著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「気にしないで」の英語|ビジネスでの丁寧な表現やスラングなど15選

のべ722がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「気にしないで」を英語で言えますか?

友達が落ち込んでいるときや、謝られた時など、様々な場面で使うフレーズですよね。

日本語の「気にしないで」は、とても幅広い表現で英語にする場合には、その意味ごとにフレーズを使い分ける必要があります。

そこで、この記事では、様々な「気にしないで」の英語フレーズをご紹介します。ビジネスなどで目上の人に使えるフレーズや、ネイティブが使うスラングなどもご紹介します。尚、関連英語の英語の「気になる」は『気になる」の英語|4つの基本表現とその他の言い方も習得』でご紹介しています。

目次:

0.「気にしないで」はどんな意味?
1.お礼を言われた返事の「気にしないで」の英語
・よく使われる「No problem.」
・カジュアルな「It’s nothing.」
・カジュアルでもビジネスでも使える「Don’t mention it.」
・ビジネスでも使える丁寧な「You’re welcome.」
2.謝罪に対する返事の「気にしないで」の英語
・気軽に使える「Don’t worry about it.」
・スラングの「No worries.」
・イギリス英語でよく使う「It doesn’t matter.」
・フォーマルな場面での「Please don’t be sorry.」
・使えるとかっこいい「It happens to the best of us.」
3.相手を励ます時の「気にしないで」の英語
・命令形の「Forget about it.」
・使う場面に注意!「It’s not a big deal.」
・ネイティブらしく表現!「It’s water under the bridge.」
・スラングでカジュアルな「Don’t sweat it.」
4.直前の言葉を取り消す「気にしないで」の英語
・カジュアルな「Never mind.」
・ニュアンスに注意!「Forget it.」

0.「気にしないで」はどんな意味?

日本語の「気にしないで」はとても便利な表現で、幅広い意味があります。

「気にしないで」でよく使うのは、主に次のような状況です。

  • お礼を言われた返事
  • 謝罪に対する返事
  • 相手を励ます時の表現
  • 直前の言葉を取り消す表現

英語では、これら全てをまとめていい表せる表現がありません。

状況や、伝えたいニュアンスごとに表現を使い分ける必要があります。

次の章から、一般的な日常会話でよく使う「気にしないで」の英語表現を、上記でご紹介したそれぞれのシチュエーションごとに見ていきましょう。

1.お礼を言われた返事の「気にしないで」の英語

カジュアルからビジネス英語でも使える丁寧な言い方まであります。

尚、『英語で「どういたしまして」|返事に困らないための11選』でも、お礼の言葉への返答をさらに詳しく紹介しています。「気にしないで」の代わりに使える表現も多いので、是非こちらも参考にしてみてください。

よく使われる「No problem.」

お礼を言われた時の返事の「気にしないで」で、とてもよく使うのが「No problem.(ノープロブレム)」です。

その前後に、「It’s OK.(大丈夫)」などの文言も入れることも多々あります。因みに、大丈夫の英語は『「大丈夫」の英語|3つの場面!返事・質問・励ましで活用』の記事を参考にしてみて下さい。

「problem」は「問題」で、「no problem」を直訳すると「問題ないよ」となります。つまり、「何の問題もない」「気にするほどのことではない」というニュアンスになります。

「No problem.」は「It’s no problem.」の「It’s」を省略した表現です。

目上の人にも使える表現ですが、少しカジュアルさを含んだ表現です。目上の人に使う場合は、距離が近くて仲の良い上司に限定したほうがよいでしょう。

同じ「no problem」を使って、もう少しかしこまったいい方をしたい場合は下記の表現が使えます。

  • It’s no problem at all. /全然気にしないでください。
  • It’s absolutely no problem. /全く気になさらないでください。

カジュアルな「It’s nothing.」

「It’s nothing.」はカジュアルな「気にしないで」です。

「nothing」は「何も~ない」「少しも~ない」という意味で、「It’s nothing.」は「何でもない」、「気にするほどのことはしていない」、つまり「気にしないで」という意味です。

カジュアルでもビジネスでも使える「Don’t mention it.」

「Don’t mention it.」も、カジュアルな「気にしないで」のフレーズとして使える表現です。

「mention」は「話しに出す」「言及する」という意味です。「Don’t」は「~するな」という命令です。これらをあわせて、直訳すると「そんなこと言わないで」となります。

「お礼なんて言う必要ないよ」、つまり「気にしなくていいよ」と伝える表現です。カジュアルすぎる表現ではありませんが、命令文なので目上の人やビジネスの場面では使わない方がよいでしょう。

目上の人に使う場合は、「Please」をつけて「Please don’t mention it.」とすれば丁寧になります。

ビジネスでも使える丁寧な「You’re welcome.」

「Thank you.」の返事として、よく知られている「You’re welcome.」も、お礼を言われた時の「気にしないで」の代わりとして使える表現です。

日本語訳は、「どういたしまして」なので、直接的に「気にしないで」と伝える表現ではありませんが、お礼を言った相手に「喜んでお手伝いさせていただいたので、全く気にする必要はありません」という、こちらの気持ちを伝えることができる表現です。

「No problem.」や「It’s nothing.」などより、丁寧でビジネスの場面や、目上の人、初めて会う人にも使えます。

もっと丁寧に言いたい場合は下記の表現も使えます。

  • You’re very welcome.
  • You’re more than welcome.

同じく「どういたしまして」の意味で使える、「It’s my pressure.」も、同様にかしこまった場面で使える表現です。

イギリス英語では「Not at all.」をよく使う!

イギリス英語では「You’re welcome.」の代わりに、「Not at all.」を使います。「お礼を言われるほどのことはしていません、お気になさらずに」というニュアンスを含んでいます。

2.謝罪に対する返事の「気にしないで」の英語

「ごめんね」や「ごめんなさい」などと相手に謝られた場合の返事は、先ほど紹介した「No problem.」や、「It’s nothing.」、「Don’t mention it.」も使えますが、ここではその他に使えるフレーズを見ていきましょう。

スラングなどやかっこいい表現も紹介します。

気軽に使える「Don’t worry about it.」

「worry」は「心配する」です。「Don’t worry about it.」を直訳すると、「心配しないで」となります。

謝られたことに対して、「気にするほどのことじゃないよ」という意味で使う表現です。

すごくカジュアルというわけではありませんが、この表現も命令形なので目上の人にはあまり使わない方がよいでしょう。

ビジネスなどの場面で使う場合は、「please」をつけて「Please don’t worry about it.」とすると丁寧です。この表現であれば、ビジネスメールでも使えます。

スラングの「No worries.」

「No problem.」と、同じニュアンスで使う表現です。

「worries」は「心配」で「No worries」は「心配はない」つまり、「心配することはない」、「大丈夫、気にしないで」という意味になります。

SNSなど、インターネット上では「NW!」と略して使うこともあります。

もともと、オーストラリアのスラングで、オーストラリアや、隣国のニュージーランド、イギリスでよく使われるフレーズです。最近は、アメリカでも使う人も少数ですがいます。

スラングなので、「Don’t worry.」よりカジュアルなので、使う場面には要注意です。

イギリス英語でよく使う「It doesn’t matter.」

特に、イギリス英語でよく使う表現です。

「matter」は、ここでは「問題がある」という意味です。「問題ないよ」、「重要ではないよ」、つまり「気にすることじゃないよ」という意味です。

言い方によっては、「そんなの、どうでもいいよ」という投げやりな意味になるので、要注意です。

フォーマルな場面での「Please don’t be sorry.」

フォーマルな場面で、目上の人に使える表現です。「謝らないでください(申し訳なく思わないで下さい)」という意味です。ビジネスメールなど文章でも使うことができます。

「Please」を省略して「Don’t be sorry.」は少しカジュアルになりますが、よく使う表現です。

使えるとかっこいい「It happens to the best of us.」

直訳すると「それは、私たちの中で最も恵まれた人にでも起こる」となります。つまり、「だれにでも起こりえることだから、気にしないで」という意味になります。

相手が失敗してしまって、謝られた時に使えます。また、謝られてはいなくても、失敗に対して「大丈夫!気にしないで」と励ます時にも使える表現です。

3.相手を励ます時の「気にしないで」の英語

友人などが、心配や不安でいっぱいな時、失敗して落ち込んでいる時にも、「気にするなよ」「気にしないで」と励ましますよね。先に紹介した、「Don’t worry about it.」なども、励ます表現として使えます。

ここでは、会話の相手を励ます時に使える、その他の表現を見ていきましょう。

命令形の「Forget about it.」

「forget」は「忘れる」で、動詞から始まる命令文なので「そんなこと、忘れて!」という意味です。

謝られた時にも、「気にすることじゃないから、大丈夫。忘れて!」というニュアンスでも使えます。

使う場面に注意!「It’s not a big deal.」

「a big deal」は「たいしたこと」「一大事」等の意味です。

「It’s a big deal.」は、そのまま「大したことじゃない」という意味になります。「そんなこと、大したことじゃないから気にしないで!」という意味で使えます。

「No big deal.」と短くして言う場合もあります。

ただし、「そんな、大したことないのに大げさな!」という皮肉にもなるので、使う場面には要注意です。

ネイティブらしく表現!「It’s water under the bridge.」

お決まりの表現ではなく、いつもと違うネイティブのような表現で励ましたい時に使えます。

「water under the bridge」を直訳すると、「橋の下の水」です。橋の下にある水は、常に流れていてとどまることがありません。

それと同じように、起きてしまったことや、してしまった失敗は流れ去っていって、「もう過去のことだから気にしないで」という意味です。

スラングでカジュアルな「Don’t sweat it.」

スラング表現です。「sweat」は「汗をかく」という意味ですが、そこからスラングでは「心配する」という意味でも使います。

「Don’t worry.」と同じ意味ですが、スラングなのでかなりカジュアルな表現です。「No worries.」と同じように使えます。

4.直前の言葉を取り消す「気にしないで」の英語

会話中に、話しに出してしまったけど、「やっぱりいいや、気にしないで」ということがありますよね。

そのような場面で、使えるフレーズを見ていきましょう。

カジュアルな「Never mind.」

カジュアルな表現です。

「never」は「決して~しない」「絶対に~しない」という意味で、「mind」は「気にする」という意味です。つまり、そのまま「気にしないで」という意味になります。

質問されたことに対して、答えをはぐらかす場合にも使えます。

話していたけれど、相手が全く聞いてくれなくて「もういいよ!」と、半分怒りながら使うこともあるので、言い方は要注意です。

ニュアンスに注意!「Forget it.」

「忘れて」という意味です。「Never mind.」とほぼ同じ意味ですが、かなりカジュアルな表現で、マイナスな意味で使うことも多いので要注意です。

また、「Forget about it.」の使い方と多少違うのでその点も注意しましょう。

まとめ:一つだけではない「気にしないで」の英語を正しく使い分けよう!

これまで色々な「気にしないで」の英語フレーズをみてきましたが、他にも次のようなものもあります。

「私のことは気にしないで」、「お構いなく」という場合の気にしないでには、「Don’t bother.」の表現を使います。「手を煩わせる必要はないよ」というニュアンスで使います。

日本語では「気にしないで」と、ひと言でまとめられてしまう表現ですが、英語にするとこんなにたくさんの表現があります。

特に「No problem.」や「Don’t worry.」、「Never mind.」などは、幅広い場面で使えて、ネイティブたちもよく使うので覚えておくと便利です。

ただし、これらの表現はどれもカジュアルです。

ビジネスで使う場合は、「please」をつけたり、省略せずに文を使ったりするなど、丁寧な表現になるように心がけましょう。特に、ありがとうと言われた場合の、「You’re welcome.」はありきたりですが、フォーマルな場面では、幅広く使えるので、そのことも覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta