結果がでてみると結局」や「蓋を開けてみると結局」と言うようなニュアンスです。

3.「結局どうなったの?」や「結局どうするの?」は英語で?

3-1.「結局どうなったの?」の英語

「結局、結果はどうなったの?」や「あの後どうなったの?」などと聞くフレーズはいくつかあります。

  • How did it end up?
  • How did it turn out?
  • How did it go?

3-2.「結局どうするの?」の英語

「結局どうするの?」でよく使うのは、「So, what ~?」のフレーズです。

  • So, what’s the plan?:幅広く使える表現です。「plan」は「計画」という意味なので、「どうするのか?」や「どうしたいのか?」を聞くフレーズです。
  • So, what do we do now?:今に限定して「どうするの?」と聞く場合です。
  • So, what time?:待ち合わせの時間について、「結局何時なの?」と言う場合に使います。
  • So, where do we go?:疑問詞は「what」以外を使ってもOKで、「結局、どこへ行くの?」という意味です。

まとめクイズ:「結局」の英語はニュアンスを掴むことが基本!

「結局」の英語は基本表現だけでもたくさんあるので、全て覚えなくてもOKです。

しかし、「結局」のような表現は、日常会話で知らないとどうしても困るという表現ではありませんが、コミュニケーションをスムーズにするには大切な表現です。

慣れてきて使える数が増えて、「結局」を使い分けられるようになると、英会話力や英語のコミュニケーション力がグンとアップしますよ。

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. ポジティブな場合にしか使えない「結局」の英語は?
  2. 逆の結果になった場合の「結局」の英語は?
  3. 「噂は時間が経てば結局は消えてなくなる」という場合に使う「結局」の英語は?
  4. 「sum」を使って「要するに」の英語を作ってみよう!
  5. 「turn」を使って「結局どうなったの?」の英語を作ってみよう!

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「結局」に関する英語でもてこずりますよね。答えを確認してしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. at last
  2. after all
  3. eventually
  4. To sum it up
  5. How did it turn out?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta