著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「証拠」の英語|2つある英単語の違いと37個の関連表現

のべ3,511がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「証拠」を英語で表現できますか?

事件の証拠など「証拠」に関する表現は、毎日のニュースなどでもよく聞く表現で、知っておくと便利です。実際に使わないとしても、日常でよく耳にする表現の1つなので、リスニング力UPには役立つ英語です。

そこで、ここでは「証拠」の英語表現と、「証拠を握る」「証拠を提出する」など「証拠」を使った様々な表現もご紹介します。

目次:
1.「証拠」の英語
1-1.英語の「proof」で「証拠」を表現
1-2.英語の「evidence」で「証拠」を表現
2.「証拠」を表現する英語の「proof」と「evidence」の違いとは?
3.「証拠」に関する英語フレーズや関連表現

1.「証拠」の英語

「証拠」の英語は2種類あります。

先ずここでは、それからの単語と発音をみましょう!その後にその2つの違いなどを解説しています。

1-1.英語の「proof」で「証拠」を表現

最初の1個目の「証拠」の単語は「proof」です。

「proof」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
プルーフ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/proof.mp3
prúːf

※発音のポイントは「f」の部分です。日本語の「フ」にならないように、シッカリと「f」の発音に気を付けましょう!【Fの発音が自然と上手くなる簡単な2つのコツ】の記事も参考にしてみて下さい。

また、「proof」は、「証拠」「証明」「品質を確認する試験」などの意味があります。

動詞の「(証拠などで)証明する」は「prove(プルーヴ)」を使います。日常会話での、「証明してみて!」を「Prove it!」という命令形でよく使います。

1-2.英語の「evidence」で「証拠」を表現

2つ目の「証拠」の英語は「evidence」です。

「evidence」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
エヴィデンス
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/evidence.mp3
évədns

※発音のポイントは、「v」となります。【Vの発音を今すぐマスターできる簡単な2つの練習方法】の記事を参考にしてみましょう!

「evidence」は、「証拠」「物証」「証言」などの意味があります。

2.「証拠」を表現する英語の「proof」と「evidence」の違いとは?

上記ではそれぞれの単語と発音を確認して頂きましたが、「proof」「evidence」はどちらも「証拠」という意味ですが、どのように使い分けるのでしょうか?

先ず、「proof」は「evidence」よりも決定的な「証拠」です。その「証拠」があることで、真実が確実に明らかになる場合に使います。

一方、「evidence」は、裁判などで事実を立証するための資料として提出される「証拠」に使うのが一般的です。「evidence」は事実を明らかにするためのものですが、これだけでは真実を証明できない場合もあります。

よって、ニュースや新聞などでも、「proof」が使われた時は、「絶対に紛れもない事実を証明できる証拠」というニュアンスで捉えて結構です。

3.「証拠」に関する英語フレーズや関連表現

「証拠を握る」、「証拠を明らかにする」など、様々な「証拠」に関する表現を英語で見てみましょう。

  • 「証拠をあげる(挙げる)」:give evidence ※「adduce(アデュース)/提示する、挙げる)」でも同じ意味です。(
  • 「証拠を握る」:obtain proof ※「obtain(オブテイン)」は「入手する」という動詞です。
  • 「証拠を押さえる」:seize evidence ※「seize(シーズ)」は「握る」や「掴む」という英語です。
  • 「証拠を捏造する」、「証拠をでっちあげる」:counterfeit an evidence ※「counterfeit(カウンターフィット)」は、「偽りを作り上げる」や「偽造する」と意味があります。
  • 「証拠を探す」:seek proof ※「seek(シーク)」は「探す」という動詞です。「look for~(~を探す)」でも同じような意味になります。
  • 「証拠を明らかにする」:reveal evidence ※「reveal(リヴィール)」は「暴露する」や「明らかにする」と言う意味があります。
  • 「証拠固めをする」:gather evidence ※「gather(ギャザー)/集める」の代わりに、「collect(収集する)」を使ってもOKです。
  • 「動かぬ証拠を突きつける」:offer pertinent proof ※「offer」は「提供する」、「また「pertinent(パーティネント)」は「適切な」という英語です。
  • 「証拠を隠滅する」:destroy evidence ※「destroy(デストロイ)」は「駄目にする」、「完全に使えなくする」、「破壊する」という意味があります。
  • 「証拠として採用する」:admit evidence ※「admit(アドミット)」は「認める」や「承諾する」という意味があります。
  • 「証拠として提出する」:give in evidence ※「give in~」は「~を提出する」という熟語です。
  • 「証拠を示す」:show evidence
  • 「証拠に基づく」:evidence-based
  • 「証拠がないこと」:absence of evidence ※「absence(アブセンス)」は「欠席する」という時にも使えます。
  • 「不利な証拠」:damaging evidence ※「damage(ダメージ)」は「破損する」などの意味があります。
  • 「証拠不十分」:lack of evidence ※「lack(ラック)」は「~が欠けている」という英語で様々な場面で使えます。
  • 「証拠写真」:evidence photograph ※「photograph(フォトグラフ)」は「picture(写真)」と同じ意味です。
  • 「証拠偽造」:faking evidnece ※「fake(フェイク)」は「偽造する」という動詞です。「証拠を捏造する(counterfeit an evidence)」と同様です。
  • 「客観的証拠」:objective evidence ※「objective(オブジェクティヴ)」は「客観的」で、「subjective(サブジェクティブ)」に置き換えると、「主観的証拠」になります。
  • 「状況証拠」:important evidence ※「important(インポータント)」は「重要」と言う意味です。
  • 「証拠書類」:documentary evidence ※「documentary」は「書類の」という意味です。
  • 「状況証拠」:circumstantial evidence ※「circumstantial(サーカムステンシャル)」は、「状況」、「事情」、「環境」の意味がある「circumstance(サーカムスタンス)」の形容詞形です。
  • 「動かぬ証拠」:hard-and-fast evidence ※「hard-and-fast(ハード・アンド・ファースト)」は、「厳格な」、「ゆるぎない」と意味です。「証拠」以外にも「hard-and-fast conclusion(ゆるぎない結論)」、「hard-and-fast rule(厳格な規則)」、「hard-and-fast deadline(厳格な締め切り)」などがあります。
  • 「証拠金」:deposit ※「deposit(デポジット)」は「保証金」として多くの場面で使われる単語です。
  • 「論より証拠」:Example is better than precept. ※直訳すると「実例は教訓にまさる」で、日本語の「論より証拠」に近い英語のことわざです。「precept(プレセプト)」は「「教え・教訓」という英語です。この他に、「The proof of the pudding is in the eating.」も、「論より証拠」に近い意味があります。知識として、知っているだけでOKです。
  • 「証言」:testimony(テスティモーニー)
  • 「訴訟」:lawsuit(ロースート)
  • 「判決」:judgment(ジャッジメント)
  • 「判決を言い渡す」:deliver judgment ※「deliver(デリヴァー)」は「配達する」という意味でもよく使われます。
  • 「裁判所」:court ※「court(コート)」は、テニス・コートの「court」としても使われます。
  • 「裁判官」:judge ※「judge(ジャッジ)」は「判断する」や「判決を下す」という動としても使われます。
  • 「弁護士」:lawyer(ロイヤー)
  • 「証人」:witness(ウィットネス)
  • 「事実無根の」、「根拠がない」:unfounded(アンファウンディッドゥ)
  • 「完全犯罪」:perfect crime ※「perfect(パーフェクト)」は「完璧な」という形容詞です。
  • 「潔白」:innocent ※「innocent(イノセント)」は「無罪の」という英語です。
  • 「有罪」:guilty ※「guilty(ギルティー)」は「有罪になる(found guilty)」という時にも使える単語です。因みに、「無罪になる」は「found not guilty」という表現をします。

まとめ:「証拠」の英語は知っておくだけでも便利!

「証拠」はニュースなどで日々使われる表現なので、英語のニュースを見たり、英語の新聞を読む場合は知っておくだけでも、特にリスニングには役立ちます。

先ずは、「proof」と「evidence」のニュアンスの違いをしっかり理解しておくことが大切です。

関連表現は全て覚える必要はありませんが、確認して基本的なものだけでも意味がわかるようになると、ニュースなどで理解できる幅が広がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万1582人が体験中の無料勉強法
(2017年10月11日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta