著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「英語の発音記号」25選(動画付一覧)とおすすめアプリ・本

のべ73,042がこの記事を参考にしています!

英語の意味を辞書で調べても、英語の発音記号が理解できず、実際はどのような音になるのかわかないことが多くないですか?

せっかく単語は覚えたのに、読み方が分からないと聞き取りも出来ないといった負の連鎖に陥ります。

発音もうまくなりたいのに全然上達しない・・・

聞き慣れた英単語を例として紹介しながら、発音を分かりやすく解説するだけではなく、簡単トレーニングも用意しています。

フォニックスは「スペリング(つづり)」と「発音」の間にある法則を学ぶという勉強法があるのですが、それは次のステップでもあります。

というのも、そもそも日本人は英語の発音に慣れていないので、いくら法則を知ったところで発音できないのです・・・

まずは日本語と違う英語の発音の基本を身に付けることが一番大切です!大人にフォニックスを学ばせると、頭でっかちになるケースが多いのでその点は注意してください。

結局、英語を文字化してしまうからです。

ここでは、多くの日本人が読み取れなかったり、発音が難しく、特殊な発音記号を25個を厳選して紹介しています。動画も用意していますので一緒に発音の練習をしてみましょう!ややこしい法則など考えずに、そのまま発音することを意識してみて下さい。
  1. 英語の発音記号を覚えるだけではネイティブの発音にはならない
  2. そのままで英語の音が分かる発音記号一覧
  3. カタカナにしづらい英語の発音記号一覧と覚え方・コツ
    1. 発音記号その1.「tʃ」
    2. 発音記号その2.「dʒ」
    3. 発音記号その3.「θ」
    4. 発音記号その4.「ð」
    5. 発音記号その5.「ʃ」
    6. 発音記号その6.「ʒ」
    7. 発音記号その7.「ŋ」
    8. 発音記号その8.「æ」
    9. 発音記号その9.「ɔ」
    10. 発音記号その10.「ʌ」
    11. 発音記号その11.「ʊ」
    12. 発音記号その12.「iː」
    13. 発音記号その13.「eɪ」
    14. 発音記号その14.「aɪ」
    15. 発音記号その15.「ɔɪ」
    16. 発音記号その16.「uː」
    17. 発音記号その17.「əʊ」
    18. 発音記号その18.「aʊ」
    19. 発音記号その19.「ɪə(ɪɚ)」
    20. 発音記号その20.「eə(eɚ)」
    21. 発音記号その21.「ɑː(ɑɚ)」
    22. 発音記号その22.「ɔː」
    23. 発音記号その23.「ʊə(ʊɚ)」
    24. 発音記号その24.「əː(ɚː)」
    25. 発音記号その25.「ə」
  4. カタカナにしづらい英語の発音記号のトレーニング
  5. 英語の正しい発音が学べるオンライン英会話5選
    1. レアジョブ
    2. Native Camp(ネイティブキャンプ)
    3. クラウティ
    4. kimini英会話
    5. hanaso
  6. 英語の発音記号を変換できるおすすめのサイトは?
    1. 発音記号の変換サイト:toPhonetics
    2. 発音記号の変換サイト:トコトン英語
  7. 初心者など英語の発音記号が学べるおすすめアプリ
    1. 初心者向けアプリ:「発音博士」と「発音チェック」
    2. 中級者向けアプリ:「英語発音速成攻略」
    3. 上級者向けアプリ:「英語発音矯正」と「英語発音ドリルAtoZ」
  8. 英語の発音記号が学べるおすすめ本
    1. 英語耳
    2. フォニックス発音トレーニングブック
    3. 英語喉
  9. 英語の発音記号とフォニックスの違い
    1. 英語の発音記号(Phonetic Symbols)
    2. フォニックス(Phonics)
  10. まとめ:英語の発音記号は、とにかく慣れるだけ

英語の発音記号を覚えるだけではネイティブの発音にはならない

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

英語の発音が上手くなりたいというなら、発音記号を覚えるだけでは絶対にネイティブのような発音にはなりません。

一つの単語の発音は基本中の基本ですが、単語単体では英会話はしませんよね?

単語と単語の繋がりのなかで生まれるリンキング、音が落ちるリダクション、英文の中での強弱のアクセントなども大変重要です。

ここで単語の発音をマスターした後の勉強法はそれらの英語独特の音の特徴を捉えることにステップアップしてみましょう!

英語の発音|初心者でもネイティブ並みに話せる矯正練習法』を参考にしてネイティブに近づきましょう!

そのままで英語の音が分かる発音記号一覧

アルファベットの読み方そのままで発音が出来る記号がありますが、それらは日本人が比較的簡単に理解できて、発音できるものばかりです。

次の表の発音記号の部分がそれに該当します。

発音記号
単語の例
p
pensilのpの部分
b
blackのbの部分
t
tomorrowのtの部分
d
doのdの部分
k
cookのcとkの部分
g
giveのgの部分
f
footのfの部分
v
victoryのvの部分
s
seeのsの部分
z
zipのzの部分
h
houseのhの部分
m
motherのmの部分
n
natureのnの部分
l
likeのlの部分
r
roomのrの部分
j
yetのyの部分(jの発音記号は、日本語のヤ・ユ・ヨに近い音)
w
whenのwの部分

カタカナにしづらい英語の発音記号一覧と覚え方・コツ

日本人にとっては、カタカナにしづらい特殊な発音記号でも、簡単な英単語を例にして何度か実際に発音してコツを掴めば、簡単にマスターできます。

次からそれらの発音記号と英単語の例などを見て、実際に発音して身に付けましょう!

発音記号その1.「tʃ」

Check(チェック)のchの部分の発音記号がtʃとなります。

動画で確認してみましょう。

(動画内容)
Checkの単語を使って、発音を解説。
他にも、cheap(チープ)、church(チャーチ)、 lunch(ランチ)もそれに該当します。

発音記号その2.「dʒ」

Jungle(ジャングル)のjの部分の発音記号がdʒになります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Jungleの単語を使って、発音を解説。
他にも、jumbo(ジャンボ)、judge(ジャッジ)、general(ジェネラル)もそれに該当します。

発音記号その3.「θ」

Think(シンク)のthの部分の発音記号がθとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Thinkの単語を使って、発音を解説。
他にも、truth(ツルース)、 thank(サンク)、thing(シング)もそれに該当します。

発音記号その4.「ð」

That(ザット)のthの部分の発音記号がðとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Thatの単語を使って、発音を解説。
他にも、these(ジーズ)、there(ゼアー)、this(ディス)などもそれに該当します。

発音記号その5.「ʃ」

Nation(ネイション)のtiの部分の発音記号がʃとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Nationの単語を使って、発音を解説。
他に、relation(リレーション)、ship(シップ)、shop(ショップ)などがそれに該当します。

発音記号その6.「ʒ」

Vision(ビジョン)のsの部分の発音記号がʒとなります。

動画で見てみましょう。dʒ(jungle)との違いも解説しています。

(動画内容)
Visionの単語を使って、発音を解説。
他に、fusion(フュージョン)、television(テレビジョン)などもそれに該当します。

発音記号その7.「ŋ」

Sing(シング)のngの部分の発音記号がŋとなります。

動画を見てみましょう。

(動画内容)
Singの単語を使って、発音を解説。
他に、thing(シング)、動詞の進行形(ing)などもそれに該当します。

発音記号その8.「æ」

Happy(ハッピー)のaの部分の発音記号がæとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Happyの単語を使って、発音を解説。
他に、bad(バッド)、cat(キャット)、hat(ハット)などもそれに該当します。

発音記号その9.「ɔ」

Pot(ポット)のoの部分の発音記号がɔとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Potの単語を使って、発音を解説。
他に、bottle(ボトル)、body(ボディー)などもそれに該当します。

発音記号その10.「ʌ」

Love(ラブ)のoの部分の発音記号がʌとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Loveの単語を使って、発音を解説。
他に、come(カム)、lucky(ラッキー)などもそれに該当します。

発音記号その11.「ʊ」

Good(グッド)のooの部分の発音記号がʊとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Goodの単語を使って、発音を解説。
他に、Look(ルック)、book(ブック)などもそれに該当します。

発音記号その12.「iː」

See(シー)のeeの部分の発音記号がiːとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Seeの単語を使って、発音を解説。
他に、sea(シー)、sheep(シープ)、she(シー)などもそれに該当します。

発音記号その13.「eɪ」

Make(メイク)のaの部分の発音記号がeɪとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Makeの単語を使って、発音を解説。
他に、take(テイク)、shake(シェイク)、bake(ベイク)などもそれに該当します。

発音記号その14.「aɪ」

Ice(アイス)のiの部分の発音記号がaɪとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Iceの単語を使って、発音を解説。
他に、bike(バイク)、pipe(パイプ)、night(ナイト)などもそれに該当します。

発音記号その15.「ɔɪ」

Choice(チョイス)のoiの部分の発音記号がɔɪとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Choiceの単語を使って、発音を解説。
他に、coin(コイン)、oil(オイル)などもそれに該当します。

発音記号その16.「uː」

Loop(ループ)のooの部分の発音記号がuːとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Loopの単語を使って、発音を解説
他に、scoop(スクープ)、snoopy(スヌーピー)などもそれに該当します。

発音記号その17.「əʊ」

No(ノー)のoの部分の発音記号がəʊとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Noの単語を使って、発音を解説。

他に、show(ショー)、tow(トー)などもそれに該当します。

発音記号その18.「aʊ」

Now(ナウ)のawの部分の発音記号がaʊとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
Nowの単語を使って、発音を解説
他に、cow(カウ)、bow(バウ)などもそれに該当します。

発音記号その19.「ɪə(ɪɚ)」

Near(ニア)のearの部分の発音記号がɪəとなります。

動画を見てみましょう。アメリカ英語とイギリス英語との違いも解説。

(動画内容)
Nearの単語を使って、発音を解説。
他に、here(ヒアー)、ear(イヤー)などもそれに該当します。

発音記号その20.「eə(eɚ)」

Where(ウェア)のereの部分の発音記号がeəとなります。

動画で見てみましょう。アメリカ英語とイギリス英語との違いも解説。

(動画内容)
Whereの単語を使って、発音を解説。
他に、hair(ヘアー)、air(エアー)などもそれに該当します。

発音記号その21.「ɑː(ɑɚ)」

Car(カー)のarの部分の発音記号がɑːとなります。

動画で見てみましょう。アメリカ英語とイギリス英語の違いも解説。

(動画内容)
Carの単語を使って、発音を解説。
他に、dark(ダーク)、shark(シャーク)、bark(バーク)などもそれに該当します。

発音記号その22.「ɔː」

Law(ロー)のawの部分の発音記号がɔːとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
lawの単語を使って、発音を解説。
他に、ball(ボール)、call(コール)などもそれに該当します。

発音記号その23.「ʊə(ʊɚ)」

Cure(キュア)のureの部分の発音記号がʊəとなります。

動画で確認してみましょう。アメリカ英語とイギリス英語の違いも解説。

(動画内容)
Cureの単語を使って、発音を解説。
他に、sure(シュア)、pure(ピュア)などもそれに該当します。

発音記号その24.「əː(ɚː)」

Stir(スター)のirの部分の発音記号がəːとなります。

動画で見てみましょう。アメリカ英語とイギリス英語の違いも解説。

(動画内容)
Stirの単語を使って、発音を解説。
他に、percent(パーセント)、dirty(ダーティー)などもそれに該当します。

発音記号その25.「ə」

Common(コモン)の後ろのoの部分の発音記号がəとなります。

動画で見てみましょう。

(動画内容)
他にも、concrete(コンクリート)、lion(ライオン)などもそれに該当します。

カタカナにしづらい英語の発音記号のトレーニング

問題を解くだけで、もう特殊な英語の発音記号も怖くはありません。

発音記号トレーニングのイメージ

(問題)次の発音記号から、実際の単語が何なのか当ててみましょう。

※ストレス(アクセント)マークは省いています

  1. ʃoʊ
  2. bʊk
  3. naɪt
  4. θɪŋ
  5. bæg
  6. pɑːk
  7. dʒɔb
  8. kʌm
  9. ʃɔp
  10. θæŋk

(解答)

  1. show
  2. book
  3. night
  4. thing
  5. bag
  6. park
  7. job
  8. come
  9. shop
  10. thank

英語の正しい発音が学べるオンライン英会話5選

発音記号などを知り、英語の発音を上達させたり、日常シーンで使う英語をスラスラ話せるようになりたい場合は、オンライン英会話で実際の会話の数をこなすことが大切です。

そして、正しい発音がわかるようになって外国人の会話や映画が観れて、英語が話せるようになったという人も数多くいます。

ここでは、発音矯正が学べるオンライン英会話を5つご紹介します。

  • レアジョブ
  • Native Camp(ネイティブキャンプ)
  • クラウティ
  • kimini英会話
  • hanaso

それぞれ順番に見ていきましょう。

レアジョブ

レアジョブは、講師数6,000名を超える日本最大級のオンライン英会話です。

1レッスンあたりの費用は脅威の約170円〜、毎日1回以上レッスンを受けることができます。

レアジョブで用意されているカリキュラムは幅広く、発音、日常英会話をはじめとして、海外旅行英語、ビジネス英語、その他シーンに合わせた英語など、自分の学びたいカリキュラムを自由に選択できます。

【おすすめレッスン・教材】
・発音ベーシックサウンド

また、講師数6,000名の中には、本場のネイティブ講師も在籍しているため、より本場に近い英語を学びたい方にもぴったりです。

「オンライン英会話を受講したいけど、どのサービスを選んで良いのか分からない」という方は、第一候補としてレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。今なら2回の無料体験レッスンを受講することも可能です。

レアジョブ英会話の無料体験はこちら

Native Camp(ネイティブキャンプ)

Native Camp(ネイティブキャンプ)は、業界初のレッスン受け放題システムを採用しているオンライン英会話です。ネイティブキャンプにログインするだけで、24時間365日、いつでも好きな時間にレッスンを受けることができます。

また、一般的なオンライン英会話は「1回のレッスン時間は25分〜」と制限を設けられていることも多いですが、ネイティブキャンプは5分だけレッスンを受けることも可能。

朝の通勤前にレッスンを受けるも良し、寝る前に少しだけ英語を勉強するのも良し。

【おすすめレッスン・教材】
・発音トレーニング 実践コース
・発音トレーニング 基礎コース
・発音トレーニング 発展コース

さらに、自習用のコンテンツとして「読み放題」「聞き放題」機能も搭載されており、リーディングやリスニングの強化も自由に行うことが可能です。

これだけ充実したコンテンツが用意されているオンライン英会話は他に存在しないため、低価格でボリューム感のあるレッスンを受けたい方はネイティブキャンプを受講してみましょう。今なら1週間の無料体験レッスンを受けられます。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

クラウティ

クラウティは、家族でシェアできることで有名なオンライン英会話です。

1つのアカウントで、最大6名までアカウントを共有できます。6名で利用したとしても、かかる費用は1アカウントのみの月額4,950円〜。

レッスン回数は1日2回〜4回を選択できるので、「今日はママが英語を勉強する日」「明日は子どもに英語を勉強させる日」という形で、シェアしながら家族全員で英語を学べるのがクラウティのメリットです。

【おすすめレッスン・教材】
・発音講座 ABCフォニックス
・発音講座 はじめてのフォニックス
・発音講座 フォニックス

通常のオンライン英会話は「Zoom」や「Skype」といった外部アプリを使ってレッスンを行いますが、設定をしたことがない人にとっては難易度が高いもの。

その点、クラウティは独自のレッスンシステムを採用しているので、クラウティにログインするだけでレッスンを行うことができます。

圧倒的に低価格で、家族全員で英語を楽しく学びたい方は、一度クラウティの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

クラウティの無料体験はこちら

kimini英会話

kimini英会話は、子どもから大人まで細かにレベルが設定されたカリキュラムで学べるオンライン英会話です。

教育業界で70年以上の実績を誇る学研が運営しており、高校・大学など200以上の教育機関で導入されているレベルの高いカリキュラムが用意されています。

【おすすめレッスン・教材】
・発音コース(フォニックスを用いて丁寧に学習)

「レベルが高くてついていけないかも」と不安に感じている方も、受講をスタートしたタイミングで、スピーキング力を確かめられるテストを受けられます。

こちらのテストの結果に合わせてカリキュラムを提案してくれるため、自分のレベル以上に難しいカリキュラムでレッスンが進むことはありません。

さらに、月額料金も1,100円(税込)〜と、業界最安値クラスです。

子どもから大人まで、品質が担保されたカリキュラムで英語を学びたい方は、kimini英会話を選んでみてはいかがでしょうか。

kiminiオンライン英会話 公式サイトはこちら

hanaso

hanasoは、英語の復習に特化したオンライン英会話です。

  1. レッスンで学び口になじませる
  2. 復習システムにより効率よく定着させる
  3. 音声教材で会話での使い方を練習する

上記3つのステップでレッスンが進むので、日常的に使っている英語を効率よく覚えられるのがhanasoのメリットです。

レッスン教材も豊富に用意されており、日常英会話をはじめとして、おもてなし英会話、特定のシーンに特化したトピックトーク、自由に英語を話すフリートークなどがあります。

【おすすめレッスン・教材】
・発音トレーニング(関正生先生が監修)

「一度覚えた英語を忘れてしまった」「学習の二度手間を減らしたい」と考えている方は、hanasoを選んでみてはいかがでしょうか。

hanasoの無料体験はこちら

英語の発音記号を変換できるおすすめのサイトは?

