著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

everの意味と使い方|完了形や否定形などでの活用やneverとの違い・例文

のべ258がこの記事を参考にしています!

「Will you call me?」と、everが入った「Will you ever call me?」のニュアンスの違いが分かりますか?

また、「You are the best player.」と「You are the best player ever.」など。

それと、スペルが似ている単語の「never」との関係も知っておくと英会話に役立ちます。

よってここでは、シッカリと「ever」の意味とその使い方を例文を使いながらご紹介します、英語力アップに欠かせない活用ができる単語の1つです。是非、参考にして下さい。

目次:

1.「ever」の発音と注意点
2.肯定文での「ever」の意味と例文
3.否定文での「ever」の意味と例文
4.疑問文での「ever」の意味と例文
・現在形・過去形
・現在完了形
・未来形
5.比較級と最上級での「ever」の意味と例文
6.疑問詞と一緒に使う「ever」の意味と例文
7.「never」との関係と違い

1.「ever」の発音と注意点

副詞で使う「ever」ですが、先ずは正しい発音から見ていきましょう。

「ever」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
エヴァー
évɚ

最後に紹介する「never」と同様に、日本人が苦手な「v」と「r」の発音が入っています。

発音が苦手な方は、『Vの発音を今すぐマスターできる簡単な2つの練習方法』と『RとLの発音がビックリするほど上達する簡単トレーニング』の記事で紹介しているトレーニングを実践してみて下さい。

2.肯定文での「ever」の意味と例文

肯定文でよく使われるパターンとその意味は下記となります。

下記が意味と例文です。よく使う熟語と一緒にご紹介します。

  • いつも・・・She is ever kind to me.(彼女やいつも私に親切です) ※「We have been friends ever since.(それからずっと友達です)」、「They lived happily ever after.(その後幸せに暮らしたとさ/昔話などの締めによく使われるフレーズですね)」など。
  • 変わらず(いつものように)・・・He is as smart as ever.(彼は相変わらず頭がいい) ※「As ever, he was strict to himself.(相変わらず、彼は自分自身に厳しかった)」など、文頭に「as ever」を置いて表現することもあります。

ここでの「ever」は他の副詞の「always(いつも)」と同じニュアンスだと思って下さい。

因みに、「永遠に(変わらず)」を強調する場合には、「forever and ever」という表現を文頭や文末に置くこともあります。

3.否定文での「ever」の意味と例文

否定文でよく使われるパターンとその意味は下記となります。

「いつも~しない」、「相変わらず~ではない」という訳になりますね。

  • He never smiles.(彼は決して笑わない) ※「He doesn’t ever smile.」が否定形ですが、基本は「never」に置き換えます。
  • She is hardly ever on time.(彼女は滅多に時間を守らない) ※「ほとんど~しない」の「hardly」と一緒に使うパターンです。「hardly」の代わりに、フォーマルな「seldom」を使っても同じ意味になります。

など。「ever」を否定形で使いたい場合は、後述する「never」が通常だと思ってOKです。

4.疑問文での「ever」の意味と例文

疑問文でよく使われるパターンとその意味は下記となります。

時制で意味が変わります。

現在形・過去形

肯定文のところで見ましたが、「いつも」や「普段」というのにプラスして「一度でも」と強調する時に使う場合もあります。

下記がその例文です。

  • Do you ever drive?(日頃、車を運転しますか?)
  • Did you ever talk to her then?(その時に少しでも彼女と話した?)

など。

因みに、肯定文でこの「一度でも」を強調する場合は、If you ever come to Japan, I would take you around.(もし日本に来る機会があれば、私が案内します)など仮定法(もし~なら)でよく使います。「ever」を使うことでここでの意味は、本当にその機会があれば、絶対に~しますというニュアンスになります。

現在完了形

ここでも、一度でもを強調しますが、ここでは過去から今まで(かつて)という期間を表す現在完了形のパターンです。

下記がその例文です。

  • Have you ever been to Germany?(ドイツに今まで行ったことがありますか?) ※「ever」が無くても意味は通じますが、付けることで「今まで」という意味を強調しています。
  • Has he ever studied at all?(彼は勉強をしたことがあるの?) ※「at all(全く)」というのを付け足すことで、更に強調したパターンです。

など、現在完了形の場合は、基本的に疑問文で使われることが多いですね。

未来形

未来形で使う場合は、「これから将来、その意志があるのか?」を強調する場合に使います。他の時制の「今まで一度でも」の未来版ですね。

言い方によっては、少し怒って表現する場合もあるので、声のトーンやニュアンスに気を付けましょう!

下記がその例文です。これも疑問文の形で使われることが多いですね。

  • Will you ever marry him?(彼とは結婚する気があるの?)
  • Will you ever come to Tokyo?(東京に来るつもりはありますか?)
  • Are you ever going to help me?(手伝う気はあるの?) ※このパターンは、少し怒った口調で表現できますね。

など。

5.比較級と最上級での「ever」の意味と例文

「今までで一番」を表現する時に比較級と最上級を使うことも多いです。会話でもよく使われます。

下記がその例文です。

  • 比較級・・・I’m studying English harder than ever.(今までで一番勉強をしています) ※「比較級+than ever」の形です。「better than ever」、「faster than ever」など。
  • 最上級・・・This is the best dish I have ever had.(私が食べた中で、一番おいしい料理です) ※この場合は経験の現在完了形と一緒に使うことが多いですね。「I have ever seen」、「I have ever done」などを後ろに付けます。

など。

また、「He is the best singer ever.(彼は最高の歌手です)」と「ever」を名詞の後ろに直接付けてもOKです。この場合は個人的な経験や意見というより、一般的な評価という意味合いが強いです。

未来形の場合は、「This could be the best idea I will ever come up with.(直訳:これはおそらく私がこれから将来も出せるアイデアの中で一番でしょう)」というのもできます。

つまり、「もうこれ以上優れたものは将来ない」というニュアンスになります。

6.疑問詞と一緒に使う「ever」の意味と例文

「一体(いったい)~」や「どうして」などと強調したい時に、様々な疑問詞と一緒に使うことが多いです。

例えば、「Who are you?」と言うよりも、「Who ever are you?」と表現すると、「一体おなたは何もですか?」という意味合いになります。

下記がその例文です。

  • How could you ever do that to me?(よくもそんなことが私にできるね?)
  • Where ever have you been?(一体どこに行っていたの?)

など。発音する場合の注意点としては、「ever」を少し強調して表現するするところですね。棒読みならないようにしましょう!

7.「never」との関係と違い

「ever」を否定形にすると、「not ever(いつも・相変わらず~しない)」=「never(決して~しない)」となります。

上述で、永遠を強調したい時は、「forever and ever」をいう言い方をする形を紹介しましたが、「never」でも同じで、「I never ever said that.(私は絶対にそんなことは言っていません)」と強調する時につなげることもあります。

neverの意味と使い方|命令形やeverとの関係など32個の例文』の記事でも解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

まとめ:「ever」のニュアンスを掴むには多少の時間はかかる

いかがでしたでしょうか?

特に英語初心者であれば、まだスッキリしないところが多いのではないでしょうか?

「ever」を使うだけでニュアンスが微妙に変わったりするのですが、使い方をマスターしていない場合はあえて使う必要はありません。

ここでご紹介した例文などを参考にして、少しずつでいいので慣れていきましょう!

多くの場面で基本は、「ever」は強調する時に使う!という認識でもOKです。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)