著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

日本語訛りをすぐに解消!3つの英語発音矯正トレーニング

のべ12,971がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたは自分の英語の発音をネイティブのようにかっこよくしたいと思っていますか?

でも、いつまでたっても、「日本語訛り(なまり)」のままで、でもその解決方法が分からない・・・

海外に留学や滞在などしなくても、英語の発音がネイティブ並みにきれいな日本人の方は沢山います。

では、何が違うのか?

そこには、日本人の発音とネイティブの発音の決定的な違いが存在するのです。

ここでは、日本人訛りの特徴を3つに絞り、集中的に矯正できる具体的な発音練習方法をご紹介します。1週間もあれば、簡単に日本語訛りの英語を取り除けるので、是非参考にしてみて下さい。

目次:

0.「日本人訛りの英語の発音」とは?ネイティブとの違いは1つだけ

1.日本語訛りの英語発音を矯正|「リンキング」編
1-1.英語の発音に欠かせない「リンキング(リエゾン)」とは?
1-2.「リンキング(リエゾン)」の具体的な発音練習方法

2.日本語訛りの英語発音を矯正|「リダクション編」
2-1.意外と知らない英語発音の「リダクション」とは?
2-2.「リダクション」の具体的な発音練習方法

3.日本語訛りの英語発音を矯正|「アクセント」編
3-1.英語のリズムを生み出す「アクセント」とは?
3-2.「アクセント」の具体的な発音練習方法

0.「日本人訛りの英語の発音」とは?ネイティブとの違いは1つだけ

「日本語訛り」の英語とはそもそもどういう発音の仕方なのでしょうか?

それは、「リズム」(イントネーション)です。

  • 英語:英語の発音に抑揚があるリズム
  • 日本語:一遍調子の、のペーっとしたリズム

次の画像にあるように、上が英語、下が日本語だとお考え下さい。

これが決定的に違う一番大きな特徴の発音なのです。

私もそうなのですが、英語を習得した方やネイティブは、日本人訛りの英語は本当に聞きにくいのです。

英語はリズムで話す言語であり、日本語の一遍調子(フラット)の音は、英語として耳に入ってこないのです。

でも、日本人はこのフラットな英語の音に慣れているため、日本人同士でグループで話す英会話スクールなどでの日本人の英語は聞き取れるが、ネイティブの英語が聞き取れない現象が起きるのです。

では、どこからそのリズムの違いが生まれているのでしょうか?

そこには、3つの大きな要因があり、これらを順に矯正していく必要があるのです。

次から、その3つの要因と具体的な練習方法を見ていきましょう。

1.日本語訛りの英語発音を矯正|「リンキング」編

まず、日本語訛りの英語発音を解消するのに、最初に取り組んでほしいのが、リンキング(リエゾン)です。

1-1.英語の発音に欠かせない「リンキング(リエゾン)」とは?

「リンキング(リエゾン)」は何なのでしょうか?

簡単に説明すると、「音と音のつながり」です。

日本人は全ての音を、ぶつ切りのように発音するのが特徴的です。

どのようなものなかの?

下記がその例です。カタカナで日本人の発音を表現しています。

  • 英語:When I woke up, it was already nine o’clock.
  • 日本語発音:ウェン・アイ・ウォーク・アップ、イット・ワズ・オーレディー・ナイン・オクロック

一方、ネイティブの発音がどうなるかをカタカナで表現してみます。赤字の部分に注意してみて下さい。

  • 英語:When I woke up, it was already nine o’clock.
  • ネイティブ発音:ウェイ・ウォーップ、イット・ワーレディー・ナイクロック

要するに、2つの音がつながり、そしてあたかも一つの単語のように発音しているのです。

日本語訛りの発音で「9個」、ネイティブ発音で「5個」のみの単語を発音している感覚です。約半分ですね。

この大きな違いが、英語のリズムに影響して、日本語訛りの発音を加速させているのです。

日本人にも馴染みのある「Thank you(サンキュー)」ですが、実はこれもリンキングの1つであり、既に多くの日本人の方が自然と実践しているのですが、英文の中でそれが出来ていないだけなのです。

1-2.「リンキング(リエゾン)」の具体的な発音練習方法

まず最初に、英会話の中で特に多い「N」の発音とその次の音のリンキング(リエゾン)について、見てみましょう。

英語の発音自体、舌の位置が重要になります。これは他の発音でも同様です。

ちゃんと通じる!英語の発音が一気に上手くなる意外な5つの音』の記事でも書いているように、日本人は「N」の発音を「ん」という舌の位置で発音しており、これがりキングが出来ない理由の一つになっています。

先ほどの例文「When I woke up, it was already nine o’clock.」にも、赤い字の部分の2か所の「N」の発音の部分で、リンキング(りえぞん)が起こっています。

例文の「Nine」と同じように、数字の「One」すらも、多くの日本人が正しく発音していないのです。

  • 日本語の「ん」の音・・・舌がどこにも付いていない音
  • 英語の「N」の音・・・舌の先が「上の前歯の付け根」についている音

先ずはこの舌の位置を意識するようにしましょう。

もちろん、その他にもリンキング(リエゾン)は無数に存在しているので、下記の問題例文でどこの音が重なってネイティブが発音しているのか、トライしてみましょう!

問題例文:どの音がリンキングしているでしょうか?

  1. The staff is cleaning the bed.
  2. The man is drinking some water.
  3. One of the men is wearing a hat.
  4. He is picking up a piece of paper from the floor.
  5. They are standing in line in front of the fitting room.

答え:赤字の部分が正解です。

  1. The staff is cleaning the bed.
  2. The man is drinking some water.
  3. One of the men is wearing a hat.
  4. He is picking up a piece of paper from the floor. ※3つの単語がリンキングしていますね。
  5. They are standing in line in front of the fitting room.

それぞれの実際のネイティブの音声を聞いてみましょう!

  1. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/The-staff-is.mp3
  2. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/the-man-is.mp3
  3. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/one-of-the-men.mp3
  4. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/he-is-picking-up.mp3
  5. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/they-are-standing.mp3

ここでご紹介した英文だけでもいいので、実際に自分でリンキングを意識して発音してみて、それを「ボイスレコーダー(無料アプリなど)」で録音して聞いて、比較してみましょう!

先ずは、1つのリンキングから、徐々に英文全てにあるリンキングをトライしてみて下さい。そのコツがすぐにつかめるはずです。

2.日本語訛りの英語発音を矯正|「リダクション編」

リンキング(リエゾン)と同じような、ネイティブの発音の特徴に「リダクション」というのがあります。

2-1.意外と知らない英語発音の「リダクション」とは?

先ほども、英語の発音には舌の位置が大切なのは解説しましたが、この「リダクション」にも大きく影響します。

日本人の英語の特徴は、ぶつ切りで、全ての単語を「一つずつはっきりと発音」しようとしますが、一方、ネイティブの発音には「リダクション」と言って、「音が落ちる(なくなる)」ものが多いのです。

例えば、次の英語をどう発音していますか?

  • 英語:Good night
  • 発音:グッ・ナイ

これが、リダクションです。「good」の「d」の音が落ちていますね。「t」もほとんど発音しません。

先ほどもお伝えした「Thank you」のように、日本人は既に英語の特徴的な、リンキング(リエゾン)とリダクションを実践しているのですが、どうしても英語を話す時となると、その発音が出来ていないのです。

要するに、ここでは、「Good」の「d」と「night」の「n」の舌の位置が同じなため、前の音(d)を発音していないのです。

また、「night」の「t」は文の最後にあり、舌をその位置に置いているだけで、ほとんど発音しません。それでもネイティブの発音と同じで通じるのです。

2-2.「リダクション」の具体的な発音練習方法

このように、英語では発音を発音記号のようにハッキリと発音しない場面が多くあります。

ここでは、英会話でも使える「リダクション」の発音をいくつかピックアップしましたので、カタカナの部分をそのまま発音する癖をつけていきましょう!

  • Good morning → グッ・モーニン ※「d」と「g」を発音しない
  • sit down → シッ・ダウン ※「t」を発音しない
  • twenty → トゥエ二ー ※「t」を発音しない
  • want to → ウォントゥー ※「want」の「t」を発音しない
  • like him → ライキム ※「h」を発音しない
  • extactly → イグザクリー ※「t」を発音しない
  • a lot of → ア・ララ ※「f」を発音しない
  • shut it down → シャリッ(シャティ)・ダウン ※「shut it」がリンキングで、「it」の「t」を発音しないリダクションのミックス

3.日本語訛りの英語発音を矯正|「アクセント」編

「リンキング(リエゾン)」と「リダクション」は、2~3語の英単語の中での英語の発音で、リズムを作る方法でしたが、ここでは、一英文を通して日本語訛りの発音を矯正する方法をご紹介します。

3-1.英語のリズムを生み出す「アクセント」とは?

「アクセント」という言葉は聞いたことがありますね。

一英文の中で強調して強く発音するおところを、アクセントといいます。「ストレス」とも表現します。

下記のように、英語のリズムと日本語の違いを、冒頭でお伝えしました。

  • 英語:英語の発音に抑揚があるリズム
  • 日本語:一遍調子の、のペーっとしたリズム

日本語訛りの一遍調子のリズムを、英語のリズムに変えていく最終的なコツが「アクセント」になるのです。

下記が「一英文でのアクセントの基本」となるので、そこを押さえるだけでもあなたの英語の発音が全く変わってきます。

  • 主語と動詞(またはingの動名詞)
  • 場所
  • 時間

たったこれだけです。

他の「be動詞」や「前置詞」、aやtheなどの「冠詞」は強く発音しません!

実際の音声を聞いてみましょう!

3-2.「アクセント」の具体的な発音練習方法

「リンキング(りえぞん)」のところで聞いた音声をここでも活用してみましょう。

さて、どこにアクセントを置きますか?

太字がアクセントの箇所となります。先ほどご紹介した「アクセントの基本」通りです。

  1. The staff is cleaning the bed.
  2. The man is drinking some water.
  3. One of the men is wearing a hat.
  4. He is picking up a piece of paper from the floor.
  5. They are standing in line in front of the fitting room.

実際の発音の音声です。

  1. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/The-staff-is.mp3
  2. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/the-man-is.mp3
  3. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/one-of-the-men.mp3
  4. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/he-is-picking-up.mp3
  5. https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2018/02/they-are-standing.mp3

こちらも是非、ボイスレコーダーなどをを使ってネイティブの音声と比較してみましょう!それだけで、すぐに英語の発音らしいリズムが身についてきます。

まとめ:日本語訛りを解消したらリズニングにも効果が出る!

ここでご紹介した「リンキング(リエゾン)」、「リダクション」、そして「アクセント」を自分で身に付けることで、英語のリスニングにも効果絶大となります。

つまり、英語のリズムで聞けるようになるのです。

その時に必ず思うはずです。「日本語訛りの英語は聞きにくい」と。

是非、ここでご紹介した3つの発音矯正トレーニングを実践して、ネイティブの英語の発音を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta