著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「概要」の英語|ビジネスや書類には欠かせない5つの英単語

のべ34,496がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「概要」を英語で何というか知っていますか?

ビジネスや、大学など様々な場面で出てくる、「概要」という言葉ですが、その場によって使う英語で、伝えたい意味も違ってきます。

また、概要の反対語(対義語)は「詳細」ですが、「detail」や「specific」以外の役立つ表現を『「詳細」の英語|基本とその他4つの表現を完全マスター!』で解説していますのでご参考下さい。

概要と詳細をセットで覚えると英語の幅が広がります。

最後には、どれくらい「概要」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

よってここでは、その場面に応じた適切な「概要」の英語を使い分け出来るように、違いを確認してみましょう。

1.「概要」の英語:基本の英単語と違い(使い方)
1-1.英語の「Overview」で「概要」を表現
1-2.英語の「Outline」で「概要」を表現
1-3.英語の「Abstract」で「概要」を表現
1-4.英語の「Summary」で「概要」を表現
1-5.英語の「Digest」で「概要」を表現
2.「概要」に関する英語表現やフレーズ

まとめクイズ:英語の「概要」は場面毎に覚える!

1.「概要」の英語:基本の英単語と違い(使い方)

日本語の「概要」にあたる英訳は一つではありません。

「概要」の意味がある基本の単語と意味を確認しましょう。

1-1.英語の「Overview」で「概要」を表現

「Overview」の発音や意味は下記となります。

読み方
音声
発音記号
オーバービュー
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/overview.mp3
óʊvɚvjù

意味は、「大要」や「あらまし」となります。趣旨を要約したものではなく、文章や本の内容を全体的にまとめた形の概要です。

後述する「summary」もまとめですが、口語的に「overview」を多く使う傾向があり、アカデミックな言い方でもあります。

1-2.英語の「Outline」で「概要」を表現

「Outline」の発音や意味は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アウトライン
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/outline.mp3
άʊtlὰɪn

意味は、「概要」、「アウトライン」、「あらまし」、「略図」などとなります。

キーポイントを並べる形の概要です。リストになっている概要が基本的に「outline」ですね。

日本語でもアウトラインという言葉を使うのでイメージしやすいのではないでしょうか。また、「outline」は「概要をまとめる」という意味の動詞としても使うことができます。

1-3.英語の「Abstract」で「概要」を表現

「Abstract」の発音や意味は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アブストラクト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/abstract-2.mp3
ˈæbstrækt

意味は「適要」や「要約」、「要旨」です。

論文の概要を書く場合は「abstract」を使う場合が多いです。この概要は文頭に書きますが、論文を読むかどうかの判断材料にする部分で重要な部分です。比較的短くまとめて、結論などは含めない形の「概要」です。

論文での概要の書き方は、『英語の「論文」|絶対に押さえたい9つの書き方の基本と例文』を参考にしてみて下さい。

しかし、ビジネスのプレゼン(プレゼンテーション)の場合は、「Introduction(序文)」の部分に概要を書くことが多いです。『英語でプレゼンテーション|3つのパートで使える例文集一覧』を参考にしてみて下さい。

1-4.英語の「Summary」で「概要」を表現

「Summary」の発音や意味は下記となります。

読み方
音声
発音記号
サマリー
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/summary.mp3
sˈʌm(ə)ri

意味は「概要」、「要約」となります。

論文の「概要」としても使われます。日本語の「まとめ」の意味でも使われる単語で、比較的幅広く使えます。

「概要」の中で一番使う単語です。動詞形は「summarize(サマライズ)で「要約する」「まとめる」「概要をまとめる」の意味で使います。学校の宿題などで、本を読んで「概要をまとめる」や、ニュースを見て「概要をまとめる」などの場合、「summary」が使われます。

1-5.英語の「Digest」で「概要」を表現

「Digest」の発音や意味は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ダイジェスト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/digest-2.mp3
dάɪdʒest

意味は、「摘要」、「要約」、「ダイジェスト」です。

まとめというより、噛み砕いて短く概要を説明しているニュアンスです。

「digest」は、もともと「消化する」という動詞(dɑɪdʒést:アクセントが後ろ)でも使います。そこから、整理する、かみくだく、要約するという意味が派生して「概要」の意味でも使われます。

その他にも、「schema(スキーマ/概要や図や図式など)」、「roundup(ラウンダップ/ニュースなどの総括やまとめ)」、「review(リヴュー/過去の出来事の総括)」など他にも「概要」あたる英語表現がありますが、まずはここでご紹介した「概要」の基本の表現を押さえておくだけで英会話では困らないでしょう。

2.「概要」に関する英語表現やフレーズ

ビジネスや日常英会話の様々なシーンで良く使われる英語表現をご紹介します。

outline

  • ~についての概要:「summary of ~」 ※summaryの部分は概要の内容に応じて、変えて使えます。
  • 概要を伝える(概要を説明する):「brief ~」、「present the summary of ~」 ※会議や、プレゼンテーション、スピーチの場合はこちらを使います。
  • 概要によると:「according to the abstract」 ※abstractの代わりにsummaryでもOKです。
  • 概要をまとめる:「give someone a summary of ~」※provide a summaryでもOKです。他に、「summarize(動詞)」、「outline(動詞)」、「sum up(動詞)」などもあります。
  • 概要を書く:「make an outline」 ※文章を書く時、プロジェクトを立ち上げる時などに、先に概要を書く場合に主にこの表現を使います。
  • 概要を把握する:understand the outline of ~ ※「grasp(グラスプ)」という動詞でも構いません。
  • 概要説明:「summary」や「overview」で問題ありません。
  • プロジェクト概要:「project summary」 ※ここでは「概要」として「profile」を使ってもOKです。
  • 事業計画概要:「executive summary」 ※ビジネスシーンで使われる概要です。学術的な論文の概要に比べこちらは文章自体が長く、これを読めば大よその計画内容が把握できるものです。
  • 会社概要:「company profile」 ※「corporate outline」も同様です。パンフレット等にまとめられたものは「company brochure」です。会社や場面によって、様々な表現が使われています。
  • 会議の概要:overview of the conference  ※会議で詳細を書く議事録は「minute」と言います。
  • 概要仕様書:outline specification
  • 概要書:outline ※もちろん「summary」などでも問題ありません。
  • 概要図:schema
  • 概要資料:overview material ※または「overview document」でもOKです。
  • 概要設計:overview design

まとめクイズ:英語の「概要」は場面毎に覚える!

日本語の「概要」は、英語では様々な場面に応じて使い分ける必要がありますが、大まかな意味はここで、ご紹介しました。

「概要」は、この意味ではこの単語!とはっきり言えない部分があり、場面ごとに覚える必要があります。

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. 文章や本の内容を全体的にまとめた形の「概要」の英語は?
  2. 日本語の「まとめ」の意味でも使われる単語で、比較的幅広く使える「概要」の英語は?
  3. 「会社概要」の英語は?
  4. 論文などで使われる「適要」や「要約」の英語は?
  5. プロジェクトを立ち上げる時などに使う「概要を書く」の英語フレーズは?

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「概要」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. overview
  2. summary
  3. 「company profile」、「corporate outline」
  4. abstract
  5. make an outline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta