著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の「進行形」|3つの時制の現在・過去・未来でのingの使い方

のべ4,878がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

進行形は英会話でも欠かせない表現です。

進行形には大きく、「現在進行形」「過去進行形」「未来進行形」の3つがあります。

ここであなたに質問です。

よく使う、「現在進行形」って、現在のことにしか使えないって思っていませんか?

実は、今まさにしていることだけでなく、近い未来のことにも使うことができる表現なのです。

簡単に流してして勉強してしまいがちな、英語の進行形ですが以外に奥が深いです。

よってここでは、英語の進行形について詳しく解説します。基本の形から、進行形の受動態など応用形なども見ていきましょう。英語力の幅が広がっていきます。

目次:

1.進行形とは?
2.現在形と現在進行形との違いとは?
3.進行形で使う現在分詞
4.進行形の基本形と進行形にできない動詞
5.各時制での進行形
・現在進行形
・過去進行形
・未来進行形
6.進行形の否定形と疑問文
7.現在進行形の様々な意味
・その1.期間限定で行っていること
・その2.近い未来に決まっている予定
・その3.繰り返し行われていること(習慣)

1.進行形とは?

進行形とは、時間軸のある地点で、ちょうど何かを行っている(いた)状態を表す形です。

英語では時間軸のどの地点でしているかによって、現在進行形過去進行形未来進行形などの形を使い分けます。

現在進行形は、「まさに今何かをしている状態」を表す表現です。

例えば、「まさに今テレビを観ている」、「まさに今、歌をうたっている」という場合は、現在進行形を使います。

2.現在形と現在進行形との違いとは?

先ほど、例として出した「『今テレビを観ている』って、今のことだから現在形じゃないの?」と思ったあなた!鋭いですね。

実は英語の現在形は、まさに今、していることではなく、日々の習慣など限られた場面でのみ使うのが現在形です。

例えば、「毎日英語を勉強している」という場合は習慣なので現在形を使います。

(例文:現在形)I study English.

「今まさに、机に向かって英語の勉強をしている」という場合は、現在形ではなく現在進行形となります。

(例文:現在進行形)I am studying English. ※しかし、現在進行形で習慣を表現することもあります。後ほどご説明します。

これは、過去形と過去進行形の違いでも同様です。

3.進行形で使う現在分詞

進行形では、動詞の現在分詞を使います。

まずは、現在分詞の形をおさらいしましょう。

現在分詞は、動詞の原形とその語尾に「ing」を付けた形です。

基本的に動詞の原形にそのまま「ing」をつければOKなのですが、動詞の語尾によっては多少変化します。

例えば、動詞の「bake(ベイク/焼く)」のように語尾が「e」で終わる場合、基本的には「e」を取って「ing」をつけます。

しかし、「see(シー/見る)」などのように「e」を発音する単語の場合は、取らずにそのまま「ing」をつけて「seeing」となります。

現在分詞については、『英語の現在分詞とは?3つの主な役割と過去分詞との違いなど』にて詳しく解説しています。

4.進行形の基本形と進行形にできない動詞

英語の進行形の基本の形は下記となります。

【基本形】be動詞 + 動詞の現在分詞(-ing形)

be動詞は時制によって変化します。

進行形が使えるのは、動作を表す動詞です。

「want(欲しい)」や「need(必要としている)」、「like(好き)」など、動作ではなく思考、好み、状態などを表す動詞は、基本的には進行形にできません。

他にも基本的には進行形にできない主な動詞は下記となります。 ※しかし、口語では進行形で使う場合も少なくありません

  • like(ライク/好き)
  • love(ラヴ/愛している)
  • hate(ヘイト/嫌い)
  • want(ウォント/欲しい)
  • need(ニード/必要としている)
  • see(シー/見る)
  • hear(ヒア/聞く)
  • smell(スメル・匂いがする)
  • taste(テイスト/味がする)
  • know(ノウ/知っている)
  • realize(リアライズ/実現する)
  • mean(ミーン/意味する)
  • understand(アンダースタンド/理解する)
  • believe(ビリーヴ/信じる)
  • remember(リメンバー/思い出す)
  • belong(ビロング/所属する)
  • fit(フィット/合う)
  • seem(シーム/~の感じがする)

「live」は、「住んでいる」という状態を表す動詞ですが、進行形で使うことができます。「一時的に住んでいる」というニュアンスになります。

5.各時制での進行形

ここでは、現在進行形と過去進行形、未来進行形の形をそれぞれの時制を見ていきましょう。

現在進行形

現在進行形は、今まさに何かをしている場合に使う表現です。

現在進行形では、be動詞は現在形を使います。

be動詞(現在形)+ 動詞の現在分詞(-ing形)

現在進行形の例文は下記となります。

【例文】

  • 英語:She is doing her homework now.
  • 日本語:彼女は今、宿題をしています。

過去進行形

過去進行形は、過去のある時点にピンポイントで何かをしていたという場合に使う表現です。

過去進行形では、be動詞は過去形になります。

be動詞(過去形)+ 動詞の現在分詞(-ing形)

過去進行形の例文は下記となります。

【例文】

  • 英語:I was watching movie at that time.
  • 日本語:その時私は、映画を観ていました。

未来進行形

未来進行形は、未来のある時点で「~をしているだろう」という意味になります。

未来進行形では、未来を表す「will」とbe動詞の原形「be」を使います。

will + be + 動詞の現在分詞(-ing形)

未来進行形の例文は下記となります。

【例文】

  • 英語:I will be working at 10 tomorrow.
  • 日本語:明日の10時は仕事をしています。

6.進行形の否定形と疑問文

先ほど例文はそれぞれ、否定形と疑問文にもなります。

各例文をみて確認しておきましょう!

【否定形の例文】

  • She is not doing her homework now. ※「isn’t」と短縮しても同様です。
  • I was not watching movie at that time. ※「wasn’t」と短縮しても同様です。
  • I will not be working at 10 tomorrow. ※「won’t be」としても同様です。

【疑問文の例文】

  • Is she doing her homework now?
  • Were you watching movie at that time?
  • Will you be working at 10 tomorrow?

7.進行形の受動態(受け身)

進行形は受動態でも表現することもでき、今まさに~されているという場合に使います。

進行形は「be動詞+現在分詞(-ing)」、受動態の文は「be動詞+過去分詞」です。

これらを合わせて進行形の受動態にすると、受動態のbe動詞がing形に変化します。

【進行形の受動態の形】be動詞 + being + 過去分詞

例文を見てみましょう。

【例文】

  • The dinner is being prepared by my grandmother.
  • ディナーは、私の祖母によって(今まさに)用意されているところです。

TOEICの試験などにもよく出て来る進行形の形ですの、是非押さえておきましょう!

過去分詞については、『英語の過去分詞|4つの使い方・単語一覧の覚え方と例文など』も参考にしておくといいでしょう。

7.現在進行形の様々な意味

現在進行形は、「今まさにしていること」以外にも、いくつか意味があります。

その1.期間限定で行っていること

現在進行形は、期間限定で行っていることも表現することができます。

例えば、「ある本を最近読んでいる」という場合は、一般的に短い期間で行われることです。

先ほど紹介した、「live」の「一時的に住んでいる」という表現も、この期間限定の進行形の表現です。

【例文】

  • I’m reading a latest novel. /最新小説を一冊読んでいます。
  • I’m living in Kyoto just for one month./ 1か月だけ、京都に住んでいます。

その2.近い未来に決まっている予定

近い未来の予定も現在進行形を使うことがあります。

例えば、「明日ここを出発します」など、明日の予定は現在進行形で表すことが多いです。

【例文】

  • I’m leaving Tokyo tomorrow morning. /明日の朝、東京を離れます。
  • My parents are coming tomorrow. /私たちの両親が、明日来ます。

その3.繰り返し行われていること(習慣)

「いつもいつも~している」というような、繰り返し行われている習慣にも現在進行形を使います。

その場合は、副詞の「always(いつも)」を使うことが多いです。

【例文】

  • I’m always forgetting things. /いつも忘れ物をします。
  • He is always checking news. /彼はいつもニュースをチェックしています。

まとめ:進行形は身近な表現から押さえましょう!

進行形の基本は、「ある時点や期間限定でしていること」ですが、先ほどのようにその他の意味もあります。

日常会話でもよく使う形なので、基本の形は「be動詞+ing形」は覚えておきましょう。

進行形では使えない「want」や「like」などの単語も、よく使うものだけでも覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta