著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「伝える」の英語|7つの単語とビジネスでも使う!関連表現

のべ21,023がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「伝える」に関する様々な表現を英語で言えますか?

ビジネスなども含む日常の様々な場面で、メッセージや情報などを第三者に「伝える」機会がありますよね。

例えば、住所、電話番号、考え、感謝、愛、などなど、挙げたらきりがないくらい多くの場面で使う表現ですね。

よく使う表現だからこそ、様々な言い方を知っておいたほうが良いですね。

よって今回は、知っているようで知らない、「伝える」に関する様々な英語表現をご紹介します。

目次:
1.「伝える」の基本英語
1-1.英語の「tell」で「伝える」を表現
1-2.英語の「inform」で「伝える」を表現
1-3.英語の「report」で「伝える」を表現
1-4.英語の「communicate」で「伝える」を表現
1-5.英語の「convey」で「伝える」を表現
1-6.英語の「express」で「伝える」を表現
1-7.英語の「teach」で「伝える」を表現
2.良く使う!「伝える」の関連英語と表現集

1.「伝える」の基本英語

一般的に、「伝える」は英語で「tell」表現することが多いですが、その他に「inform」、「report」、「communicate」、「convey」、「express」、「teach」なども「伝える」の英語表現です。

それぞれの英語を見てみましょう。

1-1.英語の「tell」で「伝える」を表現

「tell」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
テル
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/tell.mp3
tél

※過去形、過去分詞形は「told」で、不規則変化形です。

基本的な単語で、ネイティブの日常会話や様々な場面で幅広く使える表現です。先ずはこの「tell」をしっかりと押さえましょう!単純に「話す」というシチューエーションでも多く使われます。

1-2.英語の「inform」で「伝える」を表現

「inform」の発音を確認してみましょう。

読み方
音声
発音記号
インフォーム
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/inform.mp3
ɪnfˈɔɚm

「inform」は「報告する」、「通知する」という意味もあり、フォーマルな言い方です。

ビジネス文書などでは「inform」を使うことが多いです。一般の会話では、堅苦しい感じがするのであまり使いません。

1-3.英語の「report」で「伝える」を表現

「report」の発音を確認してみましょう。

読み方
音声
発音記号
リポート
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/report.mp3
rɪpˈɔɚt

「report」はリポーター(reporter)という言葉があるように、新聞やニュースの報道などでよく使われる表現です。

「報告する」という意味があり、一般的な報告の場面でも「伝える」の意味で使います。

1-4.英語の「communicate」で「伝える」を表現

「communicate」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コミュニケイト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/communicate.mp3
kəmjúːnəkèɪt

情報や感情を伝える場合に使う表現です。コミュニケーション(communication)という言葉があるように、双方での情報など伝える(情報交換など)という関係の際に使われるのが通常です。

1-5.英語の「convey」で「伝える」を表現

「convey」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コンベイ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/convey.mp3
kənˈveɪ

※発音のアクセントは後ろにある「vey」を強く発音します。

意思、思想、感情や情報などを伝える時に良くつかいますが、多少フォーマルです。

1-6.英語の「express」で「伝える」を表現

「express」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
エクスプレス
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/express.mp3
eksprés

自分の気持ちや考えを表現する場合で良く使う「伝える」の英単語です。

1-7.英語の「teach」で「伝える」を表現

「teach」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ティーチ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/teach.mp3
tíːtʃ

「教える」という意味で、基本の単語ですね。この「teach」も「教えを伝える」というニュアンスで「伝える」の意味で使うことができます。

その他にも、「instruct」、「transmit」、「impart」、「propagate」、「bequeath」、「pass on」、「hand down」、「give information」など様々な「伝える」の意味を持つ類義語の表現がありますが、ここでご紹介した7つの英単語を先ずは覚えるだけでネイティブとの英会話では問題ありません。

2.良く使う!「伝える」の関連英語と表現集

ネイティブとの会話で欠かせない「伝える」の英語表現をご紹介します。

オフィスや電話などで「伝言を伝える」、「~によろしく伝える」やその他の関連表現もマスターしましょう!

また、お礼(感謝)や嬉しい気持ちを伝えたりする場合のフレーズも押さえておくと英会話の幅が広がります。是非、各記事でそれらの英語表現にも触れておきましょう!

  • 「彼に~を伝える」:tell him about~
  • 「伝言を残す」:leave a massage
  • 「なにか伝言はございますか?」:Would you like to leave a message?
  • 「メッセージを承りましょうか?」:Shall I take a message? ※メッセージと併せて、名前や連絡先も聞いておくのがベストです。「May I take a message?」でもOKです。
  • 「伝言をお願いしてもいいですか?」:May I leave a message? ※「Can I leave a message?」はもっとカジュアルになります。
  • 「彼女に伝言をお伝えします」:I’ll give her your message.
  • 「彼に間違いなくお伝えしますね」:I’ll make sure he will get the message. ※直接的に「伝える」という単語は使っていませんが、すごく良く使うフレーズです。make sureは「必ず~する」です。
  • 「よろしく伝える」:say hello
  • 「ご家族によろしくお伝えください(フォーマル)」:Say hello to your family. ※丁寧にしたい場合は、文頭に「please」や「Give my best regards to your family.」と「give my (best) regards to ~.」の文を使います。
  • 「みんなによろしく伝えてね!(カジュアル)」:Say hi to everyone. ※helloを「hi」にするだけでカジュアルな言い方になります。
  • 「トムにくれぐれもよろしく伝えてね」:Say big hi to Tom. ※「big」をつけると「くれぐれもよろしく」と言う表現になります。
  • 「電話があったことを伝えますね」:I tell ~ that you called.
  • 「思いを伝える」:express my feeling ※「convey」でも構いません。本当の思いを伝えるは、「express my true feeling」となります。
  • 「考えを伝える」:express my thoughts
  • 「希望(要望)を伝える」:tell my request ※カジュアルな表現です。
  • 「熱意を伝える」:convey my enthusiasm
  • 「お悔やみを伝える」:convey my sincere sympathies
  • 「嬉しい気持ちを伝える」表現:『「嬉しい」の英語|ネイティブが使う4つの表現とスラング
  • 「愛を伝える」表現:『英語で「愛の言葉」を表現しよう!すぐに使える50フレーズ
  • 「おめでとう(お祝い)を伝える」表現:『英語で「おめでとう」|絶対に外せない3つのフレーズと例文
  • 「お礼(感謝)を伝える」表現:『「感謝」の英語|ありがとうの3つの基本とメッセージ集

まとめ:「伝える」の英語は基本を押さえるだけで簡単!

「伝える」の基本単語は「tell」で、様々な場面で使えます。

英会話では切っても切り離せない単語です。単純なようで、「say hi」などは知らなかった!という方も多いのではないでしょうか。

日常生活やビジネスシーンでも特に、「伝言を伝える」フレーズと、「よろしく伝える」フレーズは使用頻度がとても高いのでしっかり覚えて、使えるようにしておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta