著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英字新聞|初心者でも英語が上達!5つの「コツ」とメリット

のべ28,256がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
english_newspaper

英字新聞やニュースなどを英語で読んでみませんか?

紙媒体でもインターネットのどちらでもいいです。

英語の「読解力」、「語彙力」、「ライティング力」を同時に高めるためには、特に英字新聞のリーディングがオススメです。

「英語を英語でマスターする」という最高の教材でもあります。

初心者でも全然大丈夫なのですが、英字新聞って難しそうで、なかなか手が出せないと壁を感じている人も多いかもしれません。

辞書なしで完璧に読もうと思ったら大変ですが、全部理解できなくてもOK!と思えたら英語上級者じゃなくても読めます。

英字新聞のリーディングは英語力向上のために様々なメリットがあります。また、英字新聞を読むコツなどもあります。よって、今回は英字新聞のリーディングについてご紹介します。

目次:

1.英字新聞を読むメリット
1-1.英字新聞で「英語のリーディング力」が向上する
1-2.英字新聞で「実生活で使える英語の語彙」が身につく
1-3.英字新聞で「ライティング力」が向上する
1-4.英字新聞で「英語で学ぶという習慣」が身に付く

2.英字新聞の記事の構成
英字新聞の構成1|Headline(見出し)
英字新聞の構成2|Lead (リード)
英字新聞の構成3|Body(ボディー)
英字新聞の構成4|Sources(ソース・配信元)

3.英字新聞のニュース記事以外も読む
3-1.英字新聞の「天気予報」
3-2.英字新聞の「テレビ番組欄」
3-3.英字新聞の「求人広告」

4.英字新聞の活用方法とコツ
4-1.英字新聞で読みたい記事を探す
4-2.英字新聞で同じ分野の記事を連続して読む
4-3.英字新聞の見出しやリードからはじめる
4-4.英字新聞の全ての単語を調べない
4-5.英字新聞で読んだ記事のサマリーを書く

5.インターネットで気軽に英字新聞を読む
5-1.インターネットで英字新聞「日本編」
5-2.インターネットで英字新聞「アメリカ編」
5-3.インターネットで英字新聞「イギリス編」

1.英字新聞を読むメリット

英字新聞を読むことを習慣化することで、英語上達には様々なメリットがあります。

1-1.英字新聞で「英語のリーディング力」が向上する

英語のリーディング力を向上させたいと思ったら英字新聞のリーディングがオススメです。

reading

英字新聞は正しい英語で書かれている場合が多く、様々な話題の記事がたくさん載っているので多読するのに向いています。

また、日本で発行されている英字新聞は日本の話題で普段から知っていることが多く、なんとなく内容を想像しながら読むことができるので、初級者にはベストです。

英字新聞を読みながら中学英語レベルの文法などの基礎を同時に身に付けることもできます。あえて英字新聞を読む前にマスターする必要はありません。『TOEICも英会話も楽しくなる中学英語の文法14選』の記事にあるような文法が自然と習得できます。

1-2.英字新聞で「実生活で使える英語の語彙」が身につく

英字新聞では、今実際に日本社会で起こっていること、世界で起こっていることが記事になっています。その記事を読むことで、より実践的な語彙を増やすことができます。

words

特に政治や経済などは繰り返し出てくる単語も多く、一度覚えてしまうと様々な場面でニュースや日本社会についてコミュニケーションができるようになります。

1-3.英字新聞で「ライティング力」が向上する

ライティング力を向上させたいと思う人にも英字新聞のリーディングが効果を発揮します。

writing

「ライティング力なのになぜリーディング?」と思うかもしれませんが、書けるようになるためには正しい英語にたくさんふれることが重要です。

英語ではどのような表現をするか、どんな文脈でどんな語彙を使うのか、リーディングをたくさんしてストックを増やすことが大切です。

もちろん、それを使って書きだす練習も必要ですが、ひたすら書いているだけでは、バリエーションが増えません。読んで書くというこのバランスが重要です。

1-4.英字新聞で「英語で学ぶという習慣」が身に付く

英語力を向上させるためには、「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」に変えることが必要です。

learn english

英語の書き方、読み方などある程度の基礎は必要ですが、どこかの時点で英語を情報収集のツールに変えて「英語で情報を仕入れる」ことをし始めると、どんどん英語力が向上します。

英字新聞を読んでいると、知らない話題や知らないニュースを英語の記事を通して学ぶことができます。これを習慣化させて英語というツールを使うことになれることが英語力向上の近道です。

2.英字新聞の記事の構成

ここでは、英字新聞の記事の構成を見てみましょう。

どこがどのような情報なのかを知ることで、英字新聞のどこに注目していいかが一目で分かりやすくなります。

newspaper

英字新聞の構成1|Headline(見出し)

