著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「証拠」の英語|2つある英単語の違いと37個の関連表現

のべ20,298がこの記事を参考にしています!

「証拠」を英語で表現できますか?

事件の証拠など「証拠」に関する表現は、毎日のニュースなどでもよく聞く表現で、知っておくと便利です。実際に使わないとしても、日常でよく耳にする表現の1つなので、リスニング力UPには役立つ英語です。

そこで、ここでは「証拠」の英語表現と、「証拠を握る」「証拠を提出する」など「証拠」を使った様々な表現もご紹介します。

「証拠」の英語

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

「証拠」の英語は2種類あります。

先ずここでは、それからの単語と発音をみましょう!その後にその2つの違いなどを解説しています。

英語の「proof」で「証拠」を表現

最初の1個目の「証拠」の単語は「proof」です。

証拠の英語|「proof」の読み方(カタカナ)・発音

「proof」の読み方、発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
プルーフ

 

prúːf

※発音のポイントは「f」の部分です。日本語の「フ」にならないように、シッカリと「f」の発音に気を付けましょう!【Fの発音が自然と上手くなる簡単な2つのコツ】の記事も参考にしてみて下さい。

また、「proof」は、「証拠」「証明」「品質を確認する試験」などの意味があります。

動詞の「(証拠などで)証明する」は「prove(プルーヴ)」を使います。日常会話での、「証明してみて!」を「Prove it!」という命令形でよく使います。

英語の「evidence」で「証拠」を表現

2つ目の「証拠」の英語は「evidence」です。

証拠の英語|「evidence」の読み方(カタカナ)・発音

「evidence」の読み方、発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
エヴィデンス

 

évədns

※発音のポイントは、「v」となります。【Vの発音を今すぐマスターできる簡単な2つの練習方法】の記事を参考にしてみましょう!

「evidence」は、「証拠」「物証」「証言」などの意味があります。

「証拠」を表現する英語の「proof」と「evidence」の違いとは?

上記ではそれぞれの単語と発音を確認して頂きましたが、「proof」「evidence」はどちらも「証拠」という意味ですが、どのように使い分けるのでしょうか?

先ず、「proof」は「evidence」よりも決定的な「証拠」です。その「証拠」があることで、真実が確実に明らかになる場合に使います。

一方、「evidence」は、裁判などで事実を立証するための資料として提出される「証拠」に使うのが一般的です。「evidence」は事実を明らかにするためのものですが、これだけでは真実を証明できない場合もあります。

よって、ニュースや新聞などでも、「proof」が使われた時は、「絶対に紛れもない事実を証明できる証拠」というニュアンスで捉えて結構です。

「証拠」に関する英語フレーズや関連表現

「証拠を握る」、「証拠を明らかにする」など、様々な「証拠」に関する表現を英語で見てみましょう。

  • 「証拠をあげる(挙げる)」:give evidence ※「adduce(アデュース)/提示する、挙げる)」でも同じ意味です。(
  • 「証拠を握る」:obtain proof ※「obtain(オブテイン)」は「入手する」という動詞です。
  • 「証拠を押さえる」:seize evidence ※「seize(シーズ)」は「握る」や「掴む」という英語です。
  • 「証拠を捏造する」、「証拠をでっちあげる」:counterfeit an evidence ※「counterfeit(カウンターフィット)」は、「偽りを作り上げる」や「偽造する」と意味があります。
  • 「証拠を探す」:seek proof ※「seek(シーク)」は「探す」という動詞です。「look for~(~を探す)」でも同じような意味になります。
  • 「証拠を明らかにする」:reveal evidence ※「reveal(リヴィール)」は「暴露する」や「明らかにする」と言う意味があります。
  • 「証拠固めをする」:gather evidence ※「gather(ギャザー)/集める」の代わりに、「collect(収集する)」を使ってもOKです。
  • 「動かぬ証拠を突きつける」:offer pertinent proof ※「offer」は「提供する」、「また「pertinent(パーティネント)」は「適切な」という英語です。
  • 「証拠を隠滅する」:destroy evidence ※「destroy(デストロイ)」は「駄目にする」、「完全に使えなくする」、「破壊する」という意味があります。
  • 「証拠として採用する」:admit evidence ※「admit(アドミット)」は「認める」や「承諾する」という意味があります。
  • 「証拠として提出する」:give in evidence ※「give in~」は「~を提出する」という熟語です。
  • 「証拠を示す」:show evidence
  • 「証拠に基づく」:evidence-based
  • 「証拠がないこと」:absence of evidence ※「absence(アブセンス)」は「欠席する」という時にも使えます。
  • 「不利な証拠」:damaging evidence ※「damage(ダメージ)」は「破損する」などの意味があります。
  • 「証拠不十分」:lack of evidence ※「lack(ラック)」は「~が欠けている」という英語で様々な場面で使えます。
  • 「証拠写真」:evidence photograph ※「photograph(フォトグラフ)」は「picture(写真)」と同じ意味です。
  • 「証拠偽造」:faking evidnece ※「fake(フェイク)」は「偽造する」という動詞です。「証拠を捏造する(counterfeit an evidence)」と同様です。
  • 「客観的証拠」:objective evidence ※「objective(オブジェクティヴ)」は「客観的」で、「subjective(サブジェクティブ)」に置き換えると、「主観的証拠」になります。
  • 「状況証拠」:important evidence ※「important(インポータント)」は「重要」と言う意味です。
  • 「証拠書類」:documentary evidence ※「documentary」は「書類の」という意味です。
  • 「状況証拠」:circumstantial evidence ※「circumstantial(サーカムステンシャル)」は、「状況」、「事情」、「環境」の意味がある「circumstance(サーカムスタンス)」の形容詞形です。
  • 「動かぬ証拠」:hard-and-fast evidence ※「hard-and-fast(ハード・アンド・ファースト)」は、「厳格な」、「ゆるぎない」と意味です。「証拠」以外にも「hard-and-fast conclusion(ゆるぎない結論)」、「hard-and-fast rule(厳格な規則)」、「hard-and-fast deadline(厳格な締め切り)」などがあります。
  • 「証拠金」:deposit ※「deposit(デポジット)」は「保証金」として多くの場面で使われる単語です。
  • 「論より証拠」:Example is better than precept. ※直訳すると「実例は教訓にまさる」で、日本語の「論より証拠」に近い英語のことわざです。「precept(プレセプト)」は「「教え・教訓」という英語です。この他に、「The proof of the pudding is in the eating.」も、「論より証拠」に近い意味があります。知識として、知っているだけでOKです。
  • 「証言」:testimony(テスティモーニー)
  • 「訴訟」:lawsuit(ロースート)
  • 「判決」:judgment(ジャッジメント)
  • 「判決を言い渡す」:deliver judgment ※「deliver(デリヴァー)」は「配達する」という意味でもよく使われます。
  • 「裁判所」:court ※「court(コート)」は、テニス・コートの「court」としても使われます。
  • 「裁判官」:judge ※「judge(ジャッジ)」は「判断する」や「判決を下す」という動としても使われます。
  • 「弁護士」:lawyer(ロイヤー)
  • 「証人」:witness(ウィットネス)
  • 「事実無根の」、「根拠がない」:unfounded(アンファウンディッドゥ)
  • 「完全犯罪」:perfect crime ※「perfect(パーフェクト)」は「完璧な」という形容詞です。
  • 「潔白」:innocent ※「innocent(イノセント)」は「無罪の」という英語です。
  • 「有罪」:guilty ※「guilty(ギルティー)」は「有罪になる(found guilty)」という時にも使える単語です。因みに、「無罪になる」は「found not guilty」という表現をします。

「証拠」などの英語を実践で使おう!オンライン英会話5選

「証拠」に関する英語表現を覚えるだけでなく、日常シーンでよく使う英語と一緒にすらすら話せるとかっこいいですよね。

「英語を話す力」を身につけるためには、オンライン英会話で実際の会話の数をこなすことが大切です。

よって、ここでは無料で試せるオンライン英会話を厳選して5つご紹介します。

  • レアジョブ
  • Native Camp(ネイティブキャンプ)
  • クラウティ
  • kimini英会話
  • hanaso

それぞれ順番に見ていきましょう。

レアジョブ

レアジョブは、講師数6,000名を超える日本最大級のオンライン英会話です。

1レッスンあたりの費用は脅威の約170円〜、毎日1回以上レッスンを受けることができます。

レアジョブで用意されているカリキュラムは幅広く、日常英会話をはじめとして、海外旅行英語、ビジネス英語、その他シーンに合わせた英語など、自分の学びたいカリキュラムを自由に選択できます。

また、講師数6,000名の中には、本場のネイティブ講師も在籍しているため、より本場に近い英語を学びたい方にもぴったりです。

「オンライン英会話を受講したいけど、どのサービスを選んで良いのか分からない」という方は、第一候補としてレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。今なら2回の無料体験レッスンを受講することも可能です。

レアジョブ英会話の無料体験はこちら

Native Camp(ネイティブキャンプ)

Native Camp(ネイティブキャンプ)は、業界初のレッスン受け放題システムを採用しているオンライン英会話です。ネイティブキャンプにログインするだけで、24時間365日、いつでも好きな時間にレッスンを受けることができます。

また、一般的なオンライン英会話は「1回のレッスン時間は25分〜」と制限を設けられていることも多いですが、ネイティブキャンプは5分だけレッスンを受けることも可能。

朝の通勤前にレッスンを受けるも良し、寝る前に少しだけ英語を勉強するのも良し。

さらに、自習用のコンテンツとして「読み放題」「聞き放題」機能も搭載されており、リーディングやリスニングの強化も自由に行うことが可能です。

これだけ充実したコンテンツが用意されているオンライン英会話は他に存在しないため、低価格でボリューム感のあるレッスンを受けたい方はネイティブキャンプを受講してみましょう。今なら1週間の無料体験レッスンを受けられます。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

クラウティ

クラウティは、家族でシェアできることで有名なオンライン英会話です。

1つのアカウントで、最大6名までアカウントを共有できます。6名で利用したとしても、かかる費用は1アカウントのみの月額4,950円〜。

レッスン回数は1日2回〜4回を選択できるので、「今日はママが英語を勉強する日」「明日は子どもに英語を勉強させる日」という形で、シェアしながら家族全員で英語を学べるのがクラウティのメリットです。

通常のオンライン英会話は「Zoom」や「Skype」といった外部アプリを使ってレッスンを行いますが、設定をしたことがない人にとっては難易度が高いもの。

その点、クラウティは独自のレッスンシステムを採用しているので、クラウティにログインするだけでレッスンを行うことができます。

圧倒的に低価格で、家族全員で英語を楽しく学びたい方は、一度クラウティの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

クラウティの無料体験はこちら

kimini英会話

kimini英会話は、子どもから大人まで細かにレベルが設定されたカリキュラムで学べるオンライン英会話です。

教育業界で70年以上の実績を誇る学研が運営しており、高校・大学など200以上の教育機関で導入されているレベルの高いカリキュラムが用意されています。

「レベルが高くてついていけないかも」と不安に感じている方も、受講をスタートしたタイミングで、スピーキング力を確かめられるテストを受けられます。

こちらのテストの結果に合わせてカリキュラムを提案してくれるため、自分のレベル以上に難しいカリキュラムでレッスンが進むことはありません。

さらに、月額料金も1,100円(税込)〜と、業界最安値クラスです。

子どもから大人まで、品質が担保されたカリキュラムで英語を学びたい方は、kimini英会話を選んでみてはいかがでしょうか。

kiminiオンライン英会話 公式サイトはこちら

hanaso

hanasoは、英語の復習に特化したオンライン英会話です。

  1. レッスンで学び口になじませる
  2. 復習システムにより効率よく定着させる
  3. 音声教材で会話での使い方を練習する

上記3つのステップでレッスンが進むので、日常的に使っている英語を効率よく覚えられるのがhanasoのメリットです。

レッスン教材も豊富に用意されており、日常英会話をはじめとして、おもてなし英会話、特定のシーンに特化したトピックトーク、自由に英語を話すフリートークなどがあります。

「一度覚えた英語を忘れてしまった」「学習の二度手間を減らしたい」と考えている方は、hanasoを選んでみてはいかがでしょうか。

hanasoの無料体験はこちら

まとめ:「証拠」の英語は知っておくだけでも便利!

「証拠」はニュースなどで日々使われる表現なので、英語のニュースを見たり、英語の新聞を読む場合は知っておくだけでも、特にリスニングには役立ちます。

先ずは、「proof」と「evidence」のニュアンスの違いをしっかり理解しておくことが大切です。

関連表現は全て覚える必要はありませんが、確認して基本的なものだけでも意味がわかるようになると、ニュースなどで理解できる幅が広がります。

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

出会いがある大人向け英会話教室1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10

コメント

sp-cta
pc-cta