著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「詳細」の英語|基本とその他4つの表現を完全マスター!

のべ14,624がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「詳細」な情報などを知りたい時に、英語で正しく表現できますか?

買い物やビジネスの世界でも、この「詳細」の単語はネイティブでも頻繁に使う英単語の1つです。

もっと「詳細」が欲しい時などに、ちゃんと相手に伝えることが必要です。

また、概要だけ説明して、「詳細は後ほど」という、仕事でのプレゼンにもこの表現は重要ですね。

よって今回は、「詳細」の英語の正しい使い方を中心に、日常会話や仕事の場面でも活用できるフレーズをご紹介します。

目次:
1.「詳細」の基本英語と発音
2.その他の「詳細」を表現する英語
2-1.英語の「full」で「詳細」を表現
2-2.英語の「specific」で「詳細」を表現
2-3.英語の「minute」で「詳細」を表現
2-4.英語の「particular」で「詳細」を表現
3.英会話で使える!「詳細」の英語フレーズ

1.「詳細」の基本英語と発音

会話の中で、「詳細」を表現する時には、「detail」を使うのが一般的です。

「detail」の発音と発音記号は下記となります。

カタカナ表記
音声
発音記号
ディーテイル
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/12/detail.mp3
díːteɪl

ただし、「detail」のアクセントを、後ろに置く「dɪtéɪl」でも同じです。どちらでも正しい発音となります。

ネイティブがよく使う「detail」を用いた表現が「in detail」(詳細に・詳しく)です。

例文で見てみましょう。

  • 英語:I explained in detail.
  • 日本語:私は詳細に(詳しく)説明しました。

ここでの、「detail」は、数えられない不可算名詞です。

しかし、数えられる可算名詞になる場合もあります。「some details(いくつかの詳細・細部)」などです。両方でも使えるのが「detail」の特徴の一つです。

可算名詞と不可算名詞については、【英語の名詞|可算名詞と不可算名詞の2つを押さえるだけ!】の記事で詳しく説明していますので、参考にしてみて下さい。

また、「detail】は、「詳しく説明する(述べる)」という動詞としても使う場合がありますので覚えておきましょう。

2.その他の「詳細」を表現する英語

「詳細」の英語は「detail」だけではありません。

「detail」以外の「詳細(または、詳細な)」はどんな英単語なのでしょうか?

2-1.英語の「full」で「詳細」を表現

「full」(フル)は、「すべて」という表現で、「詳細な」というニュアンスです。

また、「in detail」と同様に、「in full」という熟語で使われるケースがあります。

2-2.英語の「specific」で「詳細」を表現

「明確な」という英語の「specific」(スペシフィック)を使って、「詳細な」を表現できます。

「specific idea(明確なアイデア)」など、「詳細で明確なアイデア」のイメージです。

複数形の「specifics」にすると、「詳細」という名詞になります。

2-3.英語の「minute」で「詳細」を表現

「minute」(ミニット)は、「議事録」や「分」という英単語ですが、「詳細な」や「微小な」という形容詞で使われることもあります。

2-4.英語の「particular」で「詳細」を表現

形容詞の「particular」(パティキュラー)は、「特定の」や「詳細な」という単語としても使いますが、名詞の「particulars」は複数形で「詳細」という名詞になります。これは「specifics」と同様です。

しかし、フォーマルな言い方になるので、知識として覚えておけばOKです。

3.英会話で使える!「詳細」の英語フレーズ

ここでは、ビジネスや日常会話でも使える「詳細」を用いた英語表現をご紹介します。

  • より詳細な:「more in detail」 ※「in detail」の前に「more」をつけるだけです。この逆で、「なんの詳細もない」は「nothing in detail」になります。
  • 詳細な情報:「more info.」 ※「info.」は「information(情報)」の省略です。「detailed info.」でも同様です。
  • 詳細を知りたい:「I would like to know more about details.」や「I like to know more in detail.」でもOKです。「detail」が、可算名詞と不可算名詞として使われています。
  • 詳細に付いては:「For the details,~」または、「For more information,~」 ※「~」の部分には、「I will explain later.(後ほど説明します)」や「please see the chart below.(下のチャートをご覧下さい)」などと表現します。
  • 詳細な設計:「detailed design」や「specific design」

まとめ:「詳細」の英語は使い方を知るだけでOK!

「詳細」の表現は、日本語でも普段何気に使っている方が多いかと思います。

特に、ビジネスの世界ではプレゼンなどで、よく使う英語ですので、是非、次の機会に使ってみて下さい。

しかし、まずは基本の「detail」を使って英語で表現してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万2884人が体験中の無料勉強法
(2017年11月5日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta