著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「as」の使い方まとめ|6つ以上もある意味を例文解説で比較する!

のべ7,322がこの記事を参考にしています!

「as」の使い方をマスターしたら英語の幅が広がります。

その理由として、「as」は使う場面により、前置詞、接続詞、関係代名詞、副詞として使われるからです。

これらの使い方を知らないと、英会話でのリスニングやリーディングの時に混乱する可能性があります。

しかし、「as」のように多くの品詞として使われる単語はそんなに多くないため、一度覚えると重宝します。

よって今回は、色々なシチュエーションで役立つ「as」の使い方を例文を使いながら解説と比較をしていきます。

目次:

1.時間を表す「as」
2.理由を表す「as」
3.比較を表す「as」
4.様態を表す「as」
5.譲歩を表す「as」
6.役割を表す「as」
7.他の使い方もある「as」の例文
まとめ:どの意味の「as」かを瞬時に判断してみよう!

1.時間を表す「as」

時間の経過などを表現する場合に使うのが、接続詞の「as」です。

時間に関連する代表的な接続詞は「when」がありますよね。この2つの違いは何なのでしょうか?

ニュアンスの違いが分かれば使い方が明確になります。

  • 「as」:I studied English as I was watching TV.(私はテレビを見ながら英語を勉強しました)
  • 「when」:The phone rang when I came back home.(家に着いた時、電話が鳴りました)

例文の和訳を見れば分かるように、「as」は「when」よりも同時進行というニュアンスが強いです。「as」を他の接続詞の「while(~の間)」に置き換えることもできますね。

「When」はある一点の時間を指している場合に使います。

また、文語で「As time goes by(時が経つにつれ)」という慣用句がありますが、これも「when」ではおかしいですよね?

「As time goes by, our friendship gets better.(時が経つにつれ、仲がよくなっています)」など。

因みに、「As time passes,」でも同様の意味になります。

2.理由を表す「as」

「~だから」とう理由を表す場合も「as」を使います。

理由の時に使う接続詞でよく使うのが「because」ですが、違いは何なのでしょうか?

下記が2つの例文です。

  • 「as」:As it is sunny today, why don’t we go out?(今日は晴れているから、外出でもしない?)
  • 「because」:I try not to work hard today since I feel sick.(風邪気味だから今日はあまり仕事をしません)

どちらも「~だから」という意味で使われましたが、区別できましたか?

  • 「as」:明らかな理由 → 晴れているのはあなたも知っているでしょう、とうニュアンス
  • 「because」:みんなが知らない理由 → あなたが風邪気味なのは相手はしらない、というニュアンス

誰が見ても明らかな理由かどうか分からない場合は「because」を使うようにしましょう。

しかし、この場合の「as」は英会話では「since」に置き換えて使うことが多いです。ここでの「as」はとてもフォーマルな言い方なので、文語などで使います。

よって先ほどの例文の「as」を「since」に変えると、英会話的にはよりスムーズな表現となります。

3.比較を表す「as」

中学2年生ぐらいで習う「as」の使い方が、「A as 形容詞(副詞)as B」(AはBと同じくらい~)です。

比較級の同等という使い方で、最初の「as」が副詞となります。

「as ~ as(同級比較)」の使い方|否定形や言い回し10選・例文』でも詳しく解説しています。

下記がその例文です。

  • He runs as fast as I do.(彼は私と同じくらい速く走ります) ※口語的には「He runs as fast as me.」という事も多いです。または「do」を省略など。
  • She is as beautiful as her mother.(彼女は彼女の母親と同じくらい美しいです)

否定形は、「He is not as smart as his brother.(彼は彼の兄のように頭が良くない)」などとなります。

4.様態を表す「as」

「私が言ったように(As I said/As I told you)」という場合に使います。

「~のように」、「~の通りに」という意味があります。

もっとカジュアルな言い方は「Like I said/Like I told you」と「Like」を使うことが多いです。覚えておきましょう。

文頭と文中で使うパターンがあります。

  • 文頭:As I said, You can do it.(私が言ったように、あなたならできます!)
  • 文中:Do as I do.(私がするようにしなさい)

上記の例文の文中の場合は、「as」を関係代名詞の「what」に置き換えて「Do what I do.(私がすることをしなさい)」ということもできます。

5.譲歩を表す「as」

英文法で「譲歩」というと、「~だけれども」という意味になります。

「as」を譲歩の場合で使う場合は、文頭で倒置をします。基本的に文語的表現です。

  • Sleepy as I was, I studied for exam.(眠かったけれども、試験勉強をしました)
  • Student as he is, he speaks like a teacher.(彼は生徒だけれども、教師のように話した) ※名詞が頭にくる場合は「a」などの冠詞は不要になります。

要するに、上記は全て接続詞の「though(although)」に置き換えることができます。

上記の2つ目の例文で見ると、「Though he is a student, he speaks like a teacher.」になります。

6.役割を表す「as」

この使い方「~として」を多くの日本人が知っているのではないでしょうか?

前置詞として使われて、「as+名詞」の形になります。

ビジネスの場合は職業や役職などを入れることがあります。

  • He is great as a project leader.(彼はプロジェクトリーダーとして素晴らしい)
  • She works as a doctor.(彼女は医者として働いています)※「She is a doctor.」と同じ意味になります。

強調する場合は、文頭に持ってきて、「As a project leader, he is great.」となります。

この使い方は「as a matter of fact(真実として)」の慣用句でも適応されています。

7.他の使い方もある「as」の例文

これまでの「as」の使い方は基本中の基本ですが、それ以外でも英会話で頻繁に使われている「as」の用法があります。

例文と一緒に押さえておきましょう!

  • 例を表す:I like fruits such as apple and banana.(私はフルーツが好きです。例えば、リンゴとかバナナです) ※カジュアルな場合は「like」に置き換えることもできます。『such asの意味と使い方|2つの類義語での言い換えや違い・例文など』の記事を参考にしてみて下さい。
  • 限界を表す:Please call me back as soon as possible.(できる限り折り返し電話をください) ※「as soon as you can」とも言えます。比較との使い方とは異なります。『正しい「as soon as possible」の意味と使い方』の記事も参考にしてみて下さい。
  • 状態を表す:I sell the old chair as is.(古い椅子をそのまま売ります) ※「as is」は「現状のまま」という意味になります。「as it is」も同様で、複数の場合は「as they are」となります。
  • 同調を表す:I like that as well.(私もそれが好きです) ※「I like it, too.」のように文末に付けて「~も」となります。少しフォーマルな言い方です。
  • 追加を表す:I need A as well as B.(AもBも必要です) ※「I need A and B.」と同じ表現になり、これも少しフォーマルで、Bを少し強調した言い方になります。

まとめ:どの意味の「as」かを瞬時に判断してみよう!

いかがでしたでしょうか?

「as」には多くの使い方があり、特に初心者の方は混乱するかもしれません。

しかし、英語脳を鍛える過程として、「このasは接続詞?どんな意味?」など意識することで徐々に慣れてきます。

リスニングでもリーディングでも瞬時に区別できる能力を手に入れましょう!

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

sp-cta
pc-cta