なお、英語の発音記号が気になって、単語や英文を発音記号に変換したい場合、以下のサイトで出来ます。

発音記号の変換サイト:toPhonetics

toPhonetics」では、アメリカ英語とイギリス英語と選べて、単語だけでなく、英文も全て発音記号に変換してくれます。

発音記号の変換サイト:トコトン英語

トコトン英語」も、画面がシンプルでわかりやすく、単語や英文で入力したものを発音記号に変換することができます。

初心者など英語の発音記号が学べるおすすめアプリ

英語の発音記号をアプリで学びたい人には『英語の発音|無料で練習!8つの人気おすすめアプリ・サイトで上達』で紹介していますが、以下がおすすめです。

初心者向けアプリ:「発音博士」と「発音チェック」

まずは中学生レベルの英単語の発音が中心の「発音博士」をご紹介します。

LとRの発音があるなど、日本人が苦手な発音も入っています。

App Store(iOS)

Google Play(android)

簡単な単語の発音のチェック(文章も)ができる人気アプリの1つです。

因みに、LとRの発音のコツは、『RとLの発音がビックリするほど上達する簡単トレーニング』の記事でも練習できるので参考にしてみて下さい。

中級者向けアプリ:「英語発音速成攻略」

発音ルールを覚えながら正しい発音を身に付けるのに最適なアプリが、「英語発音速成攻略」です。

なぜ単語がこのような発音になるのか?など少しアカデミック的になりますが、正しい発音を身に付けるには欠かせないルールの習得になります。

上級者向けアプリ:「英語発音矯正」と「英語発音ドリルAtoZ」

日本人が苦手な発音を集中的に矯正したい方におすすめのアプリが、「英語発音矯正」です。

※現在、androidではなくなっていて、iOSだけしか見当たりませんでした

また、「英語発音ドリルAtoZ」もおすすめです。

日常英会話のフレーズの発音もできるので、単語だけではなくイントネーションの発音なども身に付けることができます。

このアプリは初級者でも単語の発音チェックもできるので試してみて下さい。

英語の発音記号が学べるおすすめ本

英語の発音記号やフォニックスを本で学びたいという人は以下がおすすめです。

英語耳

100万部のロングセラーで売れている人気の発音本です。本書の改訂3版では、Practiceの音声をすべて独立させた「mp3形式の音声」もデータとして付属(付属CDは音楽CDとしても再生できて、パソコンなどでmp3データを取り出せるCDエクストラになっています)。

フォニックス発音トレーニングブック

10万部越えのロングセラー本です。フォニックスの学習を通して、効率よく発音練習を行うことができるエクササイズブックです。

大人も楽しめるチャンツなど「楽しさ」「効率のよさ」「活用性」の3点が盛り込まれています。

英語喉

人気の本です。日本人が英語発音と聞き取り能力において苦労している原因は、実は英語は喉で発音するものだからという考えで、この本では、英語ネイティブがしている喉発音、そして3 ビートを理解し、練習することができます。

英語の発音記号とフォニックスの違い

英語の発音記号(Phonetic Symbols)とフォニックス(Phonics)は、言語学や英語学習において異なる概念ですが、密接な関係があります。

英語の発音記号(Phonetic Symbols)

英語の発音記号は、音声言語学や辞書などで用いられる特定の音を表すための記号のことです。これらの記号は、通常のアルファベットや数字とは異なり、言葉の発音を具体的に示すのに使われます。

国際音声記号(IPA)が広く知られており、多くの辞書や学習教材で採用されています。例えば、「cat」の発音をIPAで示すと、「kæt」となります。

フォニックス(Phonics)

フォニックスは、言葉の音と文字の関係を教えるための教育法の一つです。主に英語を母語とする国々の初等教育などで用いられ、文字や音の組み合わせを理解することを通じて読み書きを教えます。

フォニックスでは、音素(phoneme)と呼ばれる言語の音の最小単位を学び、それを文字に結びつけて言葉を読み書きする方法を教えます。例えば、「cat」という言葉は、/k/、/æ/、/t/という音素で構成され、それぞれの音素は対応する文字で表されます。

よって、簡単に言うと

  • 発音記号:音を具体的に示すための記号
  • フォニックス:文字と音の対応を教えるための方法

の違いです。

まとめ:英語の発音記号は、とにかく慣れるだけ

英語の特殊な発音記号も、一度コツを掴めば、誰でも簡単に習得できるものです。

せっかく英語の表現を調べるのであれば、正確な発音まで身に付けることで、効率よく英語習得に繋がります。

特に、日本人が知らない音を発音できるようになると、圧倒的に英語が聞けて話せるようになりますので、上記のようなオンライン英会話でレッスン講師と一緒に発音矯正やフォニックスを習得するのも上達の近道です。

時間がある時は、いつでもここでご紹介した発音記号と動画の解説にも触れておきましょう。

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英語発音
マイスキ英語

人気記事ランキング

出会いがある大人向け英会話教室1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10

コメント