著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

リスニングとは?ヒヤリングとの違い・発音やスピーキングとの関係

のべ295がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「リスニング」とはどういう意味なのでしょうか?

また「ヒアリング」という言葉もあります。

一体何が違うのでしょうか?

また、意味だけではなくリスニングとリーディング、発音(スピーキング)との効果の関係も知ること、また勉強法なども知っておくと大変役立ちます。

よってここでは、リスニングとは?という説明だけでなく、リスニング上達のための教材や方法などもご紹介します。

目次:

1.リスニングの意味とヒアリングとの違い
2.リスニングと発音(スピーキング)・リーディングとの関係は?
・発音(スピーキング)への影響
リーディングへの影響
3.試験のリスニング対策にも効果的なアプリ・教材など

1.リスニングの意味とヒアリングとの違い

リスニングは英語で「listening」と書きます。

この場合の「listening」は名詞で「聞き取り」という意味になります。動詞は「listen」(リッスン)です。

これとよく混乱して比較されるのが、「ヒアリング」です。

英語の名詞では「hearing」と書きます。「聴覚・聴力」という意味です。動詞は「hear(ヒア)」です。

昔は、聞き取りテストのことを、「ヒアリングテスト(hearing test)」と言ったようですが、本当は「聴力テスト」という意味になるんですね。

いつからかは不明ですが、今では、英検でもTOEICでも「リスニングテスト(listening test)」と表現されています。

でも、動詞の「listen」と「hear」は同じ「聞く」という動詞ですが、一体何が違うのでしょうか?

下記の例文を見ていましょう。

  • I listen to the music. ※listenを使った「~を聞く」は、前置詞のtoを使います。
  • I hear the music.

どちらとも「聞く」という単語を使っていますが、意味が全く違います。

  • listen・・・自らの意思で意味を理解しようとして聞くことなど
  • hearing・・・自らの意志ではなく第三者などから聞こえてくることなど

よって先ほどの例文の和訳は下記のようになります。

  • I listen to the music. → その音楽を聞く(聴く) ※自らの意思でCDなどの音楽を聞いているイメージ
  • I hear the music. → その音楽が聞こえてくる ※自分の意志とは別で、どこかで音楽が流れているイメージ

よって、聞き取りテストは正しくは、自らの意思で音声を聞いて、そして意味を理解して問題を解くので、「Listening Test」となるんですね。

2.リスニングと発音(スピーキング)・リーディングとの関係は?

さて、リスニングが上達するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

実は発音(スピーキング)とリーディングに特に効果が出始めます。また、その逆もあります。

それぞれのメリットや効果を見てみましょう。

発音(スピーキング)への影響


リスニングが上達すると、英語の音をつかむという感覚が身についてきます。また英語独特のリズム感も耳が覚えているので、それが英語の発音やスピーキングにもいい影響を及ぼします。

例えば、日本語訛りの英語であなたが話したとしましょう。

しかし、あなたの耳はすでにネイティブと同じようなリスニング、聞き取りの力があるので、あなたの英語や発音が違う!となってしまうんですね。それで徐々に発音やリズムも矯正されていくという流れになります。

英語の発音やスピーキングの日本語訛りの矯正には、先ずはリスニング力を鍛えて、そしてボイスレコーダーなどに自分の英文を吹き込んで聞くということを繰り返すという方法もあります。

また、その逆もあります。

なかなかリスニング力が身につかないという場合は、日本人が特に苦手な「r/th/f/v/」の発音に注意して発音力を身に付けることで、聞き取れるようになるケースがもあります。発音できるようになったら、リスニング力がUPしたという方も中にはいらっしゃいます。

しかし、一般的な流れは、リスニング力 → 発音(スピーキング)力という流れです。

リーディングへの影響

発音(スピーキング)だけではなく、リスニング力UPは、リーディング力UPにもつながります。

一番顕著なのが、リーディングのスピードです。多くの日本人が英文をリーディングする際に、読み返しをしています。また、そのスピードがものすごく遅い・・・

TOEICや英検などの長文読解に時間が足りないという問題を解消してくれます。

つまり、頭の中で英文を読むということで、その音を頭の中でリスニングして理解しているからです。

リスニングは聞き返しはできないですよね?

そのリスニングの感覚でドンドン先にリーディングできるようになるのです。

リスニングは英語能力の中で一番最初に身に付けることが重要な能力で、英語の上達を左右するものなのです。

3.試験のリスニング対策にも効果的なアプリ・教材など

リスニング力を身に付けるには、効果的な練習方法とスキマ時間などに利用できるアプリや教材が必須となります。

意味を理解しない最初の3単語や数当てトレーニングなどが初心者にはおすすめです。

是非次のサイトを確認して、効率的にリスニング力を身に付けて、発音(スピーキング)やリーディング力もUPしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta