著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語のリスニング力が驚くほど開花する超簡単な勉強法

のべ373,808がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
listening-study

あなたは、英語のリスニングがすぐにでも上達する勉強法をお探しではないですか?

多くの日本人が英語のリスニングがマスター出来ずに、何をどうしたらいいのか悩んでいるのが現状です。

その一方で、年齢、才能に関係なく、すぐにリスニングのコツを習得する人がいるのも事実です。

では、その差は何なのでしょうか?

ここでは、英語のリスニングを習得する人ほど身につけている癖やコツを理解していただき、さらには、何度勉強してもリスニングが上達しないという人のために、今までと違う手法でゲーム感覚でリスニング力が上達する簡単な勉強法をご紹介します。

目次:
1.勉強せずにゲーム感覚で英語のリスニング力を上達させる簡単な勉強法
1-1 最初のリスニング勉強で最も大切な要素とは
1-2 リスニングが上達しない人がやっている悪い癖
1-3 リスニングの音だけに集中できない原因
1-4 ゲーム感覚だけで劇的な変化が起こるリスニング勉強法
2.具体的な英語のリスニング勉強法とそのトレーニング例
3.数当てトレーニング|英語のリスニングを上達させるための4つの注意点

1.勉強せずにゲーム感覚で英語のリスニング力を上達させる簡単な勉強法

1-1 最初のリスニング勉強で最も大切な要素とは

まず、いきなりよくあるようなリスニングの勉強をしないということです。実は、理解しながらリスニングする前に、リスニングが苦手な人ほど最初に始めるべき勉強法があります。

それは、1つ1つの英語の音を最後までしっかり聞くということです。

これが英語のリスニングの基礎であり、一番大切なコツなのです。

例として、次の2つの音声を聞いて見ましょう。

●Sample1.
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/01/listening-study-sample2.mp3

●Sample2.
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/01/listening-study-sample3.mp3

如何でしたか?

実は、この音声を聞く際に、リスニングが上達できる人、リスニングが上達できない人にはその聞き方に決定的な違いがあります。

1-2 リスニングが上達しない人がやっている悪い癖

その決定的な違いとは、リスニングが上達できない人ほど、無理に日本語回路を使って英語の音を理解しようとしてしまうことです。

実は、リスニングが上達していない段階で、英語の音を聞きながら理解してはいけないのです。

英語を理解して聞くというリスニングの前に、必ず身につけておかなければならないことこそが、意味を無視して、頭から音だけに集中して聞いていく事です。

リスニングを習得する為には、常に頭から音を聞く癖づけが必要であって、特に、英語のリスニング力をあっという間に伸ばす2つのコツの記事でも説明していますが、そもそも英語はヘッドイニシャル言語ですので、日本語とは逆であって、英語は「最初の3語」に重要内容が詰まっています。要は、リスニングができない人ほどココに集中できていないのです。

しかも残念ながら、「じゃあ、頭から音だけ聞けばいいんだな・・・」と、ここでしっかり理解できていても、実際にやってみるとうまくいきません。

なぜなら、普通に頭からリスニングを聞こうと、いくら勉強しても、長年日本語を聞いているので、その染みついた悪い癖が取れないからです。

特に子供と比べて大人の方が英語のリスニング力が弱いのは、そのせいでもあるのです。

英語が得意、不得意ということでは全くありません。

1-3 リスニングの音だけに集中できない原因

上記の通り、本当に正しいリスニング勉強法とは、ただ単純に、英語のリスニングで聞こえてくる音を1個1個つかむ感覚を身につけるということでした。

では、なぜ、リスニングの音を掴めないのでしょうか?

その原因は下記です。

(1)知っている単語が聞こえると止まってしまう

知っている英単語や表現が聞こえても、そこで和訳しないようにすることで、「良い癖」が身に付きます。英語をリスニングしている時、知っている単語が聞こえたと同時に意味を理解しようとしているから英語のスピードに追い付けないのです。

どのような場合なのか、次の動画で見てみましょう。


(動画内容:途中で耳が止まってしまい、その前後が分からなくなるリスニングの悪い癖の解説)

このように、知っている単語が耳に入ってきた瞬間に、頭の中で和訳しているので、その前後の英語の音が全て聞こえないということが多々あるはずです。これでは、「良い癖」は身に付きません。

(2)知らない単語でひっかかって意味を捉えようとしてしまう

多くの方が、リスニングで知らない単語が聞こえた瞬間に、その前後の英語が記憶から一瞬にして飛んでしまっています。

しかも、知らないから意味が理解できないとなり、混乱する方が多いのです。

リスニング力を上達するには、英単語を覚えれば覚えるほどいいのかと勘違いしている方がたくさんいますが、知っている単語でも耳が止まるということがある限り何の解決策にもなりません。

仮にそうであれば、世にある全ての英単語を頭で覚えるまでリスニングはできません。

そのような英語のリスニングは、ネイティブでも無理なことです。

(3)聞こえた音の文字を浮かべて和訳してしまう、文法を考えてしまう

日本人はどうしても、リスニングしながら聞こえた音を文字化したり、和訳したり、英文法を考えがちです。

例えば、英語を聞きながら、動詞や前置詞、副詞や仮定法などなどが頭の中に浮かんできてしまいます。

しかし、それは、聞こえた単語、しかも知っている単語が出てきた時、すぐに意味を理解しようとする「悪い癖」が優先しているためです。

日本語を聞く時に、日本語の文法なんて誰も頭に思い浮かばないと思います。

でも、英語を聞く時には考えてしまっているわけです。

文法が常に頭に浮かんできては、いつまでたっても英語を聞く時にストレスばかり感じてしまいます。

(4)リスニングは普通に聞いても聞こえません

英語の音には、独特のリズムがあり、言語にはそれぞれの周波数が存在しています。

  • 日本語の場合は、125 〜 1,500ヘルツ
  • 英語の場合は、2,000 〜 12,000ヘルツ

という周波数で耳に伝わってきます。

リスニング時の英語と日本語の周波数の違いの説明図

ご覧のとおり、日本語と英語の周波数は全く交わるところがありません。

極端に言うと、鳥が話している言葉を必死に理解しようとしているのが日本人のリスニングだと思って下さい。

これでは、知っている単語があったとしても、何の意味もありません。

だって、周波数上は、ハッキリと聞こえないのですから。

要するに、知っている単語すらも多くの場面で聞こえていないことが多いのはこの周波数の違いが理由なのです。

このように今までの学校英語の癖のまま、英語のリスニング勉強に取り組んでいたわけです。リスニング力を上達させたいなら、これらの癖は一切捨てなければなりません。

じゃあ、ふつうに英語の音を聞き流せばいいのかというと、英語の音を掴もうとしても、今までの勉強感覚では、リスニングが苦手な人ほど上記の癖が浸透しているため、絶対に無理があります。

1-4 ゲーム感覚だけで劇的な変化が起こるリスニング勉強法

そこで、リスニングが苦手で悪い癖が全然取れないという人に、最も効果的な方法が「数当て」です。

「一英文が何単語でできているでしょうか」というクイズです。

普段の勉強法とは違って、何かを覚える必要は全くありませんし、意味はまったく関係ありません。

単純に英語のリズムを刻みながら数えるだけです。

※下記の写真のように、単純に「指折りながらカウント」します。

1,2,3,4,5・・・という感じです。頭からしっかりと数えます。
数当てトレーニングのカウント例

例えば、リスニングの音声から「Tokyo」という音が聞こえていても、数当てなので、必ず、他の単語も音や数字のカウントにフォーカスして、悪い癖を発動させずに、無意識的に脳が積極的に「最後まで聞こうとする」のです。

数当てでは、英語の音が聞こえたところで和訳している時間はありません。まして聞き逃すということもないです。

ということは、リスニングを苦手にさせていた悪い癖を自動的に消すことができ、そのようなリスニング上達に不可欠な良い癖づけが自然に身についてくるということです。

実は、本当のリスニングの重要性は、ココに存在します。

単なるリスニングではない、意識的なリスニングです。しかも、それは意味を理解するリスニングではなくて、単に音全体の感覚をつかむだけのことです。

2.具体的な英語のリスニング勉強法とそのトレーニング例

次の動画では「数当て」がどのようなトレーニングなのかを見てみましょう。

その際、英語の「お勉強」は禁止し、単に楽しむことだけを考えて見てください。


(動画内容:英文を使って、英語のリズムを刻みながら数を数えるコツを解説)

英文が何単語で構成されているかを当てるだけです。それ以外何も必要はありません。

次にいくつかのトレーニング例文をご用意しておりますので、是非試してみて下さい。英文が何単語で構成されているかを当てるだけです。それ以外何も必要はありません。

  1. http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/01/listening-study-q1.mp3
  2. http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/01/listening-study-q2.mp3
  3. http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/01/listening-study-q3.mp3
  4. http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/01/listening-study-q4.mp3
  5. http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/01/listening-study-q5.mp3

(正解)

  1. 6個:People are piling up some goods.
  2. 6個:The waitress is taking an order.
  3. 7個:How do you like our company logo?
  4. 5個:How can I help you?
  5. 13個:Our advertising campaign will start tomorrow with a new series of TV commercial.

この勉強法を繰り返すことにより、そこで初めて、今まで覚えた英単語や表現、英文法などが活かされて、理解しながら聞くというリスニング力が上達します。

理解しながら聞かなければと焦る前に、絶対に必要な「良い癖」をここで身に付けましょう!

3.数当てトレーニング|英語のリスニングを上達させるための4つの注意点

英語のリスニングが聞けるようになるために、数当てトレーニングでは下記の4つの点について注意することです。

  1. 最初の頭から聞いていく
  2. リスニングの正解率は気にしない
  3. 意味は考えない、スペルを浮かべない
  4. 知っている単語、知らない単語が出ても最後まで聞く

リラックスして楽しみながら、リスニングの音を聞きます。そして、必ず頭から最後までそのまま聞き取っていくことに集中することです。

以上、ここでは、リスニングの簡単な勉強法に特化しましたが、リスニングも英会話も全ての英語力に対して、しっかりと日本人の大人に最適化したステップを正しく踏むことによって、必ず誰でも英語力を上達させることができます。これは100 パーセント、断言してもいいです。

まとめ:意味を考える英語のリスニングは必要ない

日本人にとって、一番大事なリスニングの勉強法は、英語の音を全てつかむという感覚を身に付けることです。

最初は戸惑うかもしれませんが、英語のリスニングは理解する必要もなく、単に楽しく、リズミカルに数を当ててみることに専念すればいいだけです。日本語脳が働かなくなるので、たったそれだけで、面白いように英語の音が聞こえ始めます。

過去に購入した参考書に付いているCDなど、英文なら何でもOKです。全ての英文が、リスニングを上達させてくれる「無料の教材」になります。とにかく、1日数英文でもいいので、聞き流すという練習ではなく、シッカリと英語の音を最後まで聞く癖をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計1万人以上が体験中の無料勉強法 (2016年8月現在)

「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sp-cta