どの記事にもHeadlineがついています。

どんなことが書かれているのかが短くまとめられています。

英字新聞の「見出し」のルール

短く表現するために見出しには独特のルールがあります

  • be動詞は省略する
  • 冠詞や代名詞など明らかなことは省略されることが多い
  • 過去の出来事でも基本的に動詞は現在形を使う
  • 過去を強調したい場合は過去形を使う場合もある
  • 過去形は受動態を意味することが多い
  • 未来形は「to+動詞の原形」の不定詞や現在分詞を使って表わす
  • 短い単語や省略語をつかう
  • コンマ(,)とセミコロン(;)はandの略、コロン*)はsaid/according to(発言)の略として用いられる
  • 数字はfiveではなく5で書く

英字新聞の「略語」の例

Headlineでは略語が使われることがあります。

  • UN → United Nation(国際連合)
  • PM → Prime Minister(首相)
  • FM → Foreign Minister(外務大臣)
  • U.S. → United States of America(アメリカ合衆国)
  • UK → United Kingdom(イギリス)

これはほんの一例ですが、このように様々な略語が使われます。

英字新聞の構成2|Lead (リード)

本文の最初の段落を、「Lead」、または「Leading paragraph」といいます。

このリードの部分には、記事はどんな内容なのか?が書かれています。

いつ、どこで、だれが、どうしたのかが明確にされていて全てを読まなくても、ここだけ読めばある程度のことがわかるようになっています。

英字新聞の構成3|Body(ボディー)

Lead後に書かれている記事全体をボディーといいます。

ここには、記事の詳しい内容が書かれています。

英字新聞の構成4|Sources(ソース・配信元)

英字新聞には配信元や書いた人が明記されています。

日本の共同通信(Kyodo News)、イギリスのロイター通信(Reuters)など様々な通信社から記事を提供してもらい掲載している場合はそのことが明記されています。その他にもアメリカのAP通信社(AP)やフランス通信社(AFP)などが代表的な通信社です。

記者が書いた場合は「By Taro Suzuki ABC Shinbun Senior Writer」などの署名入りで書かれます。

3.英字新聞のニュース記事以外も読む

英字新聞には記事以外にも毎日掲載されているものがいくつかあります。

初心者で英語に慣れていないうちは、記事以外の部分で英語に触れてみるのもおススメです。

3-1.英字新聞の「天気予報」

新聞に必ず掲載されるのが天気予報(weather forecast, weather report)です。

weather

この部分は、誰でも気軽に読むことができます。自分の地域の天気を調べてみたり、他の地域なども見てどんな表現が使われているのか確認たりしてみましょう。

天気は日々の会話でよく出てくるので英字新聞で単語に慣れておくとよいです。

  • weather forecast:天気予報
  • Fahrenheit:華氏
  • Celsius:摂氏
  • below zero:氷点下
  • temperature:気温
  • humidity:湿度
  • sunrise:日の出
  • sunset:日没
  • sunny, fine, clear:晴れ
  • cloudy:曇り
  • showers:にわか雨
  • sleet:みぞれ
  • typhoon:台風
  • tornado:竜巻

天気の詳しい表現は、『「天気」の英語|すぐに使える!36個の天気の表現を紹介!』の記事でも音声付きで解説しています。

3-2.英字新聞の「テレビ番組欄」

新聞にはテレビ番組欄(TV guide, TV schedule)もついています。日本で発行されている英字新聞を読む場合このテレビ番組欄もおもしろいです。

tv guide

日本の番組が英語でどのように表現されているか、見てみましょう。おもしろい訳し方をされているものもあり、日本のことを話す時にどのように訳をするか参考になります。

「テレビ番組欄の用語」

  • bilingual:2ヶ国語放送
  • stereo:ステレオ放送
  • subtitled:字幕
  • dubbed:吹き替え

3-3.英字新聞の『求人広告』

英字新聞の求人広告(help-wanted ad, employment)もたまに見てみるとおもしろいです。

help wanted ad

役職や求められるスキルなど、英語でどのように言うのか、特にビジネスで英語を使う方には参考になる部分がたくさんあります。

4.英字新聞の活用方法とコツ

英字新聞を英語の学習に役立てるためのコツがあります。

4-1.英字新聞で読みたい記事を探す

英字新聞を全て読もうと思うと大変です。好きな記事を探して読んでみましょう。

特に初心者の方は、ご自身が興味のあるスポーツや、音楽、映画などについて読んでみましょう。

政治や経済について、普段から英語を使っていて得意な場合はそちらから始めてもいいですが、やはり政治経済は独特な単語がでてくるので、最初は日本語で読んでもわかりやすい分野がオススメです。

4-2.英字新聞で同じ分野の記事を連続して読む

様々な記事に触れるということも大切ですが、意識して同じ分野の記事を連続して読むことも大切です。

例えばサッカーのワールドカップ期間中であれば、何日にもわたって試合結果が出ているでしょう。プロ野球なども同じです。また、株価などの記事も毎日でているでしょう。

これらの記事を継続して読むことで、同じ単語に何度も触れることができ語彙力が定着します。また、知っている単語が増えてくると理解度もあがり読みやすく英語力の成長を感じられます。

4-3.英字新聞の見出しやリードからはじめる

初めから全てを読まなくてもOKです。

見出しやリードとよばれる1段落目だけ読むところから始めても良いでしょう。そこに大切内容が盛り込まれていて、だいたいの内容を読み取ることができます。

これは、TOEICのリーディングに関する記事『「TOEICリーディング|サクサク解ける超簡単な3つの対策」』にも通じる方法です。

4-4.英字新聞の全ての単語を調べない

リーディングをする時に、全ての単語や表現が分からなくても、だいたいの意味を把握することができます。

日本語でも、本を読んでいる時に、知らない漢字がでてきたら、だいたいの意味を想像して読み進めますよね。全ての語彙をいちいち、辞書で調べたりしないはずです。

でも、何度も同じ単語がでてきていると「これどう言う意味だろう?」と調べてみることがあるかもしれません。

それと同じ感覚で、英語のリーディングも、だいたいわかればOKです。わからない単語を全て調べるのではなくて、最低限だけ調べてわからない単語の意味を想像しながら読み進めていくというトレーニングをするとリーディングのスピードが上がっていきます。

英語上級者は、辞書を使わないで読む!と決めて読んでみるのも良いでしょう。

TOEICなどの試験では辞書は使えませんし、実際に英語を使うコミュニケーションの現場でも辞書を使う暇がない場合がほとんどです。そんな時にも対応できるように、あえて辞書をつかわないリーディングの時間をつくるとよいでしょう。

その中でわからない単語や、気になる単語があれば、メモをしておいて全て読み終わった後に確認の意味で調べておけばさらに良いでしょう。

4-5.英字新聞で読んだ記事のサマリーを書く

英字新聞の記事を読んだら、その記事のサマリー(要約)と感想を英語で書いてみましょう。

どんな内容が書かれていたのか、その記事を読んでどう思ったのかを簡単な英文にしてみましょう。

記事のような難しい言い回しをしなくても大丈夫です。簡単な英語を組み合わせるだけでもかなり表現はできます。とにかく、記事でインプットしたことを、英文を使ってアウトプットをするという練習をすることが大切です。

それほど長い文章じゃなくても良いですが、初めは「100語書く」などある程度、文章の長さの目標を決めるとよいでしょう。最初は難しいと感じるかもしれませんが、少しずつリーディングとライティングの数を重ねていくと、自然に表現できる語彙が増えていきます。

もし、英語が得意な人や、ネイティブの友人がいれば、書いた英語のチェックをしてもらうとさらに良いですが、もしいなければ書くだけでも効果はあります。

5.インターネットで気軽に英字新聞を読む

英字新聞はインターネットでも気軽に読むことができます。

news internet

24時間パソコンやスマホがあればどこでも英字新聞に触れられるため便利です。

5-1.インターネットで英字新聞「日本編」

日本の主要な新聞社でも英語で配信しているものがあります。

5-2.インターネットで英字新聞「アメリカ編」

アメリカの主要な新聞配信サイトは下記となります。

5-3.インターネットで英字新聞「イギリス編」

イギリスでの主要な新聞配信サイトは下記となります。

まとめ:紙媒体の英字新聞とインターネットを使い分ける

紙媒体の英字新聞にも良さがあるので、使い分けることをオススメします。

インターネットには載らない記事があったり、広告、天気、求人など紙媒体で隅々まで広げてみるとおもしろい発見もあります。

基本的に、英字新聞はリーディングやライティング力アップにオススメの教材です。

英字新聞で英語を学ぶ時コツはレベルにあった媒体、記事を選び、興味がある分野を楽しみながら無理せず続けることです。

初めは難しいと感じたり、意味がわからなかったり戸惑うこともあるかも知れません。みんな、そこからスタートなのでそこでやめてしまわないことです。

続けていくと少しずつ理解できる量が増えていきますし、ライティング力も向上します。ぜひ、リラックスして続けてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万3693人が体験中の無料勉強法
(2017年1月5日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta