著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「気になる」の英語|4つの基本表現とその他の言い方も習得

のべ112,127がこの記事を参考にしています!

「気になる」を英語で表現できますか?

日本語の「気になる」は様々なニュアンスが含まれています。

そのため、「気になる」の対訳になる英語表現は無く、伝えたいニュアンスによって使い分ける必要があります。

そこで今回は、様々な「気になる」の表現をご紹介します。「気にする」「気にしないで!」など、日常生活でよく使う表現も併せて覚えておきましょう。

「気になる」の英語:基本編(恋人・友人・ビジネスなど)

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

日本語の「気になる」は様々なニュアンスを含んでいて、色々な場面で使えるとても便利な表現です。

英語は日本語よりも、全般的に「どんな気持ちなのか」、「どんな状態なのか」を明確にする 傾向があります。

そのため、日本語の「気になる」のようにオールマイティーに使える表現はありません。

「どの様に気になるのか?」「どんなニュアンスを含んだ気になるなのか?」に応じて、表現を使い分ける必要があります。

「気になる」の基本英語表現をまず4種類、見ていきましょう。

「心配」の英語を使って「気になる」を表現(ネガティブ)

「上手くいったか心配で気になる」「遠くにいる人が健康か、大丈夫か心配で気になる」など「気になる」には「心配」の意味合いで使われる表現があります。

「心配」の「気になる」は「worried」を使います。「worried」の後にくるのは「about」か「that」です。「about」の後には心配している人や物を置きます。

「be worried about」を使った例文

※「I’m worried about the exam.(試験のことが気になります。)」などにも使えます。

次は、「that」の後は、どんなことが気になっているのか具体的な内容を文章で入れます。

「be worried that」を使った例文

心配の「気になる」の表現としても「be concerned(コンサーンド)」「be anxious(コンシャス)」も使えます。

「be concerned about/that ~」

「be concerned」を使った例文

「concerned」は、「心配」というニュアンスの他に、「関心をもつ」という意味もあり、「関心」や「愛情」がある人を「気にかける」という意味あいもあります。

「worried」に比べると若干ですが「心配度」が低い表現です。

「be anxious about/that ~」

「be anxious」を使った例文

「anxious」は、未来に対する漠然とした「心配」という意味あいが強く「worried」より漠然とした「心配」です。

こちらも「worried」に比べると少し「心配度」は低いです。

「~かどうか」の英語を使って「気になる」を表現

「事実がどうなのか気になる」や「未来にどうなるのか気になる」という場合に「気になる」を使うこともありますよね。

「明日晴れるかどうか気になる」、「答えが正しいか気になる」などの場合ですが、ここに「心配」のニュアンスが含まれる場合もあるので、意味的には「心配」の表現と近くなります。

このような場合は、「wonder if ~」(ワンダー・イフ)の英語を使います。「if」の後には、「気になること」を文章で入れます。

「wonder if」を使った例文

「I wonder if it will clear up next Monday.(来週の月曜日、晴れるか気になります。)」などにも使えます。

「知りたい」の英語を使って「気になる」を表現

「知りたい」という意味の「気になる」の場合もありますよね。

この場合の「気になる」は「物を知りたがる」や「好奇心の強い」という意味がある、「curious(キュリアス)」を使います。

基本は「be curious about ~」で、「about」の後は、気になる人や物を入れます。

「be curious」を使った例文

「腑に落ちない」の英語を使って「気になる」を表現

「なんだか腑に落ちない」「引っかかる」場合の「気になる」もありますよね。

全て素敵なんだけど、「ここの部分だけ気になる!」や「なんだかミスマッチ!」という時ありますよね。

そんなときは「bother(ボザー)」を使います。基本形は「~ bother someone」となります。

「bother」を使うのは、いい意味で「引っ掛かる」のではなく、ネガティブな意味で「気になる」時です。

「音がうるさくて気になる」などの場合もこの「bother」を使います。

「bother」を使った例文

様々な「気になる」の英語表現

基本表現で紹介した「気になる」以外にも、様々なニュアンスの「気になる」があります。

「気になる」の表現をさらに見てみましょう。

「be interested in ~」で「気になる」を表現

「惹かれる」や「興味がある」という意味の「気になる」は、「interested(インタレスティッド)」を用います。

「be interested in」を使った例文

「興味がある」という意味でよく使われる「be interested in」ですが、「好意を寄せている」という意味の「気になる」でも使います。

また、好意がなくても「人として気になる」場合にも使います。

「be conscious of ~」で「気になる」を表現

「意識している」や「(身体的に)知覚がある」などの「気になる」は「conscious(コンシャス)」を使います。

「be conscious」を使った例文

「can’t stop thinking ~」で「気になる」を表現

直訳すると「~について考えることを止められない」です。

「頭から離れない」という意味の「気になる」は「can’t stop thinking」を使います。

「can’t stop thinking」を使った例文

「be nervous about」で「気になる」を表現

「神経質になる」「怖がる」「不安になる」という意味がある「気になる」は「nervous(ナーヴァス)」を使います。

「細かいことを気にしすぎる」というネガティブなニュアンスで使うことが多い表現です。

「be nervous」を使った例文

「気になる」の英語を実践で使おう!オンライン英会話5選

「気になる」に関する英語表現を覚えるだけでなく、日常シーンでよく使う英語と一緒に話せるようになると、英会話の上達も早く、普通に英語が喋れるとかっこいいですよね。

「英語を話す力」を身につけるためには、オンライン英会話で実際の会話の数をこなすことが大切です。

よって、ここでは無料で試せるオンライン英会話を厳選して5つご紹介します。

  • レアジョブ
  • Native Camp(ネイティブキャンプ)
  • クラウティ
  • kimini英会話
  • hanaso

それぞれ順番に見ていきましょう。

レアジョブ

レアジョブは、講師数6,000名を超える日本最大級のオンライン英会話です。

1レッスンあたりの費用は脅威の約170円〜、毎日1回以上レッスンを受けることができます。

レアジョブで用意されているカリキュラムは幅広く、日常英会話をはじめとして、海外旅行英語、ビジネス英語、その他シーンに合わせた英語など、自分の学びたいカリキュラムを自由に選択できます。

また、講師数6,000名の中には、本場のネイティブ講師も在籍しているため、より本場に近い英語を学びたい方にもぴったりです。

「オンライン英会話を受講したいけど、どのサービスを選んで良いのか分からない」という方は、第一候補としてレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。今なら2回の無料体験レッスンを受講することも可能です。

レアジョブ英会話の無料体験はこちら

Native Camp(ネイティブキャンプ)

Native Camp(ネイティブキャンプ)は、業界初のレッスン受け放題システムを採用しているオンライン英会話です。ネイティブキャンプにログインするだけで、24時間365日、いつでも好きな時間にレッスンを受けることができます。

また、一般的なオンライン英会話は「1回のレッスン時間は25分〜」と制限を設けられていることも多いですが、ネイティブキャンプは5分だけレッスンを受けることも可能。

朝の通勤前にレッスンを受けるも良し、寝る前に少しだけ英語を勉強するのも良し。

さらに、自習用のコンテンツとして「読み放題」「聞き放題」機能も搭載されており、リーディングやリスニングの強化も自由に行うことが可能です。

これだけ充実したコンテンツが用意されているオンライン英会話は他に存在しないため、低価格でボリューム感のあるレッスンを受けたい方はネイティブキャンプを受講してみましょう。今なら1週間の無料体験レッスンを受けられます。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

クラウティ

クラウティは、家族でシェアできることで有名なオンライン英会話です。

1つのアカウントで、最大6名までアカウントを共有できます。6名で利用したとしても、かかる費用は1アカウントのみの月額4,950円〜。

レッスン回数は1日2回〜4回を選択できるので、「今日はママが英語を勉強する日」「明日は子どもに英語を勉強させる日」という形で、シェアしながら家族全員で英語を学べるのがクラウティのメリットです。

通常のオンライン英会話は「Zoom」や「Skype」といった外部アプリを使ってレッスンを行いますが、設定をしたことがない人にとっては難易度が高いもの。

その点、クラウティは独自のレッスンシステムを採用しているので、クラウティにログインするだけでレッスンを行うことができます。

圧倒的に低価格で、家族全員で英語を楽しく学びたい方は、一度クラウティの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

クラウティの無料体験はこちら

kimini英会話

kimini英会話は、子どもから大人まで細かにレベルが設定されたカリキュラムで学べるオンライン英会話です。

教育業界で70年以上の実績を誇る学研が運営しており、高校・大学など200以上の教育機関で導入されているレベルの高いカリキュラムが用意されています。

「レベルが高くてついていけないかも」と不安に感じている方も、受講をスタートしたタイミングで、スピーキング力を確かめられるテストを受けられます。

こちらのテストの結果に合わせてカリキュラムを提案してくれるため、自分のレベル以上に難しいカリキュラムでレッスンが進むことはありません。

さらに、月額料金も1,100円(税込)〜と、業界最安値クラスです。

子どもから大人まで、品質が担保されたカリキュラムで英語を学びたい方は、kimini英会話を選んでみてはいかがでしょうか。

kiminiオンライン英会話 公式サイトはこちら

hanaso

hanasoは、英語の復習に特化したオンライン英会話です。

  1. レッスンで学び口になじませる
  2. 復習システムにより効率よく定着させる
  3. 音声教材で会話での使い方を練習する

上記3つのステップでレッスンが進むので、日常的に使っている英語を効率よく覚えられるのがhanasoのメリットです。

レッスン教材も豊富に用意されており、日常英会話をはじめとして、おもてなし英会話、特定のシーンに特化したトピックトーク、自由に英語を話すフリートークなどがあります。

「一度覚えた英語を忘れてしまった」「学習の二度手間を減らしたい」と考えている方は、hanasoを選んでみてはいかがでしょうか。

hanasoの無料体験はこちら

「気にしないで!」の英語フレーズ一覧

誰かに「気にしないで!」と声をかける時のフレーズもよく使うものをいくつか確認しましょう。

また、詳しくは『「気にしないで」の英語|ビジネスでの丁寧な表現やスラングなど15選』でもまとめていますのでご確認下さい。

  • Never mind! ※とても良く使われる表現です。「mind(マインド)」は「~を気にする」という英語です。「never」は「一度も~しない」という意味があるので、「そんなこと、全然気にしなくていいよ」というニュアンス使います。フランクな表現です。
  • Don’t worry about it! ※相手が失敗をしてしまった時に、「大したことないよ」「大丈夫」というニュアンスでかけてあげる「気にしないで!」です。
  • No problem! ※直訳すると「問題ないよ!」です。「問題ないから、気にしないで!」という意味や、相手から頼まれごとをしたときに「もちろんだよ!」というニュアンスで使う表現です。
  • Don’t bother. ※「お構いなく」という訳で使われる表現です。「手を煩わせる必要はないよ」「気にしないで」というニュアンスで使います。

スラング・略語の「No worries.」

「No problem.」と、同じニュアンスで使うスラング表現です。

「worries」は「心配」で「No worries」は「心配はない」つまり、「心配することはない」、「大丈夫、気にしないで」という意味になります。

SNSなど、インターネット上では「NW!」と略して使うこともあります。

もともと、オーストラリアのスラングで、オーストラリアや、隣国のニュージーランド、イギリスでよく使われるフレーズです。最近は、アメリカでも使う人も少数ですがいます。

スラングなので、「Don’t worry.」よりカジュアルなので、使う場面には要注意です。

下記が例文です。

  • 相手:Sorry.(ごめん)
  • あなた:No worries.(大丈夫だよ、気にしないで)

など。

まとめ:「気になる」の英語は使い分けが大事!

「気になる」は日常生活でよく使う表現です。

まずは基本の表現でご紹介したものから覚えて、使い分けられるようにしましょう。また、「気にする」や「気にしないで!」の表現も、使用頻度が高い表現ばかりなので是非覚えて使えるようにしましょう。

日本語と違って1つの表現だけ覚えればいいのではないのが英語の特徴です。少しずつ慣れるようになりましょう!

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英会話
マイスキ英語

人気記事ランキング

1
onlineeikaiwa_ranking2
3
4
5
6
7
8
9
10

コメント

sp-cta
pc-cta