著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「go through」の 意味|16例文とget throughとの違い

のべ48がこの記事を参考にしています!

日常会話だけではなく、ビジネスの場面でもよく使わえる「go through」。

この「go through」ですが、様々な意味があり、使う場面で意味が多少異なります。

しかし、動詞の「go(行く)」と「through(~を通り抜けて・~最初から最後まで)」というイメージができればとても理解しやすくなります。

よって今回は、多くの例文を用いながら「go through」の意味の理解を理解して使いこなせるようにしましょう!また、他の熟語の「go through with」や「go through the roof」と「 go through the motions」のようなスラング的表現、名言も覚えておくと英会話に役立ちます。

目次:

1.「通り抜ける」を「go through」で表現
2.「(困難などを)経験する」を「go through」で表現
3.「くまなく調べる・確認する」を「go through」で表現
4.「説明する」を「go through」で表現
5.「目を通す・読む」を「go through」で表現
6.「(法案などが)通過・可決する」を「go through」で表現
7.「go through with」はどんな意味?
8.「go through」を使った有名な名言やフレーズは?
9.「get through」との違いは?
まとめ:スラングの「go through the roof」をイメージできる?

1.「通り抜ける」を「go through」で表現

物理的にAがBの中を通り抜けるという場合に使います。

  • I went through the tunnel(そのトンネルを通り抜けました)
  • The strong wind went through the warehouse.(強風が倉庫を突き抜けました)

※「went」は「go」の過去形で、これからのご紹介する意味や例文でも多くでてきますので押さえておきましょう。

左から右のように通り抜けるイメージです。

2.「(困難などを)経験する」を「go through」で表現

単純に何かを経験するというより、苦労しながら過ごしているイメージの時に使います。

  • I’m going through a hard time now.(今、辛い時間を過ごしています)
  • He went through a lot.(彼はいくつもの困難を経験してきた)

何とか通り抜けるように頑張っているイメージですね。

3.「くまなく調べる・確認する」を「go through」で表現

時間をかけて調べたり、確認したりする時にも使えます。

最初から最後までというイメージから来ていますね。

など。

4.「説明する」を「go through」で表現

これも最初から最後までをくまなく、一通り説明するイメージですね。

  • Let me go through the document again with you.(もう一度、その資料を説明させて下さい)
  • I have to go through the product’s features.(その商品の特徴について説明しなければいけない)

他にも、同義語として『「説明」の英語|説明書や説明会でも使う厳選12個の表現』にあるような explain, presentなどあります。

5.「目を通す・読む」を「go through」で表現

look through, read throughなどに言い換えることもできます。

  • Let me go through your report.(報告書に目を通しますね)
  • He just went through the book.(その本をちょっと一通り見ただけです)

など。

6.「(法案などが)通過・可決する」を「go through」で表現

ビジネス用語になりますが、次のようなケースでも使えます。

  • The bill is supposed to go through next week.(法案は来週通過するはずです)
  • The budget went through.(予算案が可決しました)

「be動詞+passed(通過する)」というのが同義語になります。「The budget was passed.」など。

7.「go through with」はどんな意味?

前置詞の「with」もついていますが、ここでは「~と一緒に経験する、確認する」などの意味ではなく、別の意味として考えて下さい。

実は、「貫徹する」、「やり通す・実行する」などの意味があります。

  • He went through with his plan.(彼は自分の計画を貫徹した)
  • I couldn’t go through with it.(それを実行できませんでした)

8.「go through」を使った有名な名言やフレーズは?

さて、「go through」を使ったとてもいい言葉があるのでご紹介します。

  • Grow through what you can go through.(直訳:あなたの経験から成長しよう) ※有名な本のタイトルにもなった言葉で、人生において、障害を気にして何もしないのではなく(それでは成長しない)、あなたが経験することから得ることができる成果や結果を優先しようというニュアンスです。
  • If you’re going through hell, keep going.(直訳:あなたが地獄を経験しているのなら、続けなさい) ※元イギリス首相で、作家でもあるウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)の言葉で、最後までやってみろ、あきらめるな、続けて前進することが大切というニュアンスです。

など、会話で使えるか分かりませんが、知識として覚えておくと英語の幅が広がりますね。

9.「get through」との違いは?

「go through」はよく、「get through」と使い方を間違ってしまう方が多いです。

「get through」は、「困難を切り抜けて成果を出す」というイメージです。

売り上げ達成、試験の合格などなど、様々なシーンで使えます。

  • I finally got through!(ようやく切り抜けた!成功した!)
  • Let’s get through it!(一緒に乗り越えて、成果を出そう!)

また、「come through」も「get through」と同じようなニュアンスで使えます。

まとめ:スラングの「go through the roof」をイメージできる?

さて、ここまでで「go through」のイメージを掴めましたか?

それでは問題です。

次の2つのスラングはどんな意味になるでしょうか?

  • go through the roof(直訳:屋根を突き抜ける)
  • go through the motions(直訳:動きを一通りやる)

下記が例文ですが、答えを見てみましょう。

  • He’s really going through the roof now.(彼はいまめちゃくちゃ怒っています) ※堪忍袋の緒が切れる、というイメージですね。また、価格が高騰する時などにも使える表現です。
  • She is not studying at all. She is just going through the motions.(彼女は全然勉強していませんよ。ふりをしているだけです)

これが分かったら完璧です!自信を持って英会話にドンドン活用してみて下さい。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)