著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「守る」の英語|色んな場面のニュアンスで使い分ける9表現一覧

のべ84がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「約束を守る」、「ルールを守る」や「家族を守る」などで使う「守る」という表現。

英語ではそれぞれの意味やニュアンスの違いで使い分ける必要があります。

またこの「守る」とう表現にはその他にも「時間を守る」、「納期を守る」などでビジネスで使う「守る」や野球やサッカーなどのスポーツでの「守る」という言い方もしますね。

よってここでは、日常生活からビジネス、またはそれ以外での「守る」の英語表現を例文を使いながら幅広く紹介していきます。

目次:

1.ネイティブがよく使う様々な「守る」の英語表現
・「約束を守る」
・「秘密(機密)を守る」
・「ルール(規則)を守る」
・「時間を守る」
・「環境(自然)・子供を守る(保護する)」
・「スケジュール(納期・締め切り)を守る」
・「あなた(君)を守る」
・「家族を守る」
・スポーツでの「守る(守備)」
2.まだまだある!その他の「守る」を使った表現一覧

1.ネイティブがよく使う様々な「守る」の英語表現

ここでは色々な「守る」を場面ごとに見ていきましょう!

「約束を守る」

「約束を守る」は日常会話でも使う表現ですね。

「keep one’s promise」、または「keep a promise」という英語が一般的です。

  • 日本語:彼はいつも約束を守ります。
  • 英語:He always keeps his promise. ※「彼は必ず約束を守る」という訳にもできます。

などです。
「約束」の英語|ビジネスでも使える!する・守る・破るなど8表現』の記事でも詳しく解説しています。

「秘密(機密)を守る」

「秘密(機密)」の「secret(シークレット)」を使って、「keep a secret」「keep it secret」(フォーマル:keep it confidential)などという表現があります。

他にも、次のような表現があります。

  • I won’t tell anyone about it.(秘密にします) ※直訳で「誰にも言わない」という意味になります。
  • Keep it to yourself.(秘密にして!) ※「あなただけで留めておいて」というニュアンスです。
  • Zip your lip.(黙ってて) ※うるさい時などにも言いますが、誰にも秘密を言わないようにしてという場合にも使います。他にも、「seal one’s lips」や「button one’s lips」などの表現もあります。

また、「秘密(機密)を守る」に関連した英語にも触れておきましょう。

  • 守秘義務:confidentiality ※「confidentiality(コンフィデンシアリティー)」と発音します。
  • 個人情報(プライバシー):privacy ※「private information」などでも同様です。

「ルール(規則)を守る」

「ルール」や「規則」を守るということはビジネスのシーンでもありますね。

ルールを守る・破る・作るなどの英語|意味・類語・例文と2つのことわざ』でも詳しく解説していますが、「keep the rule(s)」「follow the rule(s)」などをよく使います。

規則などを守る時に次のような表現も文書やフォーマルな場面では聞く英語です。ここで触れておきましょう。

  • 交通規則制を守る:obey the traffic rules ※「observe the traffic regualtions」などでも同様です。また、「制限速度を守る」は「observe teh speed limit」などと表現します。
  • 法律を守る:abide by the law
  • コンプライアンスを守る:follow the compliance
  • ガイドラインを守る:follow the guidline
  • 順番を守る:wait for one’s turn ※「順番を守ってね」という場合は、「Wait for your turn.」などと表現します。

「時間を守る」

約束を守る時にも使いうのが「時間を守る」ですが、次のような表現でよく使われます。

  • I’m always on time.(私はいつも時間通りです=時間を守る)
  • He is punctual.(彼は時間通りです=時間を守ります) ※「punctual(パンクチュアル)」は「時間を厳守する」という形容詞です。

「You are never late for anything.(あなたは何にでも遅れません=時間を守る)」などの表現もできます。

「環境(自然)・子供を守る(保護する)」

外敵などから何かを守るという場合は、「protect」(プロテクト)という動詞を使います。

名詞は「protection(プロテクション)」で「保護・防衛」という意味でも使えます。「動物保護」は「animal protection」という表現になります。

  • 環境を守る:protect the environment ※「自然を守る」は「protect nature」となります。
  • 世界を守る:protect the world
  • 子供を保護する:protect children
  • あなたの命を守る:protect your life

などとなります。

「スケジュール(納期・締め切り)を守る」

「期限・期日・計画」などを守る場合は、時間を守ると同じような表現でもOKです。

または、「as per schedule(時間通りに・スケジュール通りに)」という熟語もあります。

「keep up to the schedule」(スケジュールを守る)という英語でもOKです。

スケジュールのその他の表現については、『スケジュールの英語|ビジネスでも活用!18例文と略語など』の記事を参考にしてみて下さい。

「あなた(君)を守る」

外敵からあなたを守るという場合は、「protect」や「guard(ガード)」という動詞が使えますが、寄り添いながらあなたを守るという場合は違う表現です。

  • I’m on your side. ※あなたの見方だよというニュアンスもあります。
  • I always stand by your side. ※いつもあなたのそばに立っているという意味です。

愛の誓いの場合にも使われるのですが、その他の表現は『英語で「愛の言葉」を表現しよう!すぐに使える50フレーズ』の記事を参考にしてみて下さい。

「家族を守る」

外敵以外から「家を守る」、「家族を守る」という場合もありますね。

「支える」という意味の「support」(サポート)を使うのがベストです。

「I support my family.」などです。

また、「留守で家を守る」という場合は、「hold down the fort」という熟語が使われるので覚えておきましょう!

スポーツでの「守る(守備)」

野球、サッカーでの守備(守ること)は何というのでしょうか?

守備は「defense(ディーフェンス)」となりますが、二塁を守るなど具体的な場合は、その守備のポジションを使って、「play the second base(二塁を守る)」や「play the center field(センターを守る)」という言い方をします。

因みに、サッカーの「ゴールを守る」は「save(セイブ)」という動詞のみでOKです。

反対の「攻撃」は「offense(オーフェンス)」です。

「The best defense is a good offense./Offense is the best defense(攻撃は最大の防御なり)」ということわざもあります。

2.まだまだある!その他の「守る」を使った表現一覧

特にビジネスでよく使うその他の「守る」の英語フレーズも触れておくと便利です。

  • 利益を守る:protect interests ※「国益を守る」は「protect the interests of the nation」などとなります。
  • 権利を守る:protect rights ※「人権を守る」は「protect human rights」となります。
  • 契約を守る:fullfil a contract ※「fullfil(フルフィル)」は「満たす・達成する」という動詞です。
  • 雇用を守る:protect jobs
  • 節度を守る:keep good manners ※「マナーを守る」という表現になります。
  • 治安を守る:keep the peace ※「平和を維持する」という直訳になります。
  • 資産を守る:preserve assets ※「preserve(プリザーブ)」は「protect」のフォーマルな言い方でもあります。
  • 紫外線から肌を守る:protect the skin from the sun ※「the sun(太陽)」を使うことが多いです。しかし、直訳の「from the UV rays(紫外線から)」という表現もOKです。

ここまでご紹介したように、それぞれのニュアンスにより英語表現を使い分ける必要があります。違う単語を使うと意味が異なってきますので、その点だけは注意しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta