著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「パン」の英語|発音と20個以上あるパンの種類と基礎知識

のべ50,466がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「パン」を英語で言えますか?

欧米の英語圏ではパンは毎日といっていいほど食べるものです。

そのため日々の会話の中で、パンについての話題が出てきます。でも、パンの種類など細かいことまで英語では学校で習いませんよね。

また、「あんパン」や「メロンパン」など日本独特のパンを外国人に説明する時にどのような英語を使えばいいんだろうか?という疑問も出てきます。

よって今回は、海外では日常的に触れる「パン」やにまつわる英語や知識、また日本のパンについても一緒にご紹介します。

目次:
1.パンは英語じゃないの?
2.「パン」に関する英語
2-1.一般的な「パン」の種類の英語
2-2.日本の「パン」の種類の英語
2-3.「パン」に関する英語のことわざ

1.パンは英語じゃないの?

パンは英語で「bread」と言います。

「bread」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ブレッド
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/10/bread-2.mp3
bréd

「あれ?パンは英語ではないの?」と思った人もいるかもしれません。実は、パンは和製英語のひとつです。

「パン」という言葉は、ポルトガル語が語源だと言われています。

ラテン語の「Panis(パニス)」がポルトガルに伝わり「pao」というポルトガル語になりその言葉が日本に伝わりました。このラテン語の「Panis」は他のヨーロッパの言語の語源にもなっていて、スペイン語では「Pan」、イタリア語では「Pane」、フランス語では「Pain」と似た言葉が使われています。

16世紀頃、日本には多くのキリスト教宣教師がポルトガルから来日して、キリスト教を伝えていました。聖書の教えの中には、パンが食糧の代名詞として出てくるため、この言葉が広く伝わったと言われています。

一方、英語の「bread」はゲルマン語の「Brauen(ブラウエン)」が語源です。英語の「bread」だけでなく、ドイツ語の「Brot」や、オランダ語の「Brood」なども「Brauen」が語源だと言われています。

ヨーロッパ語圏では、このように大きく分けると「Panis」が語源のものと、「Brauen」が語源のものに分かれています。

ちなみに、英語で「pan」というと鍋のことです。「frying pan」はフライパンで食べ物のパンではなくなってしまうので要注意です。

2.「パン」に関する英語

よく使うのが「パンを焼く」です。

パンを焼くという日本語には2つの意味があります。

小麦など材料を混ぜて、できたたねをオーブンなどで焼く場合の「焼く」という意味と、トーストのようにパンとしてできているものをあたためるために「焼く」場合です。

bake bread

  • パンをつくる場合の焼く:bake bread
  • パンをあたためる場合の焼く:toast bread

toast bread
その他のよく使う「パン」に関する英語は下記です。

  • パン1切れ:a slice of bread
  • ひと塊のパン:a load of bread
  • パンにバターを塗る:spread butter on bread
  • パン屋で働く人:baker
  • パン屋:bakery
  • 自動パン焼機:automatic bread make

2-1.一般的な「パン」の種類の英語

「パン」と一口に言っても、様々な種類のパンがありますよね。

croissant
海外でもでよく食べられている、様々な種類のパンとその英語の言い方をご紹介します。

  • white bread:食パン ※サンドイッチなどに使われる、日本の一般的な食パンです。全粒粉で作ったパンが少し茶色がかっているのに対して、通常の食パンは白いので「white bread(白いパン)」と言われます。アメリカでは食パンは日本より薄めに切るのが一般的です。
  • wheat bread :全粒パン ※「wheat」は小麦という意味です。全粒粉を使って作られた食パンです。お米で言うと玄米の状態で小麦全体を使っているので、少し茶色い色をしています。一般的な食パンは胚乳と言われる部分だけを使っていますが、全粒粉は表皮やその他の部分も丸ごと使っているので栄養素が高いと言われていて、健康志向が高い人に人気のパンです。
  • Rye bread:ライ麦パン ※ハードで噛み応えのあるパンです。全粒粉で作られたものよりさらに茶色くライ麦の香がしっかりしています。
  • baguette:フランスパン ※フランスパンは「baguette(バケット)」です。
  • bagel:ベーグル ※最近は日本でもおなじみのベーグル。ドーナッツ型をしたもちもちとした食感のパンです。アメリカでは、ベーグルは朝食などでよく出てくるパンです。半分に切って焼いて、ジャムやバターをつけて食べたり、ハムやチーズを挟んでサンドイッチ風にして食べたりします。
  • croissant:クロワッサン ※日本でもおなじみのクロワッサン。アメリカなどでも一般的に販売されていて定番のパンのひとつです。「croissant」の発音は【krwɑːsάːŋ】です。ネイティブに発音が伝わりにくい単語のひとつなので要注意です。
  • English muffin:イングリッシュマフィン ※「Eggs Benedict(エッグベネディクト)」などで使われるパンです。「muffin(マフィン)」だけだと、カップケーキのようなマフィンを指して全く違うものになるので要注意です。
  • Panini:パニー二 ※イタリアが発祥のサンドウィッチのパンです。中に、チーズやハム、野菜などを挟んで外側を焼いています。
  • doughnut:ドーナツ ※厳密にはパンではないですが、アメリカでは定番のドーナツ。ダース(12個入り)で安く販売されていたりして、お友達同士で集まるとき、ちょっとしたパーティーの時に良くドーナツを買ってきます。学校などでも、特別な日に先生がドーナツを買ってきてくれてみんなで食べるなんてこともあります。
  • sandwich:サンドウィッチ ※アメリカでもサンドウィッチは定番です。チーズや、レタス、トマト、ベーコンなど様々なものをはさんで食べます。
  • hotdog:ホットドッグ ※ホットドッグもそのまま英語で「hotdog」です。ドイツから来た移民が持ち込んだのが始まりと言われています。遊園地や出店、カフェなど様々な場所でホットドッグを食べることができます。パンもソーセージも、安いものを使った簡単なホットドッグが多く、日本に比べ格安で販売されています。ちょっと小腹がすいたらホットドッグという感じで手軽に食べることができます。スーパーでもホットドッグ用のパンがいっぱい入っているものも販売されています。
  • buns:ハンバーガーのパンはbuns(バンズ)です。

2-2.日本の「パン」の種類の英語

日本にしかない独特なパンがたくさんあります。

「あんパン」に「メロンパン」、昔から日本人は様々な文化を取り入れ、独自に進化させてきました。

ann bread
これらは基本的には英語にはない言葉ですが、あえて英語で言うならどう言えばいいかをご紹介します。

あんパンや、メロンパンなど丸い菓子パンは「bread」ではなく、「bun」を使うのが一般的です。

  • メロンパン: melon bun ※日本語のメロンパンをそのままローマ字にしてmelonpanとしている場合もあるようです。
  • あんパン:bean-jam bun、Ann bread
  • クリームパン:cream bun
  • ジャムパン:jam bun
  • カレーパン:curry bun
  • レーズンパン:raisin bread
  • 蒸しパン:steamed bread
  • 揚げパン:deep-fried bread

焼きそばパンやメンチカツパンなど挟んで食べるものは、sandwich(サンドウィッチ)
です。

  • 焼きそばパン:fried noodle sandwich
  • メンチカツパン:ground meat cutlet sandwich

欧米では販売されていないパンばかりなので、英語で伝えてもイメージがつきにくいかもしれません。説明を加えたほうが伝わりやすいでしょう。

2-3.「パン」に関する英語のことわざ

パンは日本で言うお米のような存在で、英語圏では食料、食べることの象徴として言葉の中で使われます。

そのため、パンに関することわざや名言がたくさんあります。一部をご紹介します。

  • Man cannot live by bread alone./人はパン(食料)だけで生きているにあらず
  • Bread is the staff of life./パンは命綱
  • Half a loaf is better than no bread./パン半分でもないよりはまし
  • You may see by a bit what the bread is./パンの一片を見れば、その良し悪しがわかる。
  • Bread in the biblical era is not the same as these days’ one./古い時代のことわざは、現代にはあてはまらない ※直訳すると「聖書の時代の古いパンは、今のパンとは違う」です。
  • Love doesn’t just sit there like a stone, it has to be made like bread, remade all the time, made new. (Ursula K. Le Guin)/愛とは、石のようにただそこにあるようなものではない、パンをつくるように、毎瞬新しく作られるものでなければならない(作家・アシューラ・K.ル・グィン)

まとめ:「パン」の英語をマスターするには先ず基本的な英単語から!

人によっては、パンは毎日食べるものでもあり、日本人の生活にお米が欠かせないように、英語圏の人にとってパンは生活に欠かせないものです。

英語圏に行くなら、パンに関する英語は、是非チェックしておきたいですね。

全粒パン「wheat bread」や、食パン「white bread」、ベーグル「bagel」など基本的なものだけでも覚えておくと便利です。海外での旅行先でのレストランでの注文やショッピングの際に、是非、活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万1582人が体験中の無料勉強法
(2017年10月11日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta