著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

何度もすみませんの英語|ビジネスメールやカジュアルに使う12表現

のべ581がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日本人同士でも「お忙しいところ何度もすみません」と、何か聞いたり、お願いしたりする時に恐縮するフレーズを言いますよね。

ビジネスでは「何度もメールしてすみません・恐縮です」など。

いきなり何度も問い合わせしたりするときでも、「何度もすみません」という一言が冒頭にあるだけで、会話が進む場合があります。

それが無い場合は、「この人は失礼な人」、「常識がない人」と思われる可能性があります。

日本語ではそのようなマナーは守れるけど、英語になると表現の仕方が分からないというだけで相手に不快感を与えてしまいます。

よってここでは、失礼にあたらないための「何度もすみません」の基本フレーズと「何度も催促してすみません」など関連表現も身に付けて頂きます。

目次:

1.英会話・ビジネスの口頭で「何度もすみません」の英語フレーズ
2.ビジネスメールで使える丁寧な「何度もすみません」の英語フレーズ
まとめ:先ずは「sorry」と「apologize(apologies)」を使いこなす!

1.英会話・ビジネスの口頭で「何度もすみません」の英語フレーズ

仲間や家族同士、仕事の同僚間でも使うときは「何度もごめん」というカジュアルな言い方になりますね。

また、ビジネスでは「何度もすみません・失礼します」という少し丁寧な言い方になりますね。

「Sorry to bother you again.」が、一般的に一番使われるカジュアルな表現になります。

何かを何度も聞いたり、何度もメールやメッセージを送ったりする場合に使えます。

また、「Sorry to keep bothering you.」でも同様です。

少し丁寧になると下記のようになります。ビジネスなどフォーマルな場面でも使える表現です。

  • I’m sorry to bother you again. ※主語+動詞(I am)を入れてちゃんとした文章にすることで少し丁寧になります。
  • I’m so sorry to bother you many times. ※「many times」は「何度も・何回も」という時に使える表現です。
  • I’m really sorry to bother you over and over. ※「over and over」は何度でもという場面でよく使われる熟語です。

「bother(ボザー)」は「悩ます・困惑させる」という動詞になります。

因みに、「Don’t bother.」という英語府レースがありますが、それは「お構いなく!」や「気にしないで!」という意味になります。

ごめんなさいという謝罪より、気軽に「It’s me again.(また私だけど・・・)」という表現も仲がいい間柄では使える表現ですので覚えておきましょう!

日本人は謝りすぎると言われているので、仲がいい友達などにはこれくらいの表現で全然大丈夫です。

これを更に丁寧にすると、「bother」の代わりに「interrupt」(インターラプト)という単語を使います。

「interrupt」は、「割り込む・遮る」という意味です。

「I’m so sorry to interrupt you again.」という表現でOKです。

2.ビジネスメールで使える丁寧な「何度もすみません」の英語フレーズ

ここでは丁寧に表現する「何度もすみません」のメールやメッセージ編をご紹介します。

例えば次のような場合に必要になりますね。

  • お忙しいところ、何度もすみません
  • 度々のご連絡失礼いたします
  • 何度もメールしてすみません
  • 続けてのメール失礼します

基本となるのが、「Apologies for ~.」、または「I apologize for ~.」となります。

「apologize(アポロジャイズ・謝罪する)」と「apology(アポロジー・謝罪)」の複数形(apologies)と前置詞の「for」を使って表現します。

「sorry」の単語を使うより、更に丁寧になります。また、「My apologies for ~.」も同様です。

それでは先ほどの日本語を英語で表現してみると下記のようになります。

  • お忙しいところ、何度もすみません:Apologies for my continuous e-mails. ※「continuous(コンティニュアス)」は「連続的な」となります。この文の後ろに「when you are busy(忙しいとき)」と加えてもOKですが、簡単に「I’m so sorry to bother you.」とすでに知っている相手であればこれでもOKです。
  • 度々のご連絡失礼いたします:I apologize for my frequent contacts. ※「frequent(フリークエント)」とは「頻繁な」という意味です。こちらも、「I’m sorry to interrupt you again.」などでも構いません。
  • 何度もメールしてすみません:I apologize for bothering you with all the emails. ※上記の「Apologies for my continuous e-mails.」でも同様です。
  • 続けてのメール失礼します:I apologize for e-mailing you again. ※こちらも、何度もメールしてすみません、何度もすみませんと同じ英文で問題ありません。

また、他にも次のような場面があるので、その表現も押さえておくとビジネスメールを書くとき、口頭でフォーマルに伝える時に役立ちますので、押さえておきましょう!

  • 何度も手間をかけてすみません:I’m really sorry to keep bothering you many times. ※「何度もお手数をお掛けして申し訳ございません」という時に使える表現です。また、「I really appreciate your precious time.(あなたの貴重な時間に感謝します)」など感謝で表現してもOKです。
  • 何度も催促してすみません:Apologies for asking you many times. ※「I’m so sorry for the rush.(急かしてすみません)」という表現もあります。
  • 度重なる変更申し訳ありません:I truly apologize for many changes. ※「truly(本当に)」という副詞を使って謝罪の気持ちを表現しています。

前置詞の「for(またはto)」の後ろに具体的な名詞・動名詞(toの場合は動詞)を入れることでストレートに相手に何が何度もしているのかを明確にできます。

まとめ:先ずは「sorry」と「apologize(apologies)」を使いこなす!

ここでご紹介した他に「Forgive me for ~.(~を許して)」や「I appreicate ~.(感謝します)」という表現を使う方法もあります。

しかし、特に初心者はここでご紹介した「sorry」と「apologize(apologies)」の2つを先ずは押さえることで十分です。全く失礼にならないので大丈夫です。

また、単純にごめんなさいという英語表現については、『「ごめんなさい」の英語|発音・カジュアルやビジネスでの11表現』の記事を参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta