著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

How about~?の意味・使い方|What about~?との違いや類義語など

のべ130がこの記事を参考にしています!

ネイティブの会話で頻繁に出てくる「How about ~?」ですが、どんな場面で使っているのか把握していますか?

簡単そうに見えて、正しい使い方を実は知らない日本人の方が多いフレーズでもあります。

ビジネスメールなどフォーマルな文語で使うことはありませんが、ビジネスの会話でも欠かせない表現です。

また、これに似ている「What about ~?」との違いと共通点は何なのでしょうか?

疑問詞の「How」が「What」に変わっただけですが、間違うと失礼になる場合もあります。

よって今回は、「How about ~?」の意味や使い方、また「What about ~?」の活用法なども同時に例文を使って紹介します。是非、英会話に活用して下さい。

目次:

1.「How about ~?」の意味と例文・類義語
・意見や状況を聞く時(聞き返す)
・提案する時・類義語
・誘う時・類義語
2.「What about ~?」の意味と例文:「How about ~?」との違い
3.「How about/What about ~?」が共通して使える場面
・驚いた時
・相手の意見を聞く時
まとめ:「How about ~?」と「What about ~?」はシッカリと使い分ける!

1.「How about ~?」の意味と例文・類義語

「How about ~?」は何かを提案するときや、誰かを誘ったりする時によく使われます。

相手を思いやったりする気遣いのフレーズのイメージだと思って下さい。ニュアンスとしては優しい表現です。

基本としては、文法的にも「How about 名詞(動名詞ing)?」の形ですが、そうではないパターンも多いです。

意見や状況を聞く時(聞き返す)

相手に同じ意見を聞いたり、相手の考え方、状況を確認する時に使います。

あなたが何かの意見や回答をした時に、聞き返すフレーズですね。

要するに「あなたの方こそどうななの?」というニュアンスですね。

下記がその例文です。

  • How about you?(あなたはどう思いますか?・あなたの体調はどうですか?)
  • How about your school?(あなたの学校生活はどうですか?)

など。

提案する時・類義語

「How about if ~?(~するのはどうなの?)」という形をとるパターンもあります。

下記がその例文です。

  • How about next week?(来週はどうでしょうか?) ※何かの約束はしたけど会う時をどうするかの提案ですね。
  • How about if you go talk to your boss?(上司に話すというのはどうなんですか?)

など。

例えば、2つ目の文をフォーマルな言い方に置き換えるすると、「I suggest that you go talk to your boss.」となります。

カジュアルであれば、「Why not go talk to your boss?」、「You should go talk to your boss.」など類義語(フレーズ)が使えます。

3つの「提案」の英語|使い方の違いや関連表現・フレーズ一覧』の記事も参考にしてみて下さい。

誘う時・類義語

「一緒に~しましょう」などの場面でも使えます。

下記がその例文です。

  • How about going out for lunch?(一緒にランチに行きませんか?)
  • How about we meet again sometimes?(たまにはまた会いませんか?) ※「How about 主語+動詞?」という形でも使いますね。

など。

「Why don’t we ~?」や「Let’s ~.」に言い換えることもできます。『「~しましょう」の英語|Let’s以外の5つの表現と提案フレーズなど』の記事も参考にしてみて下さい。

2.「What about ~?」の意味と例文:「How about ~?」との違い

さて、「How about ~?」に似ている感じがする「What about ~?」ですが、どのような場面で使うのでしょうか?

下記が主な意味です。

  • ~はどうするの?(~はどうするつもりですか?)
  • ~の方はどうなんですか?

など。

よって同じ名詞を後ろに入れても全く違う意味になります。

次の2つの例文の違いを確認しましょう。

  • How about your work?(仕事はどんな調子ですか?) ※相手に気遣いの質問を聞き返すパターンですね。
  • What about your work?(仕事はどうするつもり?) ※「休むのはいいけど、仕事はどうするの?」などの場面が想像できますね。

如何でしょうか?この2つは全く違いますね。言い方によっては語気が強いニュアンスにもなります。

それでは、「What about ~?」の例文パターンを見ていきましょう。「What about 名詞・代名詞 ?」の形が基本となります。

  • What about me? Should I go there, too?(私はどうなるの?私もそこに行けばいいの?) ※「What about John?(ジョンはどうするの?)」など、他の名前や代名詞を持ってきてもOKです。
  • What about it? I don’t care.(だから何?関係ないね) ※「それがどうしたって言うの?」という場面で使う、少し怒った口調で表現します。
  • What about rice? Does it come with the plate?(ご飯はどうなりますか?そのおかずと一緒についてきますか?) ※レストランの注文などで聞くフレーズです。
  • You said you can speak Spanish. What about English?(スペイン語を話せると言っていましたが、英語の方はどうですか?)
  • What about the problem. We can’t ignore it.(その問題をどうするつもり?無視できないよ)

など。

3.「How about/What about ~?」が共通して使える場面

さて、先ほども例文の比較で見ましたが、意味や語気なども全く違いましたよね。

しかし、これが同じ意味で使えるフレーズがあるのです。主に2パターンなのでそれぞれを見ていきましょう。

驚いた時

「それはすごい!」、「いいね!」という場合に次のフレーズを使います。

この場合は「?(クエスチョンマーク)」よりも「!(ビックリマーク)」を文末に付けることが多いですね。

  • How about that!
  • What about that!

間違っても代名詞の「it」にしないで下さいね。全く違う意味になります。

「Wow! How/What about that! It’s just incredible.(わー、すごいね。信じられない)」などの例文の中で使えます。

また、これは感嘆文の一種ですね。『2つある!感嘆文の作り方|HowやWhatへの書き換え方法と例文』の記事も参考にしてみて下さい。

相手の意見を聞く時

「あなたはどう思いますか?」や「あなたの場合はどうですか?」と相手に聞き返す時に同じフレーズを使います。

  • How about you?
  • What about you?

例えば身近な例と言うと、「How’s it going?(最近どう?)」と相手に聞かれた時に、「Good. What/How about you?(いいよ、あなたは?)」という挨拶のやり取りですね。

これはどちらを使っても構いません。

しかし、喧嘩口調での「What about you?(あなたは何なのよ!何様?)」という意味もあるので、使う場面で注意が必要です。

まとめ:「How about ~?」と「What about ~?」はシッカリと使い分ける!

いかがでしたでしょうか?

似たような疑問詞ですが、使う場面で意味が大きく異なる場合があるので注意が必要ですね。

短いフレーズですが、自然に使えるようになるとネイティブ感覚ですね。オンライン英会話でのレッスンや、会社での会話などで使う機会があればドンドン試してみましょう!

ここで紹介した例文などを見返して、あなたの英会話上達に役立てて下さい。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)