著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「本当にありがとう」の英語12選|スラングや心から感謝とビジネスでも使える!

のべ419がこの記事を参考にしています!

「本当にありがとう!」と友達や同僚、家族や恋人など近い人に言ったり、仕事での少しフォーマルに「心から(心より)感謝申し上げます」という場合もありますね。

単純に「ありがとう」や「ありがとうございます」とより、より気持ちがこもった表現になりますね。

「いつもありがとう」、「こちらこそありがとう」など多くの「ありがとう」を網羅した表現は、『英語でありがとう|丁寧やフランクな言い方とスラングや略語45選』の記事で公開しているので、是非参考にしてみて下さい。

ここでは、「本当にありがとう(心より感謝致します)」の表現に絞って、カジュアルからビジネスメールでも使えるフレーズをご紹介します。スラングもあるのでシッカリと使い分けましょう!

目次:

1.一般的に使える「本当にありがとう」の英語
・Thank you very much./Thank you so much.
・I can’t thank you enough.
・Thank you from the bottom of my heart.

2.スラングとしてカジュアルに友達に使える「本当にありがとう」の英語
・Thanks a lot.
・Thanks a million.
・I owe you big time.
・Many thanks.

3.「心から感謝致します」とビジネスメールでも使える丁寧な英語
・I really appreciate it.
・I’m deeply thankful for ~.
・My sincere thanks to ~.
・my deepest thanks to ~
・I’m indebted to you.

1.一般的に使える「本当にありがとう」の英語

先ずは、カジュアル、フォーマルに限らず、失礼のない「本当にありがとう・本当にありがとうございます」の表現を見ていきましょう。

英語初心者の方は、先ずはここでの表現をシッカリと押さえるのがいいですね。

Thank you very much./Thank you so much.

この表現は多くの日本人の方が知っているのではないでしょうか?

「本当にありがとう!」や「大変ありがとうございます」という場合に使えます。

また、メールなどで書く場合は次のように、強調して書く場合もあります。

「Thank you VERY much.」

VERYと大文字で書くのがポイントですが、口語でも「very」を強調して発音しても同じ意味となります。

また、口語で、「Thank you soooo much.」と「so」を伸ばしたり、「Thank you so so much.」と「so」を2~3回言うパターンもあります。

veryとsoの違いは?

「so」を使う場合と、「very」を使う2つのパターンがありますが、違いは下記となります。

  • Thank you so much.・・・「so」は口語的で少しカジュアルになります
  • Thank you very much.・・・「very」の方が文語的、また丁寧な言い方になります

よって、フォーマルな場面、ビジネスでは「Thank you very much.」の方が妥当です。

また、SNSなどでは「Thank U very much.」と「you」を「U」に置きかけることもあります。

I can’t thank you enough.

直訳では、「あなたに十分に感謝することが出来ない」となります。

本当に心から感謝している、という意味になりますね。

また、他にも「I can’t express how much I thank you.(直訳:私があなたにどれくらい感謝しているのか表現できない)」という似た表現もあるので、押さえておきましょう。

Thank you from the bottom of my heart.

直訳で「私の心の底からあなたに感謝している」となります。

「bottom of ~(~の底から)」という表現を使っていて、他にも愛の表現にも使えます。

「I love you from the bottom of my heart.(あなたを心の底から愛している)」など。

また、「very much/so much」を付け加えることもできます。「Thank you very much from the bottom of my heart.」など。

特に強調したい時はこの表現でOKです。

2.スラングとしてカジュアルに友達に使える「本当にありがとう」の英語

ここでは気軽に使えるスラング的な表現もご紹介します。

友達にいつも「I can’t thank you enough.」と言っていては、少し堅苦しくなります。

また、SNSでのメッセージのやり取りでもかっこよく使える表現もご紹介します。

Thanks a lot.

口語・文語の両方で気軽に使えます。

発音する場合に「サンクサ・ロット」と「thanks」と「a」を繋げて言うのがポイントです。

「Thanks.」だけの場合よりも、本当にありがとう!と表現するのに適しています。

Thanks a million.

直訳では「100万回ありがとう」となり、多少大げさな言い方に聞こえるかもしれませんが、相手にはあなたの感謝が十分に伝わります。

これと似た表現に「Thanks a bunch.」というのがありますが、これは皮肉に聞こえるケースもあるので使う場面に注意が必要です。

「bunch(バンチ)」は「束」という意味の単語です。

I owe you big time.

「big time」はスラングで「大変に・非常に」という場合に使います。

よって直訳は「あなたに大変な借りがある」となります。これで「本当にありがとう」を表現しています。

単純に「ありがとう」をスラング的に言う場合も「I owe you one.(1つ借りが出来た=ありがとう)」として使うパターンも多いです。

Many thanks.

メールなど最後にサラッと書くとカッコいいのが、「Many thanks(多くの感謝)」です。

「Many thanks with lots of love.」などアレンジする場合もあります。

また、「Many thanks! I love you!(ありがとう!大好き!)」などのパターンとして気軽に使える表現です。

3.「心から感謝致します」とビジネスメールでも使える丁寧な英語

仕事でのメールのやり取りでは、フォーマルな言い方が好まれますし、失礼になりません。

ビジネスメールの最後(文末)に先ほどのようなスラングを使っては、無礼に聞こえるので避ける必要があります。

日本語では「感謝する」という表現が妥当ですね。『「感謝」の英語|ありがとうの3つの基本とメッセージ集』でも詳しく書いているので、こちらも参考にしてみて下さい。

ここでご紹介する表現は、「心より感謝申し上げます(心より感謝致します)」という場面で使えるものですので、是非活用してみて下さい。

I really appreciate it.

「appreciate(アプリーシエイト)」は「感謝する」という動詞です。

「私は本当に感謝いたします」という和訳が妥当です。

ここで注意してほしいのが、「I appreciate you.」とはならないところです。

「appreciate +こと(もの)」となるので、次のような表現として使うことも多いです。

  • I really appreciate your kindness.(あなたの優しさに本当に感謝申し上げます)
  • I really appreciate your support.(あなたのご協力に大変感謝致します)

など。

「it」は代名詞となるので、特に口語では行為などは特定せずに「I really appreciate it.」で構いません。

I’m deeply thankful for ~.

形容詞の「thankful」を使うパターンです。

また、「deeply(深く)」という副詞を使っています。もちろん「really」や「truly」などに置き換えても同じ意味となります。

日本語で言うと「感謝の気持ちで一杯です」という場面でも使えます。

また、更にフォーマルに言う場合は「grateful for ~」を使います。

  • I’m deeply thankful for your e-mail.(あなたのメールに本当に感謝申し上げます)
  • I’m truly grateful for you.(あなたには感謝の気持ちで一杯です)

など。

My sincere thanks to ~.

直訳では「~への私の嘘偽りない感謝」となります。

メールの最後などに添えるとカッコいいですね。

他にも、「My deepest thanks to ~.」などがあります。

更にフォーマルに丁寧に表現したい場合は、「Please accept my sincere thanks.」(直訳:私の誠実な感謝を受け入れて下さい)などがあります。

I’m indebted to you.

「be indebted to ~」は「~に対して恩義がある」という熟語です。

とてもフォーマルで堅苦しい言い方なので、使うことは少ないかと思いますが、知識として押さえておきましょう!

I’m indebted to you for giving me some advice.(アドバイスを頂きまして本当に感謝申し上げます)」などの形でも使えます。

まとめ:場面によりちゃんと使い分けることが大切!

いかがでしたでしょうか?

「本当にありがとう」と一言で言っても、様々な表現がそれぞれの使える場面で違うのが分かりますね。

慣れるまではスラングのような表現は避け、一般的に使われているフレーズで全然構いません。

しかし、それだけでは英会話が味気ないものになりますので、ドンドン違う表現も使っていくことを少しずつでいいので心がけて下さい。

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

sp-cta
pc-cta