著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「応援(する)」の英語|6つの表現と頑張れ!のメッセージ・例文など

のべ55,151がこの記事を参考にしています!

英語で「応援(する)」の英語を正しく表現できますか?

直訳で1つの表現!というのは、他の英語と同様にありません。

ニュアンスや「応援」のイメージから最適な英単語をピックアップするのがベストな方法です。

また、応援する時のメッセージでのフレーズなど一言で言えるとかっこいいですね。

新生活を迎える人、スポーツでの応援中、受験をする人へなど様々なシチュエーションで「応援している」というあなたの気持ちを正確に伝えたいですね。

よって今回は、「応援」の英単語を厳選してご紹介するのとともに、相手に励ましのメッセージを伝える時の「応援しています」の表現も厳選しました。

目次:

1.「~を応援する」の英語とその違いは?
・「support」
・「root for」
・「cheer for」
・「help」
・「assist」
・「aid」

2.「頑張って!」のフレーズで応援するを表現
・「I wish you all the best.」
・「I’ll be there for you.」
・「Go for it!」
・「You can do it!」
・「Cheer up!」

1.「~を応援する」の英語とその違いは?

名詞の「応援」、動詞の「~応援する」など、ネイティブがよく使う表現をピックアップしました。

それぞれニュアンスが異なるのでその使い分けが重要になります。

「support」

「support(サポート)」は、支援する、協力するというニュアンスの単語です。

名詞としてもそのまま使えます。

実際に手や体を使わなくても、お金、協力、陰で支えるなど様々なパターンで活用できる便利な「応援(する)」の英語です。

  • You have my support.(あなたを応援しています) ※「support」を名詞として使い、直訳では「あなたは私の応援を持っています」となります。「You have my full support」として、「full(フル/満タン)」の応援として強調することもあります。
  • Thank you for your kind support.(ご協力に感謝申し上げます) ※ビジネスメールの最後に書く代表的な英文です。
  • I would be happy to support whenever you need me.(あなたが必要な時はいつでも応援しますよ) ※相手を応援している時に使える丁寧な言い方ですね。

また、サッカーでファンやその応援団のことを「サポーター(supporter)」と言いますね。

「root for」

「root(ルート)」は名詞で「根」としてもよく使う単語ですが、ここでは動詞(熟語)として使うパターンになります。

スポーツの試合、チームなどを応援する時にネイティブも日常的によく使う表現で、下記が例文となります。

  • I root for you.(あなたを応援しいます) ※あなたが試合に勝つこと、またあなたのファンであることを表現しています。
  • Which team do you root for?(どのチームを応援していますか?) ※どこのチームのファンなのかを聞く時によく使うフレーズです。「Who are you rooting for?」などでも同様です。

因みに、サッカー以外のスポーツの応援団は「rooters」と表現することが多いです。

「cheer for」

声を出して元気よくチームを応援したり、喝さいを送る応援をする時に使うのが「cheer(チアー)」です。

「元気を出させるグループ」という意味合いの、「cheer group(チア・グループ)」や「cheer leader(日本ではチアガール)」という表現を見ればイメージしやすいかと思います。

  • The crowd cheered for New York Yankees.(観衆はヤンキースを応援しました)
  • You always cheer for me.(あなたはいつも私を応援してくれていますね) ※声を出して元気を出させたりしているイメージがありますね。

など。

「help」

相手が1人では難しい作業などを積極的に助ける(援助する・応援する)場合に使うのが、「help(ヘルプ)」です。

日本では、高齢者の補助をする方などを「helper」と言うのでイメージしやすいですね。

  • Would you help me?(手伝っていただけますか?)
  • Tell me if you need some help.(応援が必要だったら言って下さい) ※名詞として使っています。引っ越しの応援などにも使えますね。

など。

「assist」

「assist(アシスト)」は、「help」とは違い積極的なイメージはありません。

補助的に助ける・応援するニュアンスです。

サッカーでも「アシスト」という言葉があるように、その人はメインではなく、あくまでゴールを決めた人を助けた(応援した)という意味になります。

  • Our staff will assist you when you fill this out.(この書類を書く時に、私たちのスタッフがお手伝いさせて頂きます) ※書くのはあくまで本人で、積極的に助ける「help」とは意味が異なりますね。
  • I assisted him financially.(彼を経済的に助けました) ※この場合は援助するという意味で使っています。

因みに、形容詞(assistant)を使った表現で「assistant coach(アシスタント・コーチ)」というのがありますが、「coach(監督)」を助けるという役割です。

「aid」

「aid(エイド)」は、「support」や「help」よりもよりフォーマルな表現というイメージでOKです。

海外への金銭的な応援、命を助けるなど大きな意味を持つケースも少なくありません。

名詞でも動詞でも使える単語です。

  • I aided him in his project.(彼のプロジェクトを応援しました)
  • My mother needs a hearing aid.(私の母は補聴器が必要です) ※「band aid(絆創膏)」という名詞もありますね。

など。

2.「頑張って!」のフレーズで応援するを表現

ネイティブが実際によく使う「あなたを応援しています(頑張って!)」のメッセージをいくつかご紹介します。

口頭、メールやSNSなどで使えるものばかりなので役立ちます。

詳しくは、『英語の「頑張る」と「頑張って」を完全マスターする!』の記事でも紹介しているので、こちらも参考にしてみて下さい。

「I wish you all the best.」

これから何かの挑む(試合など)相手、新生活を送る相手、受験する相手など、「いい結果となるように応援する(頑張って!)」という時に使います。

「I wish you all the best.」の直訳は「あなたに多くの幸あれ」というニュアンスです。

もっとカジュアルに、「All the best!」「Good luck!」という表現もできます。

「I’ll be there for you.」

精神的に寄り添うように応援する場合に使う表現です。

「I’ll be there for you.」の直訳は「あなたのためにそこにいます」となり、「あなたのそばにいます」などのニュアンスとして捉えることができます。

しかし、物理的に相手のそばにいる必要はない表現です。

これに似ているのが「I’m behind you.」で、直訳は「あなたの後ろにいます」なのでイメージしやすいですね。

「Go for it!」

「いけ!ファイト!」というイメージの表現が、「Go for it!」です。

スポーツでよく使いますね。

「Go get it!」などの表現も同様です。

ファイト(fight)は絶対に使わないこと!

日本人は何かを応援する時に「ファイト!」という和製英語が定着していますが、「fight」、つまり「(銃や拳を使ったり)殴り合う・戦う」という意味になので、とても危険です。

日本の文化を知っている外国人であればいいのですが、それ以外では使わないようにしましょう。

「You can do it!」

受験や試合前など何かに挑もうとする人に自信を持って!と励ます時に使う表現が、「You can do it!(あなたはできる!)」です。

大丈夫だよ、あなたなら絶対にできるからと「Good luck」などよりも、強い応援のフレーズですね。

「Cheer up!」

落ち込んでいる人、試合で負けていて元気がないチームなどに使うのが「Cheer up!(元気を出して!)」です。

因みに病気の人には使わない方がいいでしょう。

その場合は、「Take care.(お大事に)」などの声をかけて、あなたが心配している(応援している)ことを伝えるフレーズなどを使う方がベターです。『「お大事に」の英語|風邪や病気の相手を励ます7つの表現』の記事を参考にしてみて下さい。

まとめ:「応援」の英語はイメージすることが大事!

「応援」という直訳の英語を探すのではなく、そのイメージから「助ける」の「help」や「サポートする」の「support」などのように、頭に浮かべることがベストです。

これは「応援」の英語だけではなく、他の単語や「頑張って!」の表現にも通じるものです。

「応援」の英語を正しく使って、英語独特のニュアンスによる表現に慣れましょう!

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメント

sp-